2014年1月の記事



状況判断力・・・

2014年1月30日 木曜日

【状況】 移り変わる物事の、その時々のありさま。 (デジタル大辞泉より)

【状況判断】 状況を把握すること。 また、それに基づいてどう対処したらよいか判断すること。 (デジタル大辞泉より)

合わせて考えると、「状況判断力」 とは、移り変わる物事の その時々のありさまを把握し、それに基づいてどう対処したらよいか判断する力 といえます。 個人としても企業としても、状況を正しく判断することは 非常に重要なことですよね。

しかし、残念なことに、状況判断が正しくできていない人を 割とよく見かけます。。。

彼らに共通するのは、「俯瞰的に見る力」 「客観的に捉える力」 「(近い)将来を予測する力」 ・・・ これら 3つの力が弱い、ないし 欠如しているように感じています。

俯瞰的に見ることで全体像を把握し、客観的に捉えることで冷静に判断し、将来を予測することで 必要な対応策を考える。

「状況判断力」 は、目まぐるしく変化する経営環境にあって、なくてはならない力 だと思っています。


信頼されていますか?

2014年1月27日 月曜日

【信頼】 ある人や物を高く評価して、全て任せられるという気持ちを抱くこと。 (類義の語に「信用」があるが、「信用」はうそや偽りがなく確かだと信じて疑わない意を表す。 それに対して「信頼」は、対象を高く評価し任せられるという気持ちを抱く意を表す)  (大辞林・第三版より)

私は最近、保険の見直しをしていて、どこが良いのか 何が良いのか、あれやこれやと検討しているところです。 FPの資格もあるため 何となくの勘どころは分かるのですが、最終的なところは専門家の意見を参考にしようと思い、現在加入している保険会社に伺うことにしました。

保険会社は 自社商品を売らなければならないのが前提ですから、私の将来の補償を 「全て任せられる」 とはいきませんが、それでもその道のプロフェッショナルとして信頼して伺ったのですが、、、なんと、私の質問に対して 立て続けに誤った回答をされました。

同席された上役の方が 「それは違います!」 とすぐに訂正されたのでまだ良かったのですが、込み入った話をしていたため、どこまでが正しくて どこからが誤りなのか、、、とても混乱させられました。 保険会社で 契約内容の説明に誤りがあっては、会社の全ての信頼が損なわれてしまいますよね・・・。

皆さんの会社は大丈夫ですか?

例えば、説明と違い使い勝手の悪い商品であったら、、、例えば、何の連絡もなくお届け日が遅れたら、、、例えば、レジで度々値段を間違えられたら(高い値段で計算されたら)、、、場合によっては これまでの信頼が失われてしまうかもしれません。

忙しかったからとか、知識が乏しい新人だったからとか、間違えは誰にでもあるからとか、、、お客様には関係のない話ですからね。 もしも最近 客数が減っているなと感じられている方は、自分の行動や社員の行動が お客様から信頼されているか、少し振り返っていただければと思います。


ラッピングジェット ~その3~

2014年1月25日 土曜日

先日の出張時に撮ったラッピングジェット ・・・ 通称 「ピース★ジェット」。

現在唯一就航している ポケモンジェットで、幸運にも割と近くで見ることができました♪

密かなコレクションは これで 5機目になりました(笑)


百貨店で偽ブランド品を販売・・・

2014年1月23日 木曜日

昨日 Yahoo! のトップ記事を読んで衝撃が走りました。 百貨店で 人気ブランドの偽物商品を販売 ・・・ 信頼が命綱の百貨店で なぜそんなことが???

百貨店では通常、ブランド品は、正規の代理店を通じて 個別の売場で販売されますが、今回の偽ブランド品は 「催事」 で販売されたとのこと。

催事ねぇ ・・・ なんとなく想像はしていましたが、、、

百貨店は昔から(・・・という言い方は語弊があるかもしれませんが) 「催事」 は出店者任せにすることが多いんですよね。 しかも、この数年の百貨店(通常売場) の売上不振により、「催事」 による集客に力を入れていた(・・・端的に言えば催事頼み) こともあって、脇が甘くなってしまったのですかね。

それでも、ブランド品(並行輸入品) はチェックすると思うんですけどね ・・・ そこまで管理体制が崩れているのか、現場知識がなくなっているのか、、、聞けば 通常より少し安い価格で販売していたというではないですか ・・・ この円安時に しかも人気ブランドがなぜ安い? ・・・ 真贋を見抜く知識はなくとも 何か変だと気付きませんか?

