2021年8月の記事



それでも 0570にしますか?

2021年8月31日 火曜日

忙しさにかまけて、随分と更新が滞ってしまいました・・・^^;

ちょっと気になったニュースがあったのですが、、、タイガー魔法瓶の景品表示法違反(優良誤認)による措置命令ついて。

・・・「実際には湯がこぼれる場合があった」 ことを承知しておきながら、「ケトルを倒してもこぼれない」 と誤認させるような CMを流し、既に 10万個弱が出荷されているとのこと。

こんなこと、大手優良メーカーといわれている会社がやるんだ! ・・・と、まあ世代交代も進み、モラルが崩れていることがまざまざと発信されてしまいましたね。

私は、ここにも驚いたのですが、、、タイガーから公式にお詫びのプレスリリースが発信されていますが、「お客様お問い合わせ窓口」 として、0570で始まる電話番号が掲載されていました!

以前にもコラムで書きましたが、、、自分が悪い場合、自分が何かを聞きたくて問い合わせする場合は、まあ有料ナビダイヤルでも仕方ないと思います。 でも、会社に非がある場合の問い合わせに、なぜ被害を受けた側がお金を払って電話しなければならないの??

まるで、非がある側が、「謝るし、今後の対応方法も伝えるので、弊社まで来てください」 とでも言っているかのよう? (ちょっと辛口過ぎでしょうか・笑)

・・・こうしたところにも、企業としての姿勢が出ますので、、、ご留意いただければと思います。


PayPayいよいよ有料化・・・

2021年8月19日 木曜日

加盟店はこれまで無料で決済できた PayPayですが、2021年10月1日からいよいよ有料化、、、月 1,980円(税別) のライトプランに加入している方は 決済金額の1.6%、未加入の方は 1.98%が手数料として掛かってきます。

無料だから加盟した方の中には、「じゃあやめる!」 という方も多いと思いますが、よく考えてみましょう。

以前からお伝えしているように、飲食店やパン屋さんなど、ご自身で作ったものを提供する商売であれば、量や原材料を少し調整するだけで、2%程度すぐ回収できますよね??

その一方で、仕入れて売る商売であれば、収益性をきちんと考えた上でご判断いただくのが良いかな、、、でも、2%程度なら、やりくりできる方も多いのでは? とも思っています。

PayPayがキャンペーンをすると、明らかに加盟店に人が流れますので、、、やめられる方は、年間を通してどの程度影響あるかを考えた上で、決断していただければと思っています。


社員のワクチン接種に関して 注意しておきたいこと・・・

2021年8月17日 火曜日

ようやくワクチン接種の予約が取れました! 今朝、増枠分の募集があり、開始時間にスタンバって即予約、、、一度予約してしまうと、キャンセルしないと空き日程の検索が出来なくなるため、余裕だったのか運良く予約できたのかは不明です^^;

さて、ワクチン接種に関して、自戒も込めて注意しておきたいことですが、、、ワクチン接種はプライバシーに関わることであるため、接種の有無や接種意向を気軽に聞いてはいけないということ。

社内のクラスター対策等で聞く必要性もあるため、聞いてはいけないということではないですが、、、特に、接種していない人に対して、何度も理由を聞く、なぜ接種しないのか問い詰める、何度も接種を勧める、接種しないことを否定する、接種しないことによる不利益処遇をほのめかす、他者に口外する・・・などはNG。 会社として大きな問題となる可能性がありますのでご注意ください。

・・・この辺り、理解はしていましたが、「暑いですね~」 と時候の挨拶のような意味合いで 「ワクチン予約できました?」 と 聞いていたことがあったもので、、、私自身もちょっと反省する部分。。。

また、職域接種が進み、随分多くの人が接種済みの状況となってきましたが、そうした人から、 「まだ打ってないの?」 とか 「色々会場あるけど見てないの?」 と言われ、その言い方に私もカチンときたことがあります。

その人は他意なく言ったかもしれませんが、予約したくても取れず、常にリスクにさらされている側からすると、「うっせぇわ!」 と反発したくなりますね(苦笑)

他にも、社員のみ職域接種済みで、パート社員は未だ接種できず(職域接種対象外)・・・という状況で、社員がパート社員に対して言い放った言葉が原因で退職 → 訴訟問題・・・というのも実際にある話だったりしますね。

ワクチン接種の有無を尋ねる場合は、法的な問題や感情面のトラブルに発展しやすいとご認識の上で、慎重に対応していただければと思っています。


暴力行為に至る前に手を打てるか?

