コンサルティングをしている上でのちょっとした気付きや、講演・セミナー情報を書いています。

基準は平時ではなく・・・

支援をしていて、「できている」 「問題ない」 といった声をよく耳にしますが、、、本当に問題ないのは極々少数だったりしますね。

そうした時の掘り下げ方として私がよく聞いているのは、通常期や閑散期と繁忙期の状況の違い。 ・・・すると、通常期や閑散期は問題ないとしても、繁忙期には問題だらけということが非常に多いです。

繁忙期はしっちゃかめっちゃかでこなさないといけないので仕方ないといった声もよく耳にしますが、、、仕事量が多ければ発生する問題もそれだけ多くなるし、それらに対処しなければならないため尚更忙しくなるし、対処する問題が増えるほど現場は疲弊していきます。

端的にいえば、基準は平時ではなく繁忙期、、、繁忙期に、どのようにできているのか・できていないのかを考えて、改善に取り組む必要があります。

その会社の善し悪しは、繁忙期をどのようにこなしているかに表れるものです。

2021年10月17日 日曜日

インフラ毀損への対応・・・

たまに起きる通信会社の大規模障害、、、昨日は、ドコモで長時間に渡る障害が発生し、大変だったようですね。

私はドコモユーザーではないから・・・なんて思っていると、ウーバーの配達員(→ドコモユーザーは仕事ができない) がつかまらなくて困った・・・といった間接的な影響を受けた方も。

携帯端末は、仕事でも生活でも なくてはならないものになっているため、障害が起きると多くの人に影響が出てしまいますね。

私は、ドコモではないため影響はなかったのですが、、、実は、楽天モバイルがほぼつながらない状態に・・・という影響を受けました(→ 実害はゼロです)。

おそらく、楽天モバイルは 2台目として利用されることが多いため、ドコモと楽天モバイルを持っている人が 楽天モバイルを使ったためかと推察、、、地震や台風等の時もそうなのですが、利用者が多くなると てきめんにつながらなくなりますね。

1回線では危機管理上不安があるため、使わなければ無料だしと思って楽天モバイルも持つようにしたのですが、、、実際には、危機の時にはつながらないといった笑えない状況だったりもします(苦笑)

2021年10月15日 金曜日

新型コロナ、、、解除後の混み具合は??

緊急事態宣言解除後の 1週間、フルに電車移動でしたが、、、最初の月曜日は、コロナ以前と同じくらいの混雑・・・急行は無理!なくらいの混みようでしたので、次の準急で移動、、、それでも、いつもの 3割増しの混雑でした。

ただ、翌日からは、通常の混み具合で、やはり、宣言解除後の月曜日ということで集中したのだろうということと、1週間乗って感じたのは、学生風の人たちがどのくらいいるかで混みようが変わるということ。

単純にいえば、その月曜日を除けば、社会人だけなら大した混みようではないということ、、、同じ経路で、学生風の人たちがいなかった水曜日は、かなり空いていました。

よくテレワークをしていないと批判はありますが、、、電車の混み具合から見ると、多くの職場で時差出勤やテレワーク等を行っているのだろうと感じています。

2021年10月10日 日曜日

久しぶりの大揺れ・・・

先程、千葉県北西部、最大震度 5強の地震。 こちらでも、グラっとしたすぐ後に 「緊急地震速報」 がけたたましく鳴り響き、いつもよりも大きな揺れだったため 結構身構えましたが、、、とりあえずのところ被害なく何よりといったところ。

昨日、岩手県沖でも大きな地震があったため、実はちょっとソワソワしていましたが、、、昔からそうした嫌な予感というのか虫の知らせというのか、割と当たる方だったりします。

・・・そんなこともあって、ずっと購入を迷っていた 「災害用簡易トイレ」 を注文し、数時間前に受け取ったばかり、、、なので、来たばかりの簡易トイレを使うことになるのか!?・・・と、揺れながら考えていたのでした。

さて、こうした災害に至らなかった時こそ、、、1-2週間程度ライフラインがストップしても大丈夫なように準備しておきましょう! 私は、食べ物、飲み物、薬、簡易トイレ、蓄電池、ライト、ラジオは揃えています・・・使う時がこないことを祈りつつ。。。

2021年10月07日 木曜日

新型コロナ、、、視点の違い・・・

10/1から 緊急事態宣言・まん延防止措置は完全解除、、、といっても、これまで何度となくあっという間に元に戻るようなバカ騒ぎを繰り返してきたのですから、そろそろ学習して 派手に遊び歩く人やそれを許す店は少なくなるでしょうか。

個人的には、解除されてもされなくても、外食を解禁するつもりはなく、まだしばらくこれまでと同じ行動をするつもりです。

先日、ニュース番組で飲食店を取材していましたが、「50項目にも渡るチェックなどやっていられない」 「こんなことできるのは大手だけ」 などと文句を言っている事業者やコメンテーターがいた一方で、、、

「手間は増えますが、お客様に安心して来ていただくためですから、やりますよ。大切なことですよね。」 とサラっと言いながらテーブルを消毒する店員さんがいました。

前者は視点を 「自分」 に向けた人、後者は視点を 「お客様」 に向けた人、、、それによって、気持ちも行動も大きく異なることが好対照に映し出されていましたね。

さて、皆さまは、どちらに視点を向けていますか?

