コンサルティングをしている上でのちょっとした気付きや、講演・セミナー情報を書いています。

しばらくは自粛の方向に・・・

あちこちでイベントが延期・中止の発表。 ・・・数百人以上の大規模イベントはまあ仕方ないとしても、十数人程度の小さな集まりまで中止にする必要があるの? と、あるイベント中止のお知らせを見て思ってしまいました。

これだけ自粛要請をするのは新型という未知なる感染症だからなのか? ・・・でも、インフルエンザだって流行期は結構コワイもの、、、今まで自粛要請してたっけ? こうした対応の差は、何となく整合性が取れていないように見えてしまいます。。。

これからますます感染者が増えてくるでしょうから、、、催事出店などを計画している方は出店の取り止めも視野に、今後の対応を検討する必要がありますね。

2020年2月17日 月曜日

またもや、、、増税に向けての観測気球か??

昨日深夜のニュースで、とても気になるものがあったのですが、、、IMF(国際通貨基金) が、日本の消費税率を 2030年までに段階的に 15%へ引き上げるよう提言したとのこと。

まあ何というか余計なお世話!

一部には、財務省の天下り先なので、財務省の思惑が強く反映された提言とも噂されていますし、、、なぜ今 唐突に?、なぜ日本だけ狙い撃ち? ・・・と趣旨が分からない提言のため、世論がどのように反応するか見るためのいわゆる観測気球(アドバルーン発言) なのかなと理解しています^^;

ただ、もの凄く気分悪いですね!

今でも随分と消費が抑えられてしまったのに、こうした話題が出るだけで、「やっぱり 10%では止まらない!」 と 先々の生活困窮に備えて、ますますお金を使わないようになってしまいます。 ・・・まあ、それも仕方がないかなと、、、私自身は数年前からディフェンシブモード全開で対策を重ねていますので^^;

2020年2月11日 火曜日

腐らず焦らずジっと・・・

良いことがあったと思えば 悪いことがあったり、何をやっても上手くいく時期もあれば 何をやっても裏目に出る時期もある、、、そうした日々の良いこと・悪いことも、人生を通して見れば おおよそ半分半分になると云われていますね。

私は、少し前に 珍しく良いことが続きました。 好調期!という雰囲気でもなかったので、何となく嫌な予感がしていたのですが、、、案の定、良い話がキャンセルになったり悪いことが重なったり、突然に運に見放された感じが・・・^^;

まあ、そんなものだろうとジっと堪えること 1週間。 ランチの会計を PayPayで支払うと、当たりが出てランチ代 980円がポイントバックされることに ~ 昔から棚ボタにはご縁がないので 大喜びでした♪

・・・だから言うわけではないのですが、悪いことが続いたり上手くいかない時には、腐らず焦らず ジっと堪えるに限ります。 悪いことだけが延々と続くことはないし、被ったダメージと同じくらい良いことが待っている、あるいは、既に恩恵を受けている、、、だからチャラ^^ノ ・・・それくらいの気持ちでいると やがては運が開けるもの、、、いつの頃からかそんな風に思うようになりました。

最近の良いことと悪いことの割合でいうと、まだまだ悪いことの方が多いかな、、、ということで、次の良いことに期待して、腐らず焦らずジっと待っていようと思います^^

2020年2月10日 月曜日

閉塞感が蔓延している時は・・・

あれだけ批判されている大統領が、あれよあれよと米国を牛耳り、強力な対抗馬も不在の状況から、おそらく再選されるだろうと目されていることもあって、全く注目も期待感も持てずに何となくニュースを眺めている程度でしたが、、、

対抗馬として、最若手の候補者が にわかに脚光を浴びることとなり、思わず二度見、、、この人は誰? と検索してみると、小都市の市長経験しかない 30代とあって、あちらでも無名のようでした^^;

私も、前副大統領や党の長老だったら、多分この人に現状を変える力はないだろうとスルーしたと思いますが、、、若く経験も浅いのに大国のリーダーになるべく立候補し、党の候補者を決める予備選の一戦とはいえトップに躍り出たということは、何かワクワクするような 期待を感じさせるものがあります。

企業経営においても、社内に閉塞感やマンネリ感が蔓延し、社員のやる気が感じられない、悪循環に陥っている ・・・なんていう時は、「若手を登用する」 という思い切った策を講じてみるのも一案かな と思っています^^

2020年2月05日 水曜日

スイッチングコストの考え方が成り立つか??

