2018年9月の記事



それで十分か危機対策・・・

2018年9月30日 日曜日

予報通り台風24号が上陸し、これから列島縦断の様相。 それを見越して、今日は外出せずに部屋で仕事の予定にしていたのですが、、、夕方のニュースで、山手線が 20時に運休するのを知ってビックリ。

実際には昼頃発表されたようでしたが、何となく、首都圏の暴風雨は夜晩くの予報だから 20時から運休は気持ち早い?、、、それでも、安全第一で早め運休の判断は良いとして、当日昼の発表となると 既に出かけてしまった人や早仕舞いできない人もいるだろうし、発表のタイミングは適切だったのだろうか、、、

JR東側も運休するのはある程度予想つくのだから、前日の時点で、「翌日は事前の一斉運休の可能性があること」 と 「翌日●時に運休情報を出す」 といった告知があっても良かったのではないかと思いました。

まあ、数日前から騒いでいた台風なのでそれを見越して外出を止めた人も多いだろうし、日曜日だから通勤・通学の影響も少ないとして 突然に当日発表したのかな? とも思いますが、、、これだけサービス業が増えて 日曜定休ではない働き手が増えているのですから、危機対策としては そうしたことにも配慮が必要だろうなと思いました。


ネーミングライツの弊害・・・

2018年9月28日 金曜日

最近、週3-4回 運動しに来ているのが 狭山公園(東京都東村山市)。 狭山丘陵を活かした地形のため、森や池など自然が残り、アップダウンに富み、多摩湖に面していて景色も良く、気持ちよく体を動かせるのです^^

狭山公園2018-1 狭山公園2018-2 狭山公園2018-3

さて、多摩湖の対岸に見える白い半円の建物は 「西武ドーム」 だったはずですが、昨日、松井稼頭央選手の引退会見で 「メットライフドーム」 に名称が変わっていたことを知りました^^;

調べてみると、「西武ドーム」 → 「インボイスSEIBUドーム」 → 「グッドウィルドーム」 → 「西武プリンスドーム」 → 「メットライフドーム」 と名称変更がされており、、、私は、これまでずっと 「西武ドーム」 と呼んでいました・・・そう言われてみれば、グットウィル とか メットライフ というのは 何となく耳に残っているかも(恥ずかしい^^;;)

実家の青森に帰っても、体育館や文化会館などの名称が変わってわけが分からないし、、、ネーミングライツにはついていけないのが正直なところです^^;;;

皆さまの地域では、名称が変わって混乱はありませんか?


どのような影響があるか 考えておきましょう・・・

2018年9月26日 水曜日

数日前、三陽商会より、約250人の希望退職者を募集したと発表されました。 いつ出るかな?という状況ではありましたが、、、いわゆるバーバリーショックから立ち直れず、リストラ策が 1段階進んだような印象。

こうした時、往々にして必要な人財が多く流出するので、、、固定費が削減されて財務体質が改善するのは瞬間的なことで、さらなるリストラ策を進めていかなくてはならないでしょう>< ・・・それにより、例えば、堅調なブランドなのに取引条件が厳しくなる、小まめな営業がしてもらえなくなるなど、取引先方々に影響があることが懸念されますね。

そして、本日、三越伊勢丹ホールディングスより、3店舗の閉店が発表されました。 府中伊勢丹に新潟三越、、、知っている店がなくなるのは寂しい限りです。

地域にとって、核となる店(=実際に足は運ばなくとも、地域の顔やランドマークになる店) がなくなるのは大きな痛手、、、これから、人の流れや地域の活性化度(魅力度) にも影響が出てくることでしょう>< (・・・例えば、新潟三越の閉店によって、古町地区活性化の大きな拠点が失われることになりますね)

大きな動きがあると、巡り巡って 自社の経営に影響が出てくる可能性があるので注意が必要です。 ・・・皆さまの業界や地域では、そうした動きはありませんか?


