2018年6月の記事



商工会議所に激震・・・

2018年6月30日 土曜日

驚きました、、、某商工会議所の職員が約1000万円を着服! 通帳から現金を引き出すなどして、ほぼ全額をスマートフォンのゲームに使っていたとのこと。 (毎日新聞記事より)

この商工会議所でのお仕事はありませんが、県内の指導員を集めた研修で 過去複数回登壇していたので、もしかして面識あったりして。。。 都会と違って狭い町ですから、大きな信用失墜となりましたね><

公的機関や金融機関でも度々こうしたニュースを見かけますが、よほどのザルでなければ一定期間にある監査や異動等で引っかかるので、そんなことするのはバカなんじゃないだろうか? いや、だからやるのか ・・・と毎回思ってしまいます^^;;

さて、会社の中にいると中々見つけられないけれど、支援に入ると割と見つけやすいのが、、、車など販売時に下取りしたものを社員が着服・換金とか、事務用品等を必要以上に発注してこっそり横流しとか、店の商品を万引きとして雑損処理しつつ着服・換金とかがありますね。

支援では、見つけて指摘することもありますが、事件になるので敢えて大ごとにはせず(社長と共有のみ)、「二度とそうしたことができない仕組み」 を作って不問に付すようなやり方もしますね。

性善説が通用しない ある意味多様化された時代ですので、、、お困りの方はご相談くださいませ^^


評価の視点・・・成果? プロセス?

2018年6月29日 金曜日

なんだかんだいって、ワールドカップサッカーの日本戦、3戦ともテレビ鑑賞してしまいました。 今日は、暑さで早くに目覚めてしまったのもあって寝不足です^^;

さて、今朝のニュース各局、グループリーグ突破に湧いてはいましたが、試合前の盛り上がりとは違った 微妙な空気感がありますね・・・。 日本人の中では ”賛” が多いようには思いますが、いわゆる賛否両論、、、残り 10分の作戦によって、歓喜に沸き切れないモヤモヤが残る試合となってしまいました(残念)

ふとよぎったのが、残り 3ラウンド、距離を取って手を合わせることなく判定勝ちしたチャンピオン。 主力打者を全打席敬遠して勝ち上がった高校野球チーム。 ・・・どちらも勝った・強かったことに違いなく、ましてや反則したわけでもなく、、、でも、「なんだかね・・・」 という微妙な空気が生まれます。

当事者からすれば、どんなに良い試合をしても負ければ終わり、生活やその後の人生も掛かっているのだから 勝つために・生き残るためにどんなことでもする、、、そこは尊重するけれど、”名” よりも露骨に ”実” を重んじる様子を目の当りにすると、 「なんだかね・・・」 となってしまいます^^;;

そうそう、以前、支援でこんなことがありました。

営業職の社員には売上目標(ノルマ) が設定されています。 いつもあと少し届かないため、自費購入する形で売上目標を達成させている社員がいました。 ある時、そうした行為が見つかり、「ズルをして目標を達成させている」 と糾弾され、これまでの評価も低く見直されることになってしまいました。 でも、こうしたことがいけないという内規があるわけでもなく、公然とは言わないまでも 少なからず営業職はやっている実情もあり、その社員は強く反発しましたが・・・。

評価するときに、「成果」 で見ているのか、「プロセス」 で見ているのか、はたまた、成果もプロセスも 「両方」 で見ているのか、こうした評価の視点の違いが、時に問題を引き起こすこともありますので、、、全社員で視点の目合わせをしていただくことをお勧めします^^


【パソコン】 サポート期限切れの対策を立てていますか? (後編)

2018年6月28日 木曜日

(つづき)

私が使用している 2台の Windows 7 のパソコンについて、半日掛かりで更新計画を練って、自分宛てに提案書をまとめておきました♪

ご参考までに、、、まず、検討内容は大きく 5項目あります。

① OSアップグレードの是非
  各機の性能や劣化度を確認して、Windows 10 での使用に耐え得るかを検討
② OSアップグレード・買い替え時期
  現在使用中の Office 2010 のサポート期間(2020年10月13日まで)、
  消費税10%引き上げ時期 も考え合わせながら検討
③ 買い替え機種の選定
  参考までに 現在販売されている機種からピックアップ
④ 導入する Officeの種類の選定
  2019 か 365 か、メリット・デメリット・費用対効果を検討
⑤ 買い替えする場合の現行機のその後(利用方法)

