17-持続化補助金・経営革新計画等記事一覧



コロナ禍の研修・セミナー

2020年8月16日 日曜日

新型コロナの影響で、私が登壇するものも受講するものも 春のセミナーは全て中止。 先月頃から少しずつ開催されるようになって、先日久しぶりに受講してきました。 公的機関主催でしたので、会場内の感染症対策は申し分なし。 3人掛けの机を 1人で広々と使うことができ、リラックスして受講することができました♪

近々、登壇する予定のため、講師の立場で様子をうかがっていると、やはりマスクしながらでは話しにくそう。 講師の一人は、「話しにくいから」 と途中でマスクを外す暴挙に出ましたが、このご時世あれはマズイだろうと 受講者の冷たい視線を感じました^^;

さて、私が予定しているのは、経営計画策定セミナー(小規模事業者持続化補助金申請対策)。 コロナ特別対応型と一般型との比較、コロナ禍の現状分析やコロナ対策を事例に盛り込むなど、新ネタを多く入れた内容にしているのに加えて、何といっても マスク着用で 3時間の長丁場を乗り切れるかという不安も・・・。

でも、口周りのスペースが確保できる厚手のシッカリしたマスクを手に入れており、3時間程度の現場支援でも対応できているため 大丈夫かな?? ・・・不安解消のため、今度の週末は、この 15年で初めての マスク着用でのリハーサルです^^ノ


小規模事業者持続化補助金、、、変更点に要注意!!

2020年7月16日 木曜日

小規模事業者持続化補助金(コロナ特別対応型)/商工会議所管轄 の公募要領が更新されています。
https://r2.jizokukahojokin.info/corona/

8月7日締切に向けて、今日も支援なのですが、今朝ふと事務局ホームページを見て助かりました。 ・・・はい、またまた更新されて、「コロナ特別対応型」 の只今の最新版は 「第6版(7月15日更新版)」 となりました。

このような度々の変更は異常ともいうべき状況、、、これだけ更新されると、応募を検討している方は大混乱です。

加えて、「一般型」 はまた別の公募要領(コロナ型との違いが結構あります) で進められるため、慣れていない人には何を見れば良いのか分からない・・・というくらい複雑になっています。 実際に、私も度々の変更に 途中でついて行けなくなり、一から隅々まで確認するような状況でした^^;

さて、今回の大きな変更点は、「様式3」 が任意提出となったこと。  ・・・これは、地域の商工会議所に作成していただかないといけない書類で、そのために、1-2週間前に書類を仕上げないといけないは、商工会議所の担当者も 締切間際に書類作成に追われるはで、皆が困っていた書類ですが、、、それが提出しなくても良くなったのは喜ばしいことです♪

もう 1点大きな変更点は、提出先の住所が変わったこと・・・お気を付けください^^;

誤字の修正や補足説明くらいなら良いですが、このような大きなルール変更や、対象外となる経費が追加となったりもしていますので、、、気を付けてホームページを確認していただければと思っています。

書類の作成支援もしておりますので、お困りの際はお気軽にご相談ください^^


小規模事業者持続化補助金のデマ情報・・・

2020年3月13日 金曜日

新型コロナでは酷いデマ情報が飛び交っていますが、持続化補助金でも多くのデマ情報が飛び交っていますね。 ・・・最も特徴的なデマは「難しい」ということ。 毎回、毎回、この言葉を聞くたびにため息が出ます^^;

公的な支援機関の支援者がデマを流していたりするので問題だと思っているのですが、、、殊更に 「難しい」 と吹聴し、申請させない方向に持って行く支援者がとても多いです。

それは、採択される申請書(計画書) を作れない・支援できないという支援者のレベルの問題、また、何でも丸投げする事業者を追い返すために口にするという仕方ない理由もあるかなと思っていますが、、、それと、「難しいのに採択された」 と名誉を得たいがために吹聴する人もいるかなぁ。。。

逆に、私のように採択される申請書(計画書) を普通に作れる・支援できる支援者は、「難しい」 とは言わないのが特徴ともいえますね。 (といっても、1日で書類が作れるほど楽なものではありませんし、、、相応に調べ、考え、汗をかく必要がありますので誤解なきよう。)

加えて、不採択になった事業者が、悔しさや恥ずかしさを隠すためか、さらに尾ひれをつけて 「難しい」 「そもそも採択されるものではない」 と吹聴します。 そして、それを耳にしたやる気のない事業者は、持続化補助金を勧められても 「難しいから」 と申請しない理由にします。

・・・こうやって、「難しい」 というデマが本当のことのように流れていますが、、、デマだと知っている人は、そうしたデマに惑わされている人を鼻で笑いながら、自身は粛々と申請し、採択されているのが実態です。

