コンサルティングをしている上でのちょっとした気付きや、講演・セミナー情報を書いています。

その気になった時が気持ちのピークです。

私は昔から、ちょっと気になるくらいの本は買わないため、本を買う時は、「これは読みたい!」 と 相当気に入った本だったりします♪ ・・・でも、そんなに気に入って買った本なのに、実は読んでいない本が何冊も積み重なっています^^;

買ったことで満足してしまうこともあるし、、、帰りの電車が混雑していて読めなかったり、帰ってすぐに仕事に掛からなければならず読む機会を逃してしまったり、、、「落ち着いたら読むぞ!」 と思っている内に、すっかり記憶からこぼれ落ちてしまいます。。。

実はこれ、本を選んで買うまでが 「熱い気持ち」 のピークとなっていて、買った直後からドンドンその熱は冷めていくからなんですよね。

たとえゆっくり読書できるような落ち着いた頃になっても、その時にはその本を買った時の心情とは違っていて、本を読むにしてもまた別の本に興味が湧いてきたりするもの、、、つまり、買ってすぐに読まないとなると、その本を手にする機会はそうそう巡ってこず、だから、部屋には何冊も手つかずの本が溜まっていくのです(→ と、反省しながら自己分析しています^^;;)

もちろん、中には熱が冷めずに、あるいは、気持ちが熟成されて、相当の時間を経てからも 「やっと読める!!」 とワクワクしながら読み始めるなんてこともありますが、、、私の場合は稀なケースだったりします。

さて、先週、「小規模事業者のための経営分析」 と題したセミナーを開催しましたが、「受講された方は、ご自身の事業について実際に分析されたかな?」 とちょっと心配しています。

そうなんです。 セミナーも本と同じようなもので、受講したその時が 「熱い気持ち」 のピークで、、、時間が経つにつれて、「やらなきゃ!」 「これは良い手法だ!」 「こうすれば売上につなげられるぞ!」 ・・・そう感じたあの時の気持ちは薄れていくものなのです。 加えて、あの時できた計算が 1ヶ月後にはできない(全く分からない)、、、記憶が薄れることでこんなことも起きてしまいますね^^;;

何事も、その気になった時が一番のピーク、、、成果につなげられるかは、その気持ちが残っている間に行動に移せるかどうかにかかっているのです^^ノ

2017年9月20日 水曜日

観光地の運営について・・・

私は、地域資源を見に、あるいは、観光地の運営状況を見に、あちらこちら伺っていますが、、、今回も少し気になったことが・・・。

まず、今の時代、定番になりつつあるドローン対策は、ネットでは注意書きが出ていたようですが、会場で配るパンフレットには出ていませんでしたね。 おそらく、飛ばせば止めに入るのでしょうけど、、、無用なトラブルを避けるためにもきちんと注意書きや掲示はしておいた方が良いですね。

あと、実際に気になったのが、タバコを吸っていた高齢者 ・・・ 眉をしかめるような状況でした。 料金チケットの裏面には 「園内禁煙」 の記載がありましたが、パンフレットには書かれておらず、園内にもそうした掲示はありませんでした。 ですから、知らずに吸っていたということなのでしょうが、、、周囲への配慮よりもご自身の自由を優先させる人が確実にいるということの表れでしょう。

それと、撮影のための三脚。 ギリギリまで端に寄り、手短に撮影してすぐに撤収するマナーのある撮影者もいましたが、、、やはり、そうした配慮のない巨大なレンズを付けた撮影者が複数いて、通行の妨げになっていましたね。

マナーや譲り合いの気持ちを持ってなんて甘いことを言っていると、必ずいるマナーのない人がトラブルを引き起こしたり、せっかく楽しみに来てくれた来場者に不満足を与えたりすることにも成りかねません。 個人的には、、、主催する立場の人は、もう少しそうしたことに向き合うことが、また、もう少し踏み込んで規制を検討することが 必要なのではないかなと思っています。

2017年9月19日 火曜日

巾着田 (埼玉県日高市)

この時期、よくテレビに出るのが巾着田の 「曼珠沙華」。

秋の彼岸ごろに開花することから 「ヒガンバナ(彼岸花)」 とも呼ばれていますが、、、有毒であることから、これを食べると彼岸=死んでしまう ・・・なんて物騒な由来だったりもするそうです^^;;

そういえば今年はテレビに出ないなぁ・・・なんてフト思い、ネットで開花情報を確認してみると、正に今が一番の見頃とのこと ~ 急きょ思い立って行ってきました!

