2019年7月の記事



最低賃金が上がると同時に・・・

2019年7月31日 水曜日

本日、2019年度の最低賃金を引き上げるとの報道がありました。 ここのところドンドン上がっているのであまり驚きはなく、また上がったかといったところ。 ただ、最低賃金で雇われている会社にとっては、ちょっと困ってしまいますね。

・・・具体的に何が困るのかというと、人件費は上がるけれど、納品価格や販売価格は上げられない、、、つまり、今以上に収益が悪化する会社が増えるということ。

本来、景気が良くなるのが先で、その後に賃金上昇を誘導する目論見だったはず。 しかし、景気は良くならず、でも、それを認めず大本営発表を繰り返し、誤った統計情報を発表していたことが発覚し、名実ともに景気回復していない状態が分かったにも関わらず、お構いなしに最低賃金は上げていく、、、何とも摩訶不思議な状態です。

賃金が上がった労働者側も、その程度上がったところで、社会保障や税負担はそれ以上に増しているため賃金上昇の実感はなく、、、そのため、ますます消費を抑えるからますますモノが売れない、だからモノを作れない ・・・そんな状態で販売価格は上げられないので人件費負担は増す一方、、、悪循環の真っ只中です。

最低賃金引き上げが適用されるのは 10月(都道府県で実施日は異なりますが、基本的に 10月 1週目)、、、時 同じくして、消費税率が 10%に引き上げられ 消費の引き締めが起きる頃です。

・・・年末に向けてどれくらい我慢比べできるのか、、、先々の展開を想像すると 恐ろしくなります。。。


魔法のコトバ ・・・ ネガティブワード編

2019年7月29日 月曜日

「どうでもいい」 ・・・何かネガティブな、諦めた感じがする好きではない言葉なので 普段使うことはありませんが、意外と役に立つ魔法の言葉。 ・・・どんな時にこの言葉を使うかというと、、、

実は、今日、信頼していた人から、結構酷いことをされていた・・・ということが分かったのですが、、、具体的には言わないでおきますが、恩を仇で返されたとか 不義理を働かれたとか・・・というような感じのこと><;

それを知って哀しいというかショックというか、、、嫌な気持ちが溢れて、闇の精霊を呼び出してドロドロの液体に包まれそうになるところを冷静に考えてみると、恩を仇で返す人・不義理を働く人のために、なぜ自分がそんなドロドロな感じにならなければならないのか!? ・・・そんな 「どうでもいい人」 のために思い悩むことは 1ミリもなく、、、そう、「どうでもいい人」 がした行為は本当に 「どうでもいいこと」。 「どうでもいいこと」 はさっさと忘れてしまうに限ります♪

こんな風に、どうでもいい人認定、どうでもいいこと認定すると、まるでパソコンのデータを削除するがごとく、存在そのものが頭の中から消えてしまいます。

似たようなネガティブな言葉では 「仕方がない」 、、、悔しいことがあり、自分ではどうすることもできなかった時、どうにも心の中から悔しさが離れない時などに使っていますね。

・・・「どうでもいい」 「仕方がない」 に共通するのは、「執着しない」 ということかな? 自分でも知らず知らず、執着させないよう気持ちに働きかけることで、嫌なことから解放させようとしているのでしょうね。

皆さまには、自分の気持ちをコントロールする時に使う言葉はありますか^^?


天気が心と体にもたらす影響・・・

2019年7月27日 土曜日

台風 6号の影響で風は強いものの、我が家の上空を雨雲が通ることなく快晴の 1日。 久しぶりに朝から大物を洗濯し、布団を干し、31-32度の暑さながらも心地よい扇風機の風を浴びながら過ごしています♪

こうして久しぶりに長い時間 青空を見ていると、やはり、太陽や青空が精神にもたらす影響は大きいと感じます。

近年、医学的にもいわれているのが、セロトニンの働きの重要性。 セロトニンは、心と体のバランスをコントロールする役割を持つ脳内物質で、太陽の光を浴びることで分泌量が増えるといわれています。 これが不足すると、イライラしたり うつ病につながったり。。。

もしかすると この 1カ月、イライラすることが多かった方もいたかもしれませんが、、、台風が去った後は、心と体のバランスが保たれて、穏やかに過ごせるようになることを願っています^^


フィードバック受けていますか? (後編)

2019年7月25日 木曜日

(つづき)

新しく請け負った仕事のこと。 特段の経歴や自身の能力を表だって明かすこともなく、でも、それとなくは伝わっている ・・・という 微妙な立ち位置で仕事をしている職場があります。

最近は、世間話の中でこれまでの経歴等も知られるようになったり、働きぶりを見られていることもあり、随分と専門家として見られてきているように感じますが、当初は有資格者という程度の情報しか伝わっていなかったため、単なる社会人(中年男性) として見られていたのでしょう、、、話し方や接し方、書類のまとめ方、ちょっとした知識等々、細かな場面で 褒められることが多々ありました。