ちょっと厳しいことを言いますが、「難しい」 と口にした瞬間 「負け組」 になり、「そんなに難しいものではない」 と考えた人は 「勝ち組」 になるのが、持続化補助金の特徴ともいえます

7割方の負け組は 「難しい」 というデマに踊らされるだけでなく 自らもデマを吹聴し、その一方で、3割方の勝ち組は、「こんな楽な補助金はない」 と 2回も 3回も採択され、「次は何をテーマにして補助金をもらおうか」 と毎回活き活きした顔で取り組まれます。

ちなみに、どうすれば採択されるか知っている人は、最低でも 2回は採択されます( 3回目からは工夫が必要ですが)。 ・・・難しいというデマに惑わされずに、皆さまにも勝ち組グループに入っていただきたいと思っていますので、申請をお考えの際はぜひご相談ください^^ノ

~ 右横下段 【17-持続化補助金・経営革新計画等】 もご参照ください ~


(令和元年度補正) 小規模事業者持続化補助金の公募開始!

2020年3月10日 火曜日

もう少し先かと思っていましたが、本日、小規模事業者持続化補助金の公募が開始されました! ※公募要領等はこちら ⇒ https://seisansei.smrj.go.jp/

補助率2/3、補助上限額 50万円というのはこれまでと同じですが、大きく変わった点が 3つ ありました。

まず、申請手続きの期限が複数回提示されていること

申請期限と補助事業実施期限について、次のように示されています。
・第 1回申請期限 2020年 3/31 → 事業実施期限 2021年 1/31
・第 2回申請期限 2020年 6/5 → 事業実施期限 2021年 3/31
・第 3回申請期限 2020年 10/2 → 事業実施期限 2021年 7/31
・第 4回申請期限 2021年 2/5 → 事業実施期限 2021年 11/30
( ~ 第10回まで続く予定)

この中で、第 1回で採択されると第 2・3・4回、第 2回で採択されると第 3・4回、第 3回で採択されると第 4回・・・は、応募できなくなるため、慌てて応募しなくても、この期間で都合が良い時期に応募すれば良いのかなと思っています。

次に、加点要件が複数あること
1. 新型コロナウイルス感染症加点(直接・間接)
2. 賃上げ加点
3. 事業承継加点
4. 経営力向上加点
5. 地域未来牽引企業等加点

この中で、2・3・4 はこれまでにもあった加点内容ですが、特に今のご時世を反映した 1が特徴的ですね。 これは、市区町村の証明書等が必要になりますが、多くの事業者が関係するところだと思いますので、加点申請ができるよう証明書等の事前入手をされると良いでしょう。

最後に、補助対象事業が拡大されたこと

これまでは、「地道な販路開拓等の取組」 が必須であったため、補助事業計画では 「販路開拓の取組」 を主として記載しないといけませんでしたが、、、今回の公募要領では 「地道な販路開拓等(生産性向上)の取組」 となっています。

製造業などでは、必要とする取組が必ずしも販路開拓とならないことの弊害に考慮しての改良点かな?と思うのですが、、、気になるのは、その例として記載されている中に 「生産性向上の取組」 がないこと^^;

公募要領の作成者が昨年度のものを使い回ししただけ(横着しただけ) なのか、実は 「生産性向上の取組」 では ×なのか何とも言えないのですが、、、おそらく、単なる生産性向上では 「業務効率化」 の内容となってしまうため、「売上向上につながる生産性向上の取組」 であることを上手く記載する必要があるのかな(注意点) と思っています。

新型コロナの影響で通常営業できない方が多いと思いますので、、、今のうちにじっくりと計画書(申請書類) の作成に取り掛かってみてはいかがでしょうか^^?

~ 右横下段 【17-持続化補助金・経営革新計画等】 もご参照ください ~


ようやく公募開始!

2019年5月22日 水曜日

「小規模事業者持続化補助金」 の商工会分、本日やっと公募が開始されました!
https://www.smrj.go.jp/org/info/solicitation/2019/pjacom0000003me8.html

本来、日本全国 どの事業者も同じ条件で実施しなくてはならないはずですが、、、商工会議所分との一番の違いは日程です。 ・・・1次締切 6月28日(金)、2次締切 7月31日(水) と記載があるように、締切が 2回あるのですよね ~ 商工会議所分よりもゆっくり資料作成ができる日程ですね。

ただ、この 2回という所にどのような意味があるのか、、、

① 単に締切日を 2回設けただけ(=事務局側の理由なので有利不利は生じない)、 ② 2次締切の前に 1次締切の採択結果が分かる(= 1次で不採択だったら修正して再チャレンジできる)、 ③ 1次締切 と 2次締切で予算配分が異なる(=どちらに応募するかで有利不利が生じる) ・・・等々、瞬間的にもこれくらいの疑問が挙がるのですが、そうしたことには全く答えられない状況です。

