コンサルティングをしている上でのちょっとした気付きや、講演・セミナー情報を書いています。

事業承継が上手くいかない理由は支援者にあり??

折に触れて思うことなのですが、、、事業者自身はもとより、支援者(士業や支援機関の職員等) の中にも決算書を読めない人が多くいます ・・・ 特に BSがね^^;

日常の経営改善の課題であれば PLだけ見ていれば良いかもしれないけれど、、、その感覚で事業承継の支援に関わろうとする支援者が実は結構います。 そうした支援者は人一倍熱意があることも多く、技量不足なのが分からず熱意だけで支援を進める傾向があるため 非常に厄介だったりします。。。

事業承継の本質は、店や顧客の引継ぎ、収益の確保といった PL視点 や 日常の経営改善の視点ではなく、BSの引継ぎです。

・・・何を言っているのか分からない人は、、、厳しい言い方ですが、事業承継の支援には関わらないことが事業者のためになるかなと思っています。。。

2019年9月20日 金曜日

消費税率引き上げ前に買っておきたいもの・・・

私は 2-3カ月前から、値段が下がったタイミングやポイントセール等を見計らって、チョコチョコと駆け込み購入をしていました。 この 1週間は、ラストスパートで 3万5千円ほど購入し、家で商売できるくらいに商品が山積みとなりました^^;

2%分上がるから余計な出費が!と思っても、冷静に考えれば 100円で 2円しか上がりません、、、だから駆け込み購入する必要はない!というのも正解。 1,000円→20円損ならまだ良いとしても、10,000円→200円損となると意外と痛い、、、積もり積もれば数百円余計に払うのは悔しい!といって駆け込み購入するのも正解。

私は完全に後者ですが、これまで買ったものとこれから買おうとしているものを合わせると、8万円ほど駆け込み購入することに、、、10月以降買うよりも 1,600円安く買えた=ランチ 2回分儲かった感じですね♪ ちなみに、安そうだからと短絡的に買うのではなく、普段から値動きを見ていて 安いタイミングでまとめ買いしているので、10月以降に更に安くなった!といった失敗はほぼないと考えています^^

さて、事業の中で買っておきたいのは、値動きのない資材、原材料、備品類 (※軽減税率が適用されないもの)。 もちろん、今後使う・・・というか、絶対使う!と言えるもののみで、消費期限のあるものは期限内に使い切れる分を計算して、それよりも少な目に購入するのが良いでしょう。

郵便や発送も 9月末までに出せるものは前倒しで出す、電車の回数券なども 期限内に使い切れる分を計算して買っておく ・・・などは 税率が引き上がってから気付くことが多かったりしますね^^;

私自身も悩んでいるのが、10月の出張切符の受取。 ・・・9月中に受け取ると 8%で購入できるけど、万が一にも変更があると解約手数料が高額に、、、ここはリスクヘッジで、10%を承知で 10月に受け取ろうと思っています^^;

・・・そうそう、事務所の蛍光灯が切れかかっていました、、、今月中に多目に補充しておこうと思っています^^

2019年9月17日 火曜日

消費税率の引き上げに対応できていますか?

消費税率の引き上げ実施まで残り 2週間少々と迫ってきました。

途中で実施見送り説が何度も流れたり、政府関係者がそうしたことを匂わせる発言をしたりといった影響もあったとは思いますが、、、準備を進めていない事業者が未だに多いのが実情だったりします。

特に、食料品とその他の商品・サービスであったり、店内飲食提供とテイクアウトが混在する事業者は、、、10月1日からは、レシート等に 8%・10%等の税率別の金額等の記載が必要になることから、レジの対応は必須となります。

また、商品・サービス毎に、税率の違いが分かるように(誤認させないように) 表示・表記する必要があります。

・・・そうした現場対応は瞬間的にできるものではないため、既に 10%表示の価格POP に変更を始めている店も多く、準備を進めている店は着々と進めています。

また、ポイント還元に対応するための ●●Pay等への加盟、機器の準備、操作の練習(アルバイトへの研修)等の準備を進めている店も多くある一方で、何だか分からないからと放置している店も多くあります。

そうしたことに対応できずに困るのは自分だけ、、、特に 10月1日以降は方々で対応に追われることが想定されるため、その時になって準備できていないと声を上げても 誰も手を貸してくれるものではありません。

もう 2週間しかないけれど、見方を変えればまだ 2週間もあります。 10月1日から困ったことにならないよう、今の内にできることをしっかりとやっておきましょう!

