GWの青森来訪の目的の 1つに、「さとちょう」のその後がどうなったのか? を視察することでしたが、、、

まずはさとちょう」について、、、本社は弘前市、津軽地方を中心に展開していた青森県内 4位ローカルスーパー(当時、全24店)。 それが、2023年6月に民事再生法を申請し、10月に「トライアル(本社:福岡県)」に事業譲渡されるに至ったのでした。

過去掲載のコラムはこちら(↓↓写真をクリックすると開きます

青森県内 4位のスーパーが民事再生・・・

東京の中小企業診断士のコラム。青森県内 4位のスーパーが民事再生法の適用を申請、、、申請に至った経緯を聞いてビックリ!

さとちょう(新生トライアル)事業再開!

東京の中小企業診断士のコラム。故郷の青森で、民事再生による再建を目指すローカルスーパー「さとちょう」。取引先の全面支援で、いよいよ再開する運びとなりました!

今回、最大店舗だった「樹木店に行ってみると、「さとちょう」の看板を掲げたままでしたが、入口横のゴミ回収箱は撤去されており、店内も真っ暗、、、2024年5月現在、後継店は未だ決まらない模様(←ここは別会社が運営しており、トライアルへの事業譲渡対象外となりました)。 こちらは、ホームセンターやドラッグストア等と軒を連ねるパワーセンター型の商業集積地のため、核店舗の閉店で大きな影響が出ていることでしょう。

旧: さとちょう樹木店(2024年5月)

道路向かいにある本社事務所は、看板も以前のまま残っていました。(←私が乳幼児期、この近くに住んでいた懐かしの場所です) 

事業譲渡された店舗に行ってみると、見慣れぬ ××看板が・・・「TRIAL(トライアル)」として営業していました! (2店舗見てきましたがどちらも同様の店舗でした)

旧: さとちょう → 現: トライアル(2024年5月)

店内を視察すると、さすが「トライアル」の供給力、「さとちょう」の時よりも明らかに品揃えが増えており、価格も安くなったかな(←私の感覚ではありますが) ・・・店舗コンセプトも大きな違いはないので、地元民にとっては良かったのではないでしょうか^^

・・・実食調査のため、巨大なたまごサンド」と「かつ丼」を購入、、、一言でいうと、安いのにずっしり大容量!(味も及第点)。 ・・・満足度は相当高く、私の家の近くに店があれば、週1~2回は買いに行くことでしょう♪

このように、事業譲渡対象店を利用していた方は安心ですが、対象外店を利用していた方は、、、特に地方高齢者にとって、地元スーパーは生活を支える社会インフラですので、早く後継店が決まることを願っています。