コンサルティングをしている上でのちょっとした気付きや、講演・セミナー情報を書いています。

アベレージを維持するには?

昨日の支援のこと、工場長より、「この数ヶ月、受注単価を上げるよう細やかに交渉してきたけれど、思うように上がっていない」 との報告がありました。 例えば、昨年の平均受注単価が @98に対し、今期は @100を努力目標として取り組んできた結果が @98.5、、、細やかに工夫したけれど 50銭しか上がっていない ・・・という感じです。 (← 実際の数値とは異なります)

原因はいくつか考えられるのですが、、、まずは、「アベレージを維持することの難しさ」 を理解してもらいました。

まず、@100を維持するのに最も分かりやすいのが、どのような内容の受注であっても 全て @100で受注するという方法、、、当然のことながら、1年後の最終的な平均受注単価も @100となります。

しかし、受注内容によって、数量や納期、難易度なども異なるため、実際には全て @100 ということは無理な話で、、、ある時は @95 で受注したり、またある時は @102 で受注したりなど、様々な受注をこなしながら 最終的に @100 で着地することを目指していきます。 ・・・例えば、1000個を @100、1000個を @96 で受注したとします。 この時の平均単価は @98 ですが、、、挽回するには、1000個を@104、あるいは、2000個を@102、はたまた、4000個を@101円 などの受注が必要となります。

これは、1つの受注の負け分を取り戻す例ですが、実際には何十、何百の受注の中で、現在の平均受注単価を意識しながら次の受注単価を決める必要がありますので、、、感覚でやっていたのでは、最終的には @100 を下回ることになってしまいます(→ そもそも値下げ圧力が強い状況ですので・・・)。

また、注意しなければならないのが、受注数量を確保するために、いわゆる 「お付き合い」 で受けた時の単価です。

例えば、「お付き合い」 で 3000個を@90円 で受けたとします。 これを挽回するには、3000個を@110 で受けなければなりませんが現実的にはそんな高い単価での受注は無理な話、、、仮に、この負け分を @101 で地道に挽回しようとすると、その 10倍の受注数量 30000個を獲得しなければなりません(→ 消費低迷の時代、これもまた難しい話です・・・)。

実際のところ、「お付き合い」 によって受注数量の確保にはつながっていますが、平均受注単価を上げるという観点ではマイナスの効果、、、さらにいえば、挽回できないくらいのダメージを被ることがあるということも意識しておく必要があります。

アベレージを維持するには、、、①現在の状況を常に数値で把握しながら、将来の受注単価を検討していくこと、そして、②大きく負けたら挽回は難しいため、大きく負けないこと(目標単価から大きく下げた単価で受注しないこと) ・・・こうしたことを意識することが必要となります。

値下げ圧力の強い中、受注数量を維持しながら 平均受注単価を上げていくことは中々難しいことではありますが、、、引き続き取り組みを進めていきたいと思います^^

2017年5月30日 火曜日

ご要望の多いセミナー・研修について

かねてより、「セミナー・研修を依頼する際に、どのような内容なのかホームページ上で分かるとありがたい」 とのご要望がありました。 こうした声にお応えしまして、【ご要望の多いセミナー・研修】 について、概要をまとめたページを作成しました。 (← 下線が引かれた文字をクリックするとご覧になれます^^)

最近の傾向としては、やはり、小規模基本法・支援法が施行されて以来、小規模事業者支援に関わる内容が中心となりました。 中でも、「小規模事業者持続化補助金」 を意識した経営計画策定セミナー、、、また、現場で支援するには、まず支援者側がそうしたスキルを身に付けていなければなりませんので、経営指導員や経営支援員を対象とした経営計画策定セミナーも増えていますね。

また、計画が重要といっても、その前に現状を知ることが必要不可欠(→ 先日のコラムでも書きましたね^^)、、、そう考える研修・セミナー担当者も多く、「現状分析の方法」 について丁寧に教えて欲しいとの要望も多くあります。