私自身は、専門家としての当然の振る舞いと思っているし、特段の能力とも思っていなかったのですが、、、やはりそうした能力が専門家としての素地となっている大切な部分なのだな・・・と改めて気付かされたのでした。

肩書があると周囲は構えたり、色眼鏡で見たり、あえて何かを伝えようとは思わなかったり、、、それはそれで仕方ないことではあるけれど、自分にとっては率直なフィードバックが得られない環境。 ですから、肩書や経歴抜きで動ける場所があると、自身では気付けないフィードバックを得られる可能性がありますので、、、趣味でも副業でも昔の友人でも、仕事絡みを一切持ち込まない場所を作ることも大切だなと感じています。

・・・私にはそうした場所がないので、これから探してみたいと思っています^^

(おわり)


フィードバックを受けてますか? (前編)

2019年7月24日 水曜日

先日、ちょっと目に余る言動がたびたびあったため、そうしたことが周囲にどう映っているのか客観的な意見として、また、自分にも影響が及びそうなことなので 多少主観的な意見としても伝える・・・ということをしました。

私の働き方としては、部下がいるわけでもないし、付き合う相手のほとんどは依頼主(経営者や支援機関の担当者) や専門家なので、目に余る言動があっても特に伝えることはなく、関係を絶って終了ということがほとんどですが、、、これから先も付き合う専門家だし 仲間という気持ちもあったため、また、以前それとなく伝えたことを全く意に介していなかったため、最後の機会と思って苦言を呈したのでした。

他者がいない場所で 言葉を選びながら伝えましたが、言われた方はあまり良い気分ではなかったことでしょう、、、ただ、相応の年齢を過ぎれば、特に専門家というような立場で仕事をしていればそうした機会もないでしょうし、何か響くことがあれば 嫌な役回りをした甲斐もあったといえますね。

自分のことでいえば、年齢もキャリアも重ねていき、特に上司や師匠がいるわけでもないため、やはり何か注意される・苦言を呈されるということはありません。 まあ、目に余るほどの言動をしていない(と信じたい^^:) というのもありますが、「こうした方が良いよ」 といったちょっとしたアドバイス的な指摘を受ける機会もないため、常に自分で気付いて改めていかなければならない、、、これは意外とツライものがあります。

経営者や個人事業主の立場は、私同様、周囲からフィードバックを受ける機会が中々ないはずで(特に 40代以降ともなると)、、、周囲の人が離れていくという形でフィードバックを受けることにならないよう、自分自身で気付いて改めていかないといけませんね。 (そうならないよう お互い頑張りましょう^^;)

(つづく)


既に常識になっているはずのこと・・・

2019年7月22日 月曜日

最近ワイドショーを賑わせている 人気お笑い芸人と反社会勢力との関わり、、、先日の暴露会見によって、急転直下で大企業の経営者の資質や企業体質の問題に変わってしまいましたね。

それを受けての社長会見だったはずですが、、、生殺与奪の権利を持つ立場の人が、「クビ」 という言葉を使ったり、そう感じ取れるような言い回しをした時点でアウト。 それが、冗談のつもり、場を和ませようとした、子供(身内)に勘当だとつい言ってしまう感じで、、、なんて、そうした感覚を持っている時点で経営者として失格です。

かつてはそうしたこともまかり通っていましたが、、、今は、というか もう数年前から完全に言ってはいけないこと・・・というのは経営の世界では常識になっているはず。

1000人もの社員を抱えているといわれる大企業の経営者がそうなのですから、中小企業・零細企業ではどうなのか・・・と揶揄するコメンテーターもいましたが、、、常識の通じない雲の上の世界の人だからそうなのであって、下界では意外と常識を踏まえた人が多いかもしれませんね(笑)

おそらく、明日はテレビもスポーツ新聞も一面トップで扱うでしょうから、、、なぜこの社長が批判されるのか理解できない方は、ご自身もそうした振る舞いをしている可能性がありますので、少し気を付けた方がよいかもしれません^^;


話し掛けられる人になりましょう。

2019年7月17日 水曜日

街で突然声を掛けられました。 片言の日本語なので 「外人さんだ、どうしよう!」 と一瞬思いましたが、「日本語話してるし大丈夫か??」 と気を取り直して応対しました。 ・・・そう、日本人・外国人問わず、私は昔からよく道を聞かれるのです^^;

なぜそんなに声を掛けられるのかを考えてみると、、、道を知っているとまでは思っていなくても、少なくとも冷たい応対はしない、無下に扱うようなことはしないと思われている?(そんな雰囲気が出ている??) ・・・そんな風に思っています。

