オオカミ少年効果・・・

災害級、警報級、●年に一度、過去に類を見ない ・・・いつの頃からかよく目にするようになった言葉ですが、、、安易に多用していると、それを見た瞬間に 「煽り言葉」= 大げさな表現と思われてしまいますね。

天気予報やワイドショーなどでは、実際のところ、大げさな表現を使って気を引きたい、、、まあ、良く言えば 「注意喚起」 のためにそうした言葉を使っているのでしょうが、こう続くと信頼されなくなってしまいますね。

【オオカミ少年効果】 なる現象がありますが、、、「オオカミが来るぞー!」 と危機感を煽り過ぎて、実際に災害が起きても信用されずに被害を受けてしまう ・・・そろそろ、こうした心配をしなくてはならない状況のように感じています。

先日の失態(批判) を受けて、今日は 「煽り言葉」 を控える番組が増えたように感じますが、まだ同じような表現の番組もあるようで、、、変なバイアスを掛けずに 私の肌感覚で感じたところでは、今回も大きな対策・警戒が必要とは思えないため、特に予定変更せずに 通常運行で参ろうと思っています。

自身が 【オオカミ少年効果】 に陥っていないかには気を付けつつ、冷静に予測して行動しましょう。


ヒューミックアパレル・服飾関連の経営支援なら
コンサルティング オフィスK   〒188-0004 東京都西東京市西原町2-6-4-201 tel:090-1705-5502