あとは、更にステップアップしようと思った時、現状のままでは経営が難しいとなった時には、新たな事業展開(新商品・新サービスの提供、販路開拓、業種・業態展開など) が必要で、、、現場支援では年々そうした事業者さんが増えていますが、不思議と セミナーや研修としては要望が少なかったりします(・・・経営革新セミナー等やり尽くした感があるのでしょうか??)。 こうしたこともあって、経営計画策定セミナーなどの中で、そうしたニュアンスを含めた内容にして学んでいただいたりもしています^^

そうそう、店舗施設やレイアウト作成については 急激に要望がなくなり寂しい限りですが、、、今の時代、優先順位が低い分野でしょうから仕方ないですね^^;; ・・・手前味噌ですが、オリジナルの店舗レイアウト作成演習は毎回ご好評いただいていますので、様々な研修を企画されてネタ切れとなっているご担当の方は、ご検討いただければと思います^^ (→ 別ページに記載していませんが、座学+演習で 5-6時間の内容となります)

・・・ということで、新しく作成しました 【ご要望の多いセミナー・研修】 ページについてのお知らせでした^^ (← 下線が引かれた文字をクリックするとご覧になれます^^)

 
【講演・セミナー】 のページ内、上部にリンクを貼っていますので、こちらからもご覧になれます。

2017年5月26日 金曜日

残業ゼロで思うこと・・・

政府の働き方改革や企業の業績悪化(伸び悩み) などもあり、にわかに 「残業ゼロ(限りなく減らす)」 の取り組みが注目を集めていますね。

私は、今は残業という概念のない働き方ですが、、、かつて勤めていた会社では、残業してもしなくても毎月一律 24時間分の残業代が支給されていました。 これは 36協定で定められているとのことで、毎日定時で帰った社員も 100時間残業した社員も、24時間分支給されることになります。 入社当初は 「変な制度だな」 と同期と話していましたが、その内 疑問も持たずに 24時間を超える残業をこなしていたものです。

ちなみに、数年後、これは違法とのことで労基が入り、新聞を賑わすほどの一大事件となりましたが、それはまたの機会に^^;;

さて、私の残業の状況は、その時々の部署にもよりますが、早朝出勤→終電ギリギリ帰宅、唯一 9時-5時だったのが土曜日 ・・・といっても土日は会社が休みなのでこっそり出勤という勤務実態、、、仕事量の多い部署ではこんな毎日が続きましたね(懐)

それでも感じるのは、だから短期間で飛躍的に能力が高まっていったということ。 例えば、毎日 16時間+土曜日に業務に従事したことで、あまり残業しない社員が半年掛けて出来るようになることが 3ヶ月も掛からずに出来るようになったということ、、、従事した期間よりも 2倍以上のキャリアを積むことができたのですよね。

実際には、こうした働き方によって、プライベートもなかったり 体を壊したりした時期もありますので、これが良い働き方かといえばそうは思いません。

ただ言えるのは、「残業ゼロ(限りなく減らす)」 ということは、それだけ実戦経験を積めなくなる(経験値が上がらない) ということ。 残業がなくなった分、外で勉強することで幅を広げることはできるかもしれませんが、実際には、現場で試行錯誤しなければ(時間を掛けなければ) 身に付けられないスキルが多かったりします。 加えて、早く帰ることで 家族サービスや余暇の充実も推奨していますから、外で勉強する人は果たしてどれだけいるのか、、、

「残業ゼロ(限りなく減らす)」 の取り組みを進めたことで、社員の能力が中々上がらない、社員が成長しない会社になった、日本の競争力が落ちた ・・・なんてことにはならないことを願っています^^;;

2017年5月25日 木曜日

頑張ろうとする人の足を引っ張る人・・・

事業者さんと話していて 「またか・・・」 と思ってしまうのが、「小規模事業者持続化補助金」 は難しいらしい、申請しても採択されないらしい ・・・という根拠のない噂話。 多くの場合、こうした噂話の発信源は 「不採択となった人」 なのですが、、、

