2022年3月の記事



東京の桜2022 ~ 新宿 ~

2022年3月30日 水曜日

都庁裏の新宿中央公園は、既に桜吹雪。 近くの常泉院の枝垂れがちょうど満開でした♪

新宿の桜2022-1 新宿の桜2022-2


東京の桜2022 ~ 西東京市 ~

2022年3月30日 水曜日

今年は、急激に気温が上昇し、あっという間に満開。

自分の予定と天気予報と開花具合を考えると、青空で桜を見ることはできないかな、、、と思っていると、急に光が差し込んできたので、出かける前に 大慌てで写真を撮ってきました♪

西東京桜2022


セゾンカード提携終了・・・

2022年3月26日 土曜日

永久不滅ポイントで有名なセゾンカード。 私が住む地域では、スーパーの西友があちらこちらにあるのですが、西友では特典が受けられます。

各種ある中でも 「ウォルマートセゾンカード」 は、毎日 3%引き、土曜に月 2回ほど設定される感謝デーは 5%引きで買物できたため、利用者に衝撃が走っています。

私は、西友はメイン使いではなかったものの、駅前なので たまに帰りに寄ったり、特にここで売っているパスタが大好きなので、感謝デーに大量購入していました。

・・・それが、3/31で提携サービスが終了、、、今日は最後の感謝デーだったので、お気に入りのパスタ 8kg分 買ってきました。 ちなみに、提携終了を知ってから少しずつ備蓄し、只今 32kgほど在庫があります(笑)

販促費負担というより、株主構成の変化が影響したのでしょうが、提携終了はあまりの衝撃。 長年利用してきた固定客はどれくらい減るか、、、個人的には、結構影響が大きいと思っています。

・・・だって、カードを利用している固定客からすると、4/1から実質 3%値上げ、、、この値上げラッシュの中では、家計への影響は大きいですよね。

今後は、楽天との提携サービスが始まるらしいですが、おそらく私は、パスタの在庫がなくなるまでは西友に行かないかな、、、さて、他の固定客の方々はどうされるでしょうか???


円安進行中・・・

2022年3月25日 金曜日

原油高、原材料高(侵略戦争を起因とした更なる高騰) に続き、なんと円安! みるみるうちに円安が進行し、122円台まできました。 ・・・あまり騒ぎになっていないのは、苦境を煽ると批判も出るし景気に影響するしで、報道も控え気味なのでしょうかね??

ただ、海外製品や原材料を、利用されている方は、為替の動きは気に掛けておかなければなりませんね。

そんな話をすると、仕入先は国内生産だから為替は関係ないと言われた方がいましたが、、、その国内生産する製品の原材料を海外から仕入れていると、原価が上がることになり、その分、仕入単価上乗せを要請される可能性がありますよね。

大きく取引しているところでは、円安前に仕入れた在庫もあるし 為替予約もしているため、ダイレクトに価格に反映することはないと思いますが、数カ月続くと影響は出てきてしまいます。

その一方で、円安は悪いことだけではなく、例えば、世界的にコロナが落ち着いていれば、円安はインバウンド獲得の大チャンスにもなります。 ・・・個人的には、20年来塩漬けになっていた 125円台で買ったドルを処分するチャンスなので、目が離せません(笑)


東北の経済、直撃・・・

2022年3月21日 月曜日

3/16夜の地震で脱線した東北新幹線。 ・・・大惨事とならず幸いとはいうものの、春の人が動く時期の運休は、コロナ同様、多くの人に影響が出てしまいますね。

ひとまず、昨日から脱線した車両を線路に戻す作業に着手したとのことですが、戻すだけで 2週間程かかり、その後の損傷した電柱・高架橋等の復旧作業を考えると、「当面の復旧は難しい」 「復旧には相当程度の時間を要する」 といった今後の見通しさえも立てられない状況。

臨時便のダイヤが本日までのため、それ以降のダイヤや今後の見通しは本日発表されるでしょうが、、、復旧作業に入ってまた見通しも変更されると思いますので、東北方面の移動の予定は中々立てられない状況が続くのかなと思っています。

個人的には、昨年は青森の仕事もあり、5-6回青森に行きましたので、そのタイミングなら、仕事は飛ぶし帰省もできないしで 相当気をもむことになったろうなと、、、今は特段の移動予定はありませんが、故郷への経路が寸断されているのは、気持ちの面でザワザワするものがあります。

まん延防止等重点措置が解除となり、春の行楽シーズンを迎える矢先の出来事ですので、東北経済への影響が心配されます。 ・・・個人的にできることはありませんが、ひとまず、ふるさと納税をしたのでした。

 
【続報】 全線運転再開は、4/20前後を目指すとのことです。


原価高騰・・・対策できていますか?

