2022年2月の記事



新型コロナ、、、楽観主義が対応の遅れに・・・

2022年2月26日 土曜日

私が新型コロナを警戒し始めてから、早くも 2年が経ちました。

振り返ってみると、当初は海外のどこかの地域の話で 日本はあまり関係ないといった雰囲気。 それが、水際対策の遅れから日本にも入ってきてるよね? となり、2年前のこの辺りから警戒する人が増えだして 一気に緊急事態宣言に。

その後は、警戒する人とそうでない人(それに感化される人) で二極化の様相。

中でも、楽観論の人たちは、暖かくなれば終息する、経済を回さなければ、自粛疲れ、コロナ慣れ、with コロナ、ワクチンを打てば収束、若者は感染しても平気、飲み薬ができたから平気、、、様々な表現で、コロナを無視しようとしてきましたが、終息せずに 2年が経過。

支援をしていると、危機意識を持つ人が多くを占めますが、、、楽観主義な人、楽観論に感化されていると感じる人もチラホラといましたね。

楽観主義の人たちに共通するのは、コロナ禍はすぐに終わるとの (根拠の弱い)持論。 だから、これまでの事業展開(業態) を変えようとしないし、いつ元に戻るのか!との不満が多いし、結局コロナの影響を受けて疲弊する・・・ということ。

その一方で、コロナ禍は続くと危機意識を持つ人は、これまでの事業展開(業態) を大なり小なり変えて、コロナ禍に適応しようとする。 ・・・当然、上手くいかないこともあるけれど、何度もトライすることで相応に成果につなげていきます。

・・・こうした状況で 2年も経つと、彼らには大きな差がでてきますね。

楽観主義を信条とする人に それを変えてとは言いませんが、、、コロナ禍のダメージの蓄積度合を考えながら冷静に現状把握=冷静に現状と向き合っていただければ、自ずと現状を打開するための答えが出てくるのかなと思っています。


決断していますか?

2022年2月20日 日曜日

新たなことをしようとする時、考えていなかったことが起きた時、どうするのか決断を迫られます。 そんな時、① 「する」 を決断、 ② 「しない」 を決断、 ③ 決断できず時間が過ぎた結果 「しない」となる、、、選択肢は、おおよそこの 3つでしょうか。

何かを変えるには大きな心的ハードルがあるもので、、、選択の結果が良い・悪いを気にするよりも、「変えたくない」 との気持ちが強く働くため、②か③になる人が多いのでは? と思っています。

支援をしていて、新たな提案をした時の反応を思い返してみると、①は全体の 1/4くらいでしょうかね。 ・・・色々なケースはありますが、例えば、今のままではドンドン状況が悪化することは明らか、、、そこで、新たな方向性を提案した場合では、① 25%、② 25%、③ 50% という感じ。 ・・・結構な割合で ③となりますね。

経営者(事業者) は決断するのが一番の仕事、、、③は恥ずかしいことですので、そこはご留意くださいませ。

ちなみに、上記 ② 25% ですが、代替案なく ②を選択しているだけということが多いですので、、、それは ③と一緒ですね^^;


郵送にはご注意を・・・

2022年2月15日 火曜日

先週の火曜日の午後 1便で、普通郵便をポストに投函、、、中 1日で届く地域で、これまでも何度か送ったことがあるため、木曜日に届くものと思っていました。

しかし、現地は降雪量が多いためか木曜日には配達されず、金曜日は祝日のため配達せず。 そして、2021年10月より 土曜日は配達しないことになったため、届いたのは月曜日の午後でした。

・・・金曜日~日曜日は配達しないと思って、急いで火曜日に投函したのですが。。。

以前、金曜日・月曜日が祝日の時の郵便は注意! とコラムに投稿したことがありましたが、私自身がはまってしまいました^^;

皆さまも、お気を付けくださいね。


オオカミ少年効果・・・

2022年2月13日 日曜日

災害級、警報級、●年に一度、過去に類を見ない ・・・いつの頃からかよく目にするようになった言葉ですが、、、安易に多用していると、それを見た瞬間に 「煽り言葉」= 大げさな表現と思われてしまいますね。

天気予報やワイドショーなどでは、実際のところ、大げさな表現を使って気を引きたい、、、まあ、良く言えば 「注意喚起」 のためにそうした言葉を使っているのでしょうが、こう続くと信頼されなくなってしまいますね。