以前のブログでも書きましたが、補助金なのですから、また、多くの人は 「経営計画書」 を作ったこともないのですから、ある程度難しいのは当然です。 ・・・これを称して 「難しい(だから申請は止めた方が良い)」 なんて言うのは、はっきり言えば論外、、、自分には関係のない話と思って黙っていれば良いのに、他の人が採択されると自尊心が傷つくのでしょうか、さりげなく意欲を削ぐことを言ってきます。

また、「採択されない」 というのは、その人が採択されなかっただけで、実際には 数多くの人が採択されています(→ 予算も採択者リストも公表されています)。 不採択になったのは、一貫性や整合性の乏しい、あるいは、具体性のない計画書だったりと、採択された人と比べて 不採択となるだけの理由が明確に見てとれるもの、、、そうしたことも分からないから不採択となっているのに、自尊心を維持するためか、ほとんどの人が不採択となるようなことを吹聴するのは、正直情けないと思っています。

これから頑張ろうと思っている人も、やはり自信がなかったりするのでしょう、、、こうした人の言葉に惑わされ、当初の気持ちを忘れて申請しない方が多かったりします・・・。 「頑張ろう!」 「変わろう!」 と思って努力する人のために作られた補助金なのですから、当初の気持ちを常に忘れずに、そして、「自分だけ取り残されないよう、(さりげなく)足を引っ張る人がいる」 ということも認識した上で、意欲的に取り組んでいただきたいと思っています。

2017年5月23日 火曜日

人気が出るかどうかは・・・

反日嫌韓機運が高まって以来、新大久保には近寄らないようにしていましたが、、、何やら、チーズタッカルビブームで賑わっているのだとか(→ 旧友によると、女子高生に大人気らしいです)。 ・・・ということで、昨日は、視察を兼ねて 新大久保にて連日の旧友とブランチです^^

まずは料理の説明から。 まず、「タッカルビ」 は 焼肉屋さんで頼むカルビ(牛肉) のことではなく、ブツ切りにした鶏肉と野菜に甘辛いコチュジャンベースのタレを掛け、鉄板の上で炒めて作る 韓国を代表する料理のこと、、、そこにチーズをたっぷり乗せると 「チーズタッカルビ」 になるのだそうな。

新大久保チーズタッカルビ (鉄板に火を入れ、炒めれば完成です)

まず 何といっても見た目が鮮やか♪ 「これはインスタ映えするな!」 というのが第一感。 今の時代、人気が出るかどうかは 味もさることながら、インスタ映えするかどうかに掛かっている ・・・飲食・物販・観光地等にご関係のある方は、この辺り意識されると良いでしょう^^

さっそく食べてみると、深みのある甘辛仕立てで味も上々♪ ただ残念なことに 女性 3-5人前の量があるため、女性少人数だと 量が多くて & 濃厚で重い味に飽きてしまって残すことに・・・。 実際、周囲を見渡すと、(土曜日ということもあり)多くが女性 2人客ですが、半分くらい残したまま箸が止まっている席や 通常のランチメニューのみを頼んでいる席が多かったように思います(→ 周りの席のチーズタッカルビを見て 小さく盛り上がっていました^^)。

男性の私としても、美味しく完食して大満足♪ ・・・でも、量が多く他のメニューは色々頼めないし(→ 他の店もほとんどがこの量でした)、味のバリエーションもないので また来てこれを頼むかは微妙かな?? こうしたことが、爆発的なブームとならない要因かと思いました^^;;

さて、このブームはまだ続くのか、そして、全国的なブームになるのか、、、はたまた 一過性のブームで近いうちに終焉するのか・・・。 引き続き、気に掛けて見ておきたいと思います^^

2017年5月21日 日曜日

能力維持のために・・・

昨夜は、神田にて旧友と会食。 1軒目は、以前から気になっていた 「いわし料理専門店」。 数席空いていた中に滑り込むと、あっという間の満席に 厨房もフロアもフル回転、、、リサーチ通り、イメージ通りの大人気店でした♪

神田・いわし 神田・いわし2 (刺身 と たたき)

