魔法のコトバ ・・・ ネガティブワード編

「どうでもいい」 ・・・何かネガティブな、諦めた感じがする好きではない言葉なので 普段使うことはありませんが、意外と役に立つ魔法の言葉。 ・・・どんな時にこの言葉を使うかというと、、、

実は、今日、信頼していた人から、結構酷いことをされていた・・・ということが分かったのですが、、、具体的には言わないでおきますが、恩を仇で返されたとか 不義理を働かれたとか・・・というような感じのこと><;

それを知って哀しいというかショックというか、、、嫌な気持ちが溢れて、闇の精霊を呼び出してドロドロの液体に包まれそうになるところを冷静に考えてみると、恩を仇で返す人・不義理を働く人のために、なぜ自分がそんなドロドロな感じにならなければならないのか!? ・・・そんな 「どうでもいい人」 のために思い悩むことは 1ミリもなく、、、そう、「どうでもいい人」 がした行為は本当に 「どうでもいいこと」。 「どうでもいいこと」 はさっさと忘れてしまうに限ります♪

こんな風に、どうでもいい人認定、どうでもいいこと認定すると、まるでパソコンのデータを削除するがごとく、存在そのものが頭の中から消えてしまいます。

似たようなネガティブな言葉では 「仕方がない」 、、、悔しいことがあり、自分ではどうすることもできなかった時、どうにも心の中から悔しさが離れない時などに使っていますね。

・・・「どうでもいい」 「仕方がない」 に共通するのは、「執着しない」 ということかな? 自分でも知らず知らず、執着させないよう気持ちに働きかけることで、嫌なことから解放させようとしているのでしょうね。

皆さまには、自分の気持ちをコントロールする時に使う言葉はありますか^^?


ヒューミックアパレル・服飾関連の経営支援なら
コンサルティング オフィスK   〒188-0004 東京都西東京市西原町2-6-4-201 tel:090-1705-5502