2019年2月の記事



10連休は弊害の方が大きい・・・と思っています。

2019年2月27日 水曜日

今日は、テレビもラジオもネットも、あちらこちらで GWの 10連休について警鐘を鳴らすニュースが報じられていました。

政府が 10連休の方針を打ち出すや否や、海外旅行だ何だと浮かれ騒いでおきながら何を今さら、、、と笑ってしまいますが、当初から警鐘を鳴らしていた少数派の声を、やっと本気で考えるようになったという所でしょうか^^;

大元の問題は、そもそも休めない我が国特有の働き方にあるので、祝日を作って強制的に休ませるという方向性は一見正しいようにも思えますが、、、それは、祝日が休みでも困らない業種や働き方をしている人に限っての話なのが、政府の方々には分かっていないのでしょう。。。

「これだけ長い期間、病院が休診となるのは困る!」 「子供を預ける先がないと困る!」 といった声が、、、すると、国民が困らないように配慮するよう政府声明が ・・・医療関係者や保育士は休むな!ということですかね?

警察や消防が休むと言い出したらどうするのか? ・・・国の機関なので力で押さえつける? まあ、暗黙の了解でそんなこと言わないでしょうが^^;

じゃあ、「小売業もサービス業も連休にする!」 と言い出したら?  ・・・せっかくの連休に遊びに行けないと困るので、配慮するよう政府声明が出るのでしょうかねぇ^^;;

結局、大企業の内勤、役所勤め、金融機関 等々の人のための 10連休なのでしょうが、、、10連休に限らず、連休に余暇やレジャーを楽しめるというのは、それを裏で支えている人たちの犠牲の元に、もっといえば、犠牲を強いることで成り立っていることを忘れてはならない ・・・と個人的には思っています。

ちなみに、支える側の人たちについて、、、「10連休は稼ぎ時だから頑張ってくれ!」 と従業員を休ませずに店を営業したら、あるいは、連休前に納期を指示された製造業が仕事をこなすため、4月半ばから従業員を休ませずに工場をフル稼働させたら、、、

連勤の日数や労働時間にもよりますが、労働基準法に違反する可能性が高くなりますので、ご留意の上で営業・稼働しましょうね^^;


怠けるとやり直し × 徐々に負荷を掛ける

2019年2月26日 火曜日

ちょっとバタバタしていて、更新が滞ってしまいました。。。 6日ほど家を空けていたのですが、その時の話はまたにするとして、、、

実は、11月から 割と真面目に腹筋をしています^^ ・・・以前 流行った WONDER Core の座椅子版(Smart) を使っているのですが、中々面倒だったりツラかったりで ついついやらなくなって、、、でも、「お腹を引締めないと!」 と思い立って ・・・こんなことを数年の間 何度も繰り返しているのですが、、、

やはり、やらない期間が 2週間もあると、やり始めがとてもツライ ・・・大体 40回やると腹筋がつります^^; 無理すると腰も痛めるので、まずは 30回を正しいフォームでできるようにするのがスタート。 (WONDER Core は、割と楽にできる Smartでも中々の負荷がかかります^^)

毎日やっていると 3日もあれば楽にできるようになるので、40回に回数アップ、、、でも、やっぱり痙攣するので、36-37回で止めたりと加減しながら 何の支障もなく 40回できるようになるまで毎日継続。

1週間くらいでできるようになるので、50回に回数アップ。 ・・・こんなやり方で徐々に回数を増やしていき、楽に 115回までできるようになったのですが、、、年末年始 家を空け 10日振りにやると、なんと 70回でギブアップ ・・・また ここからやり直しです^^;

今回、6日振りにやってみると、、、その前は 120回までやっていたのが 90回でギブアップ ・・・只今 95回からやり直しているところです^^;;

筋肉に限らず、考えることも、文章や図を読んで理解することも、パソコン作業も、メモを取ることも、大きな声で話すことも ・・・何事も 休んだ期間が相応にあると、以前のようにはできなくなるものです。

例えば、会社で改善活動に取り組む時、、、長年、考えて仕事をしてこなかった人に 「考える課題」 を与えても、望むような答えは返ってこないものです。 そして、それに対して怒ったり笑ったりすると、、、つまり、考えることの負荷を徐々に与えながら取り組まないと、活動は頓挫することになりますね。

こうしたことも頭に入れて、改善活動に取り組んでいただければと思っています^^


4月からは使用制限、死活問題の事業者も・・・

2019年2月19日 火曜日

展示会の出展を決めるに当たって、また、視察・商談に行くかどうかを決めるに当たって、考えておかなければならない特殊事情があります。 話題に上らなくなったのでお忘れの方も多いと思いますが、、、そう、東京オリンピック・パラリンピック開催に伴う展示会場の使用制限です。

