復旧?復興?・・・考え方を理解しておきましょう。

10月の台風19号被害で、様々な支援メニューが出ています。 ・・・その中で、私が支援で関わっているのが、小規模事業者持続化補助金とグループ補助金。

例えば、浸水被害で設備が壊れてしまった、、、何か補助はでるのか? と思ったときに、まず思い浮かぶ代表的な補助金です。

例えば、冷蔵設備が壊れたので新しく買う!・・・もちろんこれらの補助金を使うことができます。 但し、とても重要な注意点があります、、、それは、どのような冷蔵設備を買うかということ。

端的にいえば、小規模事業者持続化補助金では何でも良いですが、グループ補助金は機能・性能が同程度の冷蔵設備にしなくてはならないということ。

なんで?と思われる方は、次の 2つの違いを理解しておく必要があります。

それは、復旧=被災以前の状態に戻すこと。 復興=被災以前よりも良い状態にすること。 例えば、せっかく買うので性能の良い設備にする、前のは小さくて使いにくかったので大きい設備にする ・・・というのは、「復興」 の意味合いが含まれたものになりますね。

基本的な考え方としては、被災した事業者への支援 = 復旧のための補助金 となりますが、、、小規模事業者持続化補助金は、「復興」 も含めて使い勝手を良くした例外的な補助金 と考えた方が良いかもしれませんね。

申請期間はそれほど長くはありませんので、該当される方はお早目に申請準備を進めてくださいね。


ヒューミックアパレル・服飾関連の経営支援なら
コンサルティング オフィスK   〒188-0004 東京都西東京市西原町2-6-4-201 tel:090-1705-5502