コンサルティングをしている上でのちょっとした気付きや、講演・セミナー情報を書いています。

政府の発表を真に受けると・・・

産経新聞の記事によると、有給休暇の 1人当たり取得日数が年間 3日増えた場合、宿泊費や飲食費、交通費等を合わせた国内旅行消費額が 9,213億円押し上げられるとの試算を政府がまとめたのだそうな・・・。

やはりというのか、庶民の生活を分かっていない天井人が考えそうなことですね(笑)

優雅に旅行できるだけの所得を得られている人がどれくらいいるでしょうか? 消費税 10%への引き上げも控える中で、余計な消費にお金を回せる人はどれくらいいるでしょうか? 1度くらい旅行はしたとして、他の生活費を抑えずに旅行できる人はどれくらいいるでしょうか?

私もセミナーなどで、「政府統計や外部データを用いて外部環境を把握しましょう!」 とは言いますが、、、政府の発表といえども、それが信憑性のあるデータかどうかは ご自身でしっかりと判断する必要がありますね。

皆さまの会社の経営計画書に、「政府の働き方改革の施策によって、観光客が爆発的に増えて自店に大行列ができ、売上・利益は右肩上がりで V字回復が見込まれる」 ・・・なんてことが書かれていたら、、、皆さまは、どのように感じられますか?

2017年7月24日 月曜日

「夢」 と 「現実」 が折り合う事業の形。

線路2017

電車を乗り継いで数時間、岩手県某所に来ています^^

人は、年齢を重ねるほどに、他者の意見を受け入れなくなる傾向がありますが、、、今日お会いした事業主さんは、とても柔軟な方というのか、ご自身で勉強もされるし、工夫もされるし、厳しい意見も受け止めるし、、、歳を重ねてもそうありたいと思える素晴らしい方でした。

だからこそ、何とかしてあげたい。

夢(=やりたいこと) を実現させるには、営業黒字になることは絶対条件。 さらには、借入金があればその返済、はたまた、ご自身の生活を成り立たせるだけの報酬も考えながら、経営的にも生活的にも問題のない収支計画を考えなければなりません。

今以上に努力をしたり 工夫を重ねたり、あるいは、多少の妥協点を見出したり、、、それでも、夢(=やりたいこと) を諦めるのとは違う、夢(=やりたいこと) と 現実(=収支計画) が上手く折り合う事業の形・・・を見つけるお手伝いをしたいと思っています。

2017年7月20日 木曜日

絞り方を間違えると・・・

全国的に蒸し暑い日が続いていますが、皆さまいかがお過ごしでしょうか? 私は、青森・岩手・新潟と雪国育ちでしたので、蒸し暑いのにはめっぽう弱いです^^;;

さて、夏は薄着の季節。 この時期、鏡に写った自身の姿を目にし、急激なダイエットに取り組まれる方がいらっしゃいますが、、、

豆腐とキャベツしか食べないなんていうのは、栄養バランスが偏って体に良くないですし、総摂取カロリーが低過ぎると逆に燃焼し難くなって、1ヶ月後には体重が落ちない体が出来上がります。 また、急激な運度は、体を痛めて日常生活に支障が出てしまうことにも成りかねませんので、間違った体の絞り方はなさいませんよう、お気を付けいただきたいと思います。 (→ 成果を出したいなら、菊池式PDCAダイエットです^^)

企業支援をしていても、間違った絞り方をされているのを目にすることがあります。

例えば、原価削減とばかりに安い食材に替えたことで、味や品質が落ちて固定客が離れていった飲食店。 例えば、「経費削減に取り組みなさい」 との税理士の指示により、販促費を大幅に削減したところ、来店数が目に見えて少なくなった小売店。 例えば、固定費削減の取組で工場内の蛍光灯を間引きしたところ、これまでなかった事故やミスが増えた工場 ・・・などなど。

経費を絞るという意識は良い心がけです。 しかしながら、絞り方を間違えたり、絞ってはいけない所を絞ってしまうと、経営に大きな悪影響が及ぶこととなってしまいますね。 経費削減に取り組まれるときには、重々お気を付けいただければと思います。

