長期休暇の過ごし方・・・

今日から 本格的に仕事を再開される方が多いでしょうか。 休みを満喫された方も、まだまだ休み足りない方も、今週からは徐々に通常業務になりますね。

休みといえば、私が夏季休暇といえるくらいに休めるようになったのは、実は会社を辞めてからのこと。 会社員時代は、世間が連休の時だからこそ、今までやれなかった資料やデータの整理、休み明けの段取りなどをしていました (=代休のない休日出勤です・笑)。 そもそも担当制だったので、休む=誰かに仕事を肩代わりしてもらわなければならないことから、祝日以外の連休はありえないという状況で、さらにいえば、曜日でやることが決まっていたため、祝日があるとその週のサイクルは崩壊、、、早朝出勤の終電帰宅が続くことになり、祝日=迷惑この上ないものという認識でしたので、ほとんど連休を取った記憶がありません(苦笑)

そうした生活から一線を引いたのが約 10年前。 真夏にやることもなく単にダラダラしただけ、、、休み明けは体重が増え、頭も働かず困った時期もありましたが、この数年は、やっと上手く長期休暇を過ごせるようになってきたかな と思っています。

私は、長期休暇の時間の使い方は、大きく 2つあると思っています。

まずは、これまでやるべきことができていなかったなら、連休を利用してそれをやる、、、過去の清算ですね。 私がかつてやっていた資料・データ整理は 正にこれに当たります。 仕事以外でも、不摂生な生活が続いているなら、運動や食事に気を遣って少しでも健康的な体を取り戻す。 睡眠不足やストレスが溜まっているなら、趣味に時間を費やしたりゆっくりすることで 心と体を休ませる。 他にも、普段行けない所へ行ったり、普段相手をすることができない子供の面倒をみたり、車のメンテナンスや大掃除をしたり ・・・などなど。

そして、将来に向けての準備ですね。 休み明けにスタートダッシュできるように、今後のスケジュールを確認して行動をイメージする。 資料の草案を作ったり、取引先が営業しているなら 連絡して事前に状況確認しておく。 休み明けの忙しさに備えて体力をつけておく。 将来的に必要と考えられる資格や語学などの勉強をする ・・・などなど。

こうやって真面目に 「長期休暇」 というものを考えると、意外と気楽に休んでいられなかったりします(笑)

さて、皆さまは、有意義な夏休みを過ごされましたか^^?


ヒューミックアパレル・服飾関連の経営支援なら
コンサルティング オフィスK   〒188-0004 東京都西東京市西原町2-6-4-201 tel:090-1705-5502