2021年10月の記事



結論が出せない人の特徴・・・ (後編)

2021年10月31日 日曜日

(つづき)

約 16年に渡り、職責として結論を出すことを求められる 多くの経営者・事業者・幹部社員を見てきた感想として、結論が出せない人の特徴は、、、

① ものごとを分けて考えることができない(=選択肢を見出すことができない)、② 優先順位が分からない(=自分にとって・この状況下で、何を優先するべきか考えられない)、③ 一か十か・白か黒かでしか判断できない(=複雑な物事を処理できない)、④ 自分が何とかしなければといった責任感が薄い(=決断できない)、⑤ 楽観的にしか物事を考えられない(=先々を見通すことができない・リスク管理ができない)

・・・これらの中で、複数該当しているかなと感じています。

また、結論を先延ばしすることで上手くいくこともありますが、先延ばしする前には、この結論を先延ばししても問題ないのか、判断する(結論を出す) ことが求められますね。

くれぐれも、結論が出せずに先延ばしするのではなく、今は結論を出さない方が良いと判断した上で先延ばししたいものです。

(おわり)


結論が出せない人の特徴・・・ (前編)

2021年10月30日 土曜日

支援をしていると、行動に移せない事業者(経営者・幹部クラス) を結構目にします。 ちょうど、選挙で投票するかのインタビューで若者が答えていた(→ネットでもよく目にする) ことと共通することがあったので、ご紹介します。

その若者曰く、自民党はダメ(→具体的に的確に指摘)、だから与党には投票しない、でも、野党も頼りない(→漠然としたイメージやステレオタイプ的な指摘) から任せられない。 だから、自分は投票には行かない とのこと。

さも正しいことを言っているようだけれど、結局は、投票しない自分を正当化しているに過ぎず、評論家を気取っているだけ・・・というのが客観的な感想です。

この取引条件はあまりに酷い!もう無理!・・・と言いながら、今の時代に新規開拓も無理と、取引先の条件通りに仕事を受け続け、どんどん会社を疲弊させる経営者、、、本質的には、投票に行かないことを正当化する若者と一緒です。

生き残るには、交渉して実情に合った取引条件に変えるか、今までの条件でも経営が成り立つよう会社の仕組みを変えるか、新しい取引先を開拓するか・・・方向性はおおよそこのどれかですが、、、どれも選ばないのは、白馬の王子様が現れるのをいつまでも待っているのと同じ状況でしょうか。

(つづく)


転ばぬ先の杖を活かせる人はごく少数・・・

2021年10月26日 火曜日

支援をしていて、転ばぬ先の杖・・・といった助言をすることがあります。 ただ、多くの場合、実行されることはなく、聞く耳をもたれないことも多いというのが実情です。。。

転ばぬ先・・・ですから、現状では転んでいない、というより、転ぶ心配もないような元気な状態。 でも、それは 本人に自覚がないだけで、こちらから見れば大きな問題を抱えていることが見えており、いつ問題が表面化してもおかしくない状態。

だから、転ばぬ先に助言するのですが、、、特に客観的に物事を考えられない人、自信過剰な人、悪い指摘を嫌がる人等には、全く受け入れられません。

そうこうしている内に問題が表面化すると、慌てて助言を求められたりもするのですが、、、ほとんどの場合は 「時すでに遅し」 の状態でしょうか。。。

「あの時なら回避できる手立てはいくらでもあったのに」 「だから言ったでしょう」・・・との言葉は飲み込みますが 本音はね、、、長年この仕事をしていて、転ばぬ先の杖を上手く活かせる人は 非常に少ないかなと感じています。

そんな中、最近、転ばぬ先の杖に真剣に耳を傾けて、対策に動き出した事業者さんに出会えることができました ~ そうした方には、精一杯助言させていただきます♪


マスメディアの思惑を理解した上で見る・・・

2021年10月25日 月曜日

この土日の山手線の運休。 私も利用する予定がありましたが、経路を調べて時間に余裕を持って動いたので、問題なく移動できました。

・・・と思ってテレビを見ると、山手線が使えないことで、こんなにも困った人がいる!といった情報番組の特集を目にしました。。。

はっきりいえば、随分と前からアナウンスをしており、JR以外の鉄道各社でも数日前から掲示や呼びかけを繰り返し、ネットニュースにも何度も注意喚起が取り上げられている状況では、知らない人の方がおかしいと言っても差し支えないでしょう。

実際に、報道番組に登場するのは、10代~30代前半の若者と呼ばれる人たちばかりで、飲んだ帰りに終電を逃した・寝過ごしたけど山手線が動いていないので戻れないなど、自業自得ともいえる状況ばかり。

でも、こうした番組に感化されると、山手線が動かなくて大変だったみたいだね! 首都圏は大混乱だったね! と思う人が必ず出てくる。。。(→私の親がそうでした・苦笑)

コロナ禍もそうでしたが、テレビもネットも、何かセンセーショナルに取り上げたり、意図した誘導目的で作られるものが多いため、、、彼らの思惑を理解した上で見る必要がある、また、特に若い人たちには、そうした教育が大切である・・・と感じています。


知識を得るなら・・・

2021年10月21日 木曜日

9月から展示会やセミナーが目白押し、、、2カ月で 展示会に 4日、セミナーに 8日も費やしました。

特にセミナーは、WEB開催が盛に行われており、普通なら聴講できない 台湾デジタル担当大臣 オードリー・タン氏の講演なども聴講できました♪

普段、私が知識を得るのは、広く情報を得るならテレビ、深く情報を得るならネット・・・が多いですが、その両面で活用できるのがセミナーだと思っています。

私は、興味はあるけどよく分からない・・・といったテーマのセミナーを好んで聴講していますが、、、EC、AI、DXなどを山のように聴講したおかげで、まあまあ詳しくなりましたね。

