21-新型コロナ記事一覧



目的を間違えるとこうなる・・・

2021年7月22日 木曜日

東京オリンピックが始まりましたね。 本来なら、いよいよ始まりますね! と心待ちに、そこまで興味がない人も、始まるね・・・くらいの盛り上がりが醸成されていなければならないイベントだと思うので、、、

この時点で、というか、それが感じられなかった 1-2カ月前の時点で、イベントとして ”大失敗” といえるでしょう。

オリンピックは、参加者・主催者・関係者のためだけのものではなく、それ以外の人のためのものでもあります。 オリンピックを通じて、気持ちが前向きになったり、ツライ日常を少しだけ忘れて高揚感をもったり、将来出たいと思って頑張ったり、イベントを通じて見知らぬ人や他の国の文化とふれあったり・・・。

要は、オリンピックが開催されたからといって、こうしたことが享受できなければ開催する意味はあまりない、、、なのに、こうしたことをおざなりにし、開催することだけに終始した現政権の明らかな失策といえるでしょう。 コロナで観戦が難しかったり、直接のふれあいはできなかったりしても、国民の気持ちがついてきていれば、テレビ観戦でも盛り上げられるし、気持ちのふれあいもできたはずです。

個人的には、オリンピックは毎回、予選のタイムテーブルを確認しながら楽しみにテレビ観戦、深夜帯は録画をして翌日観ているくらいでしたが、、、今回は自国開催というのに全くのノーチェック。 通常の番組が入らないので、早く終わらないかなと思っているくらいです。

さて、業績好調なのに社員が病む会社、、、以前勤めていた会社は、いつの頃からか社員が病むようになり、常に 1割以上が精神疾患で休職状態という恐ろしい状況でしたが、正に本質的なことを見失っていたのでしょう。

「お客様の幸せと社員の幸せのために」 などと綺麗事を言うつもりはないですが、少なくとも、次々と精神的に病む社員を作り出す会社に お客様を幸せにできるのか?ということは考える必要があったはずです。

毎年採用した新人が辞める会社、10年ほど勤めると社員が転職する会社・・・なんていうのも複数診てきましたが、、、経営者が会社の目的を間違えている、そこが真因のケースが多かったりしますね。

現場のことはトップ不在でも回りますが、方針や目的を決める、気持ちを醸成する(そのきっかけを作る) というのはトップにしかできないこと、、、そうした立場の方は、こうしたことをきっかけに、今一度考えてみるのも良いと思っています。


新型コロナ、、、ワクチン接種は進むのか??

2021年7月15日 木曜日

私の住む地域では、いよいよ私の年齢でも、来週からワクチン接種の予約ができるようになる・・・との情報が入りました。

以前のコラムにも書きましたが、薬物で重篤なアレルギーを起こした既往歴のある人は 接種できるのか? ということへの情報があまりに少なく、私は接種しても大丈夫なのだろうか・・・ということで迷いがあるのと、、、

それでも接種しに行くだろうと思うのですが、すぐに予約が取れても、2回目の目処が全く立っていないことが分かっているので、それを考えると当面予約はしないでおこうかと、、、すると、もっと下の年齢層の接種が始まり、1回目の予約も取れなくなる・・・と、ズルズル摂取時期が後ろに行ってしまうのだろうと思っています。

これからは働き盛りの世代が対象となり、会社で接種であれば、副反応が酷く出たら堂々と休むこともできるでしょうが、個人で接種となるとそうもいきません。

仕事のタイミングを計算しながら、この辺りで 1回目、3-4週間後のこの辺りで 2回目・・・と、接種後に休むことも想定しながら、それでも大丈夫な予定を立てて動くことになるため、今のような予定が立てられない状況ではちょっと難しいかな・・・と思っています。

規模の大きな会社の経営者であれば普通に休めますが、小規模会社の経営者は、接種のタイミングが難しいだろうな、、、皆さまは、どうされるご予定ですか??


