2019年1月の記事



「横並び」 を求める人々・・・

2019年1月31日 木曜日

バレンタインデーまで 2週間。 この時期、洋菓子店では年数回ある大きな稼ぎ時の時期となるため、支援先でも気合を入れて準備を進めています。

近年、女性同士でチョコを贈り合う 「友チョコ」 や自分への 「ご褒美チョコ」 なる新たな需要も出てきましたが、、、全体的には、所得の低下、事業所数・社員数の減少、若者のコミュニケーション能力の低下等もあって、バレンタイン商戦は年々下火になっているように感じています。

加えて、やたらと 「チョコを渡すのを禁止にするべき」 とか 「職場のバレンタイン禁止」 といった ネット上の記事やコメントが目立つようになるなど、洋菓子店にとって バレンタイン商戦が大きな柱とならなくなる状況も垣間見られます。

元々、日本の国民性として 「横並び」 というものがあったとは思いますが、、、いつの頃からか 「横並び=平等」 といったニュアンスに変わり、横並びからはみ出すものは 「禁止」、さらには、「何かしら社会的な意義を掲げて禁止を訴える」 といった風潮が強まっているように感じています。

時節柄よく見るのは、義理チョコ禁止、恵方巻き禁止、、、少し前は、キャラ弁禁止、仮装して街を歩くの禁止なんかもありましたね^^; 住人間の挨拶を禁止としたマンションも話題となりましたが、、、嫌なら自分がそれをしなければ良いだけなのに、自分が 「横並び」 から外れるのが嫌・・・というか怖くて仕方ない、さらには、妬みなんかもあるのでしょうね^^;;

何となく、近年(この十数年?) の中高生の学校生活で起きていることが、そのまま一般社会(大人の社会) に持ち込まれているのだろうな・・・と感じる所があります。

支援をしていても、例えば、指示された以外のことをするのは禁止、資格の勉強等 陰で努力するのは禁止・・・なんてことが若手社員の間で話されていた(=頑張りたくない人からの脅しのような状態) のを目の当たりにしたことがあります。。。

皆さまの会社では、そうした雰囲気が感じられることはありますか?


ポジティブな人(組織) × ネガティブな人(組織)

2019年1月27日 日曜日

先日、とある会議にオブザーバーで参加しました。

この会議に先立って、「あることをする」 のは決まっていて、進行役が 「それをどうやって実行に移していこうか」 と切り出す形で会が始まりました。

ほどなく、進行役が 「こうしたらどうか」 と案を示したのですが、参加者の一人が 「それは難しい」 と否定的な見解、、、すると、次々とそれに同調する発言や別の視点から 「それは難しい」 との否定的な意見が出されました。

そして、「そもそもそれってできるの?」 「無理だよね」 「何でそれをやることになったの?」 との声があちらこちらから挙がり、、、進行役も、「私がやろうと言ったわけではない」 「そもそも無理な話だよね」 と否定的な見解を示すことに・・・。

この前の会議で、それをすることは決めてたはずだよね???(笑)

こうなると、結論としては 「やらない!」 しかないのですが、、、「関係者全員が集まっているわけではないので、今、ここでやらないとするのは他の人に失礼だ」 「全員に意見を聴いてから(やらないことを)決めるべきだ」 との意見が出るや 口々に賛同する声が・・・。 (でも、今ここにいる人たちが いわゆる首脳陣なんだけど^^;)

結局、やらない方向で、でも、やらないかどうかは皆の総意で決める ・・・といった結論先延ばしの状態で会議は終了。 (なぜかほぼ全員が満足げな表情^^;;)

こうしたやりとりを見ていて、私の率直な感想は 一言 「気持ち悪い」。 否定的な意見、責任逃れの意見、そうしたものに同調する言動が渦巻いたネガティブな空間から早く出て行きたい ・・・終始そんな心持ちでした><

