2021年3月の記事



小規模事業者持続化補助金<低感染リスク型ビジネス枠>公募開始!

2021年3月31日 水曜日

今年度の目玉の補助金の 1つ、小規模事業者持続化補助金の <低感染リスク型ビジネス枠> の公募が開始されました! 公式サイト ⇒ http://www.low-risk-jizokuka.jp/

しかし、公募要領をざっと見てみると、「様式は、後日、別途公表します」 など 別途公表としている箇所が複数あったり、Q&Aも不完全な状態だったり(→間違い箇所も発見^^;) 、、、諸々整えて開始したわけではなく、おそらく、3末までに公募開始としていたため、突貫工事的な開始状況のようで、、、その後の更新情報にはご留意ください。。。

とりあえず、締切は、第1回締切:2021年5月12日から 約 2カ月毎に 第6回まで設定されているため、そこまで慌てて応募しなくても大丈夫です。 ちなみに、先だっての 「コロナ特別対応型」 で採択された方(廃止していない方)は、残念ながら全日程で申請できません。

対象経費は、「一般型」 で対象となるような 単なるホームページの作成費用や有人展示会への出展費用などは対象外、、、対象経費の全額が、対人接触機会の減少に資する取組という点に注意が必要です。

特別な加点は、①緊急事態宣言による影響、②多店舗展開、③賃上げ・・・の 3項目あり、、、個人的な感想ですが、1項目は該当していて欲しいところです。

また追々、情報発信したいと思います。

~ 右横下段 【17-持続化補助金・経営革新計画等】 もご参照ください ~


東京の桜2021 ~ 東京タワー ~

2021年3月29日 月曜日

東京タワーの近くで仕事だったので、お昼休みに公園に行ってみると、、、

昨夜の嵐で散ってしまうかと思いきや、満開の桜が少しだけ残っていました♪ 都心の桜は今日で見納めです~また来年!

東京タワー2021春


東京の桜2021 ~ 小金井公園 ~

2021年3月28日 日曜日

毎年、写真を撮りに行くお気に入りのスポット。 ソメイヨシノとオオシマザクラが一緒に見ることができます♪

都心よりも数日遅れて開花するため、都下ではようやく満開です♪

小金井公園2021春


一時支援金、、、登録確認機関への報酬について・・・

2021年3月26日 金曜日

2021年1月に発令された緊急事態宣言に伴う飲食店の時短営業 や 不要不急の外出・移動の自粛により、売上が 50%以上減少した中小法人・個人事業者等に、緊急事態宣言の影響緩和に係る 「一時支援金」 が給付されることになりました

詳しくは、経済産業省公式サイトへ ⇒ https://www.meti.go.jp/covid-19/ichiji_shien/index.html

通常なら、要件に合致していれば申請・受給できるのですが、、、この 1年の支援金や給付金等で多発した不正受給や誤って受給してしまうことへの対応として、①事業を実施しているか、②給付対象等を正しく理解しているか・・・などを 「登録確認機関」 という専門家に事前確認してもらった上で申請することが要件となりました。

さて、先日、「登録確認機関」 から金銭を要求された! 困っているから支援金を申請するのになぜお金を払わないといけないのか!・・・などの苦情が上がっているとのネットニュースを目にしました。

手数料について、確かに公式サイトには 「国からは事務手数料として 1,000円/件をお支払いすることとしており、登録確認機関においては、申請者からは手数料を頂いておりません」 といった、あたかも無料と誤認させる記述があるのですが、、、

現実問題、確認に掛かる時間 や それに先立っての勉強の手間等も考えると、1,000円/件なんてやってはいられません。 しかも、「お支払いすることとしており」 というのも正確ではなく、「確認後の受給者数が 30者以上の場合には」 という条件が付きます ・・・つまり、29者なら報酬は 0円、30者確認しても最終的に全員受給していなければ 0円となります。

・・・専門家がそうしたタダ働きをするはずもなく、1,000円/件の権利を放棄する代わりに 申請者に直接報酬を請求することになるのですが(→公式ルールで認められています)、この辺りの背景や詳しいスキームが周知されておらず、「申請者からは手数料を頂いておりません」 だけがクローズアップされていることで、あらぬ誤解や苦情が生まれる状況となっています。