2022年3月18日 金曜日

まん延防止等重点措置がようやく解除されますね。

まあ、コロナが終息しない限り、特に行動を変えるつもりはないし、私自身そこまで影響あるわけではないのですが、、、オミクロン株の蔓延で延期されていた案件が、3件立て続けに再開決定されたのは嬉しいです。

今回の波は、以前に比べれば重症化する割合が少ないこと、春めいてきたことで気持ちも明るくなっていることなどから、まん延防止の解除によって、ある程度活発な消費行動につながるかなと期待しています。

その一方で、原材料やエネルギー(電気・石油等)の高騰により、価格を考えて商品・サービスを提供しないと、多売は見込めない商品環境の中では 「薄利小売」 となり、経営的に難しい状況となる懸念もあります。

そこで、やっていただきたいこととして、、、まずは商品・サービスごとの利益率、合計の利益率を把握し、どの商品・サービスが利益を出せるのか(出せないのか) を把握する。

そして、価格弾力性(消費者・取引先が反応する価格) を意識して、どれくらいまでなら値上げしても購入してもらえるかを考え、値上げする。

また、在庫リスクの少ないものはまとめて購入することで仕入を抑える、あるいは、仕入を抑えるべく代替品を探す。 さらに、特に補助金が活用できる設備については、早めに省エネ設備や省人力設備に入れ替える。

・・・などなど、できることはいくつかあるはずですので、対策を考えながら、需要と供給の両面で苦しいこの時期を 乗り切っていただければと思っています。


確定申告最終日・・・

2022年3月15日 火曜日

この数日、大変バタつきながら、最終日に申告完了しました。 皆さまは、確定申告を終えていますか?

「実はまだ・・・」 という方には、今回は、期限延長のための措置もあるのですが、本来はその要件に合致しない方もこれを使う = 嘘をついて使う人は多いだろうな、、、ですから、ここではあえてお伝えしませんが、ネットで検索するとすぐ出てきますので、ご自身の責任の下で参考にしていただければと思います。

さて、期限までに確定申告しなかった場合、どういったことになるかを考えてみます。

前提として、期限後の申告自体は認められています。 「期限を過ぎたから申告しなかった」 と堂々と言われる事業者もいますが、それは大間違い。 ・・・申告すべき内容がある場合、申告は義務であり、期限を過ぎてもその義務はなくなりません。 忘れていたり、事情があって間に合わなかったりあると思いますが、後々問題とならないよう、気が付いたらできるだけ早めに申告するようオススメします。

ただ、期限後申告には、相応にペナルティが課されます。

まずは、期限までに申告しなかったことに対して、「無申告加算税」 が課されます。 ・・・金額は、納付すべき税額に対し、50万円までは 15%、50万円を超える部分は 20% を乗じて計算されます。 ただ、申告期限後の 1カ月以内に自主的に申告する場合(←その他にも要件あり) は 「無申告加算税」 が課されない、税務調査の前に自主的に期限後申告した場合は 5%ほど軽減される等の救済措置もあります。

次に、納めるべき税金がある場合には、「延滞税」 も課されます。 ・・・金額は、無申告の状況により計算が異なるためはっきりといえませんので、知りたい場合は、税理士や税務署等に相談していただくことになります。

さらに、無申告の内容が悪質だと判断された場合には、「重加算税」 が課されます。 ・・・単に面倒で期限に間に合わなかったとか、昨年申告しそびれて 2年分申告した等には当てはまらないと思いますが、「重加算税」 を課されるような場合は、他にも諸々問題が出てくるため、税理士や弁護士に相談しながら対処していくことになろうかと思います。

税務署とは、経理処理に対する見解の相違などは出てくると思いますが、こと無申告に関しては、税務署の見解はほぼ間違いなく正しい! となりますので、、、「加算税」 や 「延滞税」 が膨らんで対処できなくならないように、今、無申告状態の方は、とにかく早く申告していただきたいと思っています。


「食」 の展示会、大盛況!

