休みでもお金がもらえる人 × そうでない人

台風の影響で、今朝は通常より 30遅れの出勤。 ・・・西武線→メトロでの移動だったため、多少の遅れと混雑はあったものの それほど問題なく移動することができました^^ ただ、仕事場に行くと、2-3時間遅れは当たり前という感じで、やはり JRで移動しなくてはならない人は大変そうでした。。。

さて、こうした時に言われるのが 「無理して出勤しなくて良い」 「休みにすれば良い」 ということ。 特に、今回の報道でよく耳にしたのは、「働き方改革の一環で、こうした日は休みにすれば良い」 という提言や、「もっと休む人が増えればこれほどの混雑にはならない」 といった批判も・・・。

ただ、こうしたことを言う人の多くは、休んでも困らない身分であるということ。

例えば、私でいえば 「休み=稼ぎなし」 だし、遠方の場合のチケットやホテルのキャンセル料は自腹となります。 パートタイムや派遣の雇用契約の場合も同様に 「稼ぎなし」 となります(有休が与えられている人は除く)。 自営業者や経営者は、それで 1日の売上はなくなるし、工場等では納期がタイトになるため翌日は残業=残業手当分経費がかさみ利益が削られることに・・・。

つまり、立場を変えれば、暴風雨の危険な状態だから休みというのは受け入れるとしても、交通機関の混雑で休みというのは冗談じゃない! となるのですよね。

休みでもお金がもらえる・雇用(立場) が守られている人 と そうでない人、、、なぜか未だに正社員の会社員を中心に物事を考えがちですが、そうでない人の立場でも考えていただきたいと思っています。


ヒューミックアパレル・服飾関連の経営支援なら
コンサルティング オフィスK   〒188-0004 東京都西東京市西原町2-6-4-201 tel:090-1705-5502