何事も簡単にやれることはなく、多かれ少なかれ難しい状況はあるものですが、、、ポジティブな人(組織) は、難しいのは当然のことで、それでも 「やらなきゃ!」 という使命感や熱い思いを持って、「どうやったらできるのか」 を必死に考えます。 それに対して、ネガティブな人(組織) は、前述のように その難しさを並べ挙げ、やらないように やらないように話を持っていこうとします。

これまで沢山の人(組織) の言動を見聞きしてきましたが、、、前者のような人(組織) は非常に少ないのが現代日本の特徴かな ・・・と感じています^^;


商品開発の考え方 ~ 本物 × レプリカ

2019年1月22日 火曜日

商品開発の支援をしていて、「価格が合っていない・・・」 と感じることがよくあります。

例えば、その見栄えで・そうした用途でその価格は高過ぎる とか、手の込んだ作りなのにその価格は安過ぎる とか、価格は合っているけれど 数を売りたいならもう少し下げた方が良いとか、、、この辺り、「消費者の視点に立っていないことで、購買に結び付く価格帯がイメージできていないこと」 に原因があるのですが、長年、真面目にモノづくりをされてきた方の苦手とする分野だったりしますね^^;

そうした時は、「本物」 と 「レプリカ」 の違いをイメージしながら 商品開発を進めるようアドバイスしています。

例えば、「その見栄えでその価格は高過ぎる」 と感じた商品の場合、、、これを 「レプリカ」 と位置付けて xxx円に下げる。 材料を高級なものに替え 作りを丁寧なものにした商品を 「本物」 と位置付けて xxxx円に上げる。 それぞれ、原価率 ●%で作れるように検討しましょう! ・・・こんな風にして商品開発を進めてもらっています。

例えば、「自分で使うものでその価格は高過ぎる」 と感じた商品の場合、、、材料を少しだけ安価なものに替え パッケージを簡素化した商品を 「レプリカ」 と位置付けて xxx円に下げる。 商品と価格は元のままで、パッケージを高級なものにした商品を 「本物」 と位置付け、プレゼント需要を狙った商品として展開しましょう! ・・・こんな風にして商品開発を進めてもらっています。

その後の商品展開(営業展開) は、「本物」 「レプリカ」 の 2つのバリエーションで展開することもあれば、高級路線に狙いを定め 「本物」 だけで展開することもあります。

これは一つの進め方の例ですが、、、経験上、単にその商品に改良を加えていくと(1つの方向性だけで完成を目指すと) 徐々に方向性がブレていく傾向があるため、、、「本物」 と 「レプリカ」 のように 2つの軸を持って進めていく方が、良い商品開発につながりやすい と感じています♪ ・・・ご参考まで^^


あのシベールが民事再生・・・

2019年1月18日 金曜日

昨夜19時頃、㈱シベール(山形市) が、資金繰りに行き詰まり 民事再生手続き開始の申し立てをしたとの報を聞きました。 ・・・とても驚いて、山形県の知人にメッセージを送ってしまいました。

・・・というのは、シベールは 「ラスク」 で一時代を築いたといっても良いくらいの企業で、当時は全国区、今は知ってる人は知っている・・・という感じでしょうか、、、それでも、山形では知らない人はいないくらいの企業なので、今朝の地元のトップニュースは、おそらくシベール一色となっていたことでしょう。

私がシベールを知ったのはちょうど 20年前、勤めていた会社の山形出身の先輩から 帰省土産でラスクをもらったのが最初。 その後、全国区になった時にテレビで何度か見る機会があり、数年前、山形で支援をしていた頃は、月に数回、お土産に 「ラスク」 を買って帰るのがルーティーンとなっていたものでした。

振り返れば数年前、パッケージがリニューアルされたり やや高級感のある新商品が出されるようになったりした時に、「ちょっと高いかな」 と感じるようになったことと、、、今まで買っていた定番ラスクの品質が落ちたこと ・・・焼き過ぎで焦げた味がするものが混じるようになり、そうしたものが増えて 3-4回続いたことで、私は買うのを止めたのでした。 (調べてみるとちょうど営業赤字の時期でした)