2017年7月18日 火曜日

経営者の大失言・・・

富山では知らない人はいないほどの超優良企業 F社社長の発言が波紋を広げています。 以前、富山の企業を支援した折に、「F社に勤める社員とその家族」 をペルソナに設定して新商品開発を進めましたので、どれだけ凄い企業かは聞いていましたが、、、数年振りに耳にしたのが不名誉な話題で、残念な限りです。。。

真意が伝わっていない 言葉の選択を誤ったなど、ご本人としても言い分があるでしょうから、私は、その発言自体はあまり気にしていないのですが、、、それほどの有名企業のトップなのに、「ご自身の発言の影響力が考えられていない」 ということについては、また別の面で大きな問題を抱えているのかな ・・・と感じています。

そういえば、もう 20年以上も前、私が就職活動をしていた時のこと、乳飲料業界の大企業 Y社の社長が、就職情報誌の特集記事で 「地方は旧帝大クラス、私大なら○○クラス以上しか採用しない」 なんて持論をとうとうと語っていました。

まあ、内々の採用基準はあるのでしょうけど、公の場での門前払い発言に、周囲で不買運動が起こったくらい(→ 私たちのささやかな反抗です・笑)。 そして、その数年後、戦後最大の集団食中毒事件という大騒動を巻き起こし、記者会見で 「そんなこと言ったってねぇ、わたしは寝ていないんだよ!」 と逆ギレしたニュースが繰り返し流れた時には、あの時悔しい思いをした大学生は皆、「やはりそういう会社だったんだ」 と納得したに違いありません。

・・・そんな記憶もあるので、そのような立場の方が、誰でも分かるような形で大失言をするというのは、もっと根深い問題を抱えているのかな、その内 表面化するのかな、、、と余計な心配をしてしまいます。

危機管理上の一番の問題は社長や常務の発言 ・・・なんていうのでは、いつ何があってもおかしくないですから、、、気を付けましょうね。

2017年7月14日 金曜日

小規模事業者のための経営分析セミナー

昨日は、新潟県新発田市にて 「小規模事業者のための経営分析セミナー」 を開催しました。 昨年に引き続き 2回目の開催となりますが、昨年よりもお伝えする内容を少し増やしたバージョンアップ版となっています。

受講された事業者の皆さまが とてもとても熱心に取り組んでいるので、こちらも嬉しくなって、普段話さないような事例も話してしまうくらい 私自身も充実したセミナーとなりました(大感謝です♪) 主催者である新発田商工会議所の経営指導員の皆さまもとても熱心な方ばかりで、やはり類は友を呼ぶということなのでしょう^^

さて、セミナーの冒頭でお伝えしたことなのですが、「経営分析」 というものは、考えればできるようになるかといえばそうではなく、その手法を知っているかどうか、あるいは、この表の作り方を知っているかどうか ・・・そういったことで、「分析できる」 「分析できない」 が決まってしまう類のものとなっています。

中には、本などを読めば 「できる」 ようになる手法もありますが、セミナーでお伝えした手法の中の 3分の2 程は、本やネット検索等で探しても情報が出ていない、私が 11年8ヶ月 (2017年7月現在) の企業支援経験の中で身に付けてきたノウハウだったりもしますので、今回受講された方は、通常では得難い知識・ノウハウを手にしたのではないかと 手前味噌ながら思っています。

好評につき、同様の内容で 9月にも再び開催する予定ですので、ご都合がよろしい方は奮ってご参加いただければと思います^^

また、その他の地域でもよろこんで開催したいと思いますので、セミナー・研修等をご担当されている方は、ご興味ございましたら お気軽にお問い合わせいただければと思います^^

2017年7月12日 水曜日

「経営分析」 が簡単にできるということは・・・

もう随分昔の話、「2時間で分かる○○」 とか 「さるでも分かる△△」 というような、ビジネス本が流行りました。 それまでは難解なものが多かったため、とてもありがたい本でしたが、ある時から、「漫画で学ぶ××」 というように、より馴染みやすいものに進化してきています。

ただ、気を付けないといけないのが、本当に分かるわけではないということ、、、あくまでも、かいつまんでポイントを押さえることができたり、入門書・導入書としての位置付けのものですので、それだけで全てのことが本当に理解できるかといえば、それは無理な話なのですよね^^;

