2021年11月の記事



新型コロナ、、、その人の立場で考えなければ分からないこと・・・

2021年11月29日 月曜日

今度は 「オミクロン株」 という新たな変異株が流行しつつあるようですが、またユルユルの水際対策なのだろうと思っていたところ、外国人の新規入国の原則停止を表明、、、思わず 「へ~!」 と声を出してしまいました。

これで完全に防げるとは思いませんが、他国の感染から実態が掴めるまででも時間が稼げれば、今後の対応もまた違ってくることでしょう、、、総理大臣が変わって、この対応にはちょっと見直しました。

この状況を見て、外食しようか 我慢するべきか悩みどころ、、、私は未だ外食解禁していないため、行くならこの数日が最後のチャンスか!? と逡巡中です^^;

私は、よほど安全が確保できていると思える場所でなければ 外食もカフェ利用も未だ禁止しているため、2020年4月以来、店でランチ 2回、同じホテルで朝食 3回しか利用しておらず、、、なので、そこまで考えが及ばなかったことがあります。 ・・・それは、飲食店のホール従事者が、他業種に転職された理由(想い) です。

聴いたいたところ、感染対策と称して仕切りを設けたり、換気したり、マスク会食を推奨したり、、、でも、結局は複数人で来ればマスクを外して食べながら飲みながら話す・・・それもあちらこちら、盛り上がりながら。。。 この状況を冷静に考えれば、いかに感染リスクが高い中で働いているか、愕然としたとのこと。。。

国内の感染者数も重傷者数も日に日に減り、少し前から収束していると言っても良い状況、、、外食する人も日に日に増える反面、飲食店の働き手が足りないとの状況の背景には、これまでに経験した ハイリスクな職場に対する懸念・嫌悪の念もありそうです。

飲食店の働き手を確保するには、とってつけた感染防止対策は言うに及ばず、、、従業員が感染しない、安心して働ける環境を確保するとの視点が大切なのだと感じています。


暦年贈与を行うなら今の内・・・

2021年11月28日 日曜日

FP(ファイナンシャル・プランナー) の資格を取ったのはもう 20年以上前。 当時、投資というものを始め、勉強している内に FPという資格があることを知って、興味が湧いてきたのがきっかけでした。

FPの資格で仕事をしているわけではないけれど、経営者との面談の中で、老後(廃業後) の資産形成や相続(贈与) の面で相談を受けることもありますので、情報収集や勉強は継続して行っていますが、、、

最近、特に気に掛けているのが 相続税に係る法改正、、、まだ決定していませんが、来年早々か、近い内に改正されるのでは? と、関係者の間では警戒感が高まっています。 ・・・それは、暦年贈与による相続税対策が できなくなる恐れが出ているということ。

暦年贈与は、子や孫等 1人への年 110万円以下の贈与は 非課税となる制度。 これを計画的に行うことで相続財産を減らすことができるのですが、、、気を付けなければならないのが、被相続人が亡くなる 3年前までの推定相続人(子等)への贈与は、相続財産として加算されてしまうこと。

つまり、亡くなる 3年前の相続税対策は無効となるため、相続財産が一定額以上ある方は、早い内からコツコツと暦年贈与を行うと良いのですが、、、この 3年前 が 10~15年前となる、あるいは、110万円の枠の撤廃が検討されているのです。

仮に、最速で改正されるとすると、2022年4月から暦年贈与が使えなくなるため、、、2021年12月末までと、2022年1月~3月末までの 2回のチャンスで 暦年贈与を行う必要がありますね。

特に小規模企業の場合、会社と個人の財産は一体的に考えることが多いと思いますが、、、事業承継に当たっては、後継者により多くの財産を残せるよう、まだまだ元気な内から 相続税対策に取り組んでいただければと思っています。


コスト削減に偏り過ぎた結果・・・ (後編)

2021年11月24日 水曜日

(つづき)

