ドラマの見過ぎ、、、現実はそんな甘くない・・・

ベストは尽くすけれど、期限が迫っていたり資金がなかったりと、どうしてもベストが尽くせない時が出てくる、、、出てくるというよりも、そうしたことの方が多いかもしれませんが、そうした時はダウングレードしてベターを目指すことになります。

そして、ベターを目指している時に、必ずといっていいほど出てくるのが 「それで良いの?」 と異を唱える人。 ・・・こうした時、私は 「ドラマの見過ぎか!?」 と思うのですが、、、それで上手くいくのはドラマの話で、現実的には、単に混乱を招いてベターにもほど遠い形で終了。 本当にベストを目指したら、ゴールできれば良いけれど・・・というのが関の山。

「ベストを目指さなくて良いのか!」 とその状況になってから異を唱えるのではなく、その状況になる前に声を挙げるべきでしょう。 ベターを選んだ人に意を唱えるのではなく、ベターを選ばなければならない状況まで何もできなかった自分に対して声を挙げるべきでしょう。

そうした状況を見るにつけ、そんなことを思うのでした。。。


ヒューミックアパレル・服飾関連の経営支援なら
コンサルティング オフィスK   〒188-0004 東京都西東京市西原町2-6-4-201 tel:090-1705-5502