コンサルティングをしている上でのちょっとした気付きや、講演・セミナー情報を書いています。

それで褒めたの?・・・おだてているだけでは?

数年前から、社員教育などで  「褒める」 が一大トレンドとなりましたね。

しかし、実践してみても上手くいかず、、、近年、甘えた社員や自己中社員が目に見えて増えてきたこともあり、「褒める が原因でこうなった!」  と 昨年は一気にトーンダウン。 それを受けてか、今年の春から 推進派がキャンペーンでも始めたかのように、再び 「褒める」 が各メディアで取り上げられるようになりました。

さて、皆さまは、部下や後輩を 正しく褒めていますか? 褒めることで伸ばせていますか?

実は、この 「正しく」 というのが曲者なのですが、、、先日、いつも聴いているラジオ番組でこんなやり取りがありました。 パーソナリティが 「褒めることの専門家」 に 実体験に基づいて質問したのですが、、、専門家曰く、「その褒め方では伝わらない」 、「このタイミングで褒めたからダメだった」 、「このようなやり取りの中で褒めないと効果が薄い」 などなど、、、「褒めるのは簡単、誰にでもできる!」 と力説していたのに、実はすごく細かく 高度な技術が必要 ・・・ということが露呈したのでした。

そうなのです、、、「褒める」 には技術が必要なのですよね。 そうした技術があってこそ 正しく褒めることができ、その結果、伸ばすことにつながっていくのです。 (・・・推進派の多くは、なぜかここをはっきり言わないのですよねー^^;)

「褒める」 には、様々な技術や、経験することで得られる勘所のようなものもありますが、、、必ず押さえておきたいことは、対象となる人の 「行動」 や 「言葉」 に基づいて 「褒める」 ことですね。

そうしたことに基づかない 「褒める」 は、「褒める」 ではなく 「おだてる」 に近い言葉になっていきます。 当然、気分が良くなって力を発揮することもありますので、「おだてる」 が必ずしも悪いわけではありません。 ただ、それは一過性の効果でしかなく、繰り返されると効果はなくなり、嫌悪感を抱かれることにもつながります。

ですから、「褒める」 前に まずその人のことを見ること。 漠然と見るのではなく、「視る」 とか 「観る」 と言った方が正しいでしょうか、、、その人の言動をよく見て、どの時のどの行動がどのように良かったのか フィードバックすること。 ・・・私は、これが最もシンプルな 「褒める」 の原型なのかなと思っています。

誤った 「褒める」 が原因で組織崩壊を起こした企業もありますので(→ この話はまた後日)、、、安易に 「褒める」 のはご注意いただければと思っています^^;;

2017年6月23日 金曜日

新店開業はスタートが肝心・・・

随分前のことですが、たまに通る道沿いに美容室がオープンしました。

この地域は、500m圏内に美容室が数店舗もあるので、大丈夫かな? と思っていましたが、、、いつ見てもお客さんは来ておらず、いつの頃からか 「営業中」 の看板は出ているもののいつも真っ暗(→ 節電のため消灯?) なお店となっていました。

そして、開業から 2-3ヶ月後には、「1000円カット」 の看板が出ていました。 集客のためにそうしたのか、あるいは、外観が少し変わっていたのでオーナーが変わったのかもしれませんが、、、それでもお客さんが来ている様子はなく、その後、気が付けば 「1000円カット・メンズ専門」 の看板が出ていました。

それでもいつも店内は暗く、お客さんが来ているようには見えませんでした・・・。

振り返れば、最初のオープン時、見込み客のないままの開業だったのでしょう、、、周囲に割と繁盛している美容室が数店舗もある環境では、一からの新規開拓で経営を軌道に乗せのは難しいものがありますね。 そして、店のコンセプトをガラっと変えましたが、付け焼刃感は否めず今に至るというところでしょうか・・・。

店の経営は、一旦始めてしまうと家賃等の固定費が掛かってくるため、後から挽回しようと思っても、資金繰りに窮して店が維持できなくなってしまうケースが多かったりします。 新店開業を考えていらっしゃる方は、スタートダッシュが切れるよう、開業前にしっかりと考えておきましょうね!