新型コロナ、、、思わず笑ってしまいました・・・

2021年7月07日 水曜日

前回の緊急事態宣言が解除され、そもそもなぜ解除されて蔓延防止になったのかもよく分からないのですが、同時に、オリンピック観客上限 1万人 とか、実は 関係者は別枠で 1万人可能とか、●●も休み休み言えという感じで報道を見ていましたが、、、

あれよあれよと前週の数字を上回るようになり、今日の発表で 東京都の新規感染者数 920人・・・不謹慎を承知で言うと、思わず鼻で笑ってしまいました。 オリンピックの対応を見ても、街の様子を見ても、そりゃ増えるよね~という感じ(笑)

・・・と思えば、また緊急事態宣言が出るのだとか(苦笑)

こんなチグハグなことをする経営者はいないでしょうが、、、万が一にもこんな対応をしたら、周囲は誰一人として あなたを信頼しなくなりますので、気を付けましょうね・・・いや、気を付ける必要もないほど ●●げた事例ですね(笑)


緊急事態宣言解除へ、、、やはり人流抑止は間違い??

2021年6月16日 水曜日

全てを止めれば感染拡大は止まる、、、安易に 「人流抑止」 を口にしたことで、逆に打つ手がなくなっている。

何でオリンピックは良いの? 何で都の職員は出勤しても良いの? 何で公的立場の人が未だに会合や会食をしているの? ・・・「感染拡大防止策を徹底する!」 との方針を初志貫徹していれば、ここまでの反発は起きなかったことでしょう。

そして、人流抑止というこの言葉、、、人の流れを抑え、止める。

個人的には、首を絞めて息の根を止めるような印象もあって、肌感覚として嫌な印象を受ける言葉だったりします。 そうした感情面での知らず知らずの反発もあるでしょうか。 実際のところ、本当に首を絞められた状況の人も多いわけで、命懸けで反発せざるを得ない人もいるでしょう。

いずれにしても、効果がなく上昇に転じるのは時間の問題でしょうか。

余談ですが、「人流(JINRYU)」 は、日本ユニシスの登録商標で、同社は 「人流解析サービス」などを提供しているそうです。


新型コロナ、、、自分で考えて行動し、責任もとる。

2021年5月31日 月曜日

人流抑制、人流抑制とさんざん言っておきながら、緊急事態宣言が延長されるや 規制を緩める。 ・・・それなのに、「まだまだ人流が多いので・・・」 との都知事会見、、、緩めたのに抑制されるわけないよね?(笑) ほとんどの人が気付いていると思いますが、国や都の一連のコロナ対策や方針は、矛盾に満ち満ちていますね。

もちろん全て否定するつもりもないけれど、、、個人的には、国や行政の方針はもはやどうでもよく、「自分で考えて自分の意志で行動し、その責任は自分で取る」 で良いのだと思っています。

・・・そう言うと、飲み歩いたりバカ騒ぎする人も出てきますが、、、私の考え方のベースには、感染しない・濃厚接触者にもならない、知らずに感染している場合もあるため、他者に感染させない・他者を濃厚接触者にしない・・・というものがあるため、「それを大前提にして」 という一定の基準があることをお忘れなきよう^^;

さて、先日、知人が濃厚接触者になったと聞きました。 ・・・PCR陰性ではあったけれど、濃厚接触者認定されたことで 一家全員自宅待機だそうな。

これを具体的に想像してみると、、、濃厚接触者認定された瞬間、帰宅→10日程度自宅待機。 家族は濃厚接触者とはならないものの、おそらく会社等に報告義務があり、濃厚接触者に準じた対応を求められるのが一般的です。

待機期間中、仕事は休み(テレワーク可能なら自宅で仕事)、学校や塾、習い事等も全て休み。 正社員なら相応に有休や会社制度もあるでしょうが、非正規は その間の収入がなくなり、周囲との関係悪化で職場に復帰できない可能性も結構あります。 学校も 最低 1週間は欠席となるため、次に登校した時に授業ついていけるでしょうか。

