2020年12月の記事



新型コロナ、、、今年最後のビッグニュース!?

2020年12月31日 木曜日

2020年最後の日、東京都の新型コロナ新規感染者数は、なんと 1,337人!

千人超えるか? なんて言われていたけれど、一気にこの数字、、、でも、今から 10-14日前の世間の雰囲気を思い出せば、これくらいの数字は当たり前ですよね^^;

・・・こうなると、視野に入るのは緊急事態宣言の発出、、、国が出す前に、東京都独自で発出する可能性が十分に出てきましたね。

また大幅に行動制限されるのか・・・と思うとともに、一度経験したことだし、その後も慎重に行動してきたし、生活品やマスク・消毒関連品の備蓄は積み増してきたし・・・で まあ対処できるでしょうと、個人的には意外と気楽な感じに捉えています^^

2021年早々、いつそうした状況になっても対処できるよう、仕事の体制、原材料・生活関連用品の備蓄、補助金等の申請準備等々、春に経験したことを一つひとつ思い出しながら、対応を検討しておいていただければと思っています。

国や行政に文句を言っても何も変わらないし、極端な言い方をすれば、自身を守れるのは自身だけ、、、特に、従業員を抱える経営者は、従業員の生命・生活を守る責任もあります。 ・・・そのための準備を入念に行っていただければと思います。

それではまた来年も、どうぞよろしくお願いいたします。


意外と知られていない 「東京ゼロエミポイント」。

2020年12月26日 土曜日

東京ゼロエミポイントとは、正しくは、東京都が推進している 「家庭のゼロエミッション行動推進事業」 のこと。

具体的には、設置済みのエアコン・冷蔵庫・給湯器を 省エネ性能の高いものに買い替え推奨しており、買い替えた(リサイクルに出した) 東京都民は、商品券と LED割引券がもらえます。 (※事業用は不可です)

もう 10年以上前ですが、「家電エコポイント制度」 で、地デジ対応テレビに買い替えた方も多いと思いますが、それの東京都版のようなものですね。

実施期間は、2019年10月1日~2021年3月31日。 実は、1年以上前から開始されていて、私はずっと買い替えたいと価格が下がるタイミングを狙っていたのですが、そろそろエアコンや冷蔵庫が古くなったなと思っている方には今がチャンスです。

ちなみに、私は本日冷蔵庫の買い替え(設置)完了しましたが、280Lサイズで 商品券 12,000円 + LED割引券 1,000円がもらえます♪ 小さいサイズも含めて、かなり多くの商品が対象になっていますよ。

申請期限まで残り 3カ月ですが、予算がなくなり次第終了となっていますので、、、東京都民の方は、家電量販店の年末年始の値下げ状況を見ながら、省エネ製品に買い替えしてみてはいかがですか?

東京ゼロエミポイントHP ⇒ https://www.zero-emi-points.jp/about/


失業の裏に人手不足・・・

2020年12月22日 火曜日

コロナ禍で職を失った人、時短により勤め先から副業許可が出た人、収入が少なくなったため他に働き場を探している人、、、こうしたニュースがある一方で、人手が不足して仕事が回せないといった経営者の声を結構耳にします。

なぜ雇用のミスマッチが起きているのかというと、一番は、「そうした仕事はやりたくないから」 なのでしょう。 ・・・今までデスクワークに従事していた人が立ち仕事、工場のライン仕事に従事していた人が接客の仕事 等々、それはやりたくないと思うでしょうし、最初から選択肢に挙がっていないようにも思います。

そして、割と多いと感じているのは、雇用保険に加入していて 会社都合の退職となれば、すぐに失業給付が受けられるようになるため、さらに、コロナ禍の混乱状況で慌てなくてもと思えば、、、今、本気で就職したいと考えている人は 、実はそれほど多くはないようにも感じています。

こうした状況を考えれば、求職者が本当に困った状況になってからでないと人手不足は解消しないようにも思いますので、、、人を探すだけなく、人手不足を補うための設備投資(効率化・省力化)等も 並行して検討されると良いと思っています。


ようやく役割を終えた仮設住宅・・・

2020年12月19日 土曜日

河北新報の記事で、東日本大震災で建設された岩手県内の仮設住宅が、来年度上半期に全て撤去される見通しとの記事を見ました。

その名の通り 「仮設」 だったはずですが、丸 10年を目前にまだ撤去できていない状況を考えれば、やはり 復旧・復興が十分に・迅速に進んでいなかったと言わざるを得ないでしょう。

大規模災害というだけでなく、東京オリンピック・パラリンピック招致を決めたことの影響も大きく、、、オリパラ関連の建設が始まるやいなや、現地では急激な資材・工賃の高騰や職人不足による工期後ろ倒しが頻発。

その東京オリパラも開催が危ぶまれるような状況で、、、被災地の声を聞いてきた身としては、何とも言えない空しさも感じてしまいます。

それでも、岩手県・宮城県では復旧・復興が進んでいますが、福島県、特に原発の影響を受けている相双地域では、未だに今後の道筋が見えない状況です。

年も明ければ、東日本大震災 10年の報道が数多く出てくると思いますので、、、あれからどのように復旧・復興されているのか・されていないのか、ご覧いただければと思っています。


新型コロナ、、、コロナ禍の歯医者さん・・・

2020年12月15日 火曜日

この年の瀬に歯の詰め物が取れてしまい、、、コロナ禍、口を開けるのが最も感染リスクが高いと思われるため躊躇しましたが、歯は病院に行かないと治せないため意を決して歯医者さんへ。

