コンサルティングをしている上でのちょっとした気付きや、講演・セミナー情報を書いています。

巾着田 曼珠沙華まつり2018 (埼玉県日高市)

今年も行ってきました巾着田。 日本最大規模、500万本の 「曼珠沙華」 が群生しているそうで、真っ赤な絨毯が広がっていて それはもう圧巻です♪

曼珠沙華2018

まだ蕾も多いので、今週一杯は見頃が続くかな? と思います。 年に一度のこの時期だけ ~ ご都合つく方はぜひいらしてください^^ノ

詳しくはこちら ⇒ https://www.hidakashikankou.gr.jp/manjushage/

2018年9月18日 火曜日

菊池式PDCAダイエット再び・・・

「もし中小企業診断士が 『マネジメント』 の手法でダイエットをしたら・・・」 というテーマで 6年前に考案した 「菊池式PDCAダイエット」 。

その後も改良を重ね、例えば 4年前に行った 150日間の検証実験では、開始時と比べ体重 12.0kg減・体脂肪率 9ポイント減、体脂肪率 9%台にまで絞ることができた ・・・というように、実践すれば必ずや成果が出る手法なのですが、、、最大の欠点は、何といっても ”面倒” ということ^^:

体を絞ろうとした時、思いつくのは、食事を減らす(摂取カロリーを減らす) か 運動する(消費カロリーを増やす) こと。 ・・・でも、私の場合、食べないのは絶対無理だし、運動すればすぐに腰や膝を痛めるし、、、ということで、「お腹いっぱい食べてもそんなに運動しなくても体が絞れる方法はないか?」 と頭を使ってダイエットすること=経営におけるマネジメントの手法を転用することを考えたのでした。

この頭を使う=細かな管理が必要になるので、始めるに当たっては、「またあの面倒なことをやるのか・・・」 といつも二の足を踏むのですが、、、足の剥離骨折の治療にかまけて 「ドンドン膨れ上がっていったこの体型を一刻も早く元に戻さなければ!」 との危機感が募り、先週から完全版の 「菊池式PDCAダイエット」 を始めたのでした。

ちなみに、面倒さを抑えた 「簡略版の手法」 もあるのですが、、、面倒さと成果は比例するようで、簡略版だと成果が出るまで時間が掛かります。 つまり、「早く大きな成果を出したいのなら、面倒なことくらいは受け入れないといけない!」 ということなのです^^;;

さて、成果目標は、3カ月で体脂肪 10kg減(※体重ではなく体脂肪の重量です!) のところ、現在 1週間の進捗は 1.4kg減、、、まだ道のりは長いですが、チャレンジ企画スタートです^^ノ

2018年9月17日 月曜日

業態開発・技術革新が進むアパレル業界。

先週までの暑さから一転、今週は涼しい というか 肌寒い日が続いていますね。 日曜日頃にまた 30度以上になる予報が出ていますが、この数日を体感した後には、もう夏には戻れず 気分は秋モード、、、ということは、アパレル業界にとっては一気に秋物最盛期に突入です♪

アパレル業界ではこの 1-2年、レンタル業態、新たな IT技術を取り入れた接客手法や受注生産方式、AIによる需要予測やトレンド情報の収集など、新たな業態や技術が続々と登場しています。

こうしたものを必ずしも取り入れる必要はないけれど、縮小するアパレル業界の中にあっては、新たな試みを導入した企業の業績が伸びる = 他社の業績が下がるというパイの取り合い状態になっていますから、、、少なくとも 新たな情報は必ず掴んでおき、自社にどのような影響があるのかを検討しておく必要がありますね^^

2018年9月14日 金曜日

褒めるブーム再来?

