コンサルティングをしている上でのちょっとした気付きや、講演・セミナー情報を書いています。

今日で半期終了・・・

4月1日 始まりの年度でいえば、今日で半期終了・・・残り半分です。 1月1日始まりの年でいえば、年末まであと 3カ月、、、あまりこんなことを考えていると、もう半年終わった! あと 3カ月で終わる!・・・自分で自分を焦らせ追い込んでいくことにもなりますので、注意しましょうね^^;

例のごとく、多忙でブログ更新が滞っており、いつ以来か Facebookを開くこともなくなったため、私の安否報告が機能しておらず、、、一部の方には、病気?怪我?大丈夫??と、ご心配お掛けしておりましたm(_ _)m ・・・多忙なだけで私は元気です♪

もう何年前だったか、他者の言動から自分の行動を振り返り、それって忙しいアピール??、、、と思ったことがあり、忙しいということはあまり口にしなくなりました。 まあ、軽口的には 「忙しい」「大変」 とはいうものの、本当に忙しいときには黙る、、、暇とも平気とも言える状態ではないので、黙るようになりました^^;

それでも、継続支援先でもない方から突然連絡があり、申請まで時間ないので今週どうですか?・・・なんて、自分優先で支援依頼される経営者がいましたが、「そこまで予定スカスカではないので」と、言葉は選びながらお断りしましたね。 支援機関経由だと配慮して問い合わせいただくので、多忙な時期でも、逆に自分から最短の日程を提示するので、忙しさに拍車を掛けることに、、、そんな 9月でした(笑)

年末まで残り3カ月、年度末まで残り半年、、、時間がない!と追い込むのではなくて、この期間に何をするのか・しないといけないのか、何はあえて翌年・翌期に持ち越すのか・・・そうした取捨選択をしながら、残り期間を有意義に使っていただけたらと思っています。

2022年9月30日 金曜日

台風14号、週末三連休は大打撃・・・

初めは、日本に来るのか? 中国に行くのか?・・・でしたが、日本に来るのはほぼ確定。 そして、九州の縁を抜けて日本海へ・・・と思いきや、九州上陸→中国地方縦断→日本海→北海道となり、そうかと思えば、九州上陸→東進→日本横断で関東へ??

最終的には、進路予想は徐々に北側に戻り、九州上陸→日本海→東北地方を横断して太平洋へ・・・となりそうな模様。

影響がでるのがこの週末三連休、、、こうした予報が出ると、各地のイベント、商品計画など、大きく揺さぶられてしまいます。 ・・・こういっては何ですが、来るなら来るで、分かりやすい進路で来ればまだ良いのですが、ゆっくりゆっくり進むと、進路予想が非常に難しく、こちらの対応もとり難いものがありますね。。。

まずは、被害にあわない、被害が出ても最小限に済むように、被害が出たら早期復旧ができるように・・・ここまでは、危機管理として経営者に求められていること。

それが前提で、被害があってもなくても 収益に影響は出るでしょうから、、、今後どのように挽回するかを検討して行動に移す・・・これも経営者に求められていることです。

まずは危機管理の観点で、余裕・余力がある方は収益の観点で、対応を検討していただければと思います。

2022年9月18日 日曜日

物価高騰の折、値下がりしている食品は?

何もかもが・・・と言っても過言ではないくらい値上がりしていますが、その中でも値上がりしない、むしろ下がっている食品は何でしょうか?

正解は、、、お米ですね。

私は、普段は ふるさと納税でお米をもらうのですが、数少ない値下がりの恩恵にあずかろうと、お米を買いに行ってきました。

令和3年度米だから安いというのもあるのでしょうが、秋田県産あきたこまちが、なんと 1,290円(税抜)/5kg!

昔からの私の感覚では、銘柄米が 10kgで2,800円(税抜)なら安い!という相場観があるので、ちょうどお米がなくなってきた頃に グッドタイミングでした♪

令和4年度米からは値段が上がるようですが、今、店頭に並んでいる新米は安いですね。

多少値上がりしても、パンなど他の主食(原材料)からすると随分と割安、、、物価高騰の折、生活防衛にはお米を炊くのが一番だと思います。

2022年9月15日 木曜日

ギフト・ショー2022秋、、、ポイントを押さえた陳列をしてますか?