さて、セミナーや研修などで、このようなことを言われることがあります、、、「もっと簡単に経営分析ができるようにならないのですか?」 (→ 沢山の分析手法を覚えるのが難しい、時間が掛かる、面倒 ということのようで・・・)

そうした人には、こんなことを考えていただけたらと思っています。 「あなたのご商売は、そんなに単純なものなのですか?」

経営というのは、簡単なものでも 単純なものでもありません、、、これまでの年月、様々なことが複雑に絡み合って今の状態に至ったのですから、それを 「分かりやすく解きほぐしていく」 には、相応の難易度の分析が複数必要になってくるのです。

もしも、10分程度で、いくつかクリックしただけで あらゆることが分かってしまうのでしたら、その程度のご商売でしかない ということになってしまいますが、、、おそらく、そのような方はほとんどいないはずですよね?

「簡単に経営分析ができない」 ということは、それくらい複雑な経営環境の中で頑張ってきた! 今も頑張っている! という証です。 そうしたことに敬意を払い、時間を掛けながら一つひとつ解きほぐしていきましょう^^

2017年7月09日 日曜日

マクロ環境の変化には、適応するしかありません。

日欧EPA(経済連携協定) 交渉が大枠合意に至ったと正式表明されましたね。 本場のワインやチーズが今までよりも安く手に入るとあって、(経済政策としては久しぶりに?) 歓迎ムードが漂っています。

ただ、忘れやすい国民性ということもあって、物流問題は既にどこ吹く風となっていますが、、、物流経費増加分を加味すれば、店頭価格としてはどれくらい安くなるのかは何ともいえないようにも思いますが、大手小売チェーンなどでは、利益を削ってでも大々的なキャンペーンで消費拡大を狙うことでしょう。

・・・というように、一消費者としては歓迎できる政策ですが、その一方で、国内のワイナリーなどは、価格競争力の面で、また、前述のような卸先の販促政策の観点から、販売量が落ちるなどの影響は避けられないでしょう。

牛肉自由化の時もそうでしたが、本当に良いモノであれば 海外に目を向けなさい・・・ということなのでしょう。 幸いにもインバウンド需要はまだ数年期待できますので、PRの仕方は様々に考えられますので、以前のように いきなり海外に販路拡大というほどハードルは高くないはずです。

また、関税引き下げを契機に欧州ワインブームなんて起きると、、、例えば、日本酒や焼酎などには逆風となりますので、せっかく盛り返してきた蔵元も、販売量に影響が出てきたり、店頭での価格競争力をつけるために値引きを要請されたり、、、何かしら影響が出てくることもありますので、対策を考えておいた方が良いでしょう。

マクロ環境の変化は、事業者が何を言っても どのように動いても、残念ながら止めることはできません。 変化に際して、どのように考えて どのように適応していくのか ・・・これにつきると思います。 日欧EPA によって、事業に悪い影響が出そうな方は、負けずに乗り越えましょう!

2017年7月07日 金曜日

間違いはつきもの・・・

日頃、移動することが多いため、乗換案内や時刻表等の検索サイトにはいつもお世話になっています。 私と同じように、これがないと、仕事だけでなくプライベートでも支障が出るくらい身近なものになっている方も多いのではないでしょうか。

しかし、いつでしたか、検索した時間に電車が来ず、後で調べてみると検索結果が間違っていたなんてこともあったので、まあ完璧なものでもないのだなと思ったこともあったのですが、、、今回見つけたのは運賃の間違いだったのでした。

乗り換えは、基本的に余裕を持って移動するため、1-2本遅れても問題になることはないのですが、運賃が違うとなると、請求金額や控除する経費の計算が違ってしまうため、場合によっては大問題になってしまいます。

今回、出張費の精算のため、現地までの経路を検索した画面を提出するよう求められたのですが、手配した切符の料金と検索結果がなぜか違う?? 不思議に思い、他の乗り換えサイトでも検索しましたが、サイトは違えど検索結果は同じ、、、元データが同じなのかと思い、鉄道会社のサイトで運賃検索すると、手配した切符の料金で正しいことが分かったのでした。