2021年8月11日 水曜日

有名プロ野球選手が同僚選手に暴力行為をしたとのことで、球団は出場停止処分を科したとの報。 こういっては何ですが、その見た目や言動から それほど驚くことでもないかな・・・と思っていると、同じように感じていた方も多かったようです。。。

さて、人事・組織・企業風土の改善等の現場支援をすると、割と珍しくなく 「同僚に対する暴力行為」 が問題として挙がってきます。

いじめ、嫌がらせ、失敗を責める等の中で行われる一方的な暴力行為もあれば、口論から喧嘩に発展する等の双方向の暴力行為も、、、基本的には、① エスカレートしていったもの、② 突発的に行われた(かっとなった) ものに大別できます。

そして、ほとんどの場合、日常から 「暴力手前の行為」 や 「粗暴・攻撃的な言動」 が見て取れるというのが共通項・・・と経験的に感じています。

例えば、中高生の頃に 「肩パンチ」 というバカな遊びをしてきた人の中には、後輩にそうした行為をすることがコミュニケーションの一環と勘違いしている人がいます。 それも、軽い内はまだ良いのですが、多くの場合はエスカレートして 「痛い!」 というレベルに、、、そうしたことを日常行っていると、すぐに殴る・蹴るといった行為につながっていきます。

例えば、後輩がミスをしたときに、冗談めかしながらも 書類で頭を叩くような行為をしている人は、大きなミスをした時や反省していなかった時には、強く叩く行為につながっていきます。

例えば、仲の良い先輩・後輩、、、はたいたり体当たりしたりと体を使ってのコミュニケーションが日常の間柄ですが、多くの場合エスカレートしていったり、何かのきっかけで暴力行為につながっていきます。

例えば、日常的に攻撃的な言葉を発する人は、そもそも暴力行為の種をまいているということもありますが、言葉が効かなくなると手が出るようになります。

(全て、支援の中で実際にあった例です)

つまりは、日常生活の中で、「強さを変えれば暴力となる行為」 や 「粗暴・攻撃的な言動」 が見られる人は、暴力行為につながりやすい 「予備軍」 との認識を持つことが必要だと思っています。 ですから、暴力行為に至る前に、日常の生活態度をよく見て、もっともっと手前の段階で 注意・警告していただければと思っています。


多様性は調和できたのか???

2021年8月08日 日曜日

東京オリンピックの開会式・閉会式を見て思ったことは、まるっきりまとまりがなく、一つひとつの完成度も高くなく、全体を通したメッセージも伝わらない、、、ネットで飛び交う 「紅白の余興」 「文化祭」 との評は 言い得て妙というべきでしょうか。。。

そして、テーマは 「復興五輪」 かと思いきや 「多様性と調和」 らしく、、、開会式・閉会式を見て感じたことは、「多様性社会を進めていくとカオスになるの?」 という疑問(苦笑)

ネットニュースには、閉会式の関係者の声として、「社会はカオス。 まずカオスを作り、それを秩序化させていくプロセスを 1つの音楽でみんなで楽しむ。」 との狙いで企画したとのこと。

・・・私が感じたカオスというのは正しい演出だったようですが、、、残念ながら、カオスの状態から秩序化させる、あるいは、多様性を調和させることができなかったということなのでしょう。。。

ここから言えることは、やはり多様性を調和させることは一筋縄ではいかず、安易に多様性を認めていけば、収拾がつかないカオスな状態に陥るということ。

例えば、男性の産休・育休を安易に認めていくと、業務が回らなくなる、他の社員のモチベーションが下がる、復帰時に混乱する等々、組織内がカオス化する懸念が、、、というように、多様性を認めていくのは中々に難しいことなのだろうと 開会式・閉会式から学びました。。。

開会式・閉会式を見て、皆さまは どうお感じになられましたか?