2019年6月の記事



魚を与える × 魚の獲り方を教える (後編)

2019年6月16日 日曜日

(つづき)

典型的なのが、補助金・助成金の申請支援。

資金繰りに余裕のない事業者には まず資金が必要 ・・・ということで、補助金・助成金を紹介するのは良いと思います。 そして、申請の仕方を教える、採択されるためのポイントを教えるというのも良いと思います。 しかしながら、「支援者が申請書を作成する」 という支援の仕方は、私は “下の下” だと思っています。

事業者は資金を手にできるし 支援者に感謝するし ・・・と 一見上手くいったように見えますが、、、事業者には補助金・助成金を手にするためのノウハウが蓄積されないため、次に同様の補助金・助成金が出ても、自身でそれを得る術を持ちません。

申請書を作ってもらって採択された = 短期的には成功といえますが、中期的にはどうでしょうか?? こうした支援をしていると 事業者はいつまでたっても自立できず、その内、予算や異動等で支援できなくなるのが目に見えていますので、、、

支援者は、金・物を与えるだけの支援ではなく、仮に短期的に成果が得られなくとも中期的には成功 ・・・といえるような支援を意識していただきたいと思っています。 そして、事業者は、その支援の受け方が 「自立する上で役に立つか」 を考えながら支援を受けていただきたいと思っています。

昔からこんな戒めがありました、、、魚を与える(獲ってもらう) のではなく、魚の獲り方を教える(教えてもらう) ・・・という意識が大切ですね^^

(おわり)


魚を与える × 魚の獲り方を教える (前編)

2019年6月15日 土曜日

途上国の支援等でよく言われること、、、金・物を与えるだけの支援では 何にもならないということ。

食べるのに困っている、病気の治療もできない ・・・といった状況では、まずもって金・物が必要だけれど、、、金・物は消費すればなくなってしまうもの。 与えては消費し 与えては消費し ・・・これを続けるだけでは、受ける側は支援を当然と思うようになる懸念があるし、支援する側も そうしたことをいつまでも続けてはいられません。

そこで、自分で金・物を得られるようになるための知識や手段を与える = 支援を受ける側が早期に自立するような支援が望まれている ・・・多くの(ほとんどの) 支援者は、そうした考え方で支援していると思います。

しかしながら、事業者支援では、未だ一昔前の感覚で、金・物を与えるだけの即物的な支援が散見されるのが実態だったりしますね。

(つづく)


モノが売れない時代の商品戦略・・・

2019年6月10日 月曜日

1970年頃に製造されたセイコーの「ロードマーベル」。 ・・・50年近く前に製造された腕時計が、ひょんなことから私のもとに。

腕時計

「グランドセイコー」 が登場する以前に セイコー最高級機のポジションにあった時計だそうで、文字盤の 「36000」 の通り、毎時 36000ビート=毎秒 10振動する当時の高級手巻き腕時計だそうな。 この時代に 10振動の高性能モデルは驚くべきものだそうで、大卒初任給 3万円に満たない時代に 1万数千円もしたのだそうな。

良いものは直してでも使いたくなるもので、壊れていたのをオーバーホールして使えるようにしました♪

モノが売れない時代の商品戦略として、昔の商品のコンセプト設計は、今の時代にとても参考になるかもしれません。 (改めて勉強してみようと思っています^^)

ちなみに、なぜこの腕時計が私のもとに来たのかは facebook へ。


そろそろ現実を直視する時??

2019年6月07日 金曜日

今朝の新聞で、「自民党が、夏の参院選公約に消費税率を予定通り 10月に 10%に引き上げると明記する方針を固めた」 との記事がありました。

個人的には 「そりゃそうだよね」 と 当たり前のこととして受け止めているのですが、、、、支援に行くと、未だ消費税率引き上げに懐疑的な見解をお持ちの事業者さまが多いことに驚かされます^^;

「希望」 としてはどのようなことを思っていても良いです。 でも、そうしたことに対応できていないと、困るのは自分ですからね、、、動いている人は動いている、というか、既に準備万端整っている人も多いですから。。。

レジなんかは、欲しい機種が手配できなくなったり、設定等が間に合わない・練習ができないまま当日を迎える懸念がありますし、、、何の対策も取らないことで なすすべなく買い控えが起きる可能性か高まっていますので、、、未だに動かれていない事業者さまは、後になって悔やまれないよう くれぐれもご留意くださいませ。