巾着田2017-1 巾着田2017-2

巾着田2017-3

さすが一眼レフ ~ フェイスブックに載せた写真とは 写りが違います^^

ここ巾着田には 500万本の 「曼珠沙華」 が群生しているそうで、辺り一面、真っ赤な絨毯のようでした♪

明日は、天皇皇后両陛下がお見えになるとのことで、夕方・夜のニュースでは、報道各局 「巾着田」 の様子を映すことでしょう^^

2017年9月19日 火曜日

経営状態は外に表れるもの・・・

私は仕事柄、方々のパン屋さんを巡っているのですが、「ここは美味い!」 と自信を持ってお勧めできるお気に入りのパン屋さんがあります。

大きくてドッシリとした重量感のあるパンがこの値段!? と驚いてしまう惣菜パンが得意の庶民的なパン屋さん(東京) と、原材料と製法にこだわっていて 素材の美味しさがダイレクトに伝わってくるハード系が得意の職人気質のパン屋さん(京都) です♪

京都はそうそう行く機会がないので仕方ないとして、、、東京の店は行こうと思えば行けますが、朝一か昼前などタイミングを計って行かないと品切れで買えなかったりするため、それはそれでちょっと難しく、もう数年行けていませんでした^^;;

それでも、パンを食べる度に、「あのお店のパンの方が美味しいなぁ」 とか 「あのパンが食べたいなぁ」 と思いを馳せていたものでした。  ・・・それがつい先日、東京のパン屋さんの近くで 昼前に自由の身に、、、これは行くしかない!

遠目に店ののぼり旗が見え、小躍りするかのような嬉しさ、、、しかし、それも束の間、妙な違和感が!? ・・・こんなに涼しく青空の広がる好天にも関わらず、外の飲食スペースには誰もいない。 足早に入口に向かってみると、いつもの長蛇の列はない。

店に入ると、お客さんはいましたが昼時にこれだけ? 以前のような活気は全くなく、パンに目をやると 品数は随分少なくなっており、あの感動的な大きなパンはどこにも、、、「びっくりコロッケパン」 なんて、何もびっくりするところがない 普通サイズのコロッケパンになっていました (名前はそのままです・苦笑)

とりあえずのところ、味は以前と変わっていなかったので美味しいのは美味しいのですが、、、サイズを考えると割高感が否めず、「こんなに大きい!安い!美味しい!」 ・・・といった感動の三拍子がなくなってしまったのはとても残念。 私の中では、普通のそこそこ美味しいパン屋さんに格下げとなってしまいました(涙)

同じように考えた固定客が離れてしまったのか、たまたまこの日は活気がなかっただけなのか、、、そんなことを考えながら、外の空きスペースでパンを食べていましたが、ふと飲食スペースに目をやると、、、テーブルは汚く、椅子の座面は赤サビでボロボロ、足元は雑草が伸び、泥まみれになったゴミが放置・・・。 どうやら、今日だけ活気がないということではないようです。

大よそ、店の経営状態は外に表れるもの、、、ちょっと厳しいかなぁ、厳しいんだろうなぁ・・・。 でも、味は変わっていなかったので、なんとか頑張って欲しい!!

さて、皆さまのお店は、こんな風になっていませんか???

