他人事では済まない世界的な出来事・・・

本日未明、英国議会で、EU(欧州連合) 離脱合意案が反対多数(賛成202/反対432) で否決されました。 既に離脱の手続きに入っており、このまま離脱合意案がまとまらなくても 英国時間 3月29日23時には自動的に離脱されることになるため、、、この期に及んで何やってるの?・・・と、冷めた目で見てしまいます^^;

事の始まりは 2016年6月23日、国民投票で EU離脱が決まったこと。 国民が決めたことなのになぜ未だに揉めているのかというと、離脱支持 51.9%/残留支持 48.1%という僅差の結果、加えて、離脱反対にも関わらず投票しなかった若者層が多いと見られていたり(全体の投票率 71.8%)、今になって離脱の弊害がクローズアップされたり、、、それは話が進まないよね・・・と、乾いた目で見てしまいます^^;

さて、今の我が国の景気(※回復している・景気が良いとの風潮や政府発表) は、良好な世界経済や株高によるところが大きいため(※実際には 既に鈍化していますが)、英国・EUの動向によっては大きな影響を受けることになります、、、3-4月は また世界的な株価の乱高下が起きるだろうな・・・と今から憂鬱です。。。

そして、混乱が生じれば(既に混乱していますが・苦笑) また円高が進むことになり、多くの輸出企業の業績は下方修正、、、つまり、企業業績という目に見える形で景気悪化が示されることになります。 さらに、その頃には 消費税率引き上げもチラつき、消費意欲の減退傾向は加速することになります。

すると、モノは売れない・モノを作る必要がない・・・と、多くの企業の業績が悪化することになります。 しかも、既に賃上げに動いている企業が多いため、売上減少による業績悪化以上に大きなダメージを負うことになります。 それを防ぐために、大手は下請けに今まで以上の値下げ交渉(という名の一方的な値下げ通達) を行うことに・・・。

(そうならないことを願うばかりですが・・・)

「EU離脱って何?」 と 他人事に思っている人も多いと思いますが、「私の会社に関係ない!」 と 言える人はどれくらいいるのか、、、実はそれくらい大きな影響を与える出来事だと 私は思っています。。。


ヒューミックアパレル・服飾関連の経営支援なら
コンサルティング オフィスK   〒188-0004 東京都西東京市西原町2-6-4-201 tel:090-1705-5502