例えば、展示会でお馴染みの 「東京ビッグサイト」 は、2019年4月 から 2020年11月 までの期間、全体の42%しか使用できなくなります。 しかも、東展示棟は全て使用不可ですので、大規模な展示会はちょっと難しくなりますね。。。

例えば、「幕張メッセ」 は、当初予定されていた期間よりも短縮されましたが、現状では 2020年6月1日 から 9月20日までの期間、使用不可となります。

仮に、場所変更、規模縮小、会期短縮 等々により開催できたとして、特に、場所と規模の変更があると、「ビッグサイトだから行ってたけど幕張は遠くて無理」 とか、「半分しか出ないの?」 「業界最大手が出ないんじゃ行かない」 なんて言われてしまうのは容易に想像がつきますね><

さらに、出展者も来場者も地方から来る方は、年々増える観光客の影響で今より数段ホテルが取れない事態に、、、つまり、行きたいけど行けなくなることもあるでしょう。

私自身でいえば、東展示棟全体を使っていた毎年行く展示会が西棟開催になったら、、、わざわざ行かないかもな ・・・と思います。 また、同じ場所・規模で開催できても会期が短縮されると、いつもの 3割増しで混雑するでしょうから、よほど行きたい展示会でなければ今回は止めておこうかな ・・・と思うかもしれません^^;

それでも、展示会が営業・PR の中心となっている事業者にとっては、出なければ何も始まらないので、、、2019年4月以降の出展を検討される際には、これまでの開催とどのように違うのかをきちんと確認した上で、それでも勝算のあるように検討を重ねて出展していただければと思っています。

また、中止となる展示会も多いと思いますので、そうなった時にどのように事業を展開するのかも検討していただければと思っています。


FOOD TABLE in JAPAN 2019 に行ってきました♪

2019年2月15日 金曜日

小売・中食・外食業界関係者向けの大規模な展示会、「FOOD TABLE in JAPAN 2019」 に行ってきました。 この展示会は、毎年私が楽しみにしていることの中で 3本の指に入るイベントです^^

FOOD TABLE in JAPAN 2019-1

というのは、そこには、肉・魚・サラダ・ごはん・パン・果物・野菜・スナック・スイーツ・お茶・コーヒー・ジュース・酒 ・・・等々、ありとあらゆる食品・飲料品があるのです♪

しかも、発売前の新商品 や そこに行かなければお目にかかれない地元の逸品ばかり ~ そうしたものをひたすら食べて飲んで 巨大な幕張メッセを歩き回ること 4時間30分 ・・・胃袋の限界を乗り越えて食べ飲み続けました(笑)

その中で今年特に気になったのは、マラソンブーム等を捉えた 運動時のエネルギー補給系の菓子が多く出ていたこと。 中でも、長崎県ブースに出ていた 本格的な長崎カステラが私一番のお気に入りでした♪♪ (有森裕子さん や 高橋尚子さんもカステラを食べていたそうですね)

それと、今年は 試食やサンプル配布が、いつもよりも異様に多いような印象が、、、数えてみると もらったサンプルは 48個・36種類にもなりました^^v ・・・重すぎてもらわなかったものも沢山あったので、本気でもらいに行ったら 70-80個になったかもです^^;

FOOD TABLE in JAPAN 2019-2

それくらい配る(=経費が掛かる) ということは、景気が良くなっているのか? 補助金が増えたからなのか??(=景気があまり良くない)、、、いずれにしても、私にとっては とても幸せな 1日となりました♪


開催日程に要注意・・・

2019年2月14日 木曜日

今週から、東京ビッグサイトにて、「ギフト・ショー」 が開催されています。 この辺りから、春の展示会シーズンの幕開けとなり、私は毎年、ビッグサイトや幕張メッセを行ったり来たりになります。

さて、「ギフト・ショー」 には初日に行ったのですが、今まで見たことがないくらいに閑散としていました。

通路はガラガラ、混み合うはずの入場受付も僅か 30秒、、、中に入れば、それはもう出展者・関係者だらけで、お客さんの方が圧倒的に少ない状況。 出展者同士 「ぜんぜん来ないね」 と話し合ってるのをあちらこちらで目にしました^^;

これくらいガラガラだと会場の移動は楽なのですが、ブースをちょっと見ようと思ってもすぐに出展者が声を掛けてくるので、実はちょっと見にくい、というか気まずい^^;;  それでも、久しぶりに会場の隅々まで見ることができたので、まあ良しとしよう♪

なぜこんなことになっていたのか、、、おそらくですが 連休明けだから。 今回の開催は、連休明けの火曜日から金曜日までの 4日間開催ですが、来場する側からすると、連休明けは何かとバタバタ忙しい、、、しかも、休み明けなので自分自身もエンジン掛からず、、、となれば、初日に展示会に行こうとは思わないですよねぇ^^;;

出展する側からすると、こうした開催日程ですと実質 3日間開催、、、しかも、その分、特に 3・4日目は通常の 1.5倍は混み合うでしょうから 思うように接客ができなくなりますね。。。 ですので、こうしたカレンダー上の特性を考えて 出展する・しないを検討することも必要かもしれません。


名店なのになぜ不味い??

