言ってはいけない・・・日本特有の文化?

ドンドン感染者が増えているのに、東京アラートは解除され、解除ステップは進められ、今週末には国内移動制限が解除される見込み。 ・・・全国から多くの人が集まる都心で、ドンドン感染者が増えているのにです^^;

まあそれは良い、それは良いのだけれど、それに対する批判がほぼない。 批判したり、普通そう思うよね? という意見が発せられるのはネットの世界だけで、、、地上波では、批判と思われない程度に現状を伝える、個人として一言感想を言うに留める、別の話題にすり替える・・・そうした対応に とても違和感を覚えています。

実は、支援でたまに見る ワンマン経営者の会社の状況とソックリなのですよね。

普通に考えればおかしなことをやっている、それに対して顧客から苦情がある、売上にも影響が出ている、、、でも、そのやり方に異を唱える人はいません。 それどころか、顧客からの苦情は伏せ、売上低迷の原因として別の理由を挙げる社員も出てくる始末。。。

先日も 「まさにこれ!」 という組織を見てきました。

トップが発案し、現場責任者が推進し、、、その結果、良い面もあったけれど明らかに弊害も出ていたのに、そうした意見を述べたのは 1人だけ。 しかも、その後の会議では、「○○さんだけそうしたことを言っていました」 とやり玉に挙げられる始末。 私には発言権がないため何もできず、悶々と帰路につきヤケ食いすることに^^;

・・・言ってはいけない、、、そうしている内にドンドン事態は悪くなる。 それでも言ってはいけない。。。 そんな中、「言わないと!」 と勇気を振り絞った人はおとしめて沈静を図る、、、それを見た人は絶対に本音は言わないし、またそうしたことがあれば おとしめる側に回る人も出てくる。。。 ・・・これがある種、日本特有の文化なのだろうな と呆れています^^;;

皆さまの所属する・関与する組織は、大丈夫ですか?


ヒューミックアパレル・服飾関連の経営支援なら
コンサルティング オフィスK   〒188-0004 東京都西東京市西原町2-6-4-201 tel:090-1705-5502