コンサルティングをしている上でのちょっとした気付きや、講演・セミナー情報を書いています。

虚実を察する・・・

1度だけ参加した とある会があります。 私としては、誘われたので試しに行ってみただけで、実際には、その会の趣旨に賛同しかねるところもあったのでそれっきり・・・入会はしていないという認識なのですが、、、

その後、その会からの通知メールが届くようになったのですが、ちょっと気になったのが会員数、、、毎回うなぎ上りに会員数が増えていくことに気づきました。 ・・・おそらく、私のような人もこの数に含まれているのでしょうね(苦笑)

嘘とまではいわないけれど、こうやって自身を大きく見せるような会だからこそ、1度参加したときに違和感を覚えたのですが・・・^^;;

様々な思惑が込められた情報があふれる現代社会にあっては、何が虚で何が実なのか、自分自身で見抜く力が必要不可欠といえますね。

2018年1月29日 月曜日

この時期はちょっとナーバスになります、、、

昨年末から 1カ月以上休みなく、毎日何かしらのお仕事をしていましたが、、、今日は久しぶりにのんびりした 1日を過ごしています♪

・・・といっても、終日自宅で仕事の日もあれば半日で帰って来きたりというように 隙間時間を作って一息つけるので、いわゆる 「休みがない」 というのとはちょっと違うかもしれませんが、、、それでも、毎日あれやらなきゃこれやらなきゃと 1カ月以上追い立てられるのは珍しいので、やっとのんびりした実感が持てる 1日となっています。

さて、私のスケジュールですが、出張の翌日は休息日にしたり、外勤と内勤を組み合わせて体力の消耗を押さえたりと、1つ 1つの仕事に全力で向かえるように体調面も考慮してスケジュールを入れるのですが、、、出張の翌朝に外勤になってしまったり、いくつか設定した休息日が全部仕事になってしまったりと、中々上手くいかないことも多かったりします。

・・・そうした時は、サプリ 6種類、蜂蜜水でうがい、プロポリス配合のど飴、葛根湯、家に帰ったら即熱いシャワー&鼻うがい、部屋では常に加湿器&空気清浄器&湯たんぽ、、、こんな感じで体調を崩さないように努めています (ちょっとやり過ぎ^^;;)

「体調悪いので休みます」 とか 「声が出ないのでセミナー中止にします」 なんて言えない立場なので、インフルエンザも怖いこの時期は特にナーバスになるのですが、、、皆さまもご自身の立場を考えながら、体調管理されてくださいね^^

2018年1月27日 土曜日

2018冬本番

20180122雪3 20180122雪1 20180122雪2

東京地方は 4年振りの大雪です。 幸いにも明るい内に帰れましたが、夜に帰宅される方は大変だろうな・・・。

天気予報通りだと、明日はあっという間にとけてなくなってしまうことでしょう。 雪国ではこれが毎日、、、たまにはそうしたことに思いを馳せてみるのも良いかもしれませんね^^

2018年1月22日 月曜日

公表データが常に正しいというわけではありません。

会社を良く見せよう、信頼を維持しよう、株価を下げないようにしよう、、、そんな思惑もあって上場企業が粉飾決算をしたら、上場廃止や訴訟問題などの社会問題に発展します。 そんな大きな会社の話でなくても、粉飾決算をして融資を受けた・取引を始めた ・・・なんてことが明るみになれば、融資の引き上げや取引停止、あるいは訴訟 ・・・といった 会社を揺るがす一大事になります。

人は何かしら、膨らませて話す、ちょっと脚色して面白く話す、主観だけで話す、一部を隠して話す(嘘はついていない)  ・・・というようなことをしますが、それが許されるのは日常のコミュニケーション的な範囲でのこと。 そうした範囲を超えて脚色したり、それが行き過ぎてしまうと、一気に相手の信用を失い大問題に発展します。

さて、日本の財政健全化について、ANNより、「内閣府はこれまで財政が黒字化する前提として、将来の経済成長率を名目で 3.9%、金利を 4.3%に設定して試算してきたが、来週公表予定の新たな試算では、成長率を 0.4ポイント下げた一方で 金利は 1.1ポイントも引き下げており、借金が膨らんで見えないよう数字を設定している (ANN)」 と大きく報じられました。

法律があるわけではないので(=やりたい放題)、粉飾ということではないけれど、、、これまで、通常は 成長率と金利は連動していたはずなのに、今回に限って金利だけ大きく下げたのはなぜか?、、、ちょっと行き過ぎた脚色かな? 国民や金融市場の信頼はどうなるのかな? ・・・と不安を覚えます。