2021年10月03日 日曜日

新型コロナ、、、この違い分かりますか?

東京都の感染防止対策店は 3種類あるって知っていますか?
 ① 感染防止徹底宣言ステッカー発行店
 ② コロナ対策リーダー登録店
 ③ コロナ対策リーダー・徹底点検済証発行店

これらの違いで、酒類の提供時間や営業時間、1グループの人数の上限が違うのですが、、、一消費者がそんなこと認識しているわけもなく、現場では混乱するだろうな・・・と思っています^^;

2021年9月29日 水曜日

新型コロナ、、、ハード面で認証しても・・・

緊急事態宣言がようやく解除、その後のまん延防止措置もなく、10/1からは 久しぶりの完全解除。

・・・でも、宣言の解除地域では、酒類の提供に時間制限や 店によって提供時間が異なるなど、法的根拠があるのかも分からない「認証店制度」 が施行される見込み。

これまでも、「感染防止宣言ステッカー」 を貼っている店で、「あれで感染防止できてるの?」 と 外から見て疑問しか湧かない店を何軒も見てきましたが、、、

結局のところ、認証は、確認に行った時点のハード面で認証しているだけであって、営業時間中にどのように運営されるかは全くの別もの、、、営業してしまえば 有耶無耶になってしまう店が多いことでしょう。

・・・そうならないよう願っていますが。。。

2021年9月28日 火曜日

復興への大きな一歩・・・

2011年の東日本大震災。 多くの人が忘れていて、話題になると 「あー!」 と思い出すような感じかなとも思いますが、、、そうなること自体悪いことではないし、これだけ各地で災害が多発すれば、地域にご縁がない限りそうなると思っています。

個人的に根に持っているのは、やはり 東京オリンピック・パラリンピックの招致決定。 当時、度々現地に行っていたため、招致決定以降、資材が高騰し 職人は関東にとられ、ハード面の復旧・復興が進められなくなった、余計な借金を背負わされることになった方々を大勢見てきました。

それでも、オリパラ施設の工事が終わる段階から、ようやくハード面の復旧・復興も進み、被災地の各地で着々と新しい施設が完成してきています。

私の中で、こうなれば復興してきたといえるだろうという基準は、このハード面の復旧・復興とともに、福島県産の農産物・水産物の輸入規制撤廃。

9月22日に、米国で規制を完全撤廃したとの報は、復旧・復興に向けた大きな一歩。 まだ 14の国と地域では規制はありますが、大国が完全撤廃したのは とても喜ばしいニュースです!

2021年9月23日 木曜日

新型コロナ、、、総括しないから迷走する・・・

既に第何波なのか、今って何宣言なのか、よく分からないし関心もない人が多いでしょうか(苦笑)

先日まで、「人流が減っていない!」 と繰り返してきたのに、これだけ新規感染者数が減っている、、、未だ 「人流が!」 と言うメディアや行政長もいますが、多くは ばつが悪いのか 「人流」 という言葉を使わなくなりましたね。

「人流」 という言葉を使った時から、「人の接触を止めれば感染しない」 と QOL完全無視の方針に転換したわけですが、、、これは 1年半前の中国のロックダウン策。 今になってそんな前時代的なことやるの? といった反論も少なく、メディア総出で 「人流抑止」 を訴えたわけですが、、、ヒステリックなお願いと すれ違っただけで感染するといった極端な例で脅すだけの愚策。

これで次の波が来た時には、また同じことをするのですかね??

総括しなければ無意味なことを繰り返すし、誰もついてこなくなる、、、そうやって 1年半やってきた今、国民の多くが関心を示さなくなりましたので、今さら総括しても時既に遅しでしょうか。。。

2021年9月21日 火曜日

計画書を作らない経営者の特徴・・・

小規模事業者でも、経営計画や事業計画が重要だと明確に打ち出されてから 7-8年経ちます。

計画がなくともそれなりに上手く事業展開できている方はまあ良いですが、、、上手くいっていないのに計画がないという方が未だに多くいらっしゃいます。

そうした時に計画を作るよう助言しても、「計画を作ったら上手くいくのか!」 と食ってかかられるのが関の山なので、、、計画の重要性や必要性は説明するものの 強く勧めるようなことはせず、基本的にはご興味があれば支援しますといったスタンスで接します。

計画書を作らない経営者の特徴を挙げると、「現場が全て」 「計数意識なし」 「視野狭窄」。 そして、これらに共通することとしては、「感覚に頼った経験則」 でしょうか。

こうした病ともいうべき状態の経営者は、他人の話を冷静に聞く耳さえ持てないため、、、あ~あ、と思いながら距離を取るようにしていますね。

つい最近も、いきなり癇癪を起こした経営者がいたため 完全に距離を置きましたが、、、計画書を作りたいけれど、考え方が分からない、計算ができないというなら、いくらでも手立てはあるのですがねぇ。。。

2021年9月18日 土曜日


ヒューミックアパレル・服飾関連の経営支援なら
コンサルティング オフィスK   〒188-0004 東京都西東京市西原町2-6-4-201 tel:090-1705-5502