仕事の流儀

昨日まで山形県酒田市にいました。 久しぶりに時間に余裕があったため、レンタサイクルで街中を走ってみました。 こちらは、山居倉庫とケヤキ並木。

「山居倉庫」 は、明治26年(1893年)、酒田米穀取引所の付属倉庫として建造されたもので、米所庄内を今に伝えています。 倉庫内にある観光物産館では、ここにしかない地域の物産が販売されており、見ているだけでも楽しい時間を過ごせます。 酒田にお越しの際は、ぜひお立ち寄りください♪ (山居倉庫 http://www.sakata-kankou.gr.jp/yumenokura/

 

さて、日が暮れてから向かった先は、市内繁華街のとあるバー。 久しぶりに、しかも1人で入るのは初めて・・・恐る恐るドアを開けました。

「これはこれは 菊池さん!」

初めて来たのは昨年12月半ば・・・そして、実は今回が2回目。 しかも、支援先の社長のお連れさんとして来たため、マスターとはそれほど多くの会話はしていなかったはず・・・。 その後 何の音沙汰もなくふらっと来たにも関わらず、まさか名前で呼ばれるとは??? 久しぶりに感動を覚えました♪

「お客様のお名前を思い出せなくなったら、この商売のやめどきです(笑)」

普通の人には出来ないことをさらりとやってのけるのが 「プロフェッショナル」 とするならば、それが出来なくなったときには・・・。 冗談めかして発せられた言葉に、この道40年の重さを感じました。

皆様の仕事の流儀はどのようなものですか?


ヒューミックアパレル・服飾関連の経営支援なら
コンサルティング オフィスK   〒188-0004 東京都西東京市西原町2-6-4-201 tel:090-1705-5502