・・・聞けば、その頃、出店攻勢や従業員の離職も結構あったようなので、、、「手が回らなくなって品質が落ちたのかな?」 と感じています。

ニュース等では、資金繰り悪化の大きな要因として、「景気低迷による贈答品需要の減少」 を挙げていましたが、、、「それが本質的な理由ではないよね・・・」 というのが 長年に渡ってこの会社の 「ラスク」 を購入してきた私の感想ですね。

これだけのブランドですから、県内企業がスポンサーとなって、もう一度、ものづくり・従業員の就業環境といった基本的なところから見直して、再起を図っていただけることを願っています。


他人事では済まない世界的な出来事・・・

2019年1月16日 水曜日

本日未明、英国議会で、EU(欧州連合) 離脱合意案が反対多数(賛成202/反対432) で否決されました。 既に離脱の手続きに入っており、このまま離脱合意案がまとまらなくても 英国時間 3月29日23時には自動的に離脱されることになるため、、、この期に及んで何やってるの?・・・と、冷めた目で見てしまいます^^;

事の始まりは 2016年6月23日、国民投票で EU離脱が決まったこと。 国民が決めたことなのになぜ未だに揉めているのかというと、離脱支持 51.9%/残留支持 48.1%という僅差の結果、加えて、離脱反対にも関わらず投票しなかった若者層が多いと見られていたり(全体の投票率 71.8%)、今になって離脱の弊害がクローズアップされたり、、、それは話が進まないよね・・・と、乾いた目で見てしまいます^^;

さて、今の我が国の景気(※回復している・景気が良いとの風潮や政府発表) は、良好な世界経済や株高によるところが大きいため(※実際には 既に鈍化していますが)、英国・EUの動向によっては大きな影響を受けることになります、、、3-4月は また世界的な株価の乱高下が起きるだろうな・・・と今から憂鬱です。。。

そして、混乱が生じれば(既に混乱していますが・苦笑) また円高が進むことになり、多くの輸出企業の業績は下方修正、、、つまり、企業業績という目に見える形で景気悪化が示されることになります。 さらに、その頃には 消費税率引き上げもチラつき、消費意欲の減退傾向は加速することになります。

すると、モノは売れない・モノを作る必要がない・・・と、多くの企業の業績が悪化することになります。 しかも、既に賃上げに動いている企業が多いため、売上減少による業績悪化以上に大きなダメージを負うことになります。 それを防ぐために、大手は下請けに今まで以上の値下げ交渉(という名の一方的な値下げ通達) を行うことに・・・。

(そうならないことを願うばかりですが・・・)

「EU離脱って何?」 と 他人事に思っている人も多いと思いますが、「私の会社に関係ない!」 と 言える人はどれくらいいるのか、、、実はそれくらい大きな影響を与える出来事だと 私は思っています。。。


環境の差 × ハンデ戦

2019年1月15日 火曜日

昨日、全国高校サッカーの決勝戦で、青森山田高校が勝ちました♪ サッカーは、日本代表戦さえも見なくなった私ですが、、、実家でたまたま見た試合で 「檀崎、良いねー!」 なんて思って以来、青森山田の試合は見ていたのでした^^

私は、判官びいきというわけではないのですが、屋外のスポーツで雪深い地域の学校が勝つのは、心の底から凄いことだと思っています。

例えば、ちょっとジョギングと思っても、凍った地面や雪の上、吹雪の中では普通に走ることができません。 球技では、ボールの転がり方が全く違います。 強豪校は屋内練習場があるといっても、使用できる人数は限られるため 控え選手や 2軍の底上げは難しいものがあります。 日常生活では、移動時間が掛かるため練習時間は少なくなるし、転倒等によるケガも常について回ります。

こうした地域で生活していない人には中々分からないことですが、雪のない地域に比べると、約4カ月もの間、大きなハンデを背負うことになります。 ・・・なので、青森に限らず、雪深い地域の学校は応援したくなります^^