はっきり言います、、、今回の公募は、中小企業庁の明らかなる失策です!(怒)

・・・ただ、そんなことを言ってても状況は変わらないので、応募される方は、期限までに粛々と準備を進めましょうね^^

ちなみに、公募要領は、地方事務局(=各都道府県の商工会連合会) のホームページに掲載されているので、こちらからご自身の住所地の商工会連合会のホームページをご確認いただければと思います^^ノ
https://www.smrj.go.jp/doc/org/20190522_kobo01.pdf

~ 右横下段 カテゴリー 【17-持続化補助金・経営革新計画等】 もご参照ください ~


「小規模事業者持続化補助金」 の個別相談を行いました。

2019年5月20日 月曜日

本日、某支援機関にて、「小規模事業者持続化補助金(H30年度補正)」 の個別相談を行いました。

1事業者さま当たり 60-90分×5者=合計 6時間 ほとんどしゃべりっぱなし、、、セミナーの時よりも声が枯れてしまいました^^;

何をそんなにもしゃべっていたかというと、全ての事業者さまに対して 2-3時間のセミナーで話す内容をコンパクトにまとめて伝えていたのでした。 私としては、皆さんに集まっていただいて セミナーを開催した方が楽だったのですが、、、事業者さまにとっては、セミナー内容をマンツーマンで 個別の経営計画に合わせて聴けたので、とってもお得な相談会(?) だったように思います♪

さて、本日お会いした方に共通するのが、どの項目にどのようなことを、どのくらいのレベル感で記入すれば良いのか分かっていない ということ。 ・・・でも、これは当然のこと、、、だって、公募要領にはどこにもそんなことが書かれていないから^^;;

これまでも何度かコラムに書きましたが、そうしたことが公募要領のどこにも書かれておらず、しかも、「記載例」 を見本に 「経営計画書(様式2)」 と 「補助事業計画書(様式3)」 を作成すると、9割以上の確率で不採択になってしまう・・・という 欠陥品ともいうべき公募要領ですので、、、対策セミナー等に参加せず、経営指導員等の助けもなく自力で採択レベルの書類を作成するのは、実際問題ほぼ不可能なのですよね。

しかも、セミナー等に参加していても、採択されるために何をどのように書けば良いか分からずに教えている専門家が非常に多い実態もあり、、、つまりは、誰に聴くか(診てもらうか) で採択に直結する方もいれば、どうやっても採択にたどり着かない方も、、、ある種、どの医師に診てもらえるかで一命を取り留めたり、手遅れになったり・・・といったことと似ているのかなと感じています。

これは自信を持って言えることですが、今日お会いできた方はとてもラッキーだったということ、、、今日お伝えしたことを きちんと書式に盛り込んでいただければ、間違いなく採択レベルの計画書になりますので、残りの期間で張り切って作成していただければと思っています^^ノ

~ 右横下段 カテゴリー 【17-持続化補助金・経営革新計画等】 もご参照ください ~


研修・セミナー担当の皆さまへ お知らせです。

2019年5月07日 火曜日

只今、「小規模事業者持続化補助金(平成30年度補正版) 対策セミナー (経営計画策定セミナー) のご依頼をお受けしております

セミナーでは、「初めて計画書を作る方」 にも分かるように、また、「採択実績のある審査に不利な方」 でも採択レベルの計画書を作れるように、採択されるために押さえていただきたいポイントを具体的にお伝えしています。

セミナーでお伝えしたポイントを押さえながら、「虎の巻(見本)」 を参考に作成すれば、大よそ採択ラインに近い計画書(様式2・様式3) が作成できるようになる! という 自信をもってお勧めできる特別講座です^^

不採択となる申請書と採択レベルの申請書を見比べながら、どこをどのようなレベルで検討・記載すれば採択されるのか、答えから逆引きの形で教えるため短時間でポイントを掴むことができ、また、私独自に作成した見本もお渡ししているため 「採択レベルの計画書の作成の仕方が具体的に理解できる」 と毎回ご好評いただいています。

今年度は、新潟で 1回、東京で 2回開催しており、スケジュールの兼ね合いでこれ以上の開催は控えていましたが、、、公募期間が想定以上に長かったため、新たに募集することにしました^^

所要時間は、2時間(ポイントを中心に駆け足の座学)、または、2時間30分(2時間よりも少し丁寧に解説)。 さらに、1-2週間程度後に、参加者が考えてきたアイデアや作成した申請書類に対して 1時間程度の個別指導が行えると、自信を持って採択レベルの計画書が完成できると思います。

ご興味のある方は、ホームページ右上の 【ご依頼・お問い合わせ】 ボタンより ご連絡いただければと思います(※直アドをご存じの方は直アドの方で大丈夫です)。 経営指導員・経営支援員の皆さま、あるいは、支援機関の研修担当の皆さま、お気軽にご連絡くださいませ^^

