2012年9月の記事



アートアクアリウム展 ~江戸・金魚の涼~

2012年9月08日 土曜日

今日はちょっと変わった美術展を見に日本橋へ行ってきました (・・・最近、日本橋にご縁がありますね^^)。

開催案内によると、江戸時代に花開き日本人に親しまれてきた金魚にスポットを当て、江戸ならではの粋な演出で金魚の美を愛でる全く新しく涼しいアート・・・アートアクアリウムプロデューサー木村英智氏の作品とのこと。

写真は 「水中四季絵巻(左右)」 と 「巨大金魚鉢(中央)」 です。 写真撮影可という太っ腹な主催者なのでした♪

音楽と映像と金魚と器のコラボ!

真っ暗な中に浮き上がる深紅の金魚、巨大な金魚鉢で泳ぐ1000匹の金魚、ベネチアングラスの中にいるまんまるいカワイイ金魚(ピンポンパール?)、四季折々の背景の中で優雅に泳ぐ錦鯉、夜7時以降は音楽とお酒に酔いしれる大人の空間に・・・などなど。

たしかに新しいアートでした~見に来て良かったです♪

ただ、私としては、いけすのある料理店や魚屋さんの新しい販促ツールとして使えないかな?・・・などと考えてしまいますが(笑)

開催は9/24まで、残り2週間となりました。 東京近郊在住の皆さま、一見の価値ありですよ!

( 詳しくはこちらのHPまで ⇒ http://h-i-d.co.jp/art/


店舗施設と管理 (仙台校)

2012年9月05日 水曜日

平成24年度 中小企業支援担当者研修
「商業診断基礎2 (店舗施設と管理)」
日時/   平成24年9月3日(月)
主催/   中小企業大学校 仙台校

 

今週の日曜日~火曜日まで再び仙台へ。 月曜日は「店舗施設」についての講義を行いました・・・いつものように、午前中は講義で午後はグループ演習です。 月曜日(しかも9時スタート)ということもあり、眠そうにしている方がチラホラと・・・さぞやおつらかったことでしょう(笑)

それでも、ご協力いただきました 「一言アンケート」 には、「説明が分かり易かった」 とか 「レイアウト作成に興味を持って取り組めた」 というような好意的なコメントばかりで とても嬉しかったです♪ (・・・というか、皆さんホントに褒め上手です^^)

他にも、「レイアウト作成は簡単にできると思ったがやってみると難しかった」 とか 「スーパーやコンビニの陳列が計算されて配置されていることが分かった」 などのコメントもあり、「知識として知る」 から一歩進めて 「実践する」 という観点でも 学びの多い時間だったのではないでしょうか。

講義の中で一番伝えたかったことは、①「感性」 の前にまず 「理論」 を押さえることです。 演出機能など 「演出」 という側面もありますので、もちろん「感性」 も大切です。 しかし、「感性」 のみに頼り 「理論的な背景」 の乏しい店舗では、 経営はすぐに行き詰まってしまいます。 絵画の名作は、感性だけで描いているわけではなく、構図やデッサン力など 理論的な背景が整っている・・・ということと一緒かもしれませんね。

そして、②様々な面で理論の整合性をとらなければならないことです。 おそらく、レイアウトを検討しながら、それがとても難しいということが分かったと思います。 机上演習ではさらに 「販売計画」 や 「予算(導入コスト)」 との整合性もとらなければなりませんね^^;;

ただ、今回の講義で、これら全てをマスターするというところまでは求めていません。 店舗施設を考える上で、何が重要で、実践するためには何が難しいのか・・・ということが学べていれば 合格です。 そこから、一消費者として買い物などをしながら(生活の中で)学ぶことで 十分力がついていきます。

これから、「閑地の使い方が上手いな」 とか 「水平陳列より垂直陳列の方が選びやすいのに」 など、学んだ用語を口にしながら買い物してみてください~いつも行くお店なのに、新しい発見が沢山あると思いますよ♪