スポーツとはまた違いますが、、、大学受験の際に そうしたハンデを背負って戦っていたように思います。 例えば、当時、都会では 「●●ゼミナール」 や 「▲▲予備校」 なんかが全盛期で、受験生はこぞって通っていたそうですが、、、当然青森にはありません^^;

参考書を探すのでさえ、市内では地場の書店チェーン 1店のみと限られているし、入荷数も少ないので中々自分に合う参考書を手にすることはできず、、、教科書と数少ないお気に入りの参考書を 隅から隅まで繰り返し読んだものでした。 ・・・数年後、東京の書店で目にしたのは膨大な種類・数の参考書、、、あの時こうしたものがあったらな ・・・と、都会の高校生の生活環境を羨ましく思うとともに、随分と大きなハンデを背負って受験していたのだな と思い知らされたものでした(涙)

今では、予備校のサテライト校ができたり ネットで参考書を買えるようになったりしたので、「その差」 も少しは埋まっていると思いますが、、、大学受験という全国的な戦いの場では、やはり 「環境の差」 というものがついて回るのが実情です。 ・・・そうしたハンデ戦であることを踏まえて、ハンデを背負わないといけない側は、それを跳ね返して勝つだけの努力をしなければなりませんね ~ ガンバレ!地方の受験生^^ノ

さて、コンサルティングをしている立場からすると、経営者自身では気付けないような問題点を指摘し、対策を提案していますので、、、コンサルティングを受けていない経営者は、継続的にコンサルティングを受けている経営者に比べて 大きなハンデを背負っていることになりますね。 ・・・設備や人といった目に見えるものだけでなく、専門的な助言という 「環境の差」 もありますので、、、ご留意くださいね^^


勤労統計問題・・・

2019年1月11日 金曜日

昨日、厚労省が 15年もの間、「毎月勤労統計」 の一部調査を 不適切な方法で実施していたと公表されました。 この統計は、雇用保険の失業給付額等の計算にも用いられており、過少支給額は数百億円規模、対象者は延べ 2千万人に上ると見られているとのこと。

さて、この不適切な方法について、全ての事業所を調査すべきところを 東京都については⼀部の事業所だけ 「抽出調査」 していた、賃金や業績が比較的高水準の企業に調査対象が偏っている可能性がある 等が指摘されていますが、、、何となく、過ってというよりは恣意的にされていたのだろうなと思ってしまいます><

ただ、こうしたことについて、私自身は驚きも怒りもなく、「またか」 と極めて冷めた反応。 ・・・この 2年ほどを見ても何度同じようなことがあったことか、、、その時々でコラムにも書きましたが、国が公表する統計情報はあまり信用できない(信用できなくなった) というのが今の私のスタンスですね^^;

こうしたことを繰り返していることを考えれば、もしかすると、国が公表する統計情報は、「おみくじ」 と同じような受け止め方(=参考にはしても 真に受けてはいけないもの) で良いのかもしれませんね^^(皮肉を込めて♪)


頑張るべき時に頑張らない人の根底にあるもの・・・

2019年1月09日 水曜日

この時期になると耳にすることが多くなるキーワードが 「受験」、、、遠い昔の記憶が断片的に思い出され、何となくゾワゾワした心持ちになります^^;

私は、当時、市内に普通の男子が行ける私立はなかったため 高校は県立 1校のみ受験(※男子が受験できる私立は、ビーバップハイスクールに出てくるような不良の高校のみ^^;)、 大学は お金の掛かる私立に行くほどの理由は無かったため 国立 2校のみ受験、、、共に浪人の選択肢も無かったため、それは勉強したものでした。

受験を控えた子供たち(&その親御さん) のほとんどは、「今、頑張らないでいつ頑張るのか!」 というくらいに頑張っていることと思います。

企業経営においても、そうした 「頑張りどころ」 というものがありますが、、、分かりやすいのが、資金繰りに窮している時(先々窮するのが分かった時)。 ・・・運転資金が不足すれば、当然商売が続けられなくなるため、正に生死をかけた頑張りどころなのですが、、、実は、それでも頑張らない経営者を何人も見てきています。