ワイドショーやスポーツニュースでは、某テニス選手のグランドスラム大会初優勝の話題で持ちきり。 ・・・その中で、日本のスポーツ界で暴力・パワハラ問題が続出している反動のせいか、某テニス選手へのコーチング手法が賞賛されています。

また来たか。。。

とにかく相手の話を聴いてあげる、否定はしない、褒める・励ます・その気にさせる、、、いわゆる 「褒めて伸ばすこと」 が絶対的に必要との論調・・・。

自分に置き換えれば、そりゃあ厳しいことを言われるのはイヤ、特に昨今の多くの若者のように、厳しいことを言われず、厳しい状況に置かれたことのなかった人はそうしたことを望むでしょう。 でも、某テニス選手は、一瞬垣間見られた励まされているシーンの裏で、想像できないくらいの厳しい練習を重ねてきたはずですよね。

青学ブームの時などもそうでしたが、そうした見えない所は考えずに、ただ褒めろ、褒めろ、褒めろ、、、

社員教育においても、褒めるのは必要なこと、褒める効果も大きい・・・と思っています。 でも、「褒めただけで人が伸びるのか」 ということを冷静に考える必要もあると思っています。

2018年9月13日 木曜日

郵便物の投函に注意が必要になる・・・かも?

総務省では、郵便物の配達を平日に限定し、土曜日は取り止める方向で検討しているとのこと。 ・・・「これにより、収益性が向上し経営改善につながる」 と報じているニュースもありましたが、、、サービスレベルを落として経営改善という感覚にはちょっと笑ってしまいました^^;

具体的には、週初めは問題ないでしょうけれど、、、例えば、木曜日の集配に間に合うように投函したとして、中1日掛かる地域だと 配達されるのは月曜日になりますね。 ただ、月曜日に祝日が多くなりましたが、そうした時、配達されるのは火曜日になります。

木曜日に送ったものが火曜日に届く = 5日も掛かりますか、、、あ、そういう時は速達を使えということかな? いや、速達も配達お休みになるのかな??

総務省の検討結果次第では、今後、到着日を考えてDMを送る時 や 急ぎの資料を送る時などには、注意が必要になってきますね^^;;

2018年9月11日 火曜日

情報をどう読むか・・・

2018年4-6月期の GDPが、物価変動の影響を除いた実質で前期比 0.7%増と、速報値から大幅に上方修正されたと発表されました。 これは、企業の設備投資が好調だったことによるもので、このペースで 1年続いた場合、年率換算で 3.0%増にもなると沸き立っているようですが・・・。

たしかに、設備投資は、それだけ資金(余力)がある、受注環境が良好であるとの見方もできますが、、、我慢に我慢を重ねてきた企業がいよいよ設備更新せざるを得ない状況になったとか、今年度は IT・AI投資に関する補助金が多く出ているため この機会に設備投資したとか、消費税引き上げを見据えて早めに設備更新しておこうと思ったとか、必ずしも今後の景況感にプラスになる理由だけではなかったりしますね^^;

しかも、設備投資は、全体的な景況感が回復していなければ瞬間的なもので終わってしまいますし、人手確保に困る企業が 新設備導入により少人数でも対応できるようにしよう・・・といった意味合いの設備投資も増えており、先々には先進設備導入に伴う雇用問題(失業者増加・低賃金化) につながる という懸念もありますね^^;;

・・・と考えれば、今回の GDPの上方修正が手放しで喜んで良いものか、微妙な感じがしますね^^;;;  皆さまは、GDPの大幅上方修正を どのように捉えていますか??

2018年9月10日 月曜日

満足いく展示ブースができるには・・・

今日は 東京ビッグサイト巡り。 インターナショナル・ギフト・ショー、グルメ&ダイニングスタイルショー、東京インターナショナルプレミアム・インセンティブショー ・・・大きな展示会 3つなので、館内西へ東へ歩きっぱなし、、、足首が完全回復していないので、ちょっと腫れてきました^^;

ギフト・ショー2018

さて、一番の目的は、出展に向けて数カ月支援してきた事業者さんへの支援成果を確認すること。 ・・・初めての出展で、企画会社等に頼まずに全て手作りのため、どんなブースができたのかドキドキしながら近づいていくと、、、