2019年9月14日 土曜日

休みでもお金がもらえる人 × そうでない人

台風の影響で、今朝は通常より 30遅れの出勤。 ・・・西武線→メトロでの移動だったため、多少の遅れと混雑はあったものの それほど問題なく移動することができました^^ ただ、仕事場に行くと、2-3時間遅れは当たり前という感じで、やはり JRで移動しなくてはならない人は大変そうでした。。。

さて、こうした時に言われるのが 「無理して出勤しなくて良い」 「休みにすれば良い」 ということ。 特に、今回の報道でよく耳にしたのは、「働き方改革の一環で、こうした日は休みにすれば良い」 という提言や、「もっと休む人が増えればこれほどの混雑にはならない」 といった批判も・・・。

ただ、こうしたことを言う人の多くは、休んでも困らない身分であるということ。

例えば、私でいえば 「休み=稼ぎなし」 だし、遠方の場合のチケットやホテルのキャンセル料は自腹となります。 パートタイムや派遣の雇用契約の場合も同様に 「稼ぎなし」 となります(有休が与えられている人は除く)。 自営業者や経営者は、それで 1日の売上はなくなるし、工場等では納期がタイトになるため翌日は残業=残業手当分経費がかさみ利益が削られることに・・・。

つまり、立場を変えれば、暴風雨の危険な状態だから休みというのは受け入れるとしても、交通機関の混雑で休みというのは冗談じゃない! となるのですよね。

休みでもお金がもらえる・雇用(立場) が守られている人 と そうでない人、、、なぜか未だに正社員の会社員を中心に物事を考えがちですが、そうでない人の立場でも考えていただきたいと思っています。

2019年9月09日 月曜日

計画運休・・・

台風 15号が首都圏を直撃の見込み。 天気予報でそれは知っていましたが、親からの電話で 明朝 JRが動かないことを知りました、、、情報を探している内に、鉄道各社から続々と運休の発表が(・・・足並み揃わないね^^;)

少し前に関西で評価されたからそうするのも分かるけど、やはり発表するタイミングは遅いかな、、、昨日から強い勢力の台風が直撃することは分かっていたはずなのにねぇ。。。

結局は直前になって突然決めるのだから、計画運休が発表されたら店や工場は休みとか 当日 ●時に連絡網で状況報告など、予め対応策を決めて周知しておく方が良いかもしれないですね・・・。

関西で大した影響が出なかったからといっても首都圏ではどうなるか、、、台風の被害も大規模計画運休の影響も少ないことを祈るのみです。

2019年9月08日 日曜日

ギフト・ショー 秋2019 に行ってきました。

この展示会は、日本最大のパーソナルギフトと生活雑貨の国際見本市と謳うだけあって、毎回目新しい商品を発見できるため、開催される週は事前に 1日仕事を空けておき、朝から気合を入れて会場中を歩き回っています^^

・・・しかし、今回は行く前からどうしようかと悩んだのですが、、、そう、東京オリンピック・パラリンピックの会場問題の影響で、これまでのような開催ができなくなったのです。

ギフト・ショー2019秋-1 ギフト・ショー2019秋-2 ギフト・ショー2019秋-3

西展示棟は従来通りですが、大きく使っていた東展示棟は現在閉鎖中。 そこで、会場が新設されましたが、南展示棟は会場図を見る限りでは狭そうだし、青海展示棟とその他の棟の間はバス移動(無料) になるため相当面倒、、、1カ所で全て見られることが大きなメリットなので青海展示棟はちょっとないわなぁ・・・というのが正直な感想でした^^;

当日の私の動きはこんな感じ ・・・ 西展示棟 → 会議棟(セミナー受講) → 西展示棟 → 南展示棟 → (バス移動) → 青海展示棟。 混まない初日だからまだ良かったものの、やはりバス待ちで並んだし、もう 1回西棟見たいなとは思ったけれど また並んでバスで戻ってという気にはならず、青海展示棟の後そのまま帰ってしまいました^^;

そもそもバス移動が面倒で片方しか行っていない人も多いと思うし、分断された影響は大きいのでは?? ・・・予想されていたことですが、東京オリンピック・パラリンピックが終わって正常に戻るまで、出展の是非はきちんと考えた方が良いかなと思っています。

2019年9月05日 木曜日

販促活動をする時に気を付けておきたいこと・・・

週に何度か行く職場近くの飲食店街、、、何軒あるんだろうというくらいに密集している地域なので、新規開拓をしながらランチを楽しんでいます♪

先日、同僚から、出勤途中にもらったのでどうぞとチラシを渡されました。 ・・・以前、ちょっと気になったけど普通の料理ではなかったこともあって、もう何軒か回ってからにしようと思っていた店でしたが、、、チラシに付いているクーポンを見て、これは行くしかない! とその日のランチに行ったのでした。

好みは分かれる味付けでしたが、料理や店の雰囲気、接客レベルは中々良く、特にクーポンでもらえた 「から揚げ」 は手抜きすることなく 通常出しているものだったこともあり満足度は上々、、、おそらく また来るだろうな^^

チラシ作成の手間、印刷代、配るための人件費・・・と、販促費はそれなりに掛かるし、クーポン利用で粗利は減るしで、店の収益は一時は落ちるかもしれませんが、、、再来店してもらえたり、あそこ良かったよと同僚に感想を言ってもらえたりすることで、後々の収益にプラスになるものです。

そうした一連の流れを意識すれば、販促活動を行っている期間は、一切の手抜きが許されない真剣勝負の期間となりますが、、、

意外と多いのが、クーポン使ったので文句は言わないものの再来店はないな と思うような店。 ・・・元々問題があるのは論外ですが、普段は良い店なのに、チラシによって来店が多くなり待たせる、雑な対応をする、クーポン用に小さな料理を出すなんていう店もありますね^^;