それは、「諦めているから頑張らない」 のではなく、そのほとんどが、資金繰りに窮するとどんなことが起きるのか理解できていない、あるいは、何とかなると思っている(今までも何とかなった経験がある)、、、つまり、「想像力の欠如」 と 「成功体験の弊害」 が根底にあると感じています。

多くの場合、こうした危機的な状況に際して、メインバンクが追加融資してくれたことで生き延びてきたのが実情ですが、、、今の時代、よほど担保余力がなければ これまでのような追加融資は期待できないため、そうした会社の向かう先は推して知るべし・・・でも、想像できないのでしょうね^^;;

想像力のある経営者、成功体験に縛られない経営者は、追加融資で生き延びた後は、次はそうした状況に陥らないよう、あるいは、次は融資を断られる可能性も考え 業績回復に必死になるのですが、、、そうした経営者はあまり多くはないのが実情ですね。

体験していなくても 想像すれば(調べれば) 分かることがほとんどです。 過去の体験が通用しないほど速いスピードで時代は変わっています。 想像力を働かせて先々を予見し、成功体験にしがみつくことなく経営していただけることを願っています。


青森駅周辺 2019

2019年1月07日 月曜日

今日、久しぶりに青森から東京へ帰ってきました。 一面真っ白な雪の世界にいたので、青空の下、普通に歩けることがちょっと不思議です^^;

青森駅2019冬-2 青森駅2019冬-1 青森駅2019冬-3

今年の青森は、日本海側は暴風雪で大変そうですが、青森市は例年よりも雪は少な目、、、ほぼ毎日 2時間ほど雪かきをしていましたが、屋根の雪下ろしはしなくても済むくらいでした。

ただ、年平均はそれほど変わらないでしょうから、これからが雪本番となるのかなと思っています、、、それほど雪が降っていない地域の方はご注意くださいね^^;;


「福袋」 で思うこと。

2019年1月03日 木曜日

今年は、1月1日をお休みにしている店が多く、初売りは 2日が多かったような印象を受けました。

そうしたことに関連して、「今の時代、正月くらいは休むべき!」 ・・・なんて、特に若い人と思しき SNS投稿をよく目にしますが、、、これだけ個性を重視する時代、選択肢の増えた時代にあって、なぜ元旦を一律に休業することが求められるのか、ちょっと疑問に感じています。

そして、元旦が休業日だからといって休んでいるわけではなく、翌日からの初売りの準備で大わらわだったりするので、、、まあ、●●教育の成果として、表面的にしか考えられない人が増えたのだろうと 自分を納得させています^^;

さて、アパレル業界の裏事情として、「福袋」 = 基本的には売れ残り商品の詰め合わせ販売・・・といった位置付けのものとなります^^;;

ただ、「売れ残り」 にも色々と意味合いがあって、、、人気がなく売れ残った商品だけでなく、良い商品なんだけど 展開時期が遅かったことで売れ残った商品、上代設定が髙かったことで売れ残った商品、数が足りず全店展開できなかったことで引き上げた商品、ロット違いで微妙に色が違ったことで店頭に出せなくなった商品・・・等々。

それに、店にとっては売れ残りでも、私にとってはお気に入り! という商品もあるし、上代設定が高くて売れ残った商品などは中々の当たり商品ですので、一概にネガティブな意味合いの 「売れ残り」 ということでもなかったりしますね^^

それでも 実体験としては、ここぞとばかりにとんでもないデザイン・色の商品を入れたり、2点当たり・4点ハズレなんて 商品を選別しながら袋詰めしたりもするので、、、私は アパレル関連の 「福袋」 はお勧めしておらず、セールの際に 一つひとつ商品を見ながら購入する方が良いかなと思っています^^