~ 右横下段 カテゴリー 【17-持続化補助金・経営革新計画等】 もご参照ください ~


小規模事業者持続化補助金対策、新版完成!! (後編)

2019年5月06日 月曜日

(つづき)

補助金全般に通じる考え方ですが、採択通知が届いてからがスタート & 事業完了期限が決められていますので、、、その期間の前や後に支払いが生じていたり、その期間内に事業が未実施だったりすると、採択時に認められた金額から減額されて精算される(振り込まれる) ことになってしまいます。

例えば、出展費用の支払いが採択通知をもらう前だったり、機械の納品・設置が事業完了期限後だったり、、、これらは、残念ながら減額対象となってしまいます^^;

今回の公募でいうと、期限は2019年12月31日と決まっていますが、スタートはちょっと微妙。 一応の公式発表としては、7月末までに採択結果が分かる予定ですが、今回の公募開始がここまで遅れた経緯を考えると、採択通知も遅れる可能性が多分にあります。

・・・なので、8月早々に支払いが発生するような補助事業計画はちょっと危険かな、、、お盆もあるので、念のため 8月お盆明けにスタートなど、少し余裕を持たせて開始するよう計画されるのが良いと思っています^^

申請通りの補助金を手にできない事業者も多く見ますので(→ そうした事業者が増えているから 随分長々と留意点が書かれていたのかな?)、、、いつ注文したらいつ納品されるか、いつどのように支払うのか等々、先々の精算手続きのことも考えながら申請されることをお勧めします^^

(おわり)

~ 右横下段 カテゴリー 【17-持続化補助金・経営革新計画等】 もご参照ください ~


小規模事業者持続化補助金対策、新版完成!! (前編)

2019年5月06日 月曜日

青森からの帰路、先日出された 「小規模事業者持続化補助金(平成30年度補正・商工会議所版)」 の公募要領をじっくり読むこと 90分。

感想としては、①昨年度よりシンプルに分かりやすく改善された、②補助上限引き上げ可能な事業者が限定されることで使い勝手が悪くなった、③それでもこの手の補助金はなくなってきたため 使える内に使っておくべき ・・・ということ。

その後、昨日から、4月の対策セミナーで使用したパワポ資料を 「平成30年度補正版」 の情報に更新し、少し手直しをして 最新版のセミナー資料が完成しました♪ 
5-6月は、予定を空けている日を 2-3日残していますので、ご興味のある支援機関等のセミナーご担当者様は、ご連絡いただけますと幸いですm(_ _)m

さて、サラっと飛ばし読むなら 30分程度で読める公募要領ですが、、、昨年度との違いを比較しながら読んだり、こうした書き方をすると審査にどう影響するのかと考えたりしていると、90分も掛かってしまいます^^;

その中で感じたのは、今回は、「経費の支払い」 についての留意点が 随分長々と具体的に書かれていたな・・・ということ。

(つづく)

~ 右横下段 カテゴリー 【17-持続化補助金・経営革新計画等】 もご参照ください ~


随分変わっています・・・

2019年4月27日 土曜日

4月25日に、やっとのことで 「小規模事業者持続化補助金」 の公募が始まりました。

ただ、これは商工会議所地区のみで、商工会地区の公募はまだ始まっていません。 そもそも小規模事業者への支援施策なのだから、地区(管轄) など関係なく 同条件で公募する必要があるのに、、、公募期間や事業実施期間、審査状況等で不公平感も出てくるかな? ・・・と懸念しています。

さて、まだかまだかと毎日情報確認・情報交換していたため、当日早くに公募開始は知ったのですが、、、一昨日、人生で何度かしかないであろう重責を担った大仕事があったこと(・・・今回、人生初です) と、10連休に突入したため 問い合わせもないであろうことから、公募要領の内容はまだ詳しく確認していません^^;

大仕事のことは、また折を見てコラムに書くとして、、、公募要領の内容をチラっとみたところでは、加点要件 や 100万円への上限引き上げ要件が変更されていたり、様式2-2 がなくなっていたり(=60歳以上の方のダブル加点狙いは不可となりました)、、、

改善されて分かりやすくなったところもあれば、意味不明なものが追加される(=クラウドファンディング加点のことです^^;) など、プラマイ0 というか、以前と比べるとやや使い勝手が悪くなりましたが、今回初めて見る人には 「そういうものか」 と受け入れられる範囲かな? と思っています。

ですから、特に、以前応募したことのある方は、以前の記憶で今回も応募されませんよう、条件や審査内容をきちんと公募要領で確認してから、申請書類の作成に取り掛かることをお勧めいたします^^

詳しいポイント等の情報発信はまた後日^^ノ

~ 右横下段 カテゴリー 【17-持続化補助金・経営革新計画等】 もご参照ください ~