時代の流れなのか・・・

2019年6月05日 水曜日

破産情報を見ていると 「キャラメルボックス」 の名前が、、、「見覚えあるけど、どんな会社だっけ??」 と考えていて、思わず 「あーっ!!」 と声が出てしまいました。。。

・・・若かりし頃、何度か見に行ったことのある 「演劇集団キャラメルボックス」 の運営会社でした。

ご存知の方も多かったりしますが、テレビでお馴染みの 俳優・上川隆也さんが無名時代から所属していたり、彼以上に人気のある俳優さんが多数所属しているなど、随分と人気のある劇団だったのでした。

原因を考えてみると色々思い浮かぶことはありますが、最大の原因としては、、、エンタメ全般、今やスマホに取って代わられるのか ・・・と、ちょっと寂しく思う初夏の夜だったのでした。。。


原因が解消されていないトラブルは 繰り返す可能性が高い・・・

2019年6月04日 火曜日

久しぶりに ちょっとした失態を犯してしまいました。

初めて行く企業、移動経路、、、慎重に調べて時間を見て行ったつもりが、何と、途中の駅で降りてしまったのでした。 しかも 12分に 1本のローカル線、、、訪問先にほぼピッタリに着く予定にしていたのでリカバリーしきれず、結局のところ 8分ほどの遅刻に・・・。

さらに、別件で大事な資料を持って出るのを忘れてしまうという失態も続き(→ なくてもリカバリー可)、、、完全に浮き足立っている状態に猛省。。。

原因は、すぐにやらなければならないことが一度に大量来てしまったこと & 睡眠不足、、、気が急いているのに注意力散漫という状況では、何年も犯したことのないようなミスを連発するということを改めて実感しました><;

原因が解消されていない以上、さらにミスが続く & 大きなトラブルにつながることが懸念されるため、、、そうならないように、しばらくは日常生活も含めて慎重に慎重に事を進めたいと思います。


今の時代に必要な 3つの能力・・・

2019年6月02日 日曜日

この 1-2カ月、沢山の人に会いました。 中には、今まであまり会ったことのないタイプの人もいたため、様々なことを考えながら会っていたのですが、、、「この人、凄いな!(良い意味で)」 と驚くこともあれば、「こうしたところは凄いけれど、こうした能力は全くないな」 と思ったり、「こんな人いるんだ!(悪い意味で)」 なんて思ったりすることも・・・^^;

そうしたことを思い出しながら、自分はどんな人のことを 「凄いな!」 と思うのかを体系的にまとめてみたところ、、、①論理性②視野の広さ③コミュニケーション力 の 3つの要素を備え、全ての要素が一定レベル以上の人のことを 感嘆・羨望の目で見るのだな・・・という結論に至りました。

私が社会に出てからの四半世紀を思い起こせば、、、必要な能力が ③に偏っていたバブル末期、①の概念が持ち込まれ急速に浸透し、その結果 ①に偏る時代になり、 ①に偏ったことの弊害が出てくる中、急速に国際化が進展すると ②の概念が持ち込まれるようになり、かつ、③の大切さが改めて叫ばれるようになって今に至る ・・・というような感じがしています。

そうした社会背景を踏まえて 年代別に見ると、 50代半ば以降では ③偏重型(①②欠落型)、 40-50代では ①+③型(②欠落型)、 20-30代では ①偏重+③欠落型(③欠落が故に①偏重、その結果、②も欠落といった因果関係あり) ・・・といったタイプが多いような傾向を感じています (※あくまで個人的な見解です)。

例えば、上の世代を見ると、会って話すことを重視する人や 無用に話が長い人が多かったり (⇒ 下の世代は 「メールでいいじゃん」 とか 「結論だけ言って」 とイラっとする^^;)、下の世代を見ると、「コミュニケーションが全く取れない人」 や 「相手の気持ちが分からない人」 が多かったり、、、下の世代からは 「視野が狭いよね」 って思われていたり・・・^^;;

ただ、現代の子供の教育を見ると、小さいころに ②③ ⇒ 大きくなるにつれて ① ・・・の要素が備わるカリキュラムになっているように感じていますので、、、もう 5-10年もすれば 3つの要素を備えた若者が一気に社会に出てきて、3つの要素が備わっていない(能力の低い)先輩方は、そのうち駆逐されていくのかな^^;;

長年支えてくれた社員が駆逐されていくのは忍びないものがあるし、社歴が長いというだけで要職に登用していては 能力の高い若い世代は入って来ませんので、、、今のうちに 3つの要素を身に付けさせ、能力を高めていく教育が必要ですね。