2016年11月の記事



採択されやすい方。

2016年11月27日 日曜日

公募要領を読むと、、、今回の公募では、過去に採択されていなくて、従業員 5人以下で、ホームページを活用して販路開拓(集客) なんかをしようという方は、採択されやすいようですね^^

該当される方は、積極的にチャンスを活かしましょう!

~ 只今、小規模事業者持続化補助金の申請サポート承り中です ~


公募要領をしっかり読んでいますか?

2016年11月25日 金曜日

「小規模事業者持続化補助金」 の公募が開まって早 3週間が経ちました。 早くから取り組まれている方は、提出資料の整理もそろそろ終わられている頃でしょうか。

さて、この補助金の公募要領は 76ページもあるため、目を通すだけでも大変、、、ということで、なんとなく見るだけで、しっかりと読まずに申請される方も多くいらっしゃるようです。

例えば、この補助金は、「地道な販路開拓の取組」 を主な対象としていますが、副次的なものである 「業務効率化の取組」 を主に考えられる方。 例えば、「販路開拓の取組」 はそれなりに考えて計画書を作成していますが、「それとあわせて行う業務効率化の取組」 は数行程度の漠然とした計画で申請しようとされる方。 ・・・残念ですが、不採択になる確率が高くなってしまいます。

公募要領をしっかり読んでいれば、防げることも多いのですが。。。

そこで、公募要領の読み方として、自分に関係のないページは取り除いてしまうことをお勧めします。 まずは、単なる様式の紹介のページは外す。 従業員を雇用する計画がないなら、そうしたことに関するページは外す。 買物弱者対策を考えていないなら、そうしたページも外す。 ページの途中に必要な項目がある場合は、必要のない箇所にペンで大きく×を付ける。 ・・・こんな感じです。

すると、多くの人は、最初の段階で 30ページ分くらいは取り除けると思います。

さらに、様式1 を作ったら、それに関する説明のページは外す(×を付ける) というように、進んだら外すことを繰り返していくと、公募要領が薄くなるにつれて、気持ちもドンドン楽になっていきます。 そして、本当に重要な箇所だけが最後まで残るはずです。 ・・・ということで、印刷したらホッチキスで綴じずに、クリップで挟んでおく方が使いやすいと思います♪

公募要領には、大切なことばかり書かれていますが、自分にとって全て大切かというと そうではありません。 76ページの厚さにひるむことなく、こうした工夫をしながら、自分にとって必要な箇所には きちんと目を通してくださいネ^^

~ 只今、小規模事業者持続化補助金の申請サポート承り中です ~


東京初雪2016

2016年11月24日 木曜日

天気予報通り 降りましたねー。 8:30時点で、こちらは約 3cmの積雪、、、といっても、道路は地熱もあるので、歩くにはまだ支障ないくらいの雪です。

東京初雪2016 (雪の降る中、柿をついばむ小鳥)

東京地方、一昨日は春のようなポカポカ陽気、昨日は秋のようなからっ風、そして、今日は真冬のように雪で真っ白、、、と、毎日季節が変化しています^^


円安で困る人・・・

2016年11月21日 月曜日

今朝、為替の様子をみてみると、なんと 1ドル 111円台に突入していました。

以前、輸入卸売の事業者を支援した際に、レートは 106円くらいでみているとのことでしたので、これまでの円高傾向の際には喜んでいました。 しかしながら、一気に円安にフレるとちょっと大変ですね・・・。

例えば、1回 3万ドル分の商品を仕入れるとします (※支援した事業者さんのことではなく、単なる例です)。 想定為替の 106円なら、仕入値は日本円で 318万円。 円高傾向の 103円なら、309万円で 9万円粗利が増えます。 そして、今 111円なら、333万円で 15万円粗利が減ります。

相場ですから変化はつきものですが、こう急な動きをされるとちょっと困りますね。

基本的には、少しの円安なら利益を削りながら耐えますが、ここまで想定からずれると売価を上げていかないとツライかな、、、となると、さらにそれを仕入れる小売事業者もちょっと困りますね・・・。

トヨタなど日本を代表する輸出企業は円安で利益が増えるし、物価も上がるため、国策として円安歓迎ムードがありますが、輸入関連の事業者は大変です。 そして、所得が増えないまま円安傾向が続くと、 一消費者としてはさらに生活防衛を強めなければならないので、内需関連の事業者はますます厳しくなっていきますね・・・。


予防接種で危機管理。

2016年11月20日 日曜日

今年は、早くからインフルエンザが流行しているようで、ちょっと不安に駆られ、予定よりも 1週間早く予防接種してきました。

あちこちのニュース番組でインフルエンザの話題を見たので、混んでいるかと思って病院に行ってみると、予防接種の人は少ないようですが 咳や鼻をかんでいる人が多数、、、予防のために行ったのに風邪をもらっては大変 と用意していたマスクをしっかり着用しておきました(苦笑)

さて、一晩明けて今朝、気になって左腕に目をやると、ドーンと腫れあがっていました(汗) 調べてみると、体内に接種したワクチンの抗体がない場合は腫れることが多いらしく、、、ということは、予防接種しておいて良かったということですね、、、とりあえず、腫れが引くまで運動のペースは落としておいた方が良いようで、今週 1週間で 2kg絞る計画が早くも頓挫気味なのでした(笑)

さて、今のご時世、多少具合が悪くても 簡単に仕事を休むわけにはいきません。 すると、インフルエンザに感染していても初期にはそうと気付かず、休まずに出社することで同僚にうつしてしまうなんてことが起きます。 そうなった後に、複数人が同時に自宅療養となると、数日間会社を閉めないといけないなんて事態にもなりかねません。

ですから、この時期特有の会社の危機管理として、従業員にインフルエンザの予防接種をしてもらうことも考えておきたいところです。

ちなみに、「所