広い家で部屋も多ければ良いですが、手狭なマンションに四六時中 家族全員がいるとなると、、、特に誰かがテレワークなどしていると他者は静かにしていなければならず、まあギスギスした状態になることでしょう。

自宅周辺を散歩したり、最小限の買い物くらいは良いと思いますが、、、周囲に濃厚接触者と分かると色々と問題も出てくるため、散歩しながら体を動かすことさえもためらわれるようになるかもしれません。

・・・自身が濃厚接触者になっただけで、もっといえば、家族が濃厚接触者になっただけでも、結構な大きな災いとなりますので、、、そうならないことを基準にして、自分で考えて自分の意志で行動していただければと思っています。


緊急事態宣言の影響、、、こんなところにも・・・

2021年5月27日 木曜日

仕事で見ておきたいけれど、非常に高価な業界辞典(1冊 2万円)。

最新版であっても情報が古く 内容として微妙な箇所も多いし(→ 例えば、最新版はコロナ以前刊行のため、今現在の情報としては不正確 等)、見るのは 1冊の中の 20-30ページ程度なので、、、欲しいけど買うほどのものではない、だけど参考には見ておきたい、、、

そのため、必要な時には、隣接市の大きな図書館に行って閲覧・コピーします。

今回も、仕事で必要になったため事前に見ておきたかったのですが、、、その本は禁帯出のため 館内閲覧のみ。 そして、緊急事態宣言期間中の館内閲覧は密につながるため、なんと、禁帯出の書棚は 立ち寄りも禁止状態とのこと。。。

宣言は 5/31で解除されず、6/20まで延長が有力と報じられていますが、、、まさかこんなところでも影響を受けてしまうとは。。。


新型コロナ、、、展示会出展の是非・・・

2021年5月21日 金曜日

先日のコラムに書いた展示会ですが、ようやく延期との連絡。 でも、既に宣言再延期の話題も上がっているのに、宣言再延期期間に掛かりそうな日程、、、会場の関係など理由もあるのでしょうが、大丈夫かな…と思うのでした。

さて、こうしたことがあると、どうしても出展には後ろ向きになるもの。 ・・・支援の際にも、コロナが収束するまで出展しないとの声をよく聞きます。

そうした時に私がお伝えしているのは、、、コロナの収束が見えてくると出展希望者が殺到するでしょうから、出展したいのに出展できないリスクが高くなる。 逆に、コロナ禍でも出展していれば、出展実績が評価され、優先的に出展できる可能性も出てくるということ。

また、コロナ禍の展示会を度々視察して感じるのは、実際には結構な来場者がいる = 何かしら情報や取引を求めている方が大勢いるということ。 ・・・当然、コロナ以前のような盛況な展示会とはなりませんが、きちんと準備して出展すれば 相応の成果が見込めるし、ライバルが少ない中で脚光を浴びるケースも目にしています。

コロナ禍の出展を積極的に勧めているわけではないですが、考え方は色々ある ということを参考にしていただければと思います。


新型コロナ、、、高級衣料品店休業の謎・・・

2021年5月17日 月曜日

緊急事態宣言の延長を受けて、休業が継続すると思いきや、続々と営業再開。

あれだけ人流抑止が不十分といって延長したのに、なぜ再開しても良いのか不思議ですが、、、やはり人流ではなく感染防止対策の徹底度合いなのだろうと改めて思っていたところ、都知事が百貨店に向けておかしげな指摘。

・・・それを受けて、西武百貨店では、再開したラグジュアリーブランドの売り場を再度休業するとのこと。。。

ラグジュアリーブランドは、常に入口に店員が立ち、マスク着用確認やアルコール消毒を徹底しています。 そもそも客が殺到するような店でもないため 密の心配もない、、、なのに、なぜここを休業させないといけないのか、甚だ疑問に感じます。

