2021年6月の記事



経験に基づくカンの是非・・・

2021年6月27日 日曜日

天気予報のサイトは年々進化し、「あと 30分後に雨が降り出します」 といった案内も出るようになりました。 半信半疑で使ってはいますが、それでも結構当たっているので、最近は割と気にしながら、自分の行動に取り入れています。

・・・ただ、「結構当たっている」 ということは、外れていることも多いわけで、、、全てこうしたものに依存するのはキケンですね。

「雨が降る」 と言われて外れた場合はまあ良いとして、先程は 「この地域で しばらく雨は降りません」 という案内。 たしかにレーダーでは全く雨雲はないし、くもりがちだけれど空は明るい、、、でも、この空気感は降ると思うんだけどな・・・と、ウォーキング 60分の予定を 10分で切り上げて帰宅。

帰宅後 10分ほど経っても空は明るいままなので、「私が外れか!」 と思いきや、徐々に暗くなって 5分後にはザーっと音がするくらいの雨が降りました、、、そのサイトの気象予報士や AIに勝ちました♪

事業者支援でも、私は割と 「事業者の経験に基づくカン」 を尊重する方で、何でもデータに置き換えることには反対だったりしています。 ・・・但し、その経験が、今、通用するのかどうかについては、厳しめに判断させていただいています。

今でも経験が通用すると思える内容には、ぜひ 「経験に基づくカン」 を取り入れた経営を、、、ちょっと時代に合わなくなっていると思えば、データや仕組み、合議による経営をご検討いただければと思っています。


手堅いことのメリット × デメリット・・・

2021年6月25日 金曜日

株をやっていて、絶対儲かる銘柄がある! なんて言われたら 詐欺か虚言と思った方が良いですが、、、まあ、絶対とは言わないまでも、それに近いくらいに自信のある銘柄があります。

実は、随分長い間 値動きをチェックしていて、どの辺りで上がってどの辺りで下がってという傾向が分かっている銘柄があります。 もちろん、その傾向から外れることもありますが、どのような時に傾向から外れるかも日々分析して傾向を補正しているため、中々の高確率で当たっています。

それでも絶対に損はしたくないので、絶対に大丈夫! という時まで 石橋を叩いて渡らずを繰り返し、その時が来ても、少額しか購入しないという徹底ぶり、、、この労力に見合っているかはさておき、実際に負けなしで利益を出し続けています (※ちなみに、このスタンスでやっていない銘柄では損が出ています^^;)。

このやり方、敢えてチャンスをいくつも見逃しながら、確実に勝てる時にしか動かない、、、小さいけれど勝てる、まあ負けることがないというのが最大のメリット。

ただ、これが本当に最良のやり方なのか? と考えると、、、1回の小さな勝ちに対してチャンスは 5-6回見逃すし、勝てるタイミングが来ないと 数カ月買うこともできなくなります。 また、毎日細かに値動きを分析するなど相応に労力も掛かるため、色んな面で効率が非常に悪いのがデメリット。

そして、最大のデメリットといえば、、、実は先日、3万円少々の利益を得ましたが、想定以上に上振れしたため、その時売らずに今 売っていれば 6万円の利益に・・・こうやって儲けそこなうということがよくあります。

私は、危機管理を重視して 「手堅く」 と決めたため、この辺りのデメリットには目をつむりますが、、、逆に、失敗は許容し、大きく勝つことで挽回することを良しとする人もいるでしょう。

・・・何が最良なのかは 自身の方針次第、、、そして、経営も同様に、方針次第で良いやり方かどうかは異なるもの。 私が経営すれば、やはり手堅い会社になるでしょうが、波に乗ってドンドン成長させたい場合には あまり向いていないともいえます。

さて、皆さまは、どのような方針ですか?


言語化能力の高い人・・・

2021年6月18日 金曜日

最近、初めてお会いする方へのヒアリングが続きました。 ヒアリングでは、具体的に掘り下げられた回答を聞き出すため、ご対応された方はさぞかし脳に汗をかいたことでしょう、、、ありがとうございましたm(_ _)m

例えば、数値について聞かれたとき、これは 分かっているかどうかだけの問題のため、分かってさえいれば、誰もが正しく言葉にして伝えられます。

では、方針を聞かれたときはどうでしょうか?・・・店づくりの方針、品揃えの方針、採用の方針、育成の方針、投資の方針…等々。 普段から考えていないと答えられないし、漠然としたものはあっても明確に意識されたものがないと、中々言葉にして伝えるのは難しかったりします。

では、デザインの良さや なぜその商品を選んだかなど、感性にかかわる部分を聞かれたときはどうでしょうか? ・・・これこそ、感覚的なものを言葉にするのですから、普段から考えているだけでなく、相応の言語化能力を持ち合わせていないと、上手く伝わるようには話せないものです。

・・・この辺り、結構掘り下げてヒアリングしたのですが、、、中々優秀な社員さんが複数いて、私としても とても勉強になりました。 上手く表現できないときに、「こういうことですかね?」 と意図を汲んで伝えると、「そうです!そうです!」 と喜ばれたり、、、結構楽しくヒアリングをさせていただきました♪

その中でも、言語化能力が特に高い方に、そうした能力の高さの背景にある部分を聞いてみたところ、、、普段から理由を考えて行動しているとのこと。

例えば、バイイングの際、感性だけで選ぶのではなく、「〇〇だから良い」 と明確に理由付けしたり、全体像を明確にして それに合致しているものから選んだり、、、感性が必要な仕事の中でも、常に論理的に考えるよう意識しているそうです。

話していて感じたのは、こうした言語化能力の高い人が上司だと、とても仕事がやりやすいし、自身の成長も早いだろうな・・・と、うらやましく思うのでした♪


緊急事態宣言解除へ、、、やはり人流抑止は間違い??