2017年6月21日 水曜日

全体最適ありきのアウフヘーベン・・・

豊洲・築地問題について、都知事会見を録画して じっくり拝見しました。

全体の感想としては、、、豊洲を否定し、築地も否定しつつ統合し 新たな答えを生み出した 正にアウフヘーベンな方向性でお見事! と思いました。

ただ、そこに至ったプロセスを見ると、安全性(豊洲) → 採算性 → 外部環境の変化 → 安全性(築地) → ブランド価値 → 観光資源の活用 ・・・と 論点が二転三転。 しかも、明確な答えを出さないまま別の論点に移ったり、それは最初に言うべきことでは? と今さら感を受けるものもあり、、、

なんだか、全体最適が図れているようで 部分部分では疑問が残り、その結果、全体としても疑問を感じざるを得ない方向性のような、、、とりあえず反対はしませんが、一都民として個人的な率直な感想でした。

さて、今回学んだことは、「全体最適ありきのアウフヘーベン」 は 部分部分で疑問を生じさせる ・・・ということでしょうかね。

2017年6月20日 火曜日

管理の仕方、、、1系統? 2系統?

危機管理の観点では、管理は 1系統にしないのが常道。

例えば、電車の踏切で、警報音と赤い点滅を別系統で管理しているのはその典型例ですね (→ 音が出ないようなトラブルが起きても、点滅で危険を知らせることができます)。 他にも、キャッシュカード・通帳・印鑑は別々に保管するとか、旅行の際には財布を複数持つ ・・・なんていうのも、盗難に備えて 1系統にしない管理の仕方ですね。

ちなみに、私は仕事柄 外出や出張が多いため、引っ越す時には、「電車の路線が 2本以上使える立地か」 ということも気にしながら物件を探しています。

逆に、日常の業務では、1系統にしないことでミスを生むことがあります。

例えば、Excelで書類を作っている場合。 ・・・見積単価@100 → 決定単価@95 なのに、@100で請求書を発行してしまうなんていうのは、単価を 一元管理(1系統で管理) できていないことで起きる典型例ですね (→ Accessを使っている方は、こうしたミスはあまりありません)。

他にも、売場では 100円の表示なのに、レジの売価変更ができていないために違う価格で販売してしまうなんていうのも 管理が行き届いていない店舗で起きがちなミス。 ・・・これは、システムと手書きですから、かつては 1系統にできませんでしたが、IT技術の進展とともに、「電子棚札」 という形で売価を 1系統で管理できるようになりました。

そうそう、先日、某地銀から預金を引き出そうとしたとき、土日に手数料が掛かるのかホームページで調べてみました。 すると、「無料」 と記された一覧表を見て引き出しに行きましたが、CD画面には 「108円」 の表示が!? 再度ホームページを確認すると、ページ内の別リンクを辿ると 「108円」 と記された一覧表を発見、、、一覧表を一元管理していないことで、手数料金額の異なる 2つの表が存在していたのですね。

単系統で管理するのが良いのか、多系統で管理するのが良いのか、、、皆さまの周りでは、適切な系統で管理されていますか?

2017年6月19日 月曜日

アウフヘーベンってなに?

東京都知事のコメントでにわかに注目を集めた 「アウフヘーベン」。 情報番組の解説によると、対立する意見が出た時に、どちらかを選ぶのではなく、どちらも否定しつつ統合し 新たな答えを生み出す ・・・というような考え方のことらしいのですが、、、

その例としては、、、①カレーが食べたい vs パンが食べたい ⇒ カレーパン、 ②いちごが食べたい vs 和菓子が食べたい ⇒ いちご大福、 ③ざる蕎麦が食べたい vs かつ丼が食べたい ⇒ ミニかつ丼付きざるそば定食、 ④パイナップルとリンゴをペンで刺して合体させる(PPAP) ・・・などなど。

いわんとしていることは分かるけど、「アウフヘーベン」 の例ってそういうこと??? (各局とも何か違うような・苦笑)