信頼度・・・

2018年9月25日 火曜日

今朝、天気予報を見ていると、週間天気予報で 「信頼度」 なるものが登場。

きちんとした説明はなかったのですが、何やら その日の天気予報の信頼度を A・B・Cで評価しているようで、、、例えば、3日後の天気が Cとなると、近くになると変わる可能性が高い という見方をするのかな ・・・と解釈しました。

最近、午前発表と午後発表とで天気予報が大きく変わるなんてことも度々目にしていましたし、そうしたことに苦情もあるのかな?とも想像されるので、一つの解決策としてちょっと感心^^

これからどのように 「信頼度」 が提示されるか見ものですが、安全策で 先々の天気予報は C乱発というのは避けていただきたいなと思っています。

さて、こうした手法は生産管理の現場でも使えるのですが、、、「予定納期: 10/1・信頼度C」 といった発表は、生産と営業(販売) とで信頼関係が築けている会社だけができることですね。

多くの場合、「本当は信頼度C だけど Aにしておいて、1-2日前に Cに変更」 という確信犯的な運用の形になるだろうな、、、経験者は語るです^^;

皆さまの会社は、生産と営業(販売)とで 信頼関係が築けていますか?


上の発言は、組織全体の発言です。

2018年9月21日 金曜日

日本商工会議所の会頭が通常会員総会で、「来年10月の消費税率引き上げを確実に行うことが必要」 との発言をしたとのこと。

私はそうは思っていないなんて言っても、、、残念ながら、上の発言は、組織全体の発言と見られてしまいます。

現場支援に従事している商工会議所の経営指導員さんと会員の事業者さんとの間に 溝が生じないことをお祈り申し上げます・・・。


消費税引き上げ対策は もう始めないと・・・

2018年9月20日 木曜日

本日、自民党の総裁選=内閣総理大臣が決まる日ですが、全く興味ありません、、、正直、茶番も良い所なので。 そんなことに時間もお金もさくくらいなら、もっとやることあるでしょうに・・・(苦笑)

さて、どちらが内閣総理大臣になろうとも、消費税 10%への引き上げはなされるようで、それはもう 1年後のことですね。 まだ 1年あるなんて思っている人も多いようですが、、、業界(扱う商材) によっては、対策を始めていなければならなかったりする時期です。

アパレル業界では、例えば、18秋物の売れ残りは 19秋の立ち上がりでキャリー販売できます ・・・しかも、8-9月は駆け込み需要が期待できるので、大目に在庫が残っていても 通常よりさばけることでしょう。 しかし、18冬物をキャリー販売しようとすると、19秋に残暑が続くと敬遠されるし、9月中にさばけないと 10%引き上げ後の消費の冷え込みで大量に残ってしまうことに、、、

となると、18AW商戦は、例えば、秋物は 利益率重視で多少在庫が残っても良し、冬物は オフ率高めでシーズン中の 100%消化を目指す、18AWの利益率は 秋物・冬物のグロスで維持する形にする ・・・といった方向性が考えられますね。 また、19AW商戦は、特に 10-12月は急激に消費が冷え込むでしょうから、それに合わせたお値ごろ商品を確保しようとすると、18AWの未消化在庫をシーズンエンドに安値で仕入れておくことも考えられますが、そのための資金計画を今の内に立てる必要がありますね。

以前から何度かコラムにも書いていますが、、、誰もができる・やって欲しい対策としては、10%引き上げ後の消費の冷え込みを乗り切れるように、今の内から少しでも多く利益を稼いでおくことです。 ・・・特に、秋に売上のピークがくる事業者さんは、来年秋の落ち込みをカバーできるくらい今年稼いでおく必要がありますね^^


巾着田 曼珠沙華まつり2018 (埼玉県日高市)

2018年9月18日 火曜日

今年も行ってきました巾着田。 日本最大規模、500万本の 「曼珠沙華」 が群生しているそうで、真っ赤な絨毯が広がっていて それはもう圧巻です♪

曼珠沙華2018

まだ蕾も多いので、今週一杯は見頃が続くかな? と思います。 年に一度のこの時期だけ ~ ご都合つく方はぜひいらしてください^^ノ

詳しくはこちら ⇒ https://www.hidakashikankou.gr.jp/manjushage/


菊池式PDCAダイエット再び・・・

2018年9月17日 月曜日

「もし中小企業診断士が 『マネジメント』 の手法でダイエットをしたら・・・」 というテーマで 6年前に考案した 「菊池式PDCAダイエット」 。

その後も改良を重ね、例えば 4年前に行った 150日間の検証実験では、開始時と比べ体重 12.0kg減・体脂肪率 9ポイント減、体脂肪率 9%台にまで絞ることができた ・・・というように、実践すれば必ずや成果が出る手法なのですが、、、最大の欠点は、何といっても ”面倒” ということ^^:

体を絞ろうとした時、思いつくのは、食事を減らす(摂取カロリーを減らす) か 運動する(消費カロリーを増やす) こと。 ・・・でも、私の場合、食べないのは絶対無理だし、運動すればすぐに腰や膝を痛めるし、、、ということで、「お腹いっぱい食べてもそんなに運動しなくても体が絞れる方法はないか?」 と頭を使ってダイエットすること=経営におけるマネジメントの手法を転用することを考えたのでした。

この頭を使う=細かな管理が必要になるので、始めるに当たっては、「またあの面倒なことをやるのか・・・」 といつも二の足を踏むのですが、、、足の剥離骨折の治療にかまけて 「ドンドン膨れ上がっていったこの体型を一刻も早く元に戻さなければ!」 との危機感が募り、先週から完全版の 「菊池式PDCAダイエット」 を始めたのでした。

ちなみに、面倒さを抑えた 「簡略版の手法」 もあるのですが、、、面倒さと成果は比例するようで、簡略版だと成果が出るまで時間が掛かります。 つまり、「早く大きな成果を出したいのなら、面倒なことくらいは受け入れないといけない!」 ということなのです^^;;

さて、成果目標は、3カ月で体脂肪 10kg減(※体重ではなく体脂肪の重量です!) のところ、現在 1週間の進捗は 1.4kg減、、、まだ道のりは長いですが、チャレンジ企画スタートです^^ノ


業態開発・技術革新が進むアパレル業界。

2018年9月14日 金曜日

先週までの暑さから一転、今週は涼しい というか 肌寒い日が続いていますね。 日曜日頃にまた 30度以上になる予報が出ていますが、この数日を体感した後には、もう夏には戻れず 気分は秋モード、、、ということは、アパレル業界にとっては一気に秋物最盛期に突入です♪

アパレル業界ではこの 1-2年、レンタル業態、新たな IT技術を取り入れた接客手法や受注生産方式、AIによる需要予測やトレンド情報の収集など、新たな業態や技術が続々と登場しています。

こうしたものを必ずしも取り入れる必要はないけれど、縮小するアパレル業界の中にあっては、新たな試みを導入した企業の業績が伸びる = 他社の業績が下がるというパイの取り合い状態になっていますから、、、少なくとも 新たな情報は必ず掴んでおき、自社にどのような影響があるのかを検討しておく必要がありますね^^


褒めるブーム再来?

2018年9月13日 木曜日

ワイドショーやスポーツニュースでは、某テニス選手のグランドスラム大会初優勝の話題で持ちきり。 ・・・その中で、日本のスポーツ界で暴力・パワハラ問題が続出している反動のせいか、某テニス選手へのコーチング手法が賞賛されています。

また来たか。。。

とにかく相手の話を聴いてあげる、否定はしない、褒める・励ます・その気にさせる、、、いわゆる 「褒めて伸ばすこと」 が絶対的に必要との論調・・・。

自分に置き換えれば、そりゃあ厳しいことを言われるのはイヤ、特に昨今の多くの若者のように、厳しいことを言われず、厳しい状況に置かれたことのなかった人はそうしたことを望むでしょう。 でも、某テニス選手は、一瞬垣間見られた励まされているシーンの裏で、想像できないくらいの厳しい練習を重ねてきたはずですよね。

青学ブームの時などもそうでしたが、そうした見えない所は考えずに、ただ褒めろ、褒めろ、褒めろ、、、

社員教育においても、褒めるのは必要なこと、褒める効果も大きい・・・と思っています。 でも、「褒めただけで人が伸びるのか」 ということを冷静に考える必要もあると思っています。