2017年9月11日 月曜日

展示会視察のススメ

今日は、午前中の仕事が終わった足で、「ギフト・ショー 秋2017」 に行ってきました。 これは、先日行われた 「ギフト・ショー 秋2017 LIFE×DESIGN」 とはまた別の趣旨の展示会で、いわゆるギフト・ショーというと今週開催されている方になります。 ・・・ですから、会場は 人、人、人・・・人疲れしてしまうくらいの大混雑でした^^;;

ギフト・ショー秋2017

さて、皆さまは、展示会に視察に行かれたことはありますか?

例えば、アパレル業界ではギフト・ショーや IFF、飲食・食品関連業界ではスーパーマーケット・トレードショーなど 定番の展示会があり、目的があってもなくてもとりあえず顔は出しておこう! というくらい業界人が視察に訪れています。

私は、あちらこちらの展示会に視察に行きますが、その目的としては、、、支援先が出展しているときは様子を窺いに、展示会の出展支援をしているときは事前下見に、小売店を支援しているときは品揃えを広げるための商品探しに(=支援先の取引先候補を探しに)、商品開発の支援をしているときは新商品のアイデアを考えるために、

他には、個人のスキルアップの一環で、ブースの作り方やプレゼンの仕方を学びに、業界動向・傾向を理解するためにとか、、、、少し漠然としたものでは、何か目新しいモノがないかを見に、何となく楽しげな雰囲気に浸るために(=ウインドウショッピングや博物館に行くノリです♪) ・・・なんて目的で行くこともあります(笑)

今回は、新商品のアイデアというか、何かヒントになるものはないかな~ と漠然と考えながらフラフラ見て回っていたのですが、、、様々に工夫された展示物を前に触発されたのか、あれもこれもとアイデアが湧きあがってきてしまい、会場では具体的なものに落とし込めないので 早く帰って考えをまとめたい! と思い、2時間程度で視察を切り上げて会場を後にしたのでした^^

何か新しいことを考え出さなければならないときなど、全く違う業界の展示会に行ってみると、意外な方向から凄いヒントが降ってきたりしますので、、、物見遊山でも良いので、展示会には定期的に行かれることをお勧めします^^

2017年9月06日 水曜日

募集は終了いたしました。

「小規模事業者持続化補助金アフターフォロー(無料添削サービス)」 について、そろそろ終了しようかな と先日のブログに記載しましたが、9月4日20時にて 募集を終了させていただきましたm(_ _)m

ご利用いただいた皆さまは、添削内容を踏まえて、今の内にブラッシュアップしていただければと思います。 ご利用いただいていない皆さまは、次回いつ募集するとはいえませんが、また機会がありましたらご利用いただければと思います。

さて、先週発表された 平成30年度の概算要求ですが、経産省の中小企業対策費としては過去最大の 1,290億円(昨年度対比 115.6%) とのことでした。 まだ要求ベースですが、こうしたところから見ても、「小規模事業者持続化補助金」 の新規公募はあるんだろうな・・・と思っています (※完全に個人的な見解です)。

ただ、今年度から、施策の中心が 「小規模支援」 という大くくりなものではなく、「事業承継」 「IT利活用」 「海外展開」 など、もっと具体的な取組策にスポットが当てられるようになっていますから、、、

前回から登場した 事業承継の取組への加点は継続されるでしょうし、もしかすると、ITの加点にしても IoT等のもう少し高度なものに限られるとか、単なる販路開拓ではなく 「海外展開」 や 「インバウンド対応」 に加点があるとか、、、採択されるかどうかという視点から考えると、これまでより知恵を絞らないといけなくなる可能性に注意が必要ですね。

つまり、加点対象が少ない事業者さんは、審査ポイントを押さえながら よほど練り込んだ経営計画書を策定しないと採択されなくなる、、、ということが想像できると思います。 (既に、平成28年度補正-追加公募分の結果でもそうでしたよね?)