いつの頃からか 、経営において 「生産性向上」 が重要と言われるようになりました。

しかしながら、コスト削減意識の強い、というか、それに傾倒し過ぎた日本では、生産性=労働生産性と捉えてしまい、、、いかに短い時間で、いかに少ないコストでアウトプット(商品・製品・売上等々) を生み出すか・・・となってしまったため、「生産性」 ではなく あえて 「付加価値生産性」 と言うようになってきました。

「付加価値生産性」 においても、短時間・低コストは正解ですが、それだけでは正解の半分。 いかに付加価値を高めるかで考えれば、たとえ時間・コストが少し多く掛かっても、それ以上に価値の高いものが生み出せれば、それも正解となります。

今回、こうした内容でコラムを書いたのは、「大阪府議の議員バッジを 金メッキから木製に変えることで経費節減をする」 との記事を見たことがきっかけ。

もちろん、大切な税金ですから 無駄使いの削減は大切なことで、これ自体はとても良い取組。 でも、これは 「労働生産性」  しか見ていない経営者と同じで、、、「付加価値生産性」 の視点で考えれば、どうやったら 議員バッジの付加価値を高められるかを考えることも大切です。

そもそもが、「東洋のマンチェスター」 と称された 大阪工業の象徴である歯車をモチーフにしたデザインとのことですので、、、現在の大阪のモノづくりの技術の粋を集めたバッジにし、大阪の製造業の PRに使う(→ 議員が、産業振興のために他県や世界に PRする・子供たちなど次代のモノづくりの担い手への教育に活用する等々) といった方向性があっても良いと思います。

コスト削減はもちろん大切。 ただ、それに偏り過ぎるのではなく、いかに付加価値を高められるかを考えることが、今の時代にはもっと大切なことだと思っています。

(おわり)


コスト削減に偏り過ぎた結果・・・ (前編)

2021年11月23日 火曜日

日本の産業というのか、日本人にはコスト削減の意識が非常に強く刷り込まれているように感じます。

私が社会に出たバブルが完全に崩壊した頃、高いものは売れなくなり、少しでも安いもの、安くて上質なもの・・・が求められるようになりました。 「安い」 ということが一番のキーワードになる中で 経営を成り立たせるには、原価(仕入) や経費を抑えることが至上命題に。

そこから、様々な角度でコスト削減に取り組むようになり、いかにヒト・モノ・カネを安く調達し、いかにそれらを組み合わせ 安く提供できるか多様な方策が生み出され、、、いつの頃からか コスト削減能力が、企業(我が国産業) の競争力の源泉となっていったように感じます。

一方で、商品そのものの価値が向上することはなく、コスト削減のあおりで寧ろ価値は低下する方向に、、、「昔のものは長く使えたよね」 はその典型といえますね。 つまり、コスト削減に偏り過ぎた結果、付加価値向上がなされない(軽視される) 時代が長く続きました。

例えば、アパレル業界でいえば、いかに安く、効率的に売れる商品を投入していくかに力点が置かれ、いかに面白いもの、他社にはないものを生み出していくかは軽視されるようになっていった、、、まだ若かりし頃ですが、MD主導の体制に変わり、デザイナーは不要と切りまくっていた状況も実際に目の当たりにしてきました。。。

挙句の果てに、国内で更なるコスト削減は無理となると、製造(仕入) 拠点をアジア圏に移し、、、それが奏功した反面、国内のモノづくり能力そのものを失う状況に。。。

(つづく)


新型コロナ、、、逆張りが正解か?

