青森のPR③ ~マニアな方向け~

今は昔、江戸と津軽地方を結ぶ道は、仙台から北に続く 「松前道」 と 出羽国 (山形県・秋田県)経由で北に続く 「羽州街道」 がありました。 この2つの道は、油川(青森市)で合流し、函館まで続きます。

さて、こちらは、「羽州街道」 を北上し、出羽国(秋田県)と陸奥国(青森県)の境に位置する 「碇ヶ関」 の関所跡です。 碇ヶ関は、1586年に津軽地方の覇者・津軽為信により設置され、その後300年弱の間、国境の要衝として賑わっていました。 道の駅 「いかりがせき」 では、その関所跡を復元し、その歴史を今に伝えています。

お城巡りを極めた方は、さらにマニアックな 「街道巡り」 をしてみてはいかがでしょうか^^?

 

また、こちらでは、地域の農産物が大変お買い得な価格でお求めできます。 近くの道の駅に比べても値段が少し安かったですよ♪ ちなみに、私は 「道の駅巡り」 が趣味なのです・・・ちょっとマニアックですね(笑)

まだまだ寒いと思っていましたが、「ふきのとう」 が出ていました。 晩御飯は、ふきのとうの天麩羅です~♪


ヒューミックアパレル・服飾関連の経営支援なら
コンサルティング オフィスK   〒188-0004 東京都西東京市西原町2-6-4-201 tel:090-1705-5502