トンネル。

今日は、川端康成の小説 「雪国」 が発行された日とのこと (1937年6月12日) 。

作者や内容は知らなくても、「国境の長いトンネルを抜けると雪国であった」 で始まる冒頭の一文は、多くの人に知られていますね^^

さて、思うに、私はまだ長いトンネルの最中、、、随分と月日は経ったけれど、中々抜け出せずにいるのが正直なところ。 それでも前に進まないと、トンネルは抜けられないですねぇ^^;;

皆さまは、長いトンネルにはまった時、どうしていますか?


ヒューミックアパレル・服飾関連の経営支援なら
コンサルティング オフィスK   〒188-0004 東京都西東京市西原町2-6-4-201 tel:090-1705-5502