コンサルティングをしている上でのちょっとした気付きや、講演・セミナー情報を書いています。

新型コロナ、、、こういう時は、今できることを黙々と・・・

緊急事態宣言の再延長は、休業→再開を予定していた方、また、特にレジャー・観光業界には大きな打撃となっていますね。

そして、再延長といっても、何か対策があるわけでもなく単に期間延長の様相、、、これでは効果は見込めないだろうと思うと、更に延長されるのではないかと不安に感じてしまいます。 また、こうした状況にならないよう、本来は  2-3週前から対策を強化するべきでしたが、そうしたことをしない政府や知事にも苛立たしさを感じてしまいます。

・・・こうした時、「ネガティブに考えても何にもならないので前向きに」 などと言われますが、、、無理に前向きに考えようとしても 更にストレスが掛かりますので、個人的にはあまりお勧めしていません。

私がお伝えしているのは、自分の努力ではどうしようもできない時は、「目の前のことを、今できることを 黙々とやる」 ということ。

休業中の店なら、隅々まで綺麗にする、レイアウト変更や改装をする、新メニューや新サービスを考える、接客の勉強・練習をする…等々。 受注生産の工場なら、設備の保守点検を行う、工場内のペンキ塗りをする、技術向上の勉強会をする、自社商品の開発に取り組む、営業用のパンフレットを作る…等々。 ・・・今、仕事がなくてもやれることは色々あるはずです。

もちろん、先々を考えて前向きに取り組める方はそうしていただければ良いですが、、、前向きになんて考えずに、今できることをただ黙々とやる・・・そうした意識で取り組んでいただければと思っています。

やることがあれば 不安を感じる時間が減るし、一日の生活にリズムも生まれます。 先々のことを考えられるような状況になるまでは、目の前のことだけに一つひとつ取り組んでいただければと思っています。

私ごとでいえば、緊急事態宣言の延長により仕事が流れ、図らずも 3連休が 4回もできてしまったのですが、、、「仕事がなくなった」 「また延期されたらどうしよう」 などと不安に思うのは止め、かといって 宣言解除後に向けて前向きにも考えられないため、とりあえず今できること = 確定申告の書類作りと部屋の掃除に加え、初めての脳ドッグを受けることにしたのでした^^

2021年3月06日 土曜日

新型コロナ、、、逆なでは反発を生む・・・

関心度低下と思いきや、、、総理の緊急事態宣言 2週間延長フライング宣言(知事との主導権争いが見え見え) に加え、都知事の「都民は認識しているのか!?」 発言で、多くの人の関心を集めることになるでしょう。

ただ、この関心度向上はプラスに働くものではなく、明らかに感情を逆なでられるもの。 ・・・だからといって私の行動は変わりませんが、中には、反発して自粛を解除する人が出てくるのは仕方ないでしょう。

本気で取り組んでいる、かつ、周囲もそれを認める人が言うのなら、自らの行動を顧みるきっかけになりますが、、、そうでなければ、反発・離反・無視・無反応・・・ネガティブな方向にしか向かいません。

経営者と従業員の関係でも、こうした状況に陥っている会社を数多く見てきていますので、、、経営者は、自身の言動やそれに対する相手の反応を一度考えてから、言葉を発しましょうね。

2021年3月05日 金曜日

新型コロナ、、、関心度低下が一番の副作用・・・

1都3県の緊急事態宣言延長の話がチラホラ・・・観測気球に世論の反発がないと見るや、政府・知事も強めに言及=延長確定でしょう。 期間は、桜の時期に掛かると強い反発が起きるし、何が何でも聖火リレーはやる、、、つまり 2週間なのでしょう。

私は、緊急事態宣言にほとんど関心がないので、延長されても 「別に」 という感じ。 これ以上どう対策するの? というくらい気を付けているため、緊急事態宣言だろうが解除だろうがやることは変わらず、、、なので、私のような人には、政府の言葉も知事の言葉も全く耳に入りません(笑)