ネットで検索してみると、、、花は美しいが 花は枯れる(美しくなくなる) ⇒ 枯れても実を残す(次の世代に美しさを伝える) ・・・こんな例も出てきました。 人に説明できるまで腹に落ちてはいないのですが、、、何となく、「カレーパン」 のような単純な話ではなく、「枯れても次の世代に美しさを伝える」 というような高次の概念なんだろうな ・・・と思いました。

ちなみに、私の仕事の中では、、、固定費負担が重く 店を維持できない(赤字)、でも、店は続けたい ⇒ (ネット販売の仕組みを構築して) 実店舗は閉店し、インターネット店に顧客を誘導して経営を建て直す(黒字を目指す) ・・・このような提案・支援をすることがありますが、これも 「アウフヘーベン」 というのでしょうかね???

2017年6月14日 水曜日

解釈が反映された情報にはご用心・・・

テレビを見ていると、かねてから問題になっている 「築地・豊洲問題」 について、各局、時間を割いて特集が組まれていました。

先程から見ていて面白かったのが、 6cn.は築地残留(の見込み) を主張しているのに対し、8ch.は豊洲移転(の見込み) を主張、、、時を同じくして 間逆の論調で解説していたので、リモコンの 6番と 8番を落ち着きなく変えながら見ていました(笑)

そして、都庁からの生中継で、東京都知事の 「築地のブランドを大切にしていきたいと思っています」 とのコメントの受け取り方が また何とも興味深かったです。

6ch.では、「やはり豊洲移転ではなく、築地を残したい(築地に残る) との意志表示」 としていたのに対し、8ch.では、「豊洲移転後は業者もいなくなり 築地ブランドがなくなるため、移転してもそうならないように何か手を考えるとの意志表示」。

・・・そういう受け取り方もできるのかと ある意味感心しましたが、、、何のバイアスも掛かっていない 1つのコメントでしかないのに、受け手の心の持ちようによって、全く違う解釈がなされてしまう典型例ですね^^;;

ですから私は、ニュースや記事などを見る際には、それは事実なのか、誰かの解釈が反映されたものではないのか、、、そうしたことを気に掛けながら見るようにしています。 皆さまも、バイアスが掛かった情報を本当のことだと信じ込まないよう、お気を付けてご覧ください^^

2017年6月13日 火曜日

知識は大切です。

私が 32歳の頃、アパレル会社の某ブランドで生産管理を担当していました。 その頃は、今と比べるとあまりにも知識がなく、根性と地頭だけで色々な業務をこなしていたような感じでした^^;;

ある時、大人気の商品を追加生産しようとなった時に、どの品番・サイズ・カラーから生産すると 最短で店頭に届けることができるのか、納品日はいつになるのか ・・・そうしたことを考えながら生産ラインの組み付けをしていたのですが、、、Excel上にマス目の表を作って、ああでもない こうでもないとシミュレーションしながら 3時間掛かりで完成させました。

さて、生産指示を終えて思ったのは、「もっと簡単に答えが出せる方法があるのでは?」 ということ。 そこで、色々調べて辿りついたのが 「ジョンソンの法則(ジョンソンアルゴリズム)」 というもの、、、早速 この法則に合わせて組み付けてみると、あっという間に完成してしまったのでした♪

実際には、タスクを細かく分類するなど工夫したり、ジョンソンの法則で出た答えに少し手を加えて完成となるので、Excelに計算式を設定したら全自動で答えが出るというものではありませんが、、、3時間掛けて出した答えが 30分で出たのには、大変な衝撃を受けました・・・。

実は、この法則が載っていたのが 中小企業診断士のテキスト(運営管理)、、、これが、私が中小企業診断士資格の勉強をする最初のきっかけだったのですよね^^

他にも、運営管理で学ぶ 「マージンミックス(相乗積) の手法」 (→ 実務で必須の手法なので、私の研修では 度々実践の仕方を教えていますね^^)、、、これも、この手法を知るまでは、3-4時間掛けて粗利シミュレーションをしていましたが、なんと 15分程度で軽く数パターンの粗利シミュレーションができるようになりました。 (→ 毎週 1-2回行う業務でしたので、物凄く楽になりました♪)

過去の自分を思い起こし、反省も込めて、、、「知識」 は大切です。 生きている限り 勉強は必要ですね^^

2017年6月11日 日曜日

経験や技術は 引き継がれていますか?

