消費税率10%に伴う経済対策はさらに混迷・・・ (後編)

(つづき)

支払の 5%ポイント還元 (ポイント利用分にポイント付与なし) の例で見てみます。

① 最初に、10,000円の商品を購入すると 500分ポイントが付きます。 ② 次に、ポイントを利用して 10,000円の商品を購入すると、支払 9,500円に 5%=475円分ポイントが付きます。 ③ 同様に、ポイントを利用して 10,000円の商品を購入すると、支払 9,525円に 5%=476円分ポイントが付きます。 ④ 最後に、きっちり使い切るために 476円の商品をポイントで購入して終了したとします。

ここまでの累計は、30,476円分の購入で 1,451円のポイントが使えたので、割引率は 4.76%ということになります。 また、最後はポイントを使いきれずに期限切れとなると、上記の例では、30,000円分の購入で 975円のポイントが使えたので、割引率は 3.25%ということになります。

つまり、5%ポイント還元といっても、消費者からすると、ポイントは使って初めて還元されたことになるので、、、割引率で考えると 4.76% や 3.25%など、どんなに頑張っても 5%にはならないのですよね^^;

また、キャッシュレス決済導入には助成金が使えるといっても、全額ではないため初期投資で自己負担が生じるでしょうし、、、これらを考え合わせると、キャッシュレス決済を導入せずとも、常に 4%引き(=キャッシュレス決済より+0.75%の負担) で販売する等の手法でも 十分に太刀打ちできる(顧客の流出を防げる) と思っています。

それどころか、キャッシュカード等を持たない新たな顧客が増やせるかもしれません。 ちなみに、ポイント制度を導入せずに 値引きで差別化を図る某家電量販店がありますよね ・・・実家では、ポイントをもらっても使うことがないということで、ここで洗濯機を買いました♪

このように、私は、キャッシュレス決済によるポイント還元を受けられない店だからといって、必ずしも商売上不利になるとは考えていませんので、、、少し時間を掛けて導入の是非を検討していただければと思っています。 ・・・予算編成があるので、年末にはもう少し確度の高い情報が出てくると思いますので、また対策を考えましょう^^ノ

(おわり)


ヒューミックアパレル・服飾関連の経営支援なら
コンサルティング オフィスK   〒188-0004 東京都西東京市西原町2-6-4-201 tel:090-1705-5502