予約の電話の時から感じていましたが、受付の応対からも、院内の貼り紙からも、医師や助手の防護服からも、さらには別の患者さんからも結構な緊迫感が伝わってきました。 ・・・と同時に、ここなら感染するリスクは低いだろうなと感じました。

長い間、大口を開け、何度も口の中をいじられる、会話もする、、、ちょっとした気の緩みというか、普通の振る舞いが感染につながるであろう状況下、、、そこにいる全ての人が感染しない・させないための行動を意識している・・・そんな空間でした。

緊迫感が安心感や信頼感につながり、緊迫した状況が清々しくも思える、、、コロナ禍の歯医者さんで とても良い経験ができました。


新型コロナ、、、反面教師にもならないリーダーの振るまい・・・

2020年12月14日 月曜日

先程、首相は、12/28~1/11の期間、Go To トラベルを全国一斉に利用停止すると表明しました。

常識的に考えれば・・・と言おうと思いましたが、コロナ禍でこれだけ常識が通用しない人が多いと分かったので言い換えると、、、

論理的に物事を考えれば、増えたら早くブレーキをかけて、少し収まったら緩めて・・・と柔軟に対処することが求められていたはずですが、○○の 1つ覚えで 「経済」 と叫ぶ人たちは、ブレーキをかけることを放棄した挙げ句、もう手遅れの頃になって必要以上の急ブレーキ、、、笑うしかないですね。

こんな経営者がいたら一瞬で会社が潰れるため 反面教師にもならないですが、、、学ぶことがあるとすれば、○○につける薬はないということでしょうかね^^;


新型コロナ、、、余計に経済を悪化させる人たち・・・

2020年12月13日 日曜日

国が東京都に対し、飲食店等に対して 2021年1月11日まで時短要請の延長を求めているとのことで、、、結局は、時短期間の延長、更なる時短要請、最終的には営業自粛・・・と進んでいくしかないのでしょう。

経済、経済と叫んだ結果、余計に経済を悪化させていく、、、一番のかき入れ時にフルタイムで営業できないのは、そうした人たちが招いた結果。 慎重派からすれば分かりきった話なのに、そうならないと分からないのが、経済、経済と叫ぶ人たちの特徴ともいえますね(笑)

こうした時にでも、忘年会の相談をする人、隙あらばマスクを外す人、、、価値観の違いが浮き彫りになるコロナ禍、お付き合いする相手を選ぶ良い機会ともいえますね。


小規模事業者持続化補助金(コロナ特別対応型) 募集終了!

2020年12月09日 水曜日

締切は 12月10日郵送必着のため、実質本日で募集は終了ですね。

まだまだコロナの収束の兆しも見えませんが、「コロナ特別対応型」 の募集は今回で終了となりましたので、応募に間に合わなかった方は 「一般型」 で応募することになります。

一般型は、3類型の要件はないですが、計画書を 2つ作成しなければならないので、、、コロナ特別対応型の計画書作成が難しいとの理由で申請しなかった方は、更にハードルが高くなるため 申請はちょっと難しいだろうなと思っています。

一般型の次回の締切は、2021年2月5日(当日消印有効)ですので、応募をお考えの方は、今から時間を掛けて計画書を作成されると良いと思います。

~ 右横下段 【17-持続化補助金・経営革新計画等】 もご参照ください ~


新型コロナ、、、その声は届かない・・・

2020年12月05日 土曜日

首相の声、大臣の声、知事の声、、、残念ですが、私には全く届きません。 ・・・信頼しないカテゴリーに入ってしまった人からは、どんなことを言われても 「ふ~ん」 としか思えません。

それでも私は良い方、、、だって、声は届かないけれど、感染防止のために 結構な行動制限をしているから。 声は届かず & ほとんど感染対策しない人が まあまあの割合でいますから、、、感染が収束することはしばらくないのでしょうね。。。

さて、社長や部長など要職に就かれている方は、ご自身の声が社員に届いていると思いますか?

・・・社員が耳を傾けるかどうかは、日常の信頼度が大きく影響しますので、、、コロナ対策に関わる要人の言動を反面教師として、大いに学んでいただければと思っています。


新型コロナ、、、本気で対策をしないと・・・

2020年12月01日 火曜日

東京都の飲食店(酒類提供店) に時短営業要請が出されましたが、テレビやネットの声は、時短営業は意味がないというものが多いように見ていますが、、、

2週間ほど前の出張帰り、22時台の山手線と西武線は結構な混雑で、お酒を飲んで上機嫌な様子の人が半数以上、、、しかも、「あごマスク」 の酔っ払いも複数いる状態。 それに対して、昨夜の出張帰り、全く同じ時間の電車を乗り継いで帰ってきましたが、座って帰れるほど空いていて、皆、マスクをして静かに乗っていましたね。

このように、時短営業は、店だけではなく 帰りの電車にもてきめんに効果をもたらしますので、、、これだけ感染者が増え、かつ、自己中心的な人が非常に多い状況を鑑みれば、時短営業は致し方ないというか、意味のある措置だと感じています。

外から店内が見渡せる飲食店の中には、感染対策しているとは言い難い店も結構あるため、、、対策を徹底している店には可哀想ですが、飲食店全体として 連帯責任を負わされる形になっているのが本質的なところなのでしょう。

こうなることは予見できたはずですし、今後も感染者・重症者が増えれば更なる要請が出されますので、、、それが嫌なら、感染を抑える運営を本気でするなど、業界全体で自浄作用を働かせていただくしかないのかなと思っています。