仕事で統計データを扱うことがありますし、セミナーや研修でも統計データの使い方を教えたりしていますが、、、数字には、こうした何かしらの思惑が込められていたり、前提条件が急に変えられた(明記していない) なんてこともあるので、統計データを利用する側の心構えとしては、常にそうした目で見ながら利用しなくてはならないと思っています。

2018年1月20日 土曜日

2次被害の危険性のある危機管理。

今日の外出中、駅や電車内のモニターで、あちらこちらの遅延・事故情報を見ました。

私が乗っていた山手線もその中の 1つ、、、比較的空いた車両で吊り革をつかんで立っていると、なんと急ブレーキで緊急停止 & 同時に電力停止。 油断していた人は飛ばされるくらいの急ブレーキでしたが、空いていたこともあり乗客同士の接触もなさそうで、私の乗った車両では皆さん無事のようでした。

車内放送に耳を傾けながら待機していると 10分くらいで再開、、、ただ、原因説明がないので ちょっと釈然としないものもありました。 その後、登録サイトから遅延情報が来たので見てみると、「埼京川越線内で発生した旅客転落の影響で遅れが出ています」 とのこと。

えええ?

この電車に乗っていなければ、「遠い路線の事故でも、ダイヤ調整したりで影響が出るんだな~」 ・・・とでも思って納得しているとことろでしたが、、、あの急ブレーキは何なの?? 山手線内の転落事故で急ブレーキなら分かるけど、川越線の転落事故で何でそこまで危険な止め方するの??? (もしくは、登録サイトの情報がガセ?)

なんとなく、、、緊急停止信号の受信 = 全車即停止というシステムなのか教育なのか、そういった仕組みがあるのでこうなったのだろうけど、、、車内が混んでたら怪我人出ますよ><ノ

危機管理が 2次被害を生み出す危険性にも、きちんと目を向けていただきたいものです。

2018年1月19日 金曜日

始めている人は もう始めています!

1月か 2月か ・・・と噂されている 「小規模事業者持続化補助金」 の公募、、、

そんなこともあり、12月・1月の小規模事業者への支援では、同席される商工会議所等の経営指導員さんも、「今の内に準備 始めましょう!」 と事前の働き掛けをしていました。 ・・・開始から締切までそんなに時間があるわけではないでしょうし、最近は競争も激しくなっていますからね ~ 早いうちに始めておきたいです^^

さて、経営指導員さんにも事業者さんにもよく聞かれるのが、「採択率」 について。 ・・・不採択になる方が多いと聞くので、一体どれくらいの方が採択されるのか、労力に見合ったものなのか、、、そういったことが気になる様子。

そんな時は、逆にこんな質問を投げかけます。 ・・・採択レベルの経営計画書(補助事業計画書) がどの程度のものか知っていますか? そうした計画書を作ることができますか?

まず、不採択になる人のほとんどは、どのレベルで計画書を作れば良いのか分かっていません^^; ・・・だから採択されないんでしょ、、、という穴だらけの計画書、つまり、実行しても成果につながらないであろう計画書、説明不十分で意味不明な計画書 だったりしています。 そうしたことを考えてもらえれば、採択率を知っても何の参考にもなりません。

・・・現に、同じ支援機関でも、地域によって採択率が 9割の某所もあれば 2割なんて某所もあります。 これは、経営指導員が、「どのレベルで計画書を作れば良いのか分かっているかどうか」 「それを的確に指導できるのかどうか」 ・・・の違いなのでしょうね^^;;

これまでも何度か 過去の不採択者を対象にした 「計画書の添削サービス」 を行いましたが、、、「なぜ落ちたのか分からない」 の依頼者の言葉とは裏腹に、資料を一読しただけで不採択の理由が沢山出てきます。 ・・・厳しい言い方をすれば、このレベルで採択されると思っている時点で、どんな計画書を作っても不採択ということになってしまいます^^;;

ですから、まずは、
・ 計画書というものがどのようなものか、
・ どのレベルで調べ、集計・分析し、考察を重ねれば良いのか、
・ どのようにまとめると分かりやすい計画書になるのか、
こうしたことを 「知る」 ということが とても大切になってきます。

早い人は、昨年不採択になった時から、次回の公募のためにと準備を進めています。 本気で採択されたいと思っているならば、既に競争は始まっていますよ^^ノ

※只今、無料添削サービスは行っていません (有料支援として行っています)

2018年1月18日 木曜日

「商圏分析」 セミナー資料完成~♪

深夜、「商圏分析」 のセミナー配布資料が完成しました~♪

中々の大作に自画自賛ですが(笑)、、、それは、一部をかいつまんで伝える内容や、事例や演習を中心に楽しんでもらうという内容ではなく、今回は何といっても 7時間という長時間に渡って 一から十まで学んで机上演習もやってもらおうというフルラインナップの内容!