2022年3月10日 木曜日

毎年 2月になると行きたい展示会が目白押し。 年度末も迫るため、支援機関経由の案件と展示会視察の日程調整で大わらわとなります^^;

ちなみに、私の専門業界は 【アパレル関連】 ですが、得意な支援メニューとして 【新商品開発】 なども掲げているため、、、実は、洋菓子店・パン屋・飲食店など、「食」 にまつわる業界の支援案件も多かったりしています。

ということで、今回は、「食」 の三大展示会をご紹介します。

まずは、2月中旬の 「 HCJ (ホテル・レストランショー、ケータリングショー、厨房設備展等)」、「 SMTS (スーパーマーケット・トレードショー)」、 そして、3月上旬の 「 FOODEX (国際食品・飲料展)」。 ・・・特に、SMTS、FOODEX は毎年楽しみにしていて、会期中、私は複数日訪れています。

食の展示会2022

コロナ禍の展示会・・・特に、試食・試飲を伴う飲食業界の展示会は中々厳しいものがありますが、今年は随分と復調し、大賑わいとなっていました!
(※ FOODEX の海外エリアのみ、オミクロン蔓延中の渡航制限により、残念ながら縮小開催となってしまいました)

特に、近年のトレンドワード 「フードテック」 や 「ロボット化」 など、業界の常識を変える新たな動きも出てきており、全国には 「コロナ禍で縮こまっている場合ではない!」 といった元気な事業者が沢山いらっしゃいました♪♪


カントリーリスクを意識していますか?

2022年3月09日 水曜日

【カントリーリスク】 投資する国や地域の政治・経済・社会情勢等の変化によるリスク(特にマイナスの影響) のこと。

何か大きな概念の言葉のため、小規模な事業を営む立場ではあまり関係ないと思う方も多いのですが、、、単純な話で、海外産の原材料や製品を利用される方は、常にカントリーリスクを背負っていることになります。

直近では、ロシアのウクライナへの侵攻・・・ロシアやウクライナと取引がある方は、喫緊の大きな決断を迫られていると思います。 当事国でなくても、欧州からの空輸では、ロシア上空を飛行できなくなることで納期見通しが立たなくなるなどの影響を受けることが予想されますね。

また、コロナ禍、ロックダウン地域から輸入していた場合、現地での感染状況によって調達が滞り、思うような事業展開ができない方も多かったと思います。

・・・このように、海外との取引がある時点で、大なり小なりカントリーリスクを背負っていることは意識しておきたいところ、、、日頃から、関係国や周辺情報は気に掛けておきたいですね。

さて、今日は韓国の大統領選挙の投票日。 ・・・どちらが大統領になるか、また、その勝ち方によって、日本への対応に変化が出ることでしょう。

更なる反日路線となるか解消に向かうか、、、韓国での商売や韓国企業と取引している方にとっては、選挙結果次第で 事業展開の変更を余儀なくされる恐れもありますので、今のうちに今後の方針(対応) を検討しておかれることをお勧めします。


新型コロナ、、、まんえん防止措置延長決定・・・

2022年3月04日 金曜日

3/6期限で出された 「まん延防止等重点措置」 が、18都道府県は 3/21まで延長されることになりました。 ・・・私の住む東京都はもちろん延長です(苦笑)

私への影響は、3/7に日程調整して訪問する予定が 4件も再延期に、、、あーあ、という感じ。 正直なところ、オミクロン蔓延時から延期にしているため、これだけ延び延びになると何の用件で訪問するんだっけ? という案件も。。。 いくつかは中止となるでしょうが、飲食店と違って何の補償もありません^^;

まあ、それでも私の損失は限定的ですが、「3/6まで!」 と思って協力してきた飲食店、イベント関係者、卒業旅行など今しかできないことをしようとしていた人たち、解除されたらやっと会えると思っていた施設入居者のいる家族…等々、「延長」 は、挙げればキリがないくらい大きな影響を与えています。

今回もまた 「いつか来た道」 ですが、3/21も解除にならないでしょう。

病院のひっ迫度合いで延長は仕方ないとしても、卒業式など交流が増える恐れ・・・といった 「●●の恐れのため」 といった不確定要素での私権制限は本当にやめて欲しい、、、花見の恐れ、歓迎会の恐れ、行楽の恐れ・・・3月・4月こそ私権制限したいことでしょうね。。。

・・・そうした状況が予見できるし、いい加減付き合ってはいられないので、自分基準で動く人が増加、、、すると、またリバウンドだ、ワクチン接種が進まないだ、そういったお偉いさんのコメントが増えることでしょう。

・・・個人的には、一人一人が、一店一店がきちんと対策すれば、もはや政府・自治体の要請は無視で良いと思っています。 ただ、この 「きちんと」 の基準が人によって異なり、緩い人が結構な割合でいることが 私権制限につながっている、、、真面目にやっている人ほど割を食うことになるのだろうと諦めています。