新人教育に失敗すると・・・

4月も 2週目に入り、新入さんが入社された会社では、そろそろ仕事をさせながら学ばせる時期に入るでしょうか。

新人さんは、基本的には社会の常識がないので、仕事だけでなくそうしたこともきちんと身に付けさせる必要もありますが、、、、パワハラだなんだと騒がしい昨今、新人教育に及び腰な会社も多いように感じます。 ただ、ここできちんと教育しておかないと、後々大きな爆弾を抱えることにもつながりかねません。

以前支援した会社はこんな状況でした。 「新人なので大切にしなさい!」 との社長命令・・・それくらいは良かったのですが、そのうち、「新人に厳しいことは一切言うな!」 との厳命が・・・。 その結果、挨拶はしない、遅刻は日常、ミスしても周囲に迷惑かけても平気、お客様に逆ギレ、、、優しく大切に扱われて半年もすれば立派なモンスター誕生です(苦笑)

その間、先輩達は苦々しく思いながらも注意すらできないどころか、、、ミスをカバーしつつ、笑いながら 「次は気を付けようね」 と励まさなければならない状況に嫌気がさし、モチベーションは低下するは、優秀な社員は次々と退職していくは・・・。

その内、そんな状況ではやっていけないとなると、そのモンスターは次々と辞めていく、、、第2新卒なんて便利な言葉もあるので、1年経つ前に転職活動 ・・・そうした頭の回転は抜群だったりしますね(笑)

その結果、人手が足りなくなるので 更に多くの新人さんを補充、、、社長の教育方針が改まらないので、次の年もまた同じことの繰り返し・・・。 年々組織が疲弊していきます。

厳しさのない優しさは甘やかしていることと同じ。 誰かを甘やかせば周囲のモチベーションは下がり、結果、組織崩壊につながる、、、この支援を通じて実感したことを思い出しました。

皆さんの会社はこうならないよう お気を付けくださいませ^^;


ヒューミックアパレル・服飾関連の経営支援なら
コンサルティング オフィスK   〒188-0004 東京都西東京市西原町2-6-4-201 tel:090-1705-5502