個人的な見解ですが、「登録確認機関」 の報酬として、何事もなく業務遂行できるのであれば 1万円/件、、、但し、イレギュラーな申請も多いことを鑑みれば、常識的な報酬として 2-3万円/件は妥当であろうと思っています。 さらに、本来の確認業務だけでなく 申請サポート等も行うとなれば、5万円/件 くらいいただくことになると思っています。 (→外部の専門家に依頼される場合はご参考にされてください)

ミスリードさせるような案内と、「登録確認機関(外部専門家)」 をタダ働きさせようとした事業スキームに大きな問題があるのですが、、、業として行う専門サービスがタダなわけはない! ということが広く認識されることを切に願っています。

ちなみに、こうしたおかしな事業スキームであり、申請者からも苦情を受けるような状況にあるため、私は、「登録確認機関」 としての業務は行わないことにしました。

・・・同様に、自身の支援先の依頼しか受けないとする専門家が非常に多いことも聞いており、、、つまり、金融機関との付き合いや顧問税理士を持たない場合は、申請したいのに 「確認」 できないため申請できない、早く申請したいのに 「確認」 の順番待ちで申請できない・・・との状況が予想されていますので(→既にそうなっているとの話も)、、、

一時支援金の申請予定の方は、お早めに動いていただくことをお勧めします。


情報収集はバイアスをかけない!

2021年3月25日 木曜日

支援先の重要取引先の社長が交代することになりました。

・・・これまで安泰な状態であれば強く警戒感を持たなければならないし、そうでなかったとしても、好転するだけでなく、ますます事態が悪化することもあるため、やはり警戒感を持たなければなりませんね。

こうした時、まずやらなければならないのは情報収集です。

・・・これまで培ってきた人脈から情報を集めていきますが、小さな、取るに足らないと思われることでも何でも良いです。 変にバイアスをかけることなく、ありのままの情報(事実)を、何でも良いから集めていきます。

一つひとつは価値のないと思われる情報でも、二つ三つと組み合わせていくと、大きなものが見えてくることがあります、、、世界大戦時、某国が行って成果を上げていた情報分析手法ですね。

例えば、取引先の部長が話していた情報は信憑性が高そうに思われますが、、、部長がそんな重要な情報を漏らすわけはないという見方もできるし、意外と新人さんや掃除のおばちゃんの方が細かな現場レベルの情報を見聞きしていたりもしますので、、、

部長の話だから正しい・重要といった情報収集・分析をするとミスリードにつながる懸念がありますので、、、バイアスをかけない! という点には十分お気を付けいただければと思います。


今年の小規模事業者持続化補助金、、、準備はお早めに!

2021年3月22日 月曜日

小規模事業者持続化補助金の新しい募集形態・・・「低感染リスク型ビジネス枠」。

「一般型」 と違い、こちらはまだ募集が始まっていないため、詳細情報が出ていないのですが、、、今 発表されている情報としては、補助額:上限100万円、補助率:3/4 というように、「一般型」 よりも条件が良くなっています(「一般型」:上限50万円、補助率:2/3)。

但し、名称からも想像できる通り、対象が コロナ感染防止対策を意識したもの(ECサイト導入、オンライン化、非接触ツールの導入、改装等)に限られるなど、昨年募集のあった 「コロナ特別対応型」 の B類型に該当するような補助事業になります。

・・・「コロナ特別対応型」 では、類型に合致していないため不採択となったケースが大変多くあったようですが、、、「低感染リスク型」 でも同じですので、ご注意いただければと思います。

もう 1つ大事なことが、、、応募には、jGrantsというシステムを使った電子申請が必須ということ・・・これが 1つの要件になっています。 そしてこのシステムを使うには、まず ID(GビズIDプライム) を取得しなければならず、この申請→取得には結構時間が掛かります・・・多くの人が申請しているため、今だと 3週間は見ておかなくてはいけないかなと思います。

