ジョギングの貢献度・・・

今日は東京マラソンがありました。 年々参加希望者も増えて一大イベントになりましたね。 そうした影響もあってか、特にこの 1年、ウォーカーが減り ジョガーが顕著に増えているのを感じます。 かくいう私も、昨年から 1回 8-9kmのウォーキングの中で、3-4kmは走るようになっています。

さて、走るようになって実感するのは、「シューズは消耗品」 ということ。

ウォーキングだけではそこまでのダメージはなかったのですが、走るようになって、ソールの減りは早くなるは 内側が擦れて裂けてくるはで、半年程度で履けない状態になってしまいました。

シューズの寿命 (足の裏が痛くなって、靴底を見てビックリ・・・)

最近は 1週間に 70-90kmのペースでウォーク&ジョグしているため、1足を履き続けると数ヶ月でダメになってしまいます。 ・・・ということで、シューズを長持ちさせるために同時に 2足購入、、、ジョギングは、実は結構お金が掛かるスポーツ(健康法) なのですよね^^;;;

とはいうものの、ジョギングは、年齢や場所を問わず自身のペースで続けられ、健康になれば医療費が減り、定期的なシューズの買い替え需要が発生し、各地のマラソン大会で地域の活性化につながるなど、国内の様々な問題(医療費増加、消費低迷、地域衰退、生きがい創出など) に対して貢献度の高いスポーツかもしれません^^


ヒューミックアパレル・服飾関連の経営支援なら
コンサルティング オフィスK   〒188-0004 東京都西東京市西原町2-6-4-201 tel:090-1705-5502