見た瞬間、心の中で 「お!良いじゃん!!」 ・・・こんな風にしようと言っていたことが、きちんとブースに表現できていました♪

それでも改良点や表現しきれていないところもあるのですけどね、、、まあ、ブース作りというものは 3回程度の試行錯誤が必要、、、感覚的にですが、概ね 4回目くらいの出展から、納得のいくブースが作れるようになるものです。

色々考えて、実際に出展してみて、その反省を活かして改良して、また出展して・・・と、こうしたサイクルを繰り返す中でノウハウが蓄積されていきます。 ・・・ですから、私が展示会への出展を支援する際には、当初から 複数回出展することを前提に出展計画を策定するようアドバイスしています。 ・・・ご参考まで^^

2018年9月07日 金曜日

災害は同時に起きる可能性も・・・

実は、昨日のコラムで書こうと思ったけど、徒に危機感を煽るのもと思い止めたことが、、、それは、台風が直撃している時に大地震が発生する・・・というような、災害が同時に起きることだってあるということ。

数日前に大地震を特集した番組を見たこと や 台風の進路図で何度も淡路島を見たこと がそんな嫌な予感につながったと思いますが、、、今朝起きて、テレビをつけた瞬間に驚きました><

北海度は、台風が去ったばかりなのに、、、それでも、東北や熊本に比べればまだ規模が小さいことは幸いだったでしょうか><;

災害は次々と起きる時代であることを念頭に、個人も会社も、危機管理への意識をもっと高めておかなければならないと改めて感じます。

2018年9月06日 木曜日

災害は何度も起きる時代・・・

昨日の台風21号は凄かった、、、当初、関東はあまり影響ないと思っていましたが、強風域に入るや断続的に突風が吹き、何か飛んでくるんじゃないかと怖いくらいに。 ・・・これが暴風域だったら、とてつもないことになっていたでしょう><

今回はたまたま関東から離れた地域を縦断したけれど、次は関東を直撃するかもしれない、今年は来なくても来年は来る可能性が高い、、、そう思って 情報番組で他地域の状況を見ているところです。

50年に1度、100年に1度の災害は何度も起きる時代であることを念頭に、、、

まずは、帰れなくなった時のために社員全員分の食料・水を確保する、そして、帰れなくなることを防ぐために 出社・操業停止基準を明確にする(基準を引き上げる)、さらには、早期復旧のための手順を明確にする(被害状況・故障個所の確認手順、連絡先の明示等) などを行うことが必要かなと思っています。

2018年9月05日 水曜日

専門家につく? つかない?

怪我をしてから約 3カ月が経過。 この 1カ月はサポーターによる固定を外し、積極的に動かすことで固まった関節をほぐす、関節の可動域を広げるリハビリ月間でした。

とりあえず、3kmの速足ウォーキング、間に小休憩を挟んだ 5kmの速足ウォーキング、小走り、正座 3分 ・・・はできるようになりましたが、それ以上となると 痛みや重い感じが出てくるし、運動した翌日は腫れるし、足首を回すのはまだ無理だし、、、ということで、日常生活に支障ないくらいには回復したけれど、怪我する前の運動能力を取り戻すには もう少し時間が掛かるようです。

さて、このリハビリですが、基本的には自己流。 それでも、いくつもサイトを見ながら行っていたので 自己流というほど下手なリハビリではないと思うのですが、思ったほど関節の可動域が広がっていないのですよね、、、やはり、実際に専門家に診てもらいながらのリハビリとは、その効果に大きな差が出ているのだろうことを実感^^;

専門家って、ちょっとした加減が指導できるし、この場合はこうする方が良いといった応用も利くため、専門家につくかつかないかで、その効果には相応の違いが出てくるものです。 ・・・経営も同じ、、、「思ったほど業績が・・・」 と思われている方は、専門家についてみることが解決の糸口になるかもしれませんよ^^

2018年9月02日 日曜日


ヒューミックアパレル・服飾関連の経営支援なら
コンサルティング オフィスK   〒188-0004 東京都西東京市西原町2-6-4-201 tel:090-1705-5502