○○の顔・・・であることを自覚してますか? (後編)

(つづき)

当然、そうした行為自体が問題ではあるのですが、その施設の位置付けですね。 公共の施設であり、観光地の誘客施設であるということ。 (しかも、お金を取っている有料施設であること)

つまり、その受付の女性は、市の顔であり、市を代表して他地域の人と接しているということ、、、言い方を変えると、「観光大使」 と同様の役割を担っているのですよね。 ・・・観光大使がそんな態度を取っていたら、その地域の評価はダダ下がりですよね(笑)

そうした自覚のない人をこれだけの施設の受付に配置するということは、この市のレベルも民度もその程度のもの、、、そう思われても仕方がないかもしれません(→ 市民からするとたまったものではないでしょうが^^;)

これは公共の施設や大規模な施設だからというのではなく、観光地や地域外の人と接するような商売であれば、誰しもが少なからず意識しておかないといけないところ。

・・・ただ、、、やはり、突然のブームで脚光を浴びたり、新幹線が通ったことで急に他県の人が来るようになった地域ではレベルが低く、古くからの観光地では非常にレベルが高い・・・あちらこちらを訪れた経験から、そうした印象を持っています。 (この市もそうした地域です^^;)

近年、日本への渡航客が増えており、あちらこちらで他国の方を目にしますので、、、日本人全体にそうした意識がないと、日本の印象が変わってしまうかもしれませんね^^;

(おわり)


ヒューミックアパレル・服飾関連の経営支援なら
コンサルティング オフィスK   〒188-0004 東京都西東京市西原町2-6-4-201 tel:090-1705-5502