年2回開催される恒例の 「ギフト・ショー」。 今回は、関係している先が 3社も出展しつつ、夕方から別件の業務があるため 朝から大わらわ、、、恒例の入口パネルの撮影を忘れてしまいました。

ちょっと不安がある順に回っていくと、、、まずは、1社目の出展ゾーン全体の雰囲気や傾向をざっと確認。 それから、1社目ブースに近付くと嫌な予感的中。。。

出展申込の時点で、出展ゾーンの雰囲気にマッチするか不安はありましたが、上手くマッチできておらず、、、誰もが、全く目もくれずに歩き過ぎるような、非常に寂しげな状況。 ・・・これではマズイというかヤバイ! ということで、早速、改善に着手。

すると、面白いくらいに、歩く人の目線を感じるようになり、一瞬足を止めるような人まで出てきました! ・・・何をしたのかというと、ちょっと陳列をいじっただけ♪

もちろん、感覚的にではなく、歩きながら最初に 【ここ】 に目線が来て、次に 【そこ】・・・とビューポイント(それに見合った商品) を設計し、、、まあ、それを踏まえて感覚的に陳列を変えたわけですが、、、社員さんと隅で様子をうかがいながら、「この人も、【ここ】 見て、【そこ】 見たね」 と大喜び!

「じゃあ、【そこ】 のタイミングで、○○○○と声掛けね!」 ・・・ここはすぐにタイミングを掴み、上手く声掛けすると、会社の説明や他の商品の案内に進み、最後は名刺をゲット!

目もくれずに歩き過ぎていたブースが 10分後には、、、陳列で 「注意」 を引き、「興味」 を持たせ、声掛けと商品説明で更なる 「興味」「感心」 を持たせ、他商品のカタログも送れると告げることで 「欲求」 を刺激し、名刺交換という 「行動」 にもっていく・・・AIDAモデルのお手本として教科書に載るくらいの状況に♪

名刺交換は、初日で全体目標の 4割以上を達成・・・ちょっとないくらい素晴らしい成果が得られました(拍手)

そもそも商品自体は良いのですが、いかに見せるか・魅せるか・・・自慢の商品を見てもらえなければ、良さを伝えるチャンスは微塵もありませんので、、、この辺り、単なる感覚で行うのではなく、論理的に考えて行うことがポイントですね。

2022年9月08日 木曜日

物価高騰は、まだまだ続くし上がる・・・

先日、いつまで続くの?と聞かれたので、そう答えました。 ・・・酷くガッカリした様子でしたが、どこかで見た光景、、、はい、コロナですね。

コロナも当初から、もうすぐ終わる、夏には自由になる、薬ができるからもう大丈夫、風邪と同じだから・・・様々な言い方で現実から目を背ける多くの人を見てきました。 私は、特性が分かってきた初年度の夏から、3年は続くと言い続けてきましたが、、、助言を聴き入れ腹をくくり、この環境下で立ち回るための方策を考えて努力してきた人とは雲泥の差がついていますね。

物価高騰も同じこと。 最低でも 2年はこの傾向、加えて、物価高騰禍の消費意欲減退、貯蓄減少等に伴う購買力低下を思えば、中長期に渡り厳しい状況は続く・・・そう腹をくくって対処するかどうかが、近い将来、大きな差につながるのでしょう。

先々を見据えて、今の延長線上の努力で良いのか、事業の方向性を変えていく方が良いのか、早い内に考えて動き出しましょう。 ・・・私の支援先の中には、既に新たな方向性に動き始めている会社もありますよ。

2022年9月02日 金曜日

問題解決ごっご・・・になっていませんか?

問題が発生した時は、まずは対処。 その後すぐに、原因を特定し、再発防止策を検討し、決定する、、、これが、問題解決の一般的なプロセスですね。 ・・・でも、「時間がない!」 「忙しい!」 という大義名分の下、こうしたことを行う事業者・会社は少ないのが実際のところでしょう。

さらに、「やってます!」 という会社でも、原因特定が間違っている、その再発防止策では再発を防げない・・・というケースが多かったり、、、なので、きちんと行えている事業者・会社は一体どれくらいあるのだろう、というのが正直な感想です。

割と多いのが、原因の深掘りをしていないケース。 例えば、原因は 「担当者の操作ミス」、再発防止策は 「ミスしないよう再確認する」 ・・・はっきりいえば 「問題解決ごっご」 のレベルですが、結構見ますね(笑)

本来は、なぜ操作ミスしたのかを、もっと掘り下げて特定していかなくてはなりません。 ・・・操作方法を知らなかった、習熟度が低かった、体調不良で操作ミスした、操作が複雑でミスを生じやすいものであった、作業指示が間違っていた(間違った指示に従って操作していた)、正しく操作したが機械が反応しなかった(設備の問題)・・・等々、ちょっと考えただけでも様々な原因が考えられます。

そして、例えば、習熟度が低かったことが原因であれば、正しい操作方法を教える、習熟度をテストする、一定の習熟度の者にしかその操作はさせない、操作時に確認者を付ける、習熟度が低い者でも操作できる高性能の機械を導入する・・・等々、様々な再発防止策が考えられます。