そして、感染防止対策に気を付けていない人も同様に、全く気にしていないことでしょう(笑)

長くダラダラやってきた成果として、無関心の人が非常に多くなった、、、「7割減となっていない!」 と叫ぶ前に、人々の気持ちを感じ取っていただきたいですね。

好きの反対は嫌いではなく、無関心である。

・・・嫌われている内は、関心を持たれているので まだ改善のしようもありますが、無関心となると取っ掛かりを作るだけでも大仕事、、、数十人規模の組織では、結構そうした状況に陥っていたりしますので、組織の長は、従事者の関心度には敏感になっていただければと思っています。

2021年3月02日 火曜日

新型コロナ、、、今やっておくべきこと・・・

1都3県を除き、緊急事態宣言が 2月末までで解除されることになりました。

ただ、実態としては先週辺りからそうした動きは始まっており、特に今週、朝夕の電車が コロナ以前と変わらないくらい混雑していたことに驚きました・・・週 1-2回、同じ時間の電車で行き来しているので、定点観測的に状況変化が体感できるのです。

このように、日に日に活動レベルが高まる中、支援先数社と取り組んでいるのは、、、3回目の緊急事態宣言に備えて、また自粛を強いられても一定の収益を確保できるようにすること。

解除を目前に、また、ワクチン接種が進む中、次の緊急事態宣言を想定するのもどうかと思われるかもしれませんが、、、災害発生後、復旧が終わらない内に爆弾低気圧が来たらどうなるか・・・と同じことで、この 1年で経営基盤が大きく毀損し、その回復もままならない内に自粛要請が出ると 死活問題に直面しますよね・・・との問いかけに理解を示した方々は、今の内に対策を講じようと頑張ってくれています。

それぞれ状況は異なりますが、春だから・解除だからとホッと一息ついている場合ではない方が多いはずですので、、、先々を見据えて、再び状況が悪くなっても生き残れるよう準備をしておきましょう!

2021年2月27日 土曜日

優良誤認 × 正直で善良な商売

携帯電話各社の料金引き下げ競争も一巡したかなと思い、どこに乗り換えしようかと本格的に検討中。

実は、その前段階で、無料の内にと 楽天モバイルに新規加入済み、、、都心では物凄い電波の入りが良いけど 23区外は入りが弱く、家の周辺はアンテナ 2本 / 家の中は電波が入ったり入らなかったり^^; ・・・ただ、端末代はポイントバックされるし、利用料は 1年無料だし、都心はかなり使えることが分かったので、サブ機としては大満足♪

さて、メイン機をどうするか検討していたところ、格安携帯でよくあるのが、例えば、900円/月!と大々的に宣伝しておいて、小さく(分かり難く) 家族割適用時・2回線目以降と記載、、、単に 1回線だと 1,980円/月なので、明らかに優良誤認させるような広告手法を目にします。

注釈を付けているし、契約時にはきちんと説明もするため法律的に問題ないとは言いますが、、、現実的に 優良誤認させてますよね? 狙ってそうした表示にしていますよね? ・・・と、そうした会社の企業姿勢には辟易としてしまいます。 こうしたやり方でも、安ければ加入者は増えるかもしれませんが、先々の転出候補者を抱えることにもなるため、、、やはり、正直で善良な商売をしていくことが望まれますね。

乗り換えが進まないのは、高齢者はネットが使えない人が多いということだけでなく、プランの分かり難さにも原因がありますね。 国には、こうした優良誤認させるような表示の仕方にもメスを入れていただきたいと思いますが、、、

料金が下がって国は満足=幕引きと思いますので、、、一人ひとりがプラン内容をきちんと理解する、そのためには、店頭で聞くなどもしながら学んでいかないといけないのかなと思っています。 ・・・面倒だけど、面倒なことをすれば月々支払いが安くなると思えば、、、アルバイトだと思って頑張りましょう^^ノ

