19-衛生管理・HACCP(ハサップ)記事一覧



新型コロナ、、、視点の違い・・・

2021年10月03日 日曜日

10/1から 緊急事態宣言・まん延防止措置は完全解除、、、といっても、これまで何度となくあっという間に元に戻るようなバカ騒ぎを繰り返してきたのですから、そろそろ学習して 派手に遊び歩く人やそれを許す店は少なくなるでしょうか。

個人的には、解除されてもされなくても、外食を解禁するつもりはなく、まだしばらくこれまでと同じ行動をするつもりです。

先日、ニュース番組で飲食店を取材していましたが、「50項目にも渡るチェックなどやっていられない」 「こんなことできるのは大手だけ」 などと文句を言っている事業者やコメンテーターがいた一方で、、、

「手間は増えますが、お客様に安心して来ていただくためですから、やりますよ。大切なことですよね。」 とサラっと言いながらテーブルを消毒する店員さんがいました。

前者は視点を 「自分」 に向けた人、後者は視点を 「お客様」 に向けた人、、、それによって、気持ちも行動も大きく異なることが好対照に映し出されていましたね。

さて、皆さまは、どちらに視点を向けていますか?


2021年6月1日~HACCP完全義務化!に先立って・・・

2021年4月05日 月曜日

食品を扱う事業者は、HACCP(ハサップ)の考え方に沿って衛生管理を実施することが法的に義務づけられています。 現在は猶予期間中で、2021年6月1日からは、大企業であっても小規模事業者であっても、完全実施が求められます。

6月1日以降は、例えば、保健所が立ち入り検査をして、不十分であれば改善指導を受けることになります。 それでも、改善されなければ(繰り返せば) 罰則、最悪の場合は営業許可が停止されるような事態にもなりかねませんので、、、猶予期間の今のうちに新しい衛生管理体制を整えておきたいところです。

これまでHACCPの考え方で衛生管理をしてこなかった方は、管理帳票の作成・保管が必要だったり、製造工程を見直すことも必要だったりしますので、、、

私の支援でも、数カ月掛けて、「HACCPの考え方を取り入れた衛生管理」 に変えていこうと取り組んでいるお菓子屋さんやパン屋さんがいますので、そうしたことをされていない方、心配な方はぜひご相談いただければと思います!

このコラムでも情報提供していきますが、それに先立って注意喚起の情報です。

こうしたHACCP完全義務化に向け、保健所や厚生労働省で呼びかけているところですが、、、こうしたことを利用した詐欺事案が増えているとの情報が入りました。

まず、保健所への相談や保健所の立ち入り検査等は無料ですし、認定のための有料制度などもありませんので、ご注意いただければと思います。

また、経営コンサルタントや専門家が、「HACCPの考え方を取り入れた衛生管理」 を行うための支援は有料となることが多いですが、公的に許可や認定を与えることはありません(そうした権限はありません)ので、公的な許可や認定のために金銭を要求するような場合は、ご注意いただければと思います。