紫陽花2017-1

梅雨時の風物詩、アジサイが咲き始めました^^

この時期、ウォーキング途中に いくつかお気に入りのアジサイを見るのが楽しみなのですが、その中で 今年は花をつけない株がありました・・・。  実は、思い当たる節があるのですが、、、昨年、花が枯れた後に、「そこから切って大丈夫???」 という位置からバッサリ切られていたのでした。 (・・・あの株をなぜ強剪定するのか理解できません)

ちなみに、「桜切る馬鹿、梅切らぬ馬鹿」 なんてことわざもありますが、、、お気に入りの見事な桜並木も、枝をバッサリ切り落とされ、昨年も今年も見る影もなくなってしまいました・・・。

実際には何か理由があるのかもしれませんが、、、

聞くところによると、造園業などでも職人の高齢化が進み、経験や技術が引き継がれないまま引退しているそうで、、、そうしたことから、剪定などの手入れを頼むと、(剪定時期や剪定場所を間違えるなどで) 次の年から花が咲かなくなったなどのトラブルも起きているのだそうな・・・。

縮小する業界では、大きくも小さくも経験や技術が失われていく傾向がありますが、、、皆さまの業界では、諸先輩方の貴重な経験や技術は引き継がれていますか?

2017年6月08日 木曜日

社員にメリットのない制度を導入すると・・・

某大手企業が、週休 3日制を導入するとのニュース。

なにやら、週休 2日制に比べて 月収が 3-7万円程度減るそうですが、、、これは、週休 2日制よりも 1日の勤務時間が増えるため、残業時間が短くなることで支給額は減額されるとのこと。 そのため、コンビニのアルバイトなど兼業も認めるのだそうな・・・。

まとめると、総労働時間はこれまでと同じなのに収入はダウン(その代わり休みが 1日増える)、、、そして、収入ダウンが困る人は兼業しても良いですよ(その 1日でバイトしてください) ・・・という新たな制度???

強制でないのは救いですが、なんとも不可思議な制度を発表したものです^^;

私がかつて勤めていた会社でも、年俸制(という名の残業代削減のための制度) を導入するタイミングで 人財が流出しましたが、、、特に人手不足のこの時代、理不尽なことをすると 組織崩壊の可能性もありますので、、、人事制度の変更等をお考えの方はご注意くださいませ^^;;

2017年6月06日 火曜日

少しでも早く!

製造業で、特に OEMをされている方に必ず伝えていることがあります。
・・・それは、「少しでも早く納品する」 ということ。

すると、その商品は 予定よりも早く店頭に並び、より早く顧客の反応を見ることができるようになります。 そして、反応が良ければ追加発注が出ますし、顧客の声を受けていち早く仕様変更することで より多くの販売につなげられるようになります。

実は、発注者の立場からすると、店頭に出せる商品が納品されているのに、黙って置いておくというのは心情的に難しかったりします。 ・・・特に、昨今のような中々売れない時代であったり、その商品が期待の商品なら尚更です。

ですから、売れるであろうものこそ、1日でも早く納品することで、巡っては追加発注という形で製造現場に富をもたらすことにつながります。

私が生産管理をしていた頃、売れそうな商品の場合には、旗艦店でサイズ・カラー展開できる分だけ(最小限の枚数) でも、納期前倒しで進めていたものです。 ・・・製造現場としては、セット替えが増えるし、分納になるため生産効率は落ちるのですが、、、店頭での反応が先に分かるため、より多くの追加発注が出せるようになるのですよね^^

ただ、急ぐことで品質が落ちるのは本末転倒ですし、、、あまりに早く納品したり、毎回必ず 3日前に納品なんてことをすると、余裕があると思われてタイトな納期設定にされる可能性がありますので、、、どの商品の時に どの程度納品を早めるのか、上手く頭を回しながらスケジュール調整していただければと思います^^

2017年6月05日 月曜日


ヒューミックアパレル・服飾関連の経営支援なら
コンサルティング オフィスK   〒188-0004 東京都西東京市西原町2-6-4-201 tel:090-1705-5502