検索サイトは無料なので文句を言う立場にはありませんが、請求などお金が絡む問題なので正直これは困りますね・・・。

皆さまも、出張等で旅費精算があると思いますが、、、その金額が正しいかどうか、時には確認してみることも必要かもしれませんね。

2017年7月06日 木曜日

久しぶりのゲシュタルト崩壊・・・

文字を書いたりしていて、さっきまで普通に書いていたのに、急にその字に違和感を覚えたり、書けなくなってしまったり、、、なんてことはありませんか? ・・・これには、「ゲシュタルト崩壊」 という名称がついています。

【ゲシュタルト崩壊】 全体性を持ったまとまりのある構造(Gestalt, 形態) から全体性が失われてしまい、個々の構成部分にバラバラに切り離して認識し直されてしまう現象をいう。 同じ漢字を長時間注視しているとその漢字の各部分がバラバラに見え、その漢字が何という文字であったかわからなくなる等の現象がある。 (ウィキペディアより抜粋)

遠い昔の記憶を辿ると、急に 「な」 が書けなくなったことがありました。 さっきまで書いていたのに、3画目でなぜここに点を打つのだろうと考え込んでしまったり、4画目でなぜか右側を膨らませてしまったり、、、そういえば、学生時代は書いて覚える子だったので、「む」 「や」 「よ」 などで よくゲシュタルト崩壊していましたね(苦笑)

そして、先日、10年以上振りに この症状(現象) が出てしまいました・・・。

それは、報告書を作成している途中のこと、なぜか 「新規」 という字に妙な違和感を覚え、「新規顧客」 とするところを 「新期顧客」 としてしまったのでした、、、しかも、何度も見返して、辞書で意味まで調べた上で、納得して 「新期顧客」 と・・・。 それでも、もう 1人の自分が抵抗していたようで、途中で何箇所か 「新規顧客」 としていましたが、、、最後に全体を検索して、全て誤った漢字に修正してしまったのでした。。。

この時は、セミナー資料など 3つの資料を並行して作成しており、そのいずれにも 「新規顧客」 が度々登場していたため、同じ漢字を場面を変えて繰り返し見ていたことで、脳の情報処理機能が混乱を来したのだろうと想像しています。 ・・・ちなみに、今は、「新期顧客」 という記述がとても気持ち悪く感じるので、正常に戻っています^^

皆さまも、文字の見過ぎ、書き過ぎにはくれぐれもご注意くださいませ^^;;

2017年7月05日 水曜日

便利さに支配される・・・

東京地方は 昨夜から気温が下がらず、朝の最低気温が 24度。 そして、午前中の段階で 30度を超え、本日の最高気温 34度、、、湿度が非常に高く 正にうだる様な 1日となりました。 そして、部屋の暑さは夕方以降が本番、、、気温は下がらず 風もなくで、部屋に熱が籠ったような状態(汗) ・・・そこで、今季初エアコンです^^

冷たい風が気持ち良い ~ やはり文明の利器は素晴らしい♪

しかし、そう思ってから 30分後、「除湿 29度」 ではちょっと暑い、、、と思って 「除湿 28度」 に。 その 15分後、やはり暑い!と思って 除湿よりも冷える 「冷房 28度」 に。 その 5分後、やはり暑い!!と思って 「冷房 27度」 に、、、今に至るです^^;;

実は、こうなるのを恐れて、昨日までは 外からの風と扇風機と除湿器で耐えていたのですが、、、一度涼しくすると体がその温度に順応してしまい、そのうち暑く感じるようになってしまう、、、その繰り返しで、際限なく温度を下げるようになってしまうのですよねー。

便利なことは良いことです。 でも、便利さに麻痺する、あるいは、便利さに支配されるようになると、果たして 便利なことが良かったのだろうか、、、エアコンの設定温度を見ながらフト考えてしまいました。

支援の中でも、ITを重視し過ぎて言葉を交わすコミュニケーションが失われたり、サーバーダウンで全ての業務が行えなくなったり、ソフトが入ってないからと見積計算ができなかったり、、、便利さの弊害を見かけることがありますね。

・・・ということで、「冷房 29度」 に上げてみました^^

2017年7月03日 月曜日


ヒューミックアパレル・服飾関連の経営支援なら
コンサルティング オフィスK   〒188-0004 東京都西東京市西原町2-6-4-201 tel:090-1705-5502