災害時に思うこと

台風の影響で、今日は各地で被害が出ていました。 私も新幹線の運休により出張が中止となり、支援先にご迷惑をおかけすることになってしまいました。

私の乗る山形新幹線は早々に全便運休を発表していたのですが、諦めの悪い私は、インターネットで台風の進路を確認しながら、東北新幹線で福島まで行って明朝在来線で移動?、在来線が運休の場合はレンタカーで移動?、仙台まで行って明朝バス移動?・・・様々なルートを検討していました。

台風の進路に向かって旅立つわけですから状況はますます悪くなりますし、明日も点検や被害があれば復旧作業で移動は制限されるでしょうから、冷静に考えれば、明日の午前中までは身動きとれない可能性が高いでしょう。 最終的には、訪問当日になって中止を告げるほど迷惑なことはないと思い、午前中に出張中止の連絡を入れました。 実際のところ、もしも決行していたとしても、夕方には東京近郊の電車のほとんどが運休となり、東京駅にさえも辿り着けない状況でした。。。

もしも誰かがこのように悩んでいたとしたら、私は即答で出張中止するよう告げていたと思います。 でも、自分がこういった状況におかれると、何か方法はあるはずだと考えてしまうんですね。 今こうして思い返してみても、何をそんなに悩んでいたのか不思議に思います。

色々考えてみると、「台風なんて行ってしまえば晴れるんだから」 「あの震災でも大丈夫だったんだから台風でも何とかなるだろう」 おそらくそんな考えが頭の中にあったのだと思います。 これでは、災害を教訓にするどころか、モラルハザードの状態だったなと少し反省をしました。

午後になって、派遣元より、安全第一に行動するよう通達がありました。 この時には、既に出張中止を決断していたのですが、こうした第三者からの言葉は、冷静に状況を判断するきっかけになると実感しました。

昨今、中小・零細企業においても、BCP(事業継続計画)の策定が求められています。 BCPとは、災害などの緊急時において被害を最小限にとどめ、柱となる事業が継続できるよう、また、被害があった場合でも早期復旧できるよう、緊急時における対応を予め定めておく計画のことをいいます。

少し難しいと感じるかもしれませんが、まずは大切な社員を守るための対応を検討してみてはいかがですか? 災害時でも仕事を優先しなければ・・・と考えてしまう仕事熱心な社員は大変多いと思います。 そんな時に、「安全第一」のメールが届くだけでも冷静になれると思いますよ。

 

★BCPの策定にご興味のある方はこちらにどうぞ ↓↓↓↓↓

中小企業庁: 中小企業BCP策定運用指針 http://www.chusho.meti.go.jp/bcp/


ヒューミックアパレル・服飾関連の経営支援なら
コンサルティング オフィスK   〒188-0004 東京都西東京市西原町2-6-4-201 tel:090-1705-5502