「食品偽装(誤表示)」 も似たような事件ですが、「偽ブランド品販売」 が異なるのは、購入者への詐欺行為だけでなく、ブランドへの知的財産権の侵害という二重の被害を生んでいる点です。

過失とはいえ、販売のプロ集団ともいうべき百貨店の罪は大きいと思いますよ。 食品偽装(誤表示) ともども、早く消費者の信頼を取り戻していただきたいなと思います。


「時間」 に対する意識の差は・・・

2014年1月21日 火曜日

どんな人にも等しく与えられるもの ・・・ それは、時間ですね。 1日 24時間はどんな人にも与えられています。 これをどのように使うのか ・・・ それによってドンドン差が開いていくのかなと思います。

例えば、「時間」 を意識しながら より早く仕事(やるべきこと) を終わらせようとする者は、残った時間を自身のスキルアップに使うことで、さらに質の高いより多くの仕事をこなすようになっていきます。

一方で、「時間」 を意識せずに 漫然と仕事をしている者は、時間に追い立てられながらもなんとか現状維持するか、あるいは、疲弊して十分な成果を出すことが難しくなっていきます。

「時間」 の大切さを意識している者とそうでない者とでは、時間が経てば経つほど 大きな差が生じていきますね。

聖書の一節に、「持てる者はますます富み、持たざる者は更に失う」 とありますが、、、「時間」 に対する意識についても 同じようなことが言えそうですね。


努力 × 結果

2014年1月19日 日曜日

日本には(という言い方も大袈裟かもしれませんが)、「努力を美徳とする文化」 があるように思います。

私も子供の頃から、「何事も頑張ることが大事」 とか 「一つひとつ努力することが大切」 と教わりながら育てられました。 ですから、次第に 結果よりもプロセス(努力) にこだわる性格が形成されていったように思います。

しかしながら、社会に出るとそれが一転 ・・・ 「結果が全て」。 「サラリーマンとはいえお金を貰っている以上はプロフェッショナル」 とか 「貰ったお金以上の結果を出しなさい」 と教わりながら育てられました。 ですから、特に入社 3年目くらいまでは、概念の変化に戸惑っていたように思います。

それでも、当時の先輩や上司に恵まれていたこともあり、「良い結果を出すために努力する」 「安定した成果を出すために努力が必要」 というような考えに至り、上手く両者の考え方を融合させることができたように思います。

今、コンサルタントとして支援先の現場に深く入り込んで支援していると、プロセスと成果の狭間で悩んでいる・戸惑っている社員を多く目にします。 上からは結果(数値) を厳しく言われ、、、でも、努力しているのに成果につながらない、何をどうしたら良い結果が出るのか分からない ・・・(その繰り返し)。

これは、「努力は 目標を達成するための手段」 という本質的なところの理解が不足していることに原因があるように感じています。

「結果は後からついてくる」 と言い、とにかく努力することを推奨される方もいますが、、、努力が足りていなければ、また、努力の方向が違っていれば、得られる結果もそれ相応ということになりますね。

努力しているのに結果が・・・ と悩まれている方は、一度立ち止まって 「何のために努力をしているのか」 「その努力で本当に目標が達成できるのか」 ということを考えてみてはいかがでしょうか?


嬉し悲しいお別れ・・・

2014年1月15日 水曜日

【嬉し悲しい(うれしがなしい)】 うれしさと悲しさが入りまじっているさま。 うれしくもあり悲しくもある。 (デジタル大辞泉より)

私は、支援先が、私の支援がなくても問題が起こらず、自分たちの力だけで前進できるようになるために支援しています。

ですから、望むような支援成果が得られれば そこでお別れ。 「お別れするために出会う」 という ややもすると哲学的な仕事(?) なのですが、、、昨日、嬉し悲しいお別れ をしてきました。

現場の動きを考えながら、正しい情報がタイムリーに管理部門に伝わるよう 「関連する一連の業務の仕組みを構築 (再構築) する」 という大掛かりな支援テーマでしたが、、、1年はかかるとの予想に反して、3ヶ月以上も前倒しでコンスタントに良い成果が得られるようになりました♪

まだ粗い所もあるので完璧とは言えないものの、ここまでやれるようになれば 後は社員だけで改善していけるでしょう ・・・ 社長に相談して 支援を終了することにしたのでした。