2021年11月20日 土曜日

新規感染者数もしばらく落ち着きをみせていますね。

これまでの流れでいえば、GoToやら何やらとあっという間に生活を元に戻して感染爆発! でしたが、ようやく学んだというのか、慎重な行動を崩さない人が多いのかなと思います。 ・・・でも、落ち着いているのですから、感染対策をきちんとした上で、街に出掛けたり飲食店に入ったりというのが正解なのでしょう。

しかしながら、マスクをしないで商業施設内を歩く人や電車に乗る人がチラホラ目につくようになった今、さらには、入国制限を緩めた今、少し慎重な行動に戻すのが正解なのでしょう。

最近、常磐線特急に乗ることが多いのですが、3割方マスクをしないで乗車しており、、、ということは、そうした人は方々でもそうした行動を取っているでしょうし、一つの縮図と見れば、そうした人の割合はドンドン増えているということでしょうから、私は警戒感を強めているところです。

さて、皆さまは、コロナ禍、どのように行動していますか?


販促活動の前に 必ずしておかなければならないこと・・・

2021年11月16日 火曜日

売上が減った、何かしなければ!・・・と思ってまず考えるのが販促活動。 でも、その前におさえておかなければならないこと、これをしないと逆に大変なことになる!ということがあります。

それは、改善活動。 そんなに大した話ではなく、いわゆる通常の改善の取組です。

テーブルがいつも油でベトベトのお店が、新規客獲得のために割引クーポン券を配っても、、、クーポンがあるから一度は来るけれど、二度目はありません。 あまり美味しくないんだよね・・・という商品を特売で出しても、、、安さに釣られて買う人はいても、次から買うことはありません。

・・・それだけならまだ良いけれど、、、この SNS時代にあっては、自ら悪評を広めるようなものですね。

ですから、まずは改善するべきことがないか顧みて、 改善した後に販促活動を行っていただければと思っています。


販促効果あり!

2021年11月12日 金曜日

先日、スマホで Yahoo!を見ていると、ハンバーガーの写真が目に入りました・・・すぐに目を奪われたのが 「期間限定、半額!180円!」 の文字。

魅力的な価格につられてクリックすると、行ったことのないハンバーガーチェーン店。 どこにあるか調べてみると、よく利用する駅近にあるではないですか! しかも、スマホから注文・会計もできる便利なアプリまで! ・・・ということで試しに購入してみました。

バーガーキング2 バーガーキング1

直火焼きのビーフ100%パティに、レタス、トマト、スライスオニオン、ピクルスをはさんだハンバーガー、、、店を出るや、周囲に人がいないのを確認して思わず 2個を一気食い。 これが 180円で良いの?? という大満足な美味しさ♪

これに味を占め、キャンペーン最終日に再び購入、、、そして、今度はあれにしようと、既に心に決めたハンバーガーもあります♪♪

再び購入したのは、味・コスパが良かっただけでなく、スマホから注文・会計できる点も大きく、、、というのは、ファーストフード店では、必ずドリンクやサイドメニューを勧められるし、キャンペーン商品だけを複数購入する時は後ろめたさもあって、今まで気持ちよく購入したことがなかったのでした。

それが、スマホで注文・会計できれば、店では受け取るだけで煩わしさは一切なし、、、店側も、レジ・接客が不要で、店内の滞留も減るしでメリット大ですね。 ・・・このキャンペーンを通して、初めてスマホ注文を使った人も多くいると思います。

こうした一人の客の後ろには同じような何百人の客がいるもの、、、広告宣伝費と利益率低下という大きな費用は掛かったものの、その店の存在を知らない人を顧客化することができた、スマホ注文を周知することもできたというのは、大きな販促効果と言えるでしょう。


Windows10→11 アップデート問題について・・・(後編)

2021年11月10日 水曜日

(つづき)

古いけれど ある程度の性能のはずだし、不具合なく使っているし、何でアップデート対象外なの? ・・・と思って調べてみたところ、ハードウエア仕様のプロセッサの要件で引っ掛かっていました。

【プロセッサ要件】 1GHz以上で2コア以上の64bit互換プロセッサ/SoC。

対象外となった PCを調べてみると、2.70GHz、2コア、64bit・・・満たしているはずなのにと思って更に調べてみると、、、プロセッサの世代が問題なのだとか。