ID申請には、代表社印(実印)の登録証明書(印鑑証明書) が必要となるなど手間も掛かり、募集が始まった後では更に手続きに時間が掛かることが予想され、IDが発行されないことで 第1回申請に間に合わない懸念もありますので、、、申請する可能性がある方には、今から ID申請だけでもしておくことをお勧めしています。

申請方法は公式サイトをご確認ください ⇒ https://www.jgrants-portal.go.jp/

ちなみに、「一般型」 は、従来通りの申請もできますが、jGrantsで申請すると加点されますので、採択の可能性を高めるためにも jGrantsは利用された方が良いかなと思っています。


新型コロナ、、、感染した時の影響を 今一度考えましょう!

2021年3月17日 水曜日

1都3県の緊急事態宣言について、早くも解除の方向で調整中との報を聞いた翌日、東京都の新規感染者数 409人の報に思わず笑ってしまいました。

「7割減になっていない!」 と声高に延長しておきながら、微増しているのに解除の算段をし、かと思えば 1カ月振りに 400人台と大幅増のチグハグさ。 ・・・そもそも、宣言の発出・解除の基準もゴール設定もなく、都度設定をずらしながらやっているのですからね、、、気分的にそろそろ解除なのでしょう(笑)

私自身は、緊急事態宣言があろうがなかろうが、この状況で生活を変えるつもりはないため、引き続き、マスク・手洗い・小まめな消毒や帰宅後の即シャワー、外食や手づかみ食の禁止、人混み等の密回避の徹底を行うのみ。 加えて、最近は街中だけでなく電車内でもマスク未着用者が増えているため、そうした人から退避の徹底も必要ですね。 ・・・やるべきことを淡々と確実に実行するのみです。

何となく緩みがちな状況ですが、、、自身が感染した場合、あるいは、濃厚接触者になった場合、特に仕事上どのようなことが起きるのか、ちょっと厳しめに想像してみてください。 また、経営を担う立場であれば、従業員がそうなった場合、仕事上どのようなことが起きるのか想像してみてください。

何事もなく復帰できる、感染=悪ではないと理解を示してくれる、心配してくれる・励ましてくれる・・・なんて都合良く行くほど世の中は甘くなく、、、周囲から距離を置かれたり 誹謗中傷を受けたりするのは普通だし、取引先から仕事を断られることも珍しくありません。 もっといえば、後遺症なく回復できる保証もありません。

・・・ですから、感染した時の影響を今一度考えて、気を引き締め直していただければと思っています。


東日本大震災から 10年経って思うこと・・・

2021年3月16日 火曜日

どうしたものかと思っている内に数日が経ってしまいました。。。

ブログの過去記事(復興関連過去記事 →クリックで移動します) を振り返ってみると、私が被災地に入ったのは 2013年 3月。 荒廃した建物がそこここにあったり、道も暫定的なもので夜は真っ暗な状況だったりもしましたが、それでも随分と人が入っていける状態になっていました。

数年に渡って 被災された方に沢山のお話を聴きながら、多少なりとも復興の一助になる仕事をしてきましたが、、、時の経過と共に、復興というよりは 被災事業者の再建のための支援に変わってきました。 ・・・特にこの 2年は、ほとんどが、被災事業者のためにはなっても、被災地の復興には結びつかない支援でした。

やはり思うのは、ここに至るまであまりにも時間が掛かり過ぎたということ。

3年、5年ならまだしも、7年、8年も経てば、別の地での暮らしが板につくと共に、その年の分だけ歳も取るのですから、、、今から事業を再開しよう、今から元の場所に戻って商売しようという人は、どうしても少なくなっていきます。 ・・・なので、私の支援のほとんどはこうした方々への支援、、、つまり、本質的には復興支援とはいえないのかなと思っています。

また、すぐに被災地で事業を再開した方も、復興バブルに翻弄されたり、大型店の進出によって立ち行かなくなったり、思うような住民の帰還がないため商売が成り立たなくなったり、、、現地で事業を継続するのが難しい、手の打ちようがないといった状況も垣間見ることがあります。