2021年6月16日 水曜日

全てを止めれば感染拡大は止まる、、、安易に 「人流抑止」 を口にしたことで、逆に打つ手がなくなっている。

何でオリンピックは良いの? 何で都の職員は出勤しても良いの? 何で公的立場の人が未だに会合や会食をしているの? ・・・「感染拡大防止策を徹底する!」 との方針を初志貫徹していれば、ここまでの反発は起きなかったことでしょう。

そして、人流抑止というこの言葉、、、人の流れを抑え、止める。

個人的には、首を絞めて息の根を止めるような印象もあって、肌感覚として嫌な印象を受ける言葉だったりします。 そうした感情面での知らず知らずの反発もあるでしょうか。 実際のところ、本当に首を絞められた状況の人も多いわけで、命懸けで反発せざるを得ない人もいるでしょう。

いずれにしても、効果がなく上昇に転じるのは時間の問題でしょうか。

余談ですが、「人流(JINRYU)」 は、日本ユニシスの登録商標で、同社は 「人流解析サービス」などを提供しているそうです。


新型コロナ × 国民の生活 < 国や都のメンツ

2021年6月11日 金曜日

私は、既にオリンピックに興味はなく 早く秋にならないか(さっさとオリンピック終わらないか) と思っている上に、スポーツ(選手) にさえ嫌悪感を覚える 「坊主憎けりゃ袈裟まで憎い」 状態ですが、そう感じている人は少なくないはず^^;

こうした状況は、オリンピックが中止になる以上に、先々にまで影響する大きな損失だと思っています。

そんな中、総務相が 「安心安全な大会とするため、テレワークの集中的な実施を呼びかける〝テレワーク・デイズ2021〟 を行う」 と高らかに宣言したとの報、、、盛大にオリンピックを開催するためには、庶民は自宅謹慎していろということでしょうか。。。

本当にそうした状況が 49日間に渡って続いたとしたら、例えば、出勤者のランチ需要を期待して出店している移動販売車はどうなるでしょうか、、、

業種・業態、立地等によって影響は異なりますが、本当に秋まで耐えられるのか、加えて、オリンピック終了後にまた緊急事態宣言が発出されても耐えられるのか、、、冷静に考えておかれることをお勧めいたします。。。


フィッシング詐欺ではなかった例・・・

2021年6月09日 水曜日

コロナ禍、非常に増えてきたのがフィッシングメール。 先日のブログでもご紹介しましたように、見分けがつかないものも出てきているため、安易に開封しない、安易に記載アドレスをクリックしない等、危機意識を一段階上げて対処することが必要だと感じています。

そんな中、某家電量販店から、「東京大規模接種センターで 予約枠空きあり」 とのメールが届きました。 ・・・これは詐欺でしょ~! と半分笑いながらも、一応気になってネットで検索してみると、、、

こちらの家電量販店では、ワクチン接種予約を支援する取組を大々的に行ってなっているそうで、、、パソコンやスマホが使えない方のために、運営するパソコンスクールで、無償で予約のお手伝いをしているのだとか! ・・・多くの偽物の中に本物がある、、、メールを見ただけで真偽を判断するのは、本当に難しくなりました^^;

ワクチン接種に関する詐欺やフィッシングメールも多くあると聞いていますので、くれぐれもご注意くださいね。


どんなに良い提案でも、実行には移されないもの・・・

2021年6月07日 月曜日

コロナ禍、長年使っていた冷蔵庫を買い替え、容量がこれまでの 2倍近くに増量されたことで、自炊に弾みがついています♪

今ではとても使い勝手良く 普通に使えているのですが、、、以前の冷蔵庫が、冷蔵室は下・冷凍室は上の配置に対し、今の冷蔵庫は逆。 ・・・ということで、最初の 2-3カ月は、ほぼ毎回、冷蔵庫から取ろうとする度にしゃがみ込み、「あ、違った!」 と立ち上がる 不毛な動作をしていたのでした^^;

以前の冷蔵庫は、17-18年は使っていたでしょうか、ということは、3-4万回そうした動作をしていたことでしょう、これだけ繰り返して身に付いたクセはそう簡単には直らず、、、容量は格段に増え、冷えも良くなり、電気代も安い、でも、何て使い難い! ・・・どれだけ良いものかは理解していても、どうしても好きになれない、、、ようやく慣れて、使いこなすようになって、今ではとても気に入っていますが、そう思えるまでは結構な時間が掛かりました。。。

会社の改善(カイゼン) も同様に、どんなに良いと思って提案しても、十中八九こうした抵抗にあいますね^^; ・・・なので、どんなに良い提案をしても 実行には移されない、実行しても一過性のもので終わると認識し、そこからどうやって改善を進めていくかを考えるのが ある意味スタートなのかな・・・と感じています。