他には、体系的に知識を得るなら書籍ですが、これは中々時間が取れず、、、買う時にパラパラ読んだだけの書籍が山積みになっています^^;


基準は平時ではなく・・・

2021年10月17日 日曜日

支援をしていて、「できている」 「問題ない」 といった声をよく耳にしますが、、、本当に問題ないのは極々少数だったりしますね。

そうした時の掘り下げ方として私がよく聞いているのは、通常期や閑散期と繁忙期の状況の違い。 ・・・すると、通常期や閑散期は問題ないとしても、繁忙期には問題だらけということが非常に多いです。

繁忙期はしっちゃかめっちゃかでこなさないといけないので仕方ないといった声もよく耳にしますが、、、仕事量が多ければ発生する問題もそれだけ多くなるし、それらに対処しなければならないため尚更忙しくなるし、対処する問題が増えるほど現場は疲弊していきます。

端的にいえば、基準は平時ではなく繁忙期、、、繁忙期に、どのようにできているのか・できていないのかを考えて、改善に取り組む必要があります。

その会社の善し悪しは、繁忙期をどのようにこなしているかに表れるものです。


インフラ毀損への対応・・・

2021年10月15日 金曜日

たまに起きる通信会社の大規模障害、、、昨日は、ドコモで長時間に渡る障害が発生し、大変だったようですね。

私はドコモユーザーではないから・・・なんて思っていると、ウーバーの配達員(→ドコモユーザーは仕事ができない) がつかまらなくて困った・・・といった間接的な影響を受けた方も。

携帯端末は、仕事でも生活でも なくてはならないものになっているため、障害が起きると多くの人に影響が出てしまいますね。

私は、ドコモではないため影響はなかったのですが、、、実は、楽天モバイルがほぼつながらない状態に・・・という影響を受けました(→ 実害はゼロです)。

おそらく、楽天モバイルは 2台目として利用されることが多いため、ドコモと楽天モバイルを持っている人が 楽天モバイルを使ったためかと推察、、、地震や台風等の時もそうなのですが、利用者が多くなると てきめんにつながらなくなりますね。

1回線では危機管理上不安があるため、使わなければ無料だしと思って楽天モバイルも持つようにしたのですが、、、実際には、危機の時にはつながらないといった笑えない状況だったりもします(苦笑)


新型コロナ、、、解除後の混み具合は??

2021年10月10日 日曜日

緊急事態宣言解除後の 1週間、フルに電車移動でしたが、、、最初の月曜日は、コロナ以前と同じくらいの混雑・・・急行は無理!なくらいの混みようでしたので、次の準急で移動、、、それでも、いつもの 3割増しの混雑でした。

ただ、翌日からは、通常の混み具合で、やはり、宣言解除後の月曜日ということで集中したのだろうということと、1週間乗って感じたのは、学生風の人たちがどのくらいいるかで混みようが変わるということ。

単純にいえば、その月曜日を除けば、社会人だけなら大した混みようではないということ、、、同じ経路で、学生風の人たちがいなかった水曜日は、かなり空いていました。

よくテレワークをしていないと批判はありますが、、、電車の混み具合から見ると、多くの職場で時差出勤やテレワーク等を行っているのだろうと感じています。


久しぶりの大揺れ・・・

2021年10月07日 木曜日

先程、千葉県北西部、最大震度 5強の地震。 こちらでも、グラっとしたすぐ後に 「緊急地震速報」 がけたたましく鳴り響き、いつもよりも大きな揺れだったため 結構身構えましたが、、、とりあえずのところ被害なく何よりといったところ。

昨日、岩手県沖でも大きな地震があったため、実はちょっとソワソワしていましたが、、、昔からそうした嫌な予感というのか虫の知らせというのか、割と当たる方だったりします。

・・・そんなこともあって、ずっと購入を迷っていた 「災害用簡易トイレ」 を注文し、数時間前に受け取ったばかり、、、なので、来たばかりの簡易トイレを使うことになるのか!?・・・と、揺れながら考えていたのでした。

さて、こうした災害に至らなかった時こそ、、、1-2週間程度ライフラインがストップしても大丈夫なように準備しておきましょう! 私は、食べ物、飲み物、薬、簡易トイレ、蓄電池、ライト、ラジオは揃えています・・・使う時がこないことを祈りつつ。。。


新型コロナ、、、視点の違い・・・

2021年10月03日 日曜日

10/1から 緊急事態宣言・まん延防止措置は完全解除、、、といっても、これまで何度となくあっという間に元に戻るようなバカ騒ぎを繰り返してきたのですから、そろそろ学習して 派手に遊び歩く人やそれを許す店は少なくなるでしょうか。

個人的には、解除されてもされなくても、外食を解禁するつもりはなく、まだしばらくこれまでと同じ行動をするつもりです。

先日、ニュース番組で飲食店を取材していましたが、「50項目にも渡るチェックなどやっていられない」 「こんなことできるのは大手だけ」 などと文句を言っている事業者やコメンテーターがいた一方で、、、

「手間は増えますが、お客様に安心して来ていただくためですから、やりますよ。大切なことですよね。」 とサラっと言いながらテーブルを消毒する店員さんがいました。

前者は視点を 「自分」 に向けた人、後者は視点を 「お客様」 に向けた人、、、それによって、気持ちも行動も大きく異なることが好対照に映し出されていましたね。

さて、皆さまは、どちらに視点を向けていますか?