あと数回は続く予定だったので突然のお別れとなってしまいましたが、、、また会える機会もあるでしょう。 なぜなら、今度は別の支店を支援することになったのでした♪

お別れすることが前提の出会いですから、支援する方もされる方も、より濃縮された時間を過ごしたいですね。


カキ三昧♪

2014年1月11日 土曜日

今週末、宮城県沿岸部に行っていました。 三陸の海の幸といえばカキ~カキ好きにはたまらない季節です♪ 震災からもうすぐ 3年経ちますが、今年は随分と収穫量も上がっているそうです。

 

こちらは、東松島市で食べたラーメン。 カキがゴロゴロと入った塩ラーメンです。 数えてみると 9個も入っていました♪ あっさりとした優しい味の中にもコクが感じる塩ラーメン。 ご主人があまりごちゃごちゃした味が嫌ということで この塩ラーメンに辿り着いたのだとか。 価格も良心的で大満足の逸品でした♪

お近くにいらした際にはぜひお立ち寄りください。 (えんまん亭:宮城県東松島市大曲字堺堀13-5 復興仮設店舗 堺堀(矢本運動公園内にあります) 紹介記事 ⇒ http://www.smrj.go.jp/kikou/earthquake2011/interview/miyagi/064111.html

 

こちらは、松島海岸で食べた カキカレーパンとずんだメロンパン。 カキの旨味がしみ込んだカレーとゴロンとしたカキの組み合わせ・・・中々美味しいですね! 甘党の方には、サクサクとしたメロンパン生地に甘いずんだアンがつまったずんだメロンパンもお勧めです。

五大堂前のお店が並ぶ好立地のため、ひっきりなしにお客様が立ち寄っています。 出来たてが食べられるのが嬉しいですね♪

お近くにいらした際にはぜひお立ち寄りください。 (石窯パン工房パンセ HP:宮城県宮城郡松島町松島字町内75番地14 松島玉手箱館1階  ⇒ http://www.i-pensee.jp/recommend/?id=1250469406-990516


一年の計は・・・

2014年1月07日 火曜日

「今年は・・・」 とか 「今年こそは・・・」 とか、、、皆さんは新しい年を迎えるに当たって、今年は何かをしようと考えましたか?

私は、体が資本の仕事ですので、今年は一年を通して 「定期的な運動と健康的な食事」 を続ける。 それと、もう少し栄養学について勉強したいと思っています。

あと、今まで得た経営改善のノウハウを体系的に整理したいとか、東京オリンピック・パラリンピック開催決定を機に、英語が話せるように習いたいとか、年末に買った一眼レフを上手く使いこなしたいとか、、、言うだけ言うならまだまだ色々出てきます(笑)

【一年の計は元旦にあり】 その年の計画は元旦に立てるべきである。 まず初めに計画を立て、事にあたるべきだ。 (デジタル大辞泉より)

そうなんですよね。 「今年は・・・」 「今年こそは・・・」 と決意しても、計画がなければ、忙しさにかまけてサボったり、思い出した時だけやるなど場当たり的になったり、、、計画を立てなければ、元旦に決意したことの多くは 年末の反省に直結することになりますね。

今日で 2014年も 1週間 経過しました。 皆さんの元旦の決意は 上手く実を結びそうですか?


ご縁・・・

2014年1月06日 月曜日

改めまして、明けましておめでとうございます。

連休が明けて今日から仕事再開という方が多いでしょうか。 久しぶりの連休をのんびりと過ごされた方、友達や家族で楽しい時間を過ごされた方、はたまた、小売・サービス業の方は逆にお疲れだったり・・・ でしょうか。

私は、仕事を挟みながらですが、2週間ほどのんびり過ごしていました。 寒い時期ですので なんとなく家に籠ったり、車で移動しがちでしたが、それでも 1日平均  1時間以上のウォーキング と 食事に気を遣っていたことで 体型は変わらず ~ 今日は軽快なステップで仕事始めです(笑)

さて、年始といえば沢山いただいた年賀状。 顔を合わせる間柄の人もいれば、もう何年も会っていない=年賀状だけのお付き合いとなってしまった人もいます。 それでも、転勤したんだ とか 子供生まれたんだ とか 家建てたんだ とか、近況を垣間見ながら 会っていた頃を懐かしく思い出します。

地域が離れていると、何かのきっかけでもないと中々会うことは叶いません。 それどころか、名前さえも思い出す機会がありません。 ですから、年賀状さえもご縁がなくなってしまうと、再会するきっかけさえも生まれてこないのかな・・・ そんなことを思いながら 私は年賀状を送っています。

今年は、一人でも多くの人と再会できると 嬉しいですね♪