その結果、大まかに 次のような更新計画を立てました♪

・メイン機のデスクトップPC は買い替え、サブ機のノートPC は OSアップグレード
・買い替えは 2019年6月を目途、OSアップグレードは 新機種に慣れた 7月を目途
・買い替え機種は、2018年秋モデルの型落ちを メーカー直販でカスタマイズ購入
 (カスタマイズ内容も決定)
・Officeは、使用期間を鑑みて、費用対効果から 2019を購入して使用
 (サポート期間 2025年10月14日まで)
・OSアップグレードに合わせ、ノートPC のメモリ増設とバッテリー購入
・現在使用中のデスクトップPC のその後は、OSサポート期間中はバックアップ機
 として、期間後はバックアップデータ保管用に使用
・ノートPC は、Office2019 サポート終了に合わせて買い替え
・Windows 10 サポート終了(2026年10月13日) の1-2年程度前に、
 デスクトップPC のOS更新・買い替えを検討

当面の動きの中で一番のリスク要因は、Windows 7 問題がニュースで取り上げられたり、消費税引き上げ前の駆け込み需要が起きたりした時に、在庫がなくなり 欲しい機種が 欲しい時期に入手できなくなること ・・・と考えています。

「大きな流れに巻き込まれないよう、余裕を持って早めに動く!」 ということにもご留意の上で、特に Windows 7 のパソコンが複数台ある場合は、計画を立てて 円滑に OSのアップグレードや買い替えを行っていただければと思っています。

(おわり)


【パソコン】 サポート期限切れの対策を立てていますか? (中編)

2018年6月27日 水曜日

(つづき)

一昔前であれば、パソコンの性能アップは日進月歩で、1年も経つと 「新しいのにしたいな・・・」 と思うほど性能が違ってきたので、OSの更新=パソコンの買い替えで対応というのが一般的だったりもしましたが、、、今では随分と性能が良くなったため、数年前のパソコンでも十分に使えたりします。

つまり、パソコンを買い替えるのか、パソコンはそのままで OSをアップグレードさせるのか ・・・を考えておく必要があります。 そして、買い替えるのならば、新製品を買うのか値下がりした旧モデルを買うのか、買うタイミングはいつにするのか ・・・といったことを考えておく必要があります。

また、2020年1月14日のWindows 7 のサポート終了に先立って、もっと大きな我が国挙げての一大イベントがあるのですが、、、忘れている人も多いと思いますが、2019年10月1日からの消費税10%への引き上げです!

これを意識すれば、2019年9月には買わないといけない、、、でも、新製品のリリースがそのタイミングかは微妙なところがあるし、大変な駆け込み需要があるでしょうから欲しい機種が買えるかも微妙、、、ましてや、店員さんに相談して買おうというのは難しいかもしれませんね。 ・・・ということを考えれば、駆け込み需要が起きる前に動く必要が出てきます^^;

さらには、決算を考えた時に、いつの期の経費にするかという観点で 「12月中には買わないと!」 なんて事情も個々に出てくるので、、、「2020年1月14日までに買い替えればいいや」 と思っていても、実際には 「2018年12月には買わないといけない」 なんてことがあったりしますね^^;;

さらにさらに、、、OSが変わると使用しているソフトが使えなくなる可能性もあり、そうしたソフトの買い替えやアップグレードにお金が掛かったり、、、インストールにも時間が掛かるし、最新版のソフトは操作性が違って慣れるのに大変だったり ・・・といったことも考えて、仕事の繁忙期は避けるよう時期を考える必要もあったりしますね^^;;;

明日は、私はこのように計画している というのをお見せしようと思います^^ノ

(つづく)


【パソコン】 サポート期限切れの対策を立てていますか? (前編)

2018年6月26日 火曜日

仕事では多くの人が使用しているパソコンですが、どんなに大切に扱っていても、そのままではいずれ使用できなくなってしまいます。 ・・・それは、OS(=Windows等のパソコンを動かす基本となるソフト) のサポート期間が決まっているからなのですよね。

実際には、サポート期間が過ぎても使用できるのですが、サポート期間を過ぎるとセキュリティ上の弱点が修正されなくなったり、セキュリティソフトが稼働しなくなったりするため、、、そうしたパソコンでインターネットに接続すると、ウィルスに感染したり犯罪に巻き込まれたりといった危険が格段に高くなってしまいます。

例えば、Windows XP のパソコンで、まさかインターネット接続していませんよね? こちらのOSは、2014年4月8日でサポートが終了しているので、まだ利用している人がいたら要注意です。 ・・・2年ほど前に 使用している事業者さんを見かけた時は、パソコンを買い替えるよう強く進言しました^^;