対象外になった PCのプロセッサは、Intel Core i5 – 3340。

・・・最後の 4桁の頭の数字が世代を表しているそうで、これは 第 3世代ということが分かります。 実は、Intel Coreプロセッサでいうと、Windows11 のアップデート対象は、第 7世代(7000番台) の途中からという隠れ要件があるのですね。

自分の PCが 第何世代か気になる方は、、、Windows10ですと、左下の検索窓に 「システム」 と入力し、コントロールパネルの 「システム」 をクリックすれば、PCの仕様が確認できます。

最初は、「なぜ対象外!」 「また買わなきゃならないの!?」 と憤慨しましたが、、、冷静に考えれば、最新版は 第 11世代、4コアも当たり前の時代に 第 3世代で 2コアだしね。。。 (→ ちなみに、動画編集等がない通常のビジネス利用では 2コアで全く支障ありません)

まだしばらく使い続けますが、Windows11 にアップデートする際には、買い換えようと思っています。

特に複数台 PCをお持ちの方は、Windows10 サポート期限である 2025年10月14日を意識しながら、購入計画を立てられることをお勧めします。

(おわり)


Windows10→11 アップデート問題について・・・(前編)

2021年11月09日 火曜日

先月の Windows Updateで配信された Windows11への無償アップグレード。

既にアップグレードされた方もいらっしゃるかと思いますが、私は毎度のことで様子見、、、性格的にも新しいことに飛びつかないタチではありますが、いくつか明確な理由があります。

まず、OSの大きな更新となると、不具合がつきもの。 単純に正しくアップデートできないこともあるし、使い始めて分かる不具合などもあって、後々になって出される修正版を適用するまで解消しないなんてこともあります。

使えるようになったとして、使用感が悪く、使い難くなる可能性、、、これまで特段の不満がない場合、更新したことで使い勝手が悪くなるのは避けたいところです。

そして、これが一番大きな理由ですが、インストールしているソフトや外付け機器が使えなくなる可能性、、、今まで使っていたものがアップデート後に使えなくなるというのは、割とよくあることなので要注意です。

さらに、私は PCを 2台使用しているため、OSは合わせておきたいのですが、古い方の 1台はアップデート対象外とのこと、、、悲しいことに 長年の相棒の寿命は、Windows10 サポート期限の 2025年10月14日までとなってしまいました。。。

実は、性能的に問題なくても、古い PCの中には、アップデート対象外となってしまうものが結構あるようなのです。

(つづく)


アイデア出しはワイワイ・ガヤガヤ・・・

2021年11月07日 日曜日

新しいアイデアを出すには、真面目に考えていても良いアイデアは出てこないもの、、、その場のノリでも、冗談混じりでも、他の人のアイデアに乗っかりながら、ツッコミながら、ワイワイ・ガヤガヤと楽しくおしゃべりしながら行うのが鉄板です。

ですから、新商品開発などの支援をする時には、私(支援者)が MCとなって、ワイワイ・ガヤガヤするように方向付けをしていき、徐々にメンバーだけで話し合えるようフェードアウトしていきます。

でも、おしゃべりが苦手な人や、自分がおしゃべりするのは好きでも MCや 場づくりができない人って結構多くいるのですが、、、そうした人がリーダーや支援者の場合、残念ながら あまり良いアイデアは見込めません。

何ごとにも向き不向きはあるもので、、、アイデア出しが必要(重要) なテーマにおいては、そうしたリーダーや支援者は向いていないため、まずは、向いている人を任命できているか・・・ということが、良いアイデアを出す最初の 1歩だったりしますね。

例えば、社長がリーダーに向いていないと思った時には、最終責任者は社長だけれども、開発リーダーは社員の中から任命し、私は開発リーダーと社長のサポートをするなど、体制面を明確にした上でスタートしていますよ、、、ご参考まで。