「いわし」 ばかり食べるのも何なので、程良いところでお会計。 そして、街の雰囲気や店構えを見ながら歩くこと 30分、、、「これは!」 とグっとくる雰囲気の看板を発見♪ 掲示しているメニューを見ると、そこは 麻婆豆腐と餃子が自慢の中華店でした。

神田・中華1 神田・中華2 (麻婆豆腐 と 揚げ餃子)

辛いモノは汗だくになるので 1人ではあまり食べようと思わないのですが、誰かと一緒だとバリエーションが広がりますね ・・・私の人生 NO.1 の麻婆豆腐に出会えました♪♪ 家からは遠いので気軽に行けませんが、必ずや再訪することでしょう^^

このように、私は、1軒目のように事前にしっかりとリサーチしてから入ることもあれば、2軒目のように街をフラフラさまよいながら 店構え等で判断して入ることもあります。 実は、こうしたことを行いながら、良い店・悪い店を 理論的&感覚的に判断する能力を維持するよう心がけています。

ちなみに、「これは良さそう!」 と選んだ店はほぼ 100%良い店です(外れたという記憶がありません)。 しかしながら、微妙と感じた中にも 「当たり」 があるはずですので、判断能力をさらに高められるよう訓練していきます^^

2017年5月20日 土曜日

論調の変化に気をつけましょう。

2017年1-3月期のGDPが、5四半期連続でプラス成長 との報道がありました。

発表当初の報道は、「個人消費の伸びが寄与」 「11年振りの好調」 などの論調が多かったため、消費税増税に向けての偏向報道かと思いきや、、、その後は、「実感に乏しい」 「インバウンド消費によるもの」 などの論調が続いたところをみると、まだ変な圧力や規制はかかっていない様子がうかがえますね。

私はというと、キャリーケースは自分で修理するし、お茶類は買わずに麦茶を作って節約するしで、4-6月期もプラス成長にはあまり寄与しないですね(笑)

これから、クエスチョンマークの付くような論調に偏ってくると、いよいよ消費税 10%の正式発表となるのでしょう。 忘れた頃に、強制的に高圧的にやってきますので、、、そうなった時の対応策は、今のうちに考えておきましょうね^^

2017年5月19日 金曜日

やればできる!

出張ではいつも一緒、4年以上使っている相棒のキャリーケース。 最近、安定感がないとは思っていましたが、タイヤ 4輪の内の 1輪が すり減り過ぎて ほぼなくなっていました、、、これはあまりにも放置し過ぎ・・・^^;;

修理に出そうと思って調べてみると、タイヤ交換だけで 3-4千円はするようで、、、しかも多くの場合、タイヤだけでなく支えているジョイント部分も交換が必要とか、反対側も劣化しているため変えた方が良いということになって、結局は 5-6千円、あるいはそれ以上掛かってしまうようで・・・。

元は 9800円で購入したものなので、それくらい修理代が掛かるとなると買い替えか、、、いや~ 本体はまだまだ使えるし 気に入っているものだし何とかならないものか・・・。 そこでネットを検索してみると、自分で修理する方法を分かりやすく解説してくれているブログを発見♪

・・・ということで、初めての修理にチャレンジしてみました^^

キャスター修理1 キャスター修理2 キャスター修理3
(左)ボロボロのタイヤ (中)軸を切断中 (右)修理完了、試走行も快調♪

【用意したもの】 ステンレス・鉄用ノコギリ(替刃) 648円、交換用タイヤ1個 105円、ボルト1本 40円、ナイロンナット1個125円(4個入り) ・・・合計 918円 (他には、サイズが正確に分からなかったため念のため買っていて、最終的に使わなかった部品 70円があります)

【手順】 ①交換したいタイヤの金属軸をノコギリで切断(→ 地道にギコギコすること 25分)、、、軸が切断出来れば完成も同然、②古いタイヤと軸を外す、③新しいタイヤをはめて ボルト(→ 軸になります) を通してナットで留める ・・・これで完成^^ (所要時間 30分弱)

サイズを測ったり ホームセンターで部品を探すのに多少時間は掛かりましたが、作業時間としては 30分程度。 しかも料金は 千円も掛かっていません ・・・なんてリーズナブル♪ 専門業者がやるようなことでも、無理と思うようなことでも、何事もやればできるものですね^^