人流抑止というなら閉店させないといけない店が山ほどあるのに・・・。

アパレルは、基本的に季節性の商品を扱うため、今 売らなければ、その在庫の価値は著しく下がり、プロパー販売できない商品が多く出てくるでしょう。 そこに納品する立場の卸・製造の会社は出荷を止められるため、小売だけでなく川上に影響は広がっていきます。

どうも意地になって休業要請しているようにしか見えないのですが、、、業界関係者からすれば、こうした措置は憤りしかありません。。。


新型コロナ、、、愚の骨頂・・・

2021年5月06日 木曜日

【愚の骨頂(ぐのこっちょう)】 この上なくおろかなこと。 (デジタル大辞泉より)

緊急事態宣言発出に伴い、鉄道各社に、GWの合間の平日朝夕の通勤・通学時間に減便要請 ・・・これを聞いて耳を疑った人は、随分と多くいたことでしょう(→正常な反応です)。

実際どうだったのかというと、、、4/30は幸いなことに日中の移動、しかも、形だけの減便対応の鉄道 2社を乗り継いだため、私は全く影響なし ・・・しかし、JRは大混雑で大変だったとのこと。  5/6本日、これも幸いなことに、形だけの減便対応の鉄道 3社を乗り継いだため、私は全く影響なし ・・・しかし、JRは本日も大混雑となり、報道各社で大々的に報じられるほどに。

減便要請に正直に応じた JRを責めるのは可哀想な気もしますが、、、鉄道のプロなのだから、こうなることは分かっていたでしょ? (→私鉄各社が、ほぼ要請無視の対応だったのは正しい判断でした)

例年、GWの平日、都心になぜ人がいないかというと、多くの人が連休にしてレジャーに出掛けているから。 今年は(昨年もですが)、コロナ禍でステイホームの人が多く、レジャーに出掛けても近場で日帰り、、、ということは、ほとんどの人にとって、平日に休みを取って連休にする意味がない。

・・・ということは、多くの人は GWの平日は仕事で、しかも、2回目の緊急事態宣言中でも電車は混雑していたのだから、、、この状況で通勤時間に減便すれば、未曾有の大混雑となるのは必定。。。

これが原因で感染した方がいれば、鉄道利用中に体調を崩した方がいれば、はっきりいって人災、、、愚策もここに極まれりとしか言えません。 頭の良い役人・政治家であってもこんな愚かなことをする、、、危機対策として 反面教師にもならない事例ですが、万が一にもこんなことをしないよう気を付けましょうね。


我が社にとっての 「公共の福祉」 とは?

2021年5月03日 月曜日

5月3日は憲法記念日。 日常、憲法について考えることもないのですが、、、今日は、各メディアで憲法について取り上げていたので、興味深く見ていました。

その中で、改めて考えさせられたのが 第12条 と 第13条・・・

第12条 「この憲法が国民に保障する自由及び権利は、国民の不断の努力によつて、これを保持しなければならない。 又、国民は、これを濫用してはならないのであつて、常に公共の福祉のためにこれを利用する責任を負ふ。」

第13条 「すべて国民は、個人として尊重される。 生命、自由及び幸福追求に対する国民の権利については、公共の福祉に反しない限り、立法その他の国政の上で、最大の尊重を必要とする。」

どちらも、人権保障の基本原則を定めていますが、条文から、「個人の尊重(権利)」 よりも 「公共の福祉」 が重視されていることが分かります。

我が国では、社会貢献、ボランティア、SDGsなど 大きな話は出てきますが、「自身の行動が公共の福祉に反していないか」 といった基本的なことが軽んじられ、個人の権利ばかり主張する人が多くなった、、、

いつまで経ってもコロナが収束しないのは、公共の福祉が軽んじられていることの現れなのかなと思っています。

会社でも、従業員が増え、ある程度の規模になってくるとそうした状況を目にしますので、、、一度、自社にとっての 「公共の福祉」 というものを考え、それが実現できているか、実現できていなければ要因はどこにあるか・・・を考えていただく機会にしていただければと思っています。