2019年2月06日 水曜日

今日は、久しぶりのしっかりとした雨、、、その中を歩いていると寒い寒い。 12時も回り お腹もへって頭に浮かんだのは たいやき♪ しかも、私の中で一番好きな たいやき屋さんが沿線にある!

・・・ということで、途中下車して買いに来たのは 「四谷・わかば」。 (雨が強かったので、家に帰ってから袋だけの写真です^^;)

四谷わかば

私がここの たいやきを食べたのはもう 10年も前のこと。 有名店と教えられて連れてきてもらいましたが、後に、東京の 「たいやき御三家」 と呼ばれる名店だということを知ったのでした^^ (他の 2つは、麻布十番・浪花家総本店、人形町・柳屋です)

2匹買って、早速 1匹目を頭からガブリ ~ 美味しい♪ アツアツのあっさりあんこに、パリっと焼けた皮が絶妙♪♪  あっという間に食べてしまい、すかさず残りの 1匹をガブリ、、、すると、ヌルい、いや冷たい? そして、フニャっと水気の含んだ皮??

・・・うーん、、、おそらく、最初のは焼き立てだったけど、次のは随分と前に焼いたもの、、、10年振りだったのに とてもショックでした><;

前は大行列だったけど、今日は雨が強かったせいか誰も並んでおらず、、、そういうことか、、、名店と言われていても、やはり作り置き(しかも重ね方が悪く湿った たいやき) は不味い! ・・・途中下車をして、そんなことを学んだ雨の帰り道でした^^;


「日欧EPA」 本日より発効!

2019年2月01日 金曜日

2月1日、いよいよ本日発効された 「日欧EPA」。 日本と EU諸国との間で締結された経済連携協定のことですが、、、端的に言えば、参加国との間の輸出入で掛かる関税が撤廃されることになります。 ・・・つまり、その分 安く買えることに♪

それだけでなく、近年の米国を代表とする保護主義に対するアンチテーゼとしても大きな意味を持つ出来事だと感じています。

例えば、よくニュースで目にするのがワイン ・・・これまで 15% もしくは 125円/1L 掛かっていた関税が即時撤廃されることになります。 例えば、チョコは 10%掛かっていた関税が 10年掛けて、牛肉は 35%掛かっていた関税が 16年掛けて それぞれ漸減され、最終的に撤廃されます。

このように、即時撤廃されるものもあれば、段階的に関税を下げていくものもあるため、すぐに全ての欧州品が激安になるわけではないですが、、、物によっては、あるいは、数年単位で見れば 随分とお買い得感が出てくるため、今後、どんどん欧州品の購買意欲が高まることでしょう。

ちなみに、アパレル業界でいえば、衣料品は 10%前後掛かっていた関税が即時撤廃、革靴は 25%前後掛かっていた関税が 10年掛けて漸減され 最終的に撤廃されることになります。

このように、一消費者としては嬉しいことこの上ないのですが、企業としては、欧州以外の産地の商品の競争力が低下することになります。 ・・・もちろん、価格だけで優劣が付くわけではないのですが、今の国内の経済状況・景気動向を見れば、少なからず影響を受けることになりますね。

・・・とするならば、取扱商品を欧州品に変えるとか、欧州品にはないもっと独自性の打ち出せる商品に変えるとか、原価や販管費を削減して 価格の下がった欧州品と比べても遜色ない価格で販売するとか、あるいは、EU諸国に輸出することで日本製の優位性を打ち出すとか、、、売上・利益を維持するためには大きな工夫が求められることになります。

また、現時点ではこのような状況ですが、TPP11 との比較や、その他の経済連携協定等が発効されると 力関係も変わってきますので、、、少し長い時間軸で戦略的に考えることが求められます。

このように、日欧EPA は、チャンスだけでなく 一筋縄の対応では立ち行かなくなるようなピンチもはらんだ出来事ですので 注目して動向を見ていましたが、、、経営者の皆さまは、ご自身の会社(商品) への影響や今後の対応策を十分に検討していただけることを願っています。