一時の加熱したサービス合戦も落ち着き、あまり話題にもならなくなった ●●Pay。 そんな中、PayPayは、これまで実施していたポイントサービスの一部を廃止しました。 ・・・それは、これまで PayPayにチャージするともらえていた Tポイント 1%がもらえなくなるというもの。

私は、何かでもらったポイントを使うという利用の仕方が主であったため、チャージはあまりしていなかったのですが、それでもなくなるのは釈然とせず、、、サービス廃止前に少しチャージしておきました^^;

利用者を集めたいときは大盤振る舞いの破格のサービス、、、でも、利用者が一定数になると、これまでの大盤振る舞いをドンドン止めていく。 ・・・これは、俗に言うところの 「スイッチングコスト」 を意識した常套手段ともいうべき方策です。

例えば、大盤振る舞いのサービスにつられて始めた PayPay。 でも、一度使って便利さを知り、生活の一部にまでなってしまうと、多少サービスが悪くなった程度では止められない。 他社に乗り換えるにしても、手続きがややこしいし、設定したり一から操作方法を覚えたりするのも面倒なので、結局はそのまま利用することになる ・・・といった利用者の心理を上手くついた販促手法です。

ただ、●●Payは、店舗の普及度が高いものは大きく 3つ。 利用者獲得のためのサービス合戦を繰り広げる中で、複数の ●●Payを使い分けている利用者も多いため、PayPayのお得度が下がれば別の ●●Payに変えるだけ・・・なんて人も多かったりするのかなとも思っています。

携帯・スマホなども、かつてはスイッチングコストの典型例でしたが、MNPが登場して以来 2-3年で乗り換える人も一般的になってきたし、これだけ厳しい世の中になると、少しでもお得になるなら多少の手間はいとわないという人も多くなっていますので、、、かつての 「スイッチングコスト」 の考え方は成り立たなくなってきている可能性がありますので、こうした古典的な手法を用いる場合には注意しましょうね^^

・・・といっても、PayPayの上手いところは、そうしたサービス廃止と同時に、牛丼チェーン店等で PayPayを利用すると、40-50%のポイント還元サービスがあるキャンペーンを始めたこと、、、それにつられて、おそらく私は 3-4回行くことになるでしょう^^;;

2020年2月02日 日曜日

下の下の対策・・・

やはりといっていいのか、あちらこちらでそうした店が出てきていると話題になっています、、、中国人お断り。 チャイナアウト。 ・・・理由は、入店させると新型肺炎に感染する可能性があるから。

以前、似たようなことをされているのを知って悲しい気持ちになったのが、、、日本人お断り。 日本の食べ物は輸入禁止。 ・・・理由は、放射能で汚染されているから。(国内でも、福島お断りなんて酷いことを言っている日本人もいましたね)

もしも海外旅行に行って、「日本人は放射能に汚染されている!出て行け!」 と言われたら、、、一生忘れることができない嫌な思い出になると思います。 当然、その国にも、その国の人にも、後々まで嫌な感情を抱くことでしょう。

近年、大挙して押し寄せ、(文化・民度の違いもあり)少なからず嫌な思いをしてきた日本人は多いため、そうすることへの賛同の声も多く挙がっているようですが、、、それを全肯定しているわけではない、そうしたことを嫌な思いで見ている日本人がいることも忘れてはなりません。

自分がされて嫌なことをすれば、巡り巡って相応の報いを受けることになるのは世の習わし、、、本当にそれをやることが良いことなのか、よくよく考えていただいた方が良いのかなと思っています。

2020年1月30日 木曜日

山形の百貨店 「大沼」、ついに破産申請・・・

山形の百貨店といえば 「大沼」。 地場の百貨店が次々と閉店・倒産する中、地元に愛される百貨店として頑張っていましたが、ついに力尽きました。

私は、山形市内に出張に行った時、何度か視察に行ったのと、一度地下でお弁当・お惣菜を買ったことがありますね。

消費税率の引き上げと言っても、キャッシュレス決済で 5%還元されるなど、ミクロでは今一増税感がよく分からない状況ですが、マクロではやはり大きな影響が出ていることが、こうした報道の行間から読み取ることができます。

こうした悲しい報道は、まだまだ続くことでしょう。。。

2020年1月27日 月曜日

インバウンド客をターゲットにする際の危機管理。

昨今の中国に端を発する新型肺炎。

何となく SARSの時の大騒動が想起されましたが、今回のはもっと軽い、例えると風邪以上インフルエンザ未満(だから騒ぐほどのことではない) なんて 解説するメデイアもあって、じゃあ何でそんなにも騒いでるのだろう・・・と思って見ていると、日を追うごとに楽観視できるものではないという報道が増えてきて、、、