他にも、Excel や Word 等の Officeというソフト。 実は、こちらにもサポート期間があって、例えば、Office2007 (Excel2007 や Word2007 ) は、2017年10月10日にサポートが終了していますが、、、少し前に、支援先で使っているのを見つけ、最新版にアップグレードするよう強く進言しました^^;

・・・この辺り、テレビやネット等で度々注意喚起されているのですが、パソコンの知識がない、というより、苦手意識を持っている人は、目も耳もシャットダウンしてしまうので情報が行き届かず、、、なので、私は、支援先で度々注意喚起しています^^

さて、こうした流れで 次に控える大イベントが、2020年1月14日、Windows 7 のサポート終了です。 安定したOS なので利用している人も多いと思いますが (私もWindows 7 のパソコンを 2台使用しています)、、、「期限まで 1年半以上もあるじゃないか!」 と思われた人は要注意です!!

・・・長くなったので、つづきはまた明日^^ノ

(つづく)


それって盗用ですか? (後編)

2018年6月23日 土曜日

(つづき)

大なり小なり盗用があったり、研修やセミナーの担当者が無断で他者に横流しなんてこともある世界なので、、、実は私は、盗用防止策を施して資料を作っていたりします。

例えば、本当に言いたいことは資料に載せない、(説明を聴けば簡単に理解できるけれど) 資料を読んだだけでは意味が伝わらない ・・・こうしたことは毎回やっていますね。 8-9割完成しているけれど それだけでは最終形が分からないとか、1つの部品が欠けているだけで全く機能しないとか、そういったイメージで仕掛けを施して資料作成していたりするのでした^^;

それでも、そんなに難解な仕掛けではないので、一定のレベルの人ならば 資料を見ただけで十分に理解できるものだし、そのくらいのレベルの人ならば 盗用なんてことはしないだろう ・・・と思っています^^

本当は、読んだだけで全て理解できるような資料にしたいのですが、そうした分かりやすい資料は簡単に盗用されるので、、、

経験談ですが、一から考えて作った創作物(資料) を盗用されるのは、怒り・哀しみ・悔しさ・喪失感がゴチャ混ぜになった何とも言えない気持ちになるので、万引きや自転車泥棒も同じで、盗った側は軽い気持ちかもしれませんが、そうしたことは止めていただきたいと切に願っています。

(おわり)


それって盗用ですか? (前編)

2018年6月22日 金曜日

先日、中小企業診断士の資格更新のための研修を受けてきました。 ここでの出来事というか感じたことを書こうかと思ったのですが、この研修に関連して、ほとぼりが冷めるまで寝かしておこうと思っていた出来事を思い出したので、まずはこちらを書こうと思います。

それは、数年前に受講した更新研修で、ちょっとした事件というのか騒動が起こったのでした。 ・・・講師が解説しているところに突然、受講席から大きな緊迫感のある声が、、、「テキストに掲載している図は自分が作ったものだ」 「許可していないのになぜ掲載してあるのか 説明して欲しい」 とのこと。

会場がザワザワとする中で、講師とその受講者との間で応酬が、、、といっても、受講者が講師を責め、それに対して曖昧な回答しかできず、最終的には受講者の主張を認めて謝罪するといったてん末・・・。 中小企業診断士の更新研修で、まさか講師が盗用ですか??(驚)

ただ、中小企業診断士の中では一般化された理論で、その内容には特段の具体的な事象は入っておらず、、、図の形状にしても、パワポで作成できる一般的なもので、創作物といえるようなものではない図だったのでした。 この理論を私が図にしようとした時にも、これとほぼ同じような図になるかなぁと思いながら聞いていましたが、、、

相手にするのが面倒と思って認めた? ・・・いや、中小企業診断士 三百数十人を前に敢えて汚名をかぶるのもおかしな話で、、、ただ、話す内容とテキストが合っていなかったり、理論的なこと分かってないよね? と感じる場面が度々あったので、その人の図を盗用したとは言わないまでも 自分で作った図ではないのだろうな ・・・と感じながら聴講していたのでした^^:

(つづく)


課題の捉え違えにご注意を・・・

2018年6月20日 水曜日

「チラシをまいたけれど反応がなかったため、もっと効果的な販売促進の方法をアドバイスして欲しい」 ・・・そういった依頼を受けることがあります。 現地で状況確認すると、そもそもチラシに載せる商品の魅力度が乏しい、、、つまり、課題は 「販売促進」 ではなく、品揃えの見直し、商品開発、価格設定の見直しといった 「販売促進の前段階」 に大きな課題がある・・・そんな支援をすることがあります。