特に、平成28年度補正-追加公募分で不採択となった事業者さん、また、経営計画書策定の仕方や審査ポイントが理解できていない事業者さん、あるいは、商工会・商工会議所の経営指導員さんは、、、今の内から、勉強しながら計画策定に取り組んでいただく必要があるのかな と思っています。

2017年9月04日 月曜日

ギフト・ショー 秋2017 LIFE×DESIGN

ギフト・ショー 秋 2017 LIFE×DESIGN に行ってきました。

この展示会は、いわゆるギフト・ショーに先だって行われるもので、出展者も来場者も少なくやや盛り上がりに欠ける感もありますが、、、ちょっとお洒落な雰囲気で 私は結構好きだったりします♪ ・・・ということで、喜び勇んでビッグサイトへ。

ギフト・ショー2017秋LIFE*DESIGN

本日一番の目的は、「世界都市・渋谷で今流行っているコト、これから売れるモノ」 と題したセミナープログラム。 知っている人は 「おー!」 となると思いますが、、、パネリストには あの 亀石 太夏匡氏が! ファシリテーターには あの 鎌田 安里紗氏が! ・・・豪華な出演予定者を見て、事前に予約していたのでした^^

さて、そのセミナープログラムの内容ですが、専門分野の異なるパネリスト 3名の 実体験に基づいたコメントの応酬で、とても聴きごたえがありました! 無料で良かったのかな? と思うくらい、メモもびっしりと取らせていただきました^^(大満足♪)

コメントの中で、グっときたというか、刺さったものをいくつか、、、(少し言葉を補足して記載しています)

● 自分が若かった頃は、確かな情報もなく 地図を片手に宝探しに行くような時代だった。 店を見つけ出して、入ってみて、じっくり棚を見て、店員さんに話掛けて ・・・そうやって手間を掛けて宝を見つける楽しさがあった。

● ITやAI は、利便性・合理性という恩恵をもたらした。 しかし、行く前からネットで確かな情報が分かってしまう、、、だから発見が少ない、偶発的な出会いがしづらい、だからツマラナイ。 分かりやすくすることに飽きている人たちが確実にいる。

● 若いコは、いつの時代も面白いモノを探して友達と語り合うもの ・・・それが、これまでは安さや賢く買うことが語られるネタのトレンドだった。 今はそれに飽きてきて、背景にあるストーリーの面白さを語るようになってきた。 やっと、語れる余地のある商品が求められるようになってきた。

パネリストの間では、情報化や低価格化の流れが そろそろ転換期に差し掛かっているのでは? ということが示唆されましたが、、、

その一方で、一度便利な機器を手にした人が、果たして不便さ・不自由さをどこまで受け入れることができるのか? 所得が増える見込みは感じられず、消費税引き上げや老後の生活不安・・・等々、低価格志向にならざるを得ない面もあるのでは? ・・・なんてこともよぎったり、、、

さてさて、これから消費動向はどのように変わっていくのやら ・・・先々に思いを巡らせる良い機会となりました^^

2017年8月30日 水曜日

清瀬ひまわりフェスティバル

東京都清瀬市で開催されている 「清瀬ひまわりフェスティバル」 に行ってきました。 広大な農地に、約 10万本のひまわりが咲き誇っています♪

8月28日現在のところ、半面は見頃が終わっていましたが、もう半面(それ以上?) は今が見頃の満開です^^ ひまわり畑の中まで入れて楽しいですよ♪♪

清瀬ひまわり2017-1 清瀬ひまわり2017-2
清瀬ひまわり2017-3

今年は、9月3日まで開催中 ~ お近くの方は、ぜひ見に行かれてください^^

2017年8月28日 月曜日

小規模事業者持続化補助金アフターフォロー実施のお知らせ(再)

3週間前より募集しています 「小規模事業者持続化補助金アフターフォロー」 ですが、今週初めに添削し終わった後はご依頼も途絶えましたので、そろそろ終了しようかな? と思っています。

今月は夏休み期間もありましたので、とりあえずのところ 8月末迄は実施する予定でいます、、、来月はどうするか分かりませんので、ご興味のある方は 今の内にご利用いただければと思います^^