本日、突然の 中国からの団体旅行・パック旅行による出国禁止措置。 ・・・やはり、そんなに軽く考えてはいけない疫病だったの?? と改めて事の重大さを実感したのでした。

しかし、この数日で既に入国している中国人は多数いるわけで、そうした人たちを対象に商売している店では、相応の心構えや対策はしておかないと、、、といっても、中国人お断りなんてした日には人種差別と問題視される可能性が高く、何とも難しい問題。 ・・・でも、特にインバウンド客をターゲットにする店や事業者は、こうした疫病発生時の対応なども 予め想定しておかないといけないのかなと改めて思うのでした。

考えられる対応は、インフルエンザ対策と同じで、次亜塩素酸を使用した空気清浄機の利用、従業員のマスク着用・手洗い・うがい徹底、薬剤使用による営業時間中の定期清掃 などでしょうか。 ・・・こうしたことに掛かる費用は、もちろん会社(事業者) が負担することになりますが、安心して働ける職場を提供するのも経営者の務めと理解していただけると幸いです^^

2020年1月26日 日曜日

イレギュラーなイベントがある年は 早めの対応を・・・

昨年は、新元号やそれに伴う連休への対応、消費税率 10%への対応、今年は、東京オリンピックへの対応などによって、連続で通常の年とは異なる対応に迫られる方も多いと思います。

私は、正直なところ、招致の時から東京オリンピックは迷惑な話で、止めて欲しいと願っていましたので、、、東京オリンピックまでちょうど半年前と聞くと、いよいよもって憂鬱な気分になります^^; ・・・間違いなく移動に制限が出るし、相手先が出勤制限していたり、場合によっては 見たい競技があるので予定変更して欲しいなんて言われる可能性もあり、、、最後のは冗談混じりとしても、お盆休みも含めて 7月中旬からの 1カ月以上ほぼ仕事なしの状態となることでしょう^^;;

私と同じように、出勤者が少なくなることが想定される都心のオフィス街の飲食店や、家でテレビを見る人が多いため 日中の流通・サービス関連の店などは 業績に影響が出ることでしょう。

・・・そうしたことを踏まえて、この 1年をどのように経営していくのか、、、7-8月の売上減を見越して他の月の売上を通常年の 1.2倍にするとか、7-8月の売上を落とさないためにその月に使えるクーポンを配る・7-8月にお得なイベントを企画する・・・などなど、今の内から考えていただきたいと思っています。

私はというと、、、どうにもこうにもしようがないので、リフレッシュ休暇で東京脱出とか 古い書類の一斉処分などに当てようかな・・・と既に諦めています^^;

2020年1月24日 金曜日

結論の付け方を間違えている人はいませんか?

支援をしていて、よくこのようなことを言う事業者に会うことがあります。
・・・○○○○をやっても意味がない! 効果がない!!

共通するのは、実際にやってみた経験からそのような結論に至った、加えて、憤慨する気持ちからそのような発言になる のですが、、、では、それをどのくらいやったのかというと往々にして1回だけ(多くても2回)、その内容は? というと まず間違いなく微妙なものだったりします^^;

例えば、チラシをまいたけど誰も来ない、だからチラシは意味がない。 ・・・ちょっと客観的なというか “客観的風な” ことを言う人は 「うちの店には意味がない」 という言い方をするのですが、、、チラシの内容、配り方、配った枚数、実施した回数、実施場所・・・一つひとつ確認すると、苦笑いが止まらなかったりします。

しかめ面で 無言で唐突にチラシを差し出す・・・怖くて避けるように去って行く通行人の気持ちを考えたでしょうか。 すぐ裏の店とはいっても、地図も書かずに来るでしょうか。 高齢者向けのチラシなのに細かな字でびっしり、激安と書いているけどさほど安くもない、何がウリなのかよく分からない・・・その内容でこの店に興味・関心を持つでしょうか。

・・・そのようなことをしていても来店に結びつくわけもなく、、、往々にして、チラシという販促手段が悪いのではなく、チラシの内容や配り方が悪かったというのが実態だったりします^^;

何もしないで 「意味がない」 というよりは良いですが、そのやり方がどうだったのかをよくよく考えた上で結論付けないと、どんどんやれることが狭まっていきますので、、、そうした思考になりがちな人は気をつけましょうね。

2020年1月19日 日曜日


ヒューミックアパレル・服飾関連の経営支援なら
コンサルティング オフィスK   〒188-0004 東京都西東京市西原町2-6-4-201 tel:090-1705-5502