東日本大震災から 10年経って思うことは、、、復興って何? ということ。 もっといえば、どうすれば復興したと言えるの? ・・・言わんとすることは分かるけど、それって実現できるの? ということ。 ・・・復興支援の一端を担っていながら、だからこそ分からなくなっている、、、それが、3.11のブログ更新をためらっていた理由ですね。

今の結論としては、あまり難しいことは考えずに、目の前の方々が、これからも生きていけるための支援を続けていきたいと思っています。


システムトラブルは仕方なし・・・

2021年3月09日 火曜日

Windowsの更新で度々起きるシステムトラブル、、、私のパソコンは、1-2年に 1度はトラブルに見舞われて大ごとになります^^;

例えば、起動しなくなった、印刷できなくなった、ファイルが開かなくなった、USBが認識されなくなった、ソフトが使えなくなった・・・等々、昨夜使えていたのに今朝は使えない、、、冷や汗を流しながら、急ぎ復旧作業に取り掛かります。

最近見舞われたのは、PDFデータが見られなくなるというもの。 元々、無料の Adobe Acrobat Readerで PDFデータを見ていましたが、特殊なセキュリティを施したデータは見られなくなってしまいました。

どうにかこうにか復旧させましたが再び見られなくなったため、Adobeは諦めて新しいソフトを入れることに、、、

無料ソフトで評判の良いものを一つ試したところ、PDFデータは見られましたが、DLと同時にウィルス攻撃に遭い(←こういうこともあります・汗)、、、有料セキュリティが防いでくれたため問題ありませんでしたが、そうした経緯が気持ち悪いのと 使いにくい部分もあったためアンインストール。

もう一つ試したところ、中々使い勝手が良かったのでこちらを使用中、、、ちなみに、PDF-XChangeという無料ソフトです。

IT機器が高度化・複雑化しているせいか、Windows更新後のトラブルが増えているような気がしますので、、、更新後のトラブルは起こり得るものと思って、復旧させる自信のない方は、パソコンに詳しい知り合いを確保しておきましょう!


新型コロナ、、、こういう時は、今できることを黙々と・・・

2021年3月06日 土曜日

緊急事態宣言の再延長は、休業→再開を予定していた方、また、特にレジャー・観光業界には大きな打撃となっていますね。

そして、再延長といっても、何か対策があるわけでもなく単に期間延長の様相、、、これでは効果は見込めないだろうと思うと、更に延長されるのではないかと不安に感じてしまいます。 また、こうした状況にならないよう、本来は  2-3週前から対策を強化するべきでしたが、そうしたことをしない政府や知事にも苛立たしさを感じてしまいます。

・・・こうした時、「ネガティブに考えても何にもならないので前向きに」 などと言われますが、、、無理に前向きに考えようとしても 更にストレスが掛かりますので、個人的にはあまりお勧めしていません。

私がお伝えしているのは、自分の努力ではどうしようもできない時は、「目の前のことを、今できることを 黙々とやる」 ということ。

休業中の店なら、隅々まで綺麗にする、レイアウト変更や改装をする、新メニューや新サービスを考える、接客の勉強・練習をする…等々。 受注生産の工場なら、設備の保守点検を行う、工場内のペンキ塗りをする、技術向上の勉強会をする、自社商品の開発に取り組む、営業用のパンフレットを作る…等々。 ・・・今、仕事がなくてもやれることは色々あるはずです。

もちろん、先々を考えて前向きに取り組める方はそうしていただければ良いですが、、、前向きになんて考えずに、今できることをただ黙々とやる・・・そうした意識で取り組んでいただければと思っています。

やることがあれば 不安を感じる時間が減るし、一日の生活にリズムも生まれます。 先々のことを考えられるような状況になるまでは、目の前のことだけに一つひとつ取り組んでいただければと思っています。

私ごとでいえば、緊急事態宣言の延長により仕事が流れ、図らずも 3連休が 4回もできてしまったのですが、、、「仕事がなくなった」 「また延期されたらどうしよう」 などと不安に思うのは止め、かといって 宣言解除後に向けて前向きにも考えられないため、とりあえず今できること = 確定申告の書類作りと部屋の掃除に加え、初めての脳ドッグを受けることにしたのでした^^