小規模事業者持続化補助金のデマ情報・・・

新型コロナでは酷いデマ情報が飛び交っていますが、持続化補助金でも多くのデマ情報が飛び交っていますね。 ・・・最も特徴的なデマは「難しい」ということ。 毎回、毎回、この言葉を聞くたびにため息が出ます^^;

公的な支援機関の支援者がデマを流していたりするので問題だと思っているのですが、、、殊更に 「難しい」 と吹聴し、申請させない方向に持って行く支援者がとても多いです。

それは、採択される申請書(計画書) を作れない・支援できないという支援者のレベルの問題、また、何でも丸投げする事業者を追い返すために口にするという仕方ない理由もあるかなと思っていますが、、、それと、「難しいのに採択された」 と名誉を得たいがために吹聴する人もいるかなぁ。。。

逆に、私のように採択される申請書(計画書) を普通に作れる・支援できる支援者は、「難しい」 とは言わないのが特徴ともいえますね。 (といっても、1日で書類が作れるほど楽なものではありませんし、、、相応に調べ、考え、汗をかく必要がありますので誤解なきよう。)

加えて、不採択になった事業者が、悔しさや恥ずかしさを隠すためか、さらに尾ひれをつけて 「難しい」 「そもそも採択されるものではない」 と吹聴します。 そして、それを耳にしたやる気のない事業者は、持続化補助金を勧められても 「難しいから」 と申請しない理由にします。

・・・こうやって、「難しい」 というデマが本当のことのように流れていますが、、、デマだと知っている人は、そうしたデマに惑わされている人を鼻で笑いながら、自身は粛々と申請し、採択されているのが実態です。

ちょっと厳しいことを言いますが、「難しい」 と口にした瞬間 「負け組」 になり、「そんなに難しいものではない」 と考えた人は 「勝ち組」 になるのが、持続化補助金の特徴ともいえます

7割方の負け組は 「難しい」 というデマに踊らされるだけでなく 自らもデマを吹聴し、その一方で、3割方の勝ち組は、「こんな楽な補助金はない」 と 2回も 3回も採択され、「次は何をテーマにして補助金をもらおうか」 と毎回活き活きした顔で取り組まれます。

ちなみに、どうすれば採択されるか知っている人は、最低でも 2回は採択されます( 3回目からは工夫が必要ですが)。 ・・・難しいというデマに惑わされずに、皆さまにも勝ち組グループに入っていただきたいと思っていますので、申請をお考えの際はぜひご相談ください^^ノ

~ 右横下段 【17-持続化補助金・経営革新計画等】 もご参照ください ~


ヒューミックアパレル・服飾関連の経営支援なら
コンサルティング オフィスK   〒188-0004 東京都西東京市西原町2-6-4-201 tel:090-1705-5502