職場を思い浮かべてみると、話し掛けやすい人 と そうでない人がいると思いますが、、、「話し掛けられる人」 には 多くの情報が集まってきます。 話しの内容から気付きを得られるし、何かのチャンスにつながることもあります。 特に、新人さんやキャリアの浅い人は、様々なことを覚えたりステップアップしたりするためにも、実は大切な能力の一つだったりしますね。

社員教育の際には、社内ルールや業務手順といったことだけでなく、そうしたことも伝えていただければと思っています^^


復興支援の難しさ・・・

2019年7月14日 日曜日

少し前の話になりますが、西日本豪雨からちょうど 1年が経ったとの報道がありましたね。 被災地や災害との距離感で感じ方が変わるとは思いますが、おそらく多くの人は 「そういえば・・・」 という感じで思い出したことでしょう。

被災された方が入居する仮設住宅では、広島では 7割、岡山では 8割以上の方が未だ入居されていると報じられるなど、まだまだ復旧・復興できていない状況がありますが、、、やはり離れた地域ではそうした状況が伝わってこず、1年といった節目の報道でやっと思いを馳せることになります。

私は東北に縁があり復興支援にもたずさわっているため、岩手・宮城・福島の復興状況は常に気に掛かっていますが、、、そうでない人からは 「まだ復興していないんだ!?」 と驚かれることもしばしば・・・。

こうした被災地や災害との距離感で感じ方の違いが生じるのは当然のことですが、、、それが、被災者(被災地) を孤立させることにつながっていたりするのも事実だったりします。

そして、復旧・復興が進まず 徒に時間が掛かってしまうと、「もう〇年も経つのに、まだ復興してないの!?」 と批判めいた声も聞かれるようになるため、、、どんな事情があるにせよ、時間が経てば経つほど復旧・復興が難しいものになっていくのです・・・。

そうならないためにも、とにかくスピード感を持って、語弊があるのを承知で言えば、多少無理矢理にでも進めていく・早い段階で形にしていくことが必要なのかな…と思っています。


富岡町(福島県) に行ってきました・・・

2019年7月12日 金曜日

ここは、福島県の太平洋沿いにある富岡町。 2017年10月21日にここまで常磐線が復旧したため、東京方面からは 「いわき」 まで急行できて、各駅に乗り換えて富岡まで来られるようになりました。

福島県富岡町2019-2 福島県富岡町2019-3 福島県富岡町2019-1

福島県富岡町2019-6 福島県富岡町2019-5 福島県富岡町2019-4

この辺りの復旧が進まないのは、やはり原子力災害の影響。 大丈夫だと言われても、目に見えないものなので万人が受け入れるわけではなく、、、どうしても風評被害等も出てしまうため、戻るのに躊躇される方が多くいます。

また、県外の人が、何か地元のものを買って貢献できればと思っても、地元のものが売られていない(作られていない)、、、様々な悪い要素が絡まって、中々復興が進まない悪循環の真っただ中にあります>< (飲食店は、さくらモール内に数店営業していたのでランチを食べてきました♪)

とりあえずは除染、津波被害も大きい地域なのでハード面の復旧・・・そうして安心して住めるようになって帰還・・・と、まだまだ復興途上であることを実感した富岡町でした。


自信がない方へ・・・

2019年7月11日 木曜日

この仕事を 14年ほどやっていると、様々なタイプの方々とお会いします。

初めてお会いする方がおそらく 6割以上、、、初めましての挨拶から始めて 90-120分の間に、現状を聞き出し、課題を設定し、優先順位を見極め、解決策を提示するところまで行うのが私のコンサルティングのスタイル。

ですから、初見で様々なタイプの方に対応できるような、あまり話したくないことも話してもらえるようなコミュニケーションスキルは持ち合わせていると思っています・・・というのは、自己PR 込みの外向きの自己評価。

正直にいえば、人というのは千差万別、同じようなタイプはあっても 誰一人同じではないし、同じ人であっても、時期や状況が違えば別人のようなことがあります。

人と相対するというのは、特に最初に失敗すると その先は何をやってもダメということもある怖いものだし、上手くいったとしても、今回はたまたま波長が合った、相手が話してくれたので助かった・・・と思うことばかりで、いつまでたっても自信を持って接することができないのが正直な自己評価。

それでも、自信がないから、どなたに対しても誠心誠意 相対するようにしているし、相手の言葉だけでなく、表情、姿勢、声色、目や手の動き等々を注意深く観察するし、瞬時にタイプを読み取るよう訓練もするし、、、自信がないから、結果として上手くいっているということなのでしょう。

ですから、私自身は、自信を持って接するようになったらヤバイと思っているし、、、自信がないことは弱みではなく、むしろ成果につなげるための重要な要素だと思っています^^