以前実施した際は、終了してからのご依頼や、時間を経て 補助金の公募が始まってからご依頼される方が複数いらっしゃいましたが、、、事前に終了の告知もしていますので、申し訳ありませんが 全てお断りいたしました。

今だけの無料添削サービスですので、ご留意いただければと思いますm(_ _)m

 

---以下、以前掲載したのと同じ募集要領になります---

「なぜダメだったのか目をそらさずに現実と向き合い、次回公募があれば、今度は絶対に採択されるよう頑張りたい!」 ・・・そうお考えの方には、今回(H28年度補正-追加公募分)不採択となった申請書(様式2・様式3) について、添削サービス(無料) をさせていただきます。

今回は、次の方を対象とさせていただきますので、ご確認いただければと思います。
● 私のセミナーに参加されたことのある事業者様(あるいは そのご子息等)
※但し、税理士・中小企業診断士等 ご自身が企業支援する立場の方は除く
● 私の研修に参加されたことのある商工会・商工会議所の職員さん
● その他、何かしら私と面識のある事業者様、商工会・商工会議所の職員さん

アフターフォローをご希望の方は、いつ(どのような時に) お会いしたのかを明記の上、様式2 と様式3 をメールにてお送りいただければと思います。 ※上記対象者ご本人様分のみお受けいたします (当会の不採択分一式や知人の分も・・・などの形ではお受けいたしかねますのでご了承ください)

メールの送り先は、ホームページ右上に記載のアドレスか、直アドをご存じの方は直アドにご連絡いただければと思います。 (混雑度合いにもよりますが、1週間程度お時間をいただきたいと思います)

ご興味のある方は、お気軽にお問い合わせくださいませ^^

~ 只今、小規模事業者持続化補助金のアフターフォロー承り中です ~

2017年8月25日 金曜日

専門店でなくても、満足度は高かったりします。

先日、車のヘッドライトの片側が切れてしまいました。 夜も運転するためすぐに直して欲しかったのですが、世の中は夏休み前の仕事が集中している時期、、、いつもの地元の整備工場ではなく、イエローハットに行ってみました。

自動車整備の中小企業を支援したりもしているため、これまでは 「自動車のことならやはり整備工場!」 という意識が強かったのですが、、、そんなこともないのかも・・・と思ってしまいました。

イエローハットでは、初めてなので何をどうすれば良いかオロオロしていましたが、元気なフロントが声を掛けてくれて、この後の流れを優しく丁寧に説明してくれました。 受付を済ませるとすぐにメカニックが初期診断、、、休憩スペースで待っていると、お茶を飲む間もなく すぐに状況説明に来てくれました。

何やらちょっと特殊な仕様になっているとのことで、同じ状態に直すと ○円くらい掛かってしまう、、、でも、ちょっと高いですよね・・・と こちらの心情を察知してくれて、こうすると ○円、ああすると ○円 ・・・と、修理内容と金額、性能や夜間の見え方の違い等を 分かりやすく丁寧に説明してくれました♪

私がこれまで支援してきた自動車整備会社と比べても、ダントツ NO.1 の接客レベルです♪ これらのやり取りから、その人の人間性や店の営業姿勢なども窺い知ることができ、信頼してお任せすることにしました^^

支援をしていると、「あんなカー用品店は競合でも何でもない」 なんて言われる方が多いのですが、、、自動車整備専門の会社は製造業的というのか、コミュニケーション能力の低いメカニックが非常に多く、、、せっかくの腕をもっていても、受注や再来店につなげられていない、市場調査すると そのカー用品店に顧客が流れている ・・・なんて状況を目の当たりにします。

自動車整備に限らずどの業種にも共通すると思いますが、、、専門店だから 技術力が高いから とあぐらをかいていると、実は、顧客が求めているのはそこではなかったりしますね。 思うように業績が伸ばせていない方は、ご留意いただければと思います^^

2017年8月23日 水曜日


ヒューミックアパレル・服飾関連の経営支援なら
コンサルティング オフィスK   〒188-0004 東京都西東京市西原町2-6-4-201 tel:090-1705-5502