新嘗祭(にいなめさい) の意味、知っていましたか?

11月23日は、新嘗祭(にいなめさい)。

新嘗祭とは、稲の収穫を祝い、翌年の豊穣を祈願する古くからの祭儀のこと。 天皇が新穀を天神、地祇(地の神) にすすめ、その恩恵を謝し、また、自らも食します。 宮中のほか、伊勢神宮や出雲大社でも行います。 (ブリタニカ国際大百科事典より)

平たくいえば、「新米」 を神様に捧げて収穫を感謝する日、、、ということは・・・。 しまった! 神様に捧げる前に 「新米」 を食べてしまった!!

毎年、「新米」 の収穫も 「新嘗祭」 も 各局必ず報道しますが、「11月23日まで新米を食べてはいけません」 なんて言いませんからね、、、きっと、私と同じように、知らずに食べていた人も多いことでしょう^^;;

ボジョレーヌーボーみたいに 「お米ヌーボー」 なんて日があれば、もっとお米が注目されて 流通が増えるかも?? そうした業界全体の取り組みでなくても、、、お総菜屋さんや飲食店などで、「新嘗祭」 の打ち出しで 普段使わないような 「新米」 や 「その他穀物」 を提供するなど、販売促進につなげられるのではないでしょうか^^?

今日は、神様よりも先に 「新米」 を食べていたことをお詫びしつつ、感謝しながらごはんを食べます♪

ゆめぴりかH29新米 (北海道秩父別町産ゆめぴりか H29年新米)

~ 只今、毎日ブログ更新中です ~


ヒューミックアパレル・服飾関連の経営支援なら
コンサルティング オフィスK   〒188-0004 東京都西東京市西原町2-6-4-201 tel:090-1705-5502