イレギュラーなイベントがある年は 早めの対応を・・・

昨年は、新元号やそれに伴う連休への対応、消費税率 10%への対応、今年は、東京オリンピックへの対応などによって、連続で通常の年とは異なる対応に迫られる方も多いと思います。

私は、正直なところ、招致の時から東京オリンピックは迷惑な話で、止めて欲しいと願っていましたので、、、東京オリンピックまでちょうど半年前と聞くと、いよいよもって憂鬱な気分になります^^; ・・・間違いなく移動に制限が出るし、相手先が出勤制限していたり、場合によっては 見たい競技があるので予定変更して欲しいなんて言われる可能性もあり、、、最後のは冗談混じりとしても、お盆休みも含めて 7月中旬からの 1カ月以上ほぼ仕事なしの状態となることでしょう^^;;

私と同じように、出勤者が少なくなることが想定される都心のオフィス街の飲食店や、家でテレビを見る人が多いため 日中の流通・サービス関連の店などは 業績に影響が出ることでしょう。

・・・そうしたことを踏まえて、この 1年をどのように経営していくのか、、、7-8月の売上減を見越して他の月の売上を通常年の 1.2倍にするとか、7-8月の売上を落とさないためにその月に使えるクーポンを配る・7-8月にお得なイベントを企画する・・・などなど、今の内から考えていただきたいと思っています。

私はというと、、、どうにもこうにもしようがないので、リフレッシュ休暇で東京脱出とか 古い書類の一斉処分などに当てようかな・・・と既に諦めています^^;


ヒューミックアパレル・服飾関連の経営支援なら
コンサルティング オフィスK   〒188-0004 東京都西東京市西原町2-6-4-201 tel:090-1705-5502