さて、「経営計画書」 なんて自分では作れません、それは専門家が作るものでしょう? ・・・なんてことを言われる方が多いですが、、、いえいえ、皆さんも やる気が合って作り方さえ学べば、自分なりに作れるものですよ。

やればできる! 何事もチャレンジです^^/

2017年5月18日 木曜日

どうせ・・・と思われると、、、

「小規模事業者持続化補助金」 の締切まであと 2週間となりました。 応募される方は、書類の作成は順調でしょうか? 商工会や商工会議所などで助言を受けるには、大よそ今週を目処に相談にいかないと間に合わないかな? という時期ですので、あまり進んでいない方は そろそろ焦った方が良いかなと思っています。

さて、今回の追加公募ですが、実は、私は 誰にも声を掛けていません。

前回採択された方、商売柄 多忙な時期に当たっている方、現在他の補助金を使っている方など、実質的に応募できないような方に声を掛けないのは良いとして、、、本来応募するべきなのに、敢えて声を掛けなかった方が数名います。 それは、これまでも声を掛けていたけれど、理由を付けてやろうとしてこなかった方々、、、今回は作成期間も短いし、どうせやらないよね???

・・・良い言葉ではないけれど、、、「どうせ」 という言葉、敢えて使ってみました。

実は、以前支援したことのある事業者さん。 ご子息に代替わりしてからというもの、これまで積極的に参加していた商店会や商工会等の活動に参加しなくなり、その結果、イベントの参加募集のお知らせさえも来なくなったそうです。 前社長は今でも会合に顔を出しますが、ある時 投げ掛けられたのが、「どうせ息子さん やらないんでしょ?」 との冷やかな言葉、、、ご子息が周囲にどう思われているのか知ったそうです。

「どうせ・・・」 と思われるようになるまでには、それ相応の経緯があったはず、、、なぜそうなったのか、本当に困るようになってから 身を持って知ることになるのでしょう。

「どうせ・・・」 と思われると、、、交流が少なくなり、情報も入らなくなります。 そして、周囲から浮いた存在となり、その内 交流がほとんどなくなり、助けて欲しい場面でも助けてもらえなくなり・・・というように、どんどん生き難くなっていきます。 ・・・そうならないように、ご注意くださいませ。

2017年5月17日 水曜日

その家に住めますか?

「小規模事業者持続化補助金」 に採択されるためには、いくつもポイントとなる箇所があるのですが、その 1つに、「現状分析が正しく行われているか?」 ということが挙げられます。 ・・・この辺り、実は支援者の中でも、「現状把握が重要だよ!」 と言う方と、「それよりも、今後の方針や取組内容の方が重要だよ!」 と言う方に分かれるのが面白いところです。

私は もちろん前者の支援者ですが、後者の支援者は大よそ、自身で現状分析ができない(手法を知らない、どこがポイントとなるか分かっていない等々)、だから、現状把握を軽視するのであろう ・・・と思っています(苦笑)

私は、現状分析は 「地面」 であり、方針や取組内容は 「建物」 だと考えています。

どんなに立派な素敵な建物であっても、地面が傾いていたり 緩んでいたりすれば、そこには住めたものではありません。 芸術的な建造物を造っているならば、それほど地面は気にしなくても良いかもしれませんが、、、ここで何年も安心して生活するための家を造っているならば、まずは安定した地面を造ることが必要不可欠です。

「経営計画書」 は、観賞するため 愛でるために作るのではなく、自身の経営を持続的に発展させるために 実用的に用いるものとして作るものです! ・・・様式2 の記入項目でいえば、1・2・3番が地面、4番が建物です。 立派な建物を造る前に、まずは、それを安定的に支えるための地面をしっかり造りましょう!

2017年5月16日 火曜日


ヒューミックアパレル・服飾関連の経営支援なら
コンサルティング オフィスK   〒188-0004 東京都西東京市西原町2-6-4-201 tel:090-1705-5502