これまで、3時間、5時間、6時間なんていうセミナーはやっていますが、当然時間不足のため、教えていない内容や表面的に流した項目もチラホラ、、、それが余すところなく伝えられるというのは、教える側としてはとても嬉しいものです^^

今回初めての 「フルラインナップ完全版の商圏分析セミナー」 ~ 私自身とても楽しみでいます♪ ・・・内容はこちら(ご参考まで) ⇒ http://consult-k.jp/sitemap.html

ただ、あれも教えられる これも教えられる、ここは丁寧に教えよう ・・・なんて思いながら資料を作成していったら、想定以上に盛り沢山となっており、、、やはり時間はいくらあっても足りない~ となるかもしれません^^;;

2018年1月17日 水曜日

文章力をつけるには・・・

休み明け 3日連続で支援しましたが、その後に作成した報告書(提案書) の文字数は、大よそ 1日目 6800字、2日目 3600字、3日目 6400字の 計 16800字。 原稿用紙(400字) に換算すると ちょうど 42枚分 ・・・仕事始めの週にしては、中々の執筆枚数でしたね^^;;

よく、経営計画書や創業計画書、あるいは、持続化補助金や ものづくり補助金等の申請書などの作成支援をしている時に、どうやったら上手い文章を書けるのかと聞かれることが多いのですが、、、一つには、こうした報告書の作成など文章を書く機会を作るというのがありますね。

そして、実は、ここを押さえておかないと、どれだけ文章を書いてもあまり上達しないであろうポイントがあるのですが、、、それは、誰かに何度も読まれる、読んだ人に活用してもらう、その文章で自身が評価される  といった認識を持って書くことですね。 ・・・自分だけが見るメモや備忘録、日記のような類のものは、どんな書き方でも 自身が分かれば良いもの、、、そういうものとは違う、読み手の立場に立って書く文章というのは、同じ書くという行為でも似て非なるものといえます。

他には、新聞でも雑誌でもネットニュースでも、何かしら文章を読むときには、上手いなと思う言い回しや文章構成などを見つけたり、逆に、こうした方が良いのになと文章を添削する意識を持って読むようにすること。 ・・・沢山本を読めとも言われますが、単に読むのと そうした意識を持って読むのとでは、文章力のつき方が格段に違ってくると思っています。

文章力は、こうしたことを心掛け、何かしら文章を書くときに実践し、その繰り返しの中で身についていくものかな? と感じています。

経営者は、言葉を発するだけでなく、文章にして周囲に示す、計画書等に落とし込むような機会もあろうかと思いますが、、、文章力は一日にして成らず・・・毎日少しずつ上達できるように取り組んでいただければと思っています^^

2018年1月14日 日曜日

仕事始めから嬉しい楽しい毎日・・・

年末から家で仕事はしていましたが、外に出ての仕事=私の公式の仕事始めは 9日からでした。 久しぶりに 3日連続の支援でしたが、年始から嬉しい楽しい毎日^^

1日目は、強い信念を持って一つずつ事業の形を整えてきた経営者。 これからやりたいことが沢山あり、大きな夢・目標を持って着実に前進する姿がとても頼もしく思える方です。

2日目は、毎回、助言を素直に聞き入れ、すぐに行動に移す経営者。 その行動は、いつも助言プラスアルファのことをされるので、次々と成果に結びつき、毎回お会いするのが楽しみな方です。

3日目は、助言に対する理解力が非常に高い経営者。 質問→助言→ 「・・・ということは、○○○をするのが良いですね」 と、理解を示した上で 助言を踏まえた今後の展開を伝える とてもクレバーな方です。

・・・経営者としての能力は十二分にあるので、後は成果につなげていくだけ、、、今後の事業展開がとても楽しみな事業者さんたちでした^^

こうした方々と面談していると、私も学ぶことが沢山あり、嬉しく楽しくなってしまいます。 ・・・話も尽きず、3日とも想定時間をオーバーしてしまいましたが、、、新年早々 とても有意義な時間を過ごすことができました~感謝♪

2018年1月12日 金曜日

感心した話。

継続的に支援している事業者さんの話です。

「こういうの作れますか?」 との依頼に対し、それを見本にして作ったサンプルだけでなく、「こういうのも作れますよ」 と別のデザインを 4種類 ・・・合わせて 5種類のサンプルを返送したのだそうな。

ご本人としては、凄いことでも珍しいことでもなく 普通のことのようで、、、こうした姿勢は見習わなければ!!

2018年1月10日 水曜日


ヒューミックアパレル・服飾関連の経営支援なら
コンサルティング オフィスK   〒188-0004 東京都西東京市西原町2-6-4-201 tel:090-1705-5502