特に初めて来店されたお客様は、これからも利用するか?といった視点で 非常に細かい部分まで見ているものですので、、、販促活動をされるときには、そうした評価の目にさらされることも意識していただければと思っています。

2019年9月01日 日曜日

何かのきっかけで変わることも・・・

数年に渡って支援している会社があるのですが、ここでは、経営者だけでなく社員も参加させ、現場の意識改革もしながら支援をしています。

実は一番の問題が、現場リーダーがとっても心もとない^^; ・・・正確には、最初はしっかりしていると思っていたけれど、徐々に粗が見え、目立つようになり、最終的には現場リーダーが社員の足を引っ張るまでに^^;;

本当は能力がないわけではないのだけれど、すぐに手を抜きたがるというのか、物事を甘く考えすぎるというのか、、、正直諦めていた部分もあったのですが、ある日、突然別人のような物言いになった時がありました。 ・・・長期休み明けということもあり、気持ち的にもリフレッシュできたのかな?くらいにしか思っていなかったのですが、次の会議でも同じようにしっかりとした考え方、物言いに♪

・・・それでも、前科というか、以前も少し褒めるとすぐに堕落したことがあったので何も声を掛けずにいたのですが、その次も・・・3回続けばこれは本物^^!

正直、なぜこうも変わったのか分からないのですが、、、人は、何かのきっかけで変わることもありますので、諦めずに育てていくことも大切だと実感したのでした♪

2019年8月28日 水曜日

サイレントクレーマー

先日、ゆうちょ銀行の貯金を全額引き出して他の銀行に預け替えをしました。 本当は解約しても良かったけれど、何かで使うこともあるかと思い口座は残す形に、、、でも、よほど何かがなければ使うことはない残高 0 の休眠口座の誕生です。

そうするに至ったのは窓口の対応の悪さ。 腹立たしい態度が 3度続いたため、もういいやと 大学生の頃から使っていた口座から全額引き上げ。 大口顧客でもないので あちらさんは痛くもかゆくもないけれど、、、1人の不満をもった顧客の背後には、同じ思いの複数の顧客がいるもの。

・・・だから、1人のお客様からの苦情はとてもありがたい声として受け留め 改善するのが近代経営の基本姿勢なのだけれど、、、私のように何も言わずに去ってしまうサイレントクレーマーの声は拾うことができません。

そうやって不満に気付かないでいると、知らず知らず顧客が減っていくという恐ろしい事態につながったりしますね^^;

日本人は表立って苦情を言わないことが多いため、サイレントクレーマーになる確率が非常に高いと言われていますし、、、近年は、原価や販管費削減の動きや景気低迷の社会情勢も相まって 不満を持たれやすい環境にあるため、サイレントクレーマーがより生まれやすくなっています。

そして、表立って苦情を言わなくても、SNSを通じて世間に苦情を発信するケースが非常に増えているため、サイレントクレーマーの動きが経営難に直結することも珍しくない状態となっています。

・・・評価サイトに悪い情報を載せられたけれど、その書き込みを消してもらえずに困っている会社を支援することがありますが、対処するのは難しいのが実情ですので、、、そうならないように、顧客の声が届きやすい環境を作るとともに、不満の種を自らで探して潰すことが必要な時代となっていますね^^

2019年8月25日 日曜日

2019AW は、舵取りが悩ましいシーズンとなります・・・

アパレル業界では、お盆を過ぎれば秋物の立ち上がり ・・・店頭では秋カラーがチラホラ目立つようになってきました。 実際にはまだ暑いし実需には早いですが、顧客や通行客に秋を意識させるためにも必要なことだったりします。

さて、2019AWで意識しないといけないのが、何といっても 10月の消費税率の引き上げ、、、ということで、アパレル業界の関係者にちょっとアドバイス。

9月の実需期のプロパー展開で駆け込み需要を期待するなら、、、新商品の PRだけでなく、8月から展開した夏素材秋カラーをバーゲンに落として目を引き付ける等の価格訴求が必要。 そのためには、今の時期既に秋カラーの展開ができていないといけません。

そうした流れができていないと、9月のプロパー商材を 値引きやポイント還元等で実質バーゲンに落とすことになるため、、、それを踏まえて上代を気持ち高めに設定しておくというのも裏ワザとしてはありか??

また、10月以降は買い控えが起きるため 「販促」 で引き付けることが必要不可欠。 そして、上代は値ごろ感が必要になってくるため、原価やその他経費の低減策も必要不可欠。 そうしたことを踏まえた販促計画、原価設定、利益計画等の策定 と その進捗管理は、2019AW だけでなく 2020SS でも命綱となるでしょう。

特にアパレル業界では、2019AW で上手く立ち回れないと 後の事業展開にも大きな影を落とすことになりますので、、、販売や製造・仕入といった現場仕事だけでなく、経営管理の巧拙が問われる特殊なシーズンとなることにご留意いただければと思います。

2019年8月23日 金曜日


ヒューミックアパレル・服飾関連の経営支援なら
コンサルティング オフィスK   〒188-0004 東京都西東京市西原町2-6-4-201 tel:090-1705-5502