2021年2月24日 水曜日

スーパーマーケット・トレードショー2021 に行ってきました。

「最近 楽しかったことは?」 と聞かれたら、私は、「ちょうど 1年前に行ったスーパーマーケット・トレードショー!」 と答えることでしょう。 ・・・コロナ禍といっても、そこまでツライ状況ではないですが、楽しい思い出といえば 1年前になってしまいます。。。

スーパーマーケット・トレードショーは、食品流通業界 国内最大規模の商談展示会で、毎年楽しみにしている一大イベント、、、昨年のこの頃は、新型コロナがよく分かっていない時期で、世の中が自粛に入る前ギリギリのタイミング・・・旧友と幕張メッセ全館を何往復も食べ飲み歩いた それは楽しい一日だったのでした♪

SMTS2021

今年は、緊急事態宣言下、開催中止かと思いきや、関係者・出展者の皆様のご尽力で 何とか無事に開催されました。

しかし、出展者は随分と少なく、パネル展示だけのブースも多いなどスケールダウンは否めず、、、さらに、多くの出展者が、感染防止対策で試飲・試食を断念するなど、やはり盛り上がりに欠けるような状況でした。

私は、支援先のための食材探しの目的があったのですが、選択肢が限られており あまり有益な情報は得られず・・・でした。

こうした飲食を伴う展示商談会が、コロナ禍でどのように開催されるのか!? ・・・と期待していた面もあったのですが、やはりいかんともしがたいものがあるようで、、、残念に思うとともに、それでも開催・出展してくれた関係者の皆様には、ただただ感謝の言葉しかありませんm(_ _)m

来月は、世界各国から出展する FOODEX JAPAN 2021 が開催される予定ですが、、、おそらく緊急事態宣言は解除されているでしょうが、例年、半数以上は海外からの出展、、、皆さん本当に日本に来れるのでしょうか??

2021年2月19日 金曜日

新型コロナ・ワクチン接種開始、、、気を付けておきたいこと・・・

いよいよ日本でもワクチン接種が開始されました。

ワクチン接種に関して、当初は、何かしらアレルギーのある人は注意と言われていましたが、、、今現在は訂正されており、過去にアナフィラキシーショックを起こしたことがある人は注意が必要との情報が出ていました。

・・・実は私は、二十数年前に大学病院で CT検査を受けた時、造影剤のアレルギーでショックを起こし、一昼夜点滴処置を受けた既往歴があるのですが、、、インフルエンザのワクチンは二十年以上連続で接種しているくらいなので可能なら接種したいですが、、、私は、コロナのワクチンを接種しても大丈夫なのでしょうかね^^;?

さて、この後、起きることが予想されるのが、、、ワクチンを接種していない人への差別的待遇です。

会社としてワクチン接種を義務付ける・強要する(勧めるを逸脱したレベル)、接種しない人の待遇を変える・解雇する ・・・これは、違法なので気を付けてくださいね。

ワクチン接種しない人を配置転換する・業務から外す ・・・これは、合理的な理由が説明できれば可能となります。 例えば、海外出張を伴う業務で、渡航先にワクチン接種証明等の提出が必要な場合は、業務から外さざるを得ませんね。

そもそも、ワクチン接種は個人の判断と国が宣言しているため、、、もしかすると、ワクチン接種したかどうかを聞くこと自体、プライバシー侵害に当たる可能性も、、、介護の仕事に従事する場合など、聞くことへの合理的な理由が必要になるかなと思います。

ワクチン接種したかどうか聞いた後に、接種していない人への強要や差別的発言があったりすると、法的問題に発展する懸念がありますので、、、特に、社内で責任ある立場の方は、個人の意見・同僚同士の会話では済まなくなりますので、ワクチンに係る発言には気を付けるようにしましょうね。

2021年2月17日 水曜日

事業再構築補助金の概要、いよいよ情報公開!