・・・こうした流れから言えることは、「再発防止の行動につながらない原因は、原因とは言わない」 ということですね。

くれぐれも 「ごっこ」 にならないように、まずは適切な原因特定を行っていただければと思います。

2022年8月31日 水曜日

ツケはいつか必ず・・・

本来やっておかなければならないことなのに、法的にも問題が出てくる可能性もあったのに数年放置。 ・・・これまでも、何度となく指摘していたのだけれど、その度に、返事だけは立派なもので。。。

でも、そうも言っていられない状況になることが見えてきたため、いよいよ強い口調で促すと、、、社長よりもご子息が反応・・・現在、前向きに取り組まれています。

でも、その時、その時にやっていれば、ここまで大変なことにならなかったものを・・・というくらい苦労されていますね、、、ご子息の踏ん張りに期待。

何ごとも、その時は大変かもしれないけれど、後になってしまうと、雪だるま式にというか複利の形で大変さがレベルアップしていくものですので、、、どうせツケを払うことになるのなら、先延ばしせずに早めに対処しましょうね。

・・・私も気を付けようと改めて気を引き締めるのでした。

2022年8月21日 日曜日

青森県豪雨災害 2022.8.12 (弘前市/西目屋村)

豪雨のピークから 2日ほど経って、雨も上がり、広域の避難指示も解除されたため、弘前市と西目屋村に行ってきました。

20220812岩木川1 20220812岩木川2

青森県の西部を広域に流れる 1級河川の岩木川は、ピークは過ぎたといっても、これまで見たことがないくらい泥水の激流、、、緩衝地帯も全部水に浸かっていて、大河となっていました(→右の写真は緩衝地帯ですが、川と化しています)。

豪雨のピーク時には氾濫危険水位を超え、岩木川沿い 9地区の 約2万4千世帯(約5万2千人)に避難情報最高の警戒レベル5 「緊急安全確保」 が発令されたくらい危機的な状況でしたが、、、被害は出たものの、最悪の事態にはならずに済んだという状況でした。

豪雨がなければ、鰺ヶ沢や深浦まで行く予定でしたが、雨が上がったといってもさすがに無理、、、こちらは甚大な被害が出てしまった地域ですので、国や県の支援の下、早期の復旧・復興を願っております。

2022年8月15日 月曜日

事業継続力強化計画・・・

【事業継続力強化計画認定制度】
  中小企業が策定した防災・減災の事前対策に関する計画を経済産業大臣が「事業継続力強化計画」として認定する制度。 認定を受けた中小企業は、税制措置や金融支援、補助金の加点などの支援策が受けられる。 (中小企業庁HPより)

計画策定すべきか? と問うと、ほとんどの経営者は Yesと答えることでしょう。

では、実際に策定するか? と問うと、業務的にも精神的にも余力があるわけではないため、中々着手するのは難しいというのが実際のところでしょう。

では、策定した経営者に対して、災害発生時に計画が役立ったか? 計画策定していて良かったか? と問うと、何と回答するのか気になるところです。

事業継続力強化計画について、個人的に感じているのは、現状、認定制度で受けられる補助金の加点等が目的となっており、災害発生時に役立つかは別の話となってしまっているのではないでしょうか。。。

全国各地で水害が多発した 8月前半、、、そろそろ、災害発生時に役立つ計画を策定する必要があるのでは? と感じる今日この頃です。

2022年8月14日 日曜日

私たちはここまで・・・

某コンサル会社の社員さんと、コンサルタントの関わり方について意見交換。

共通の悩みどころは、、、それでは上手くいかないというのにそのやり方に固執する、あるいは、こうやれば上手くいくということが分かっているのにそれを拒否する・・・というような経営者を前にしたとき。

共通の見解は、結局のところ私の会社ではないし、リスクを背負っているのは経営者だし、、、強制することはできないし決定権もないしで、最終的には、経営者の思う通りにするのがよろしかろう。

私たちにできるのは、いくつか方法を示し、メリットとデメリットを提示し、お勧めを提示する、、、あるいは、事業者がやろうとしていることを評価し、その後に起きるであろう災厄や、そうならないための改善策を示す・・・私たちができるのはここまで。

彼も私も、まず失敗すると分かっているのに止めることができず、何度悔しい思いをしたことか。 ・・・聞く耳があればいくらでもお伝えすることはできますが、そうでないならば、私たちはここまで、、、その先は、ご自身で道を切り開いていかれることをお祈りするしかありません。

・・・おそらく、これからもそうした思いを重ねていくのでしょう。。。

2022年8月12日 金曜日


ヒューミックアパレル・服飾関連の経営支援なら
コンサルティング オフィスK   〒188-0004 東京都西東京市西原町2-6-4-201 tel:090-1705-5502