私は、こうした状況でも問題なく対応することができますが、、、よくあるケースとして、販売促進は、経験値が乏しい支援者でもそれなりに対応できるのですが、品揃えや商品開発は、相応の経験値や能力がなければ適切なアドバイスをすることができないのが実態で、、、それでも、一度 関与してしまうと 「できません・分かりません」 では済まないことから、的を外した、あるいは、誤ったアドバイスをしてしまう支援者がいるのが実情です。

実は、そうやってこじらせてしまった支援のセカンドオピニオン的な相談・依頼を受けることもしばしばだったりするのですが、「競合と比較して明らかに見劣る商品」 を毎回推していたり ・・・チラシの見栄えは良いけれど、そりゃ販促効果はないでしょ^^; チラシの作りにこだわる前に商品を何とかしないと! となるのですよねぇ。

ということで、課題の捉え方としては、①魅力的な商品・サービス・場 がある ⇒ ②それを知らせる(販売促進)・・・と 2段階で考えて、①が十分に魅力的なものと思えなければ まずはそこを改善していく必要がありますし、そこはクリアしているとなった時に初めて ②に取り組むことになります。

売上を向上させる手法としてまず目に付くものだし、商品という本質的なものを否定することがはばかられるといった意味合いもあって 「販売促進」 に目を向けがちですが、、、順番を間違えると、何の成果にもつながらないし、場合によっては、悪評を立ててしまうことにもなりかねませんので、ご留意ください^^


ブロック塀の倒壊に注意。

2018年6月18日 月曜日

今朝テレビを見ていると 大阪方面で震度 6弱の大きな地震が、、、午後になり、被害の様子も明らかになってきた中で、何だか塀の倒壊が多い?と気になりました。

現地からの中継を見ていると、土台部分と鉄筋がつながっておらず ほぼ乗っているだけのようなブロック塀、 「控え壁(ひかえかべ)」 が入っていないように見える長いスパンのブロック塀 (※高さ 1.2m超の塀は、倒壊防止のために 3.4m以内のスパンで直角方向に支える控え壁が必要です) などが目に入り、、、それだと大きな揺れが来れば倒れるよね ・・・と、残念な気持ちでテレビを見ていました。

・・・というのは、やはり仕事柄、危機管理の一環で、そうした設備の保全・安全確保に気を遣っていることと、少し前にコンクリート塀等の製造・設置をしている企業の支援をした際に、知識補充のために色々と勉強していたのでした。

危ない塀2018

例えば、こんな感じで下段に 「透かしブロック」 を入れたり、多用していたりすると、、、鉄筋が入らず ブロック塀全体の強度が落ちるため、大きな地震が起きると、耐えられるかどうかは微妙なところがありますよね。

「まさか地震が・・・」 なんて言葉は NGワードです。 数年前から、どこで大地震が起きても不思議ではない時代ですので、、、事前に被害が大きくならないよう安全確保に努めるのは、経営者の義務だと感じています ・・・ご留意くださいませ。


2週間経過。

2018年6月16日 土曜日

怪我をしてちょうど 2週間が経ちました。 腫れは、甲とくるぶしの部分にまだ残っていますが、随分元通りになりました♪ 骨をやった箇所はまだまだですが、靭帯は随分と回復、神経は新しくもらった薬で回復傾向・・・といったところ。

20180616足

とりあえず、湿布と固定・安静しか治療方法はないようなので、痛い箇所に 無駄なく貼れるよう湿布にハサミを入れて形を整えたり、痛みが強い箇所は 100mg(肌色)、痛みが引いてきた箇所は 70mg(白色) と 湿布の種類を変えたりしながら 楽しんで貼っています^^

さて、この 2週間で感じたことは、怪我する前よりも活動的になったということ。 まあ、出歩くことはあまりできないのですが、家の中では筋力低下を防ぐためにもチョコチョコ動いています^^

本来は、自由に動ける時にそう思えるのが望ましいのですが、、、不自由な状態にあることで、自由に動けることの素晴らしさを感じることができたり、不自由な状態でもどうやったら動けるか? と考えながら動くのが楽しかったり、毎日の湿布交換を通じて 足と対話するのが楽しみだったりしています♪

来週は、靭帯が回復する目安の 3週間目、、、どれくらい回復しているかな^^?