令和3年度の目玉施策で、ワイドショーでも度々紹介される 「事業再構築補助金」 の概要が、本日、経済産業省のホームページに公開されました。 ⇒ https://www.meti.go.jp/covid-19/jigyo_saikoutiku/index.html

・・・といっても、申請要件や補助額等はこれまで出ていた情報と変わらず(特別枠や加点措置は明示されましたが)、具体的な申請書類(策定する事業計画の要件等) は明らかにされておらず、、、公募要領が出ないと何とも言えませんが、「ものづくり補助金」 の申請書類に近いのかなと予想しています。

今回、1つ明確にされたのは、令和3年度 内に複数回公募があることと、第1回の公募は 3月の見込みということ。

来月公募開始となると、事業計画の策定など準備に時間が足りないため、万全を期して 第2回以降に申請しようと思うところですが、、、補助金のよくあるパターンとして 狙い目は 第1回・・・採択率が高かったりしますね。

ですから、① 売上要件(→ 申請前の直近 6か月間のうち、任意の 3か月の合計売上高が、コロナ以前=2019年又は 2020年1-3月の 同 3か月の合計売上高と比較して 10%以上減少) を満たし、 ② 事業再構築(→ 事業再構築指針に沿った新分野展開、業態転換、事業・業種転換等を行う) に取り組もうと考えている方は、ぜひ第1回に申請されることをお勧めします! (※事業再構築指針は追って公表とのこと)

そのためにも、特に事業再構築に向けた事業計画の策定は、今のうちから取り掛かっていただきたいと思います。

「中小企業(通常枠)」 の補助額が 100万円~6,000万円(補助率 2/3)と破格な補助金ですので、要件に合致する方は ぜひ検討していただきたいところ、、、但し、小規模事業者持続化補助金などと比べると 難易度は格段に高いですので、心して取り組んでいただければと思います^^

2021年2月15日 月曜日

小規模事業者持続化補助金(一般型) の公募要領変更!

小規模事業者持続化補助金(一般型) の第5回分の募集が始まりました。

注意点は、予想通り、コロナに関する特例措置であった 「事業再開枠」 と 「特例事業者の上限引上げ」  がなくなったということ。

正直この特例措置はやり過ぎ感があったので、ようやく正常な状態に戻したんだというのと、まだまだコロナが続くと言う割には、そうした特例はなくすんだ… という微妙な感じもしています。

締切は 6/4(当日消印有効) ですので、新しい公募要領を確認の上で申請準備を始められてください ~ 以前の申請書で申請するとおそらく失格になると思いますので、くれぐれもご注意ください^^;

また追々、採択されるためのポイント等の情報発信をしていきたいと思っています。

2021年2月11日 木曜日

東京都内で創業される方へ

コロナ以前より、これだけ廃業があるにも関わらず、創業にはあまり力を入れていないと言われてきましたが、、、東京都中小企業振興公社より、創業に関する助成金が出されることが発表されました。

詳しくは追って発表される形となっていますが、概要は次のようになっています・・・

・対象者: 都内での創業を計画している個人又は創業後5年未満の中小企業者
・対象期間: 交付決定日から 6か月以上最長2年
・対象経費: 賃借料、広告費、器具備品購入費、専門家指導費、従業員人件費 等
・助成限度額: 300万円(下限 100万円)
・助成率: 3分の2以内
・申請期間: 2021年4月15日~4月23日

まだ 2カ月以上時間がありますので、書類作成には十分ですが、、、公社にて創業計画策定等の支援を受けたことがある等の要件がありますので、ご興味のある方は早めに確認していただく必要がありますね。

詳しくは公社サイトをご覧ください ⇒ https://startup-station.jp/m2/services/sogyokassei/

2021年2月09日 火曜日


ヒューミックアパレル・服飾関連の経営支援なら
コンサルティング オフィスK   〒188-0004 東京都西東京市西原町2-6-4-201 tel:090-1705-5502