【オオカミ少年効果】 なる現象がありますが、、、「オオカミが来るぞー!」 と危機感を煽り過ぎて、実際に災害が起きても信用されずに被害を受けてしまう ・・・そろそろ、こうした心配をしなくてはならない状況のように感じています。

先日の失態(批判) を受けて、今日は 「煽り言葉」 を控える番組が増えたように感じますが、まだ同じような表現の番組もあるようで、、、変なバイアスを掛けずに 私の肌感覚で感じたところでは、今回も大きな対策・警戒が必要とは思えないため、特に予定変更せずに 通常運行で参ろうと思っています。

自身が 【オオカミ少年効果】 に陥っていないかには気を付けつつ、冷静に予測して行動しましょう。


ギフト・ショー2022

2022年2月10日 木曜日

今回も無事に開催されましたギフト・ショー。

コロナの影響はまあ大丈夫として、大雪予報のため日程変更しようか悩んでいましたが、、、変更するなら 2/8の午後しかなく、この時点で大雪にはならないと予想して、予定通り本日2/10 に行ってきました。

先着千名様のプレゼントもゲットして、雪も大したことにはならず、無事に視察を終えました。 今回は珍しく諸々重なり、業種業態の異なる 4社分の視察でしたので、ちょっと大変でしたね^^;

ギフトショー2022-1 ギフトショー2022-2

 

さて、東京ビッグサイトの展示会は、東京オリンピック・パラリンピック開催のため長らく使えなかった東棟に戻ってきました。 ・・・ですが、西-南棟や青海棟開催に慣れてしまったせいか、完全フラットな東棟開催が視察しにくく感じてしまいました。

東棟以外の開催は、移動は面倒かもしれませんが、ゾーン別に棟やフロアが分かれているため、感覚的にテーマ(出展内容) が分かりやすく、移動中に頭がリセットできるし チョコチョコ休憩も入れやすいため、視察しやすい(疲れにくい) のだろうなと感じました。 ・・・この辺り、今後どう出展成果に影響してくるでしょうか??

また、前々回辺りからですが、ちょっとやそっとのコロナの状況では中止とならないため、出展申請は結構な倍率になるかなと思います、、、ご留意くださいませ。


真似をしてはいけない危機管理・・・

2022年2月08日 火曜日

3日前頃から、2/10は都心も雪になると話題に上るようになりました。 出だし大人しめでしたが、今日になって 随分と騒ぎ立てる番組(天気予報) が出てきました。

・・・ということで、出だしの雰囲気から、雪で移動困難な状況も考えてスケジュール変更の準備、、、でも、今日夕方のニュースを見て、大したことにはならないものとして 再度スケジュールを組み直し。

はい、完全に逆張りです^^;

十何年か前に、ゲリラ豪雨が多発した時から何となく感じていたことなのですが、、、天気予報がエンタメ化して、やたらめったら騒ぐようになった。 ・・・暑い、寒い、大雨、台風、、、こう言っては何ですが、喜々として伝えるようになった。 さらに、自然災害が増え、空振りは良いとの風潮を作り出したこととも相まって、大げさな表現を多用するようになった と感じています。

なので、大げさに言っていると感じた時、喜々として伝えていると感じた時には(・・・私の主観です)、警戒はしつつも基本スタンスは逆張りです。 そして、結果としても、私の張った方が高確率で正解となるのでした^^;

ちなみに、先月の大雪は、雪国で育った肌感覚では雪になると思っていたのに、天気予報ではあまり話題になっていなかったため、、、自信を持って雪の対策をして難を逃れましたよ♪

・・・もちろん、私の見立ても外れることはあるため、ギリギリまで予測したり、外れてもダメージを負わないよう対策はしますが、、、好んで プロの逆をいく行為は、危機管理上あまりよろしくはないですね^^;

2/10は、寒気の張り出しがちょっと変わるだけで状況が変わるとのこと、、、明日もじっくり考えようと思います。 さて、どうなることやら・・・


バズるには理由があります。

2022年2月06日 日曜日

支援先のチーズケーキがテレビで紹介されました。 単に紹介されただけではなく、人気俳優さん・女優さんに大絶賛されたことで、完璧にバズりました!

チーズケーキ2022

注文・問い合わせ殺到で、事業者様は昼に夜にひたすら製造、、、 1時間少々しか寝ていないとのことでしたが、貴重な 1個をいただきました♪

四半世紀に渡り改良を続けてきた正に逸品・・・テレビ効果が薄れても、まだまだ入手困難な状況は続くことでしょう^^