便利なキーワードが 本質から目を背けさせる・・・ (前編)

『便利なキーワード』 というのは非常に怖いもので、そのキーワードを発すれば皆が理解したような気になるけれど、本当の所は理解できていない、思考停止に陥らせるものだったりもします。

「業績不振の原因は?」 と聞かれて、定番なのが 「天候」 を挙げること ・・・ 猛暑だった、雨が多かった、台風が来た、暖冬だった、、、アパレル業界では呆れるくらい定番の便利なキーワードです(笑)  そんなことを言う事業者に、「去年も暖冬だったでしょ?」 とか 「今年は寒かったのに売れてないのはなんで?」 なんて言うとフリーズします^^;

少し前は、どの業種でも 皆がこぞって 「景気が悪いから」 と言っていた頃もありましたね。 そんなことを言う事業者に、「いつまで景気のせいにしてるの?」 と言ったり、「工夫しながら頑張っている事業者の事例」 を話すとフリーズします^^;;

「天候」 も 「景気」 も業績不振の原因とはなり得るのだけれど、、、そうした便利なキーワードを口にする事業者は、それが最大の原因なのか、工夫の余地もないことなのか、他に原因はないのか・・・なんてことを考えることはしない、だから、ますます業績不振に拍車が掛かるのだろうと感じています。

(つづく)


ヒューミックアパレル・服飾関連の経営支援なら
コンサルティング オフィスK   〒188-0004 東京都西東京市西原町2-6-4-201 tel:090-1705-5502