区切りを付けていますか?

今日は6月30日・・・平成24年・2012年の半分が経過しました。 ニュースでは 「早いもので・・・」 などとコメントをしていましたが、そういえば私自身 「1年の半分」 を意識したのは初めてかもしれません。

仕事の中では、年の初め(1月1日)、年度の初め(4月1日)、期の初め(会社の決算)など いくつか大きな区切りとなる日がありますが、アパレル業界に特有なもので 「シーズン」 という区切りがあります。

シーズンは大きく春夏と秋冬に分かれていて、春夏を 「SS(エスエス)」、秋冬を 「AW(エーダブ)」 と呼びます。 それに年を付けて  「12SS」 などという言い方をします。 今はちょうど12SSの中でも盛夏モノの実売期であり、12AWの企画・生産が既にスタートしている時期にあたります。 また、企業によっては、12SSのデータを分析して 一部13SSの企画を進めていたりもしています。

このように、一応 区切りと言えば区切りなのですが、今のシーズンが終わる前に新しいシーズンを並行して始めてしまうため、あまり区切りとなっていないのが実情ですね(苦笑)

そして、業態にもよりますが、 1年を 「週」 で管理する企業も多くあります。 そのような環境にいると、時間の経過はほぼ 「週」 と 「シーズン」 だけで良く、「今は何月だっけ?」 などと一瞬記憶喪失になってしまうことも珍しくありません。

例えば、「納期は26週の土曜日」 などと把握すれば良いため、何月何日という概念は必要なくなってしまうのです(・・・必要ないというのは極端かもしれませんが)。

アパレル業界は、仕事にのめりこみ過ぎると、エンドレスに続く時間の中で ややもすると自分の立ち位置を見失ってしまう危険のある業界ですので(・・・意外と病んでしまうことが多い業界なのです)、自分なりの時間感覚で 「区切り」 をつけて、プチリセットをしながら仕事に取り組んでいただきたいと思っています。


ヒューミックアパレル・服飾関連の経営支援なら
コンサルティング オフィスK   〒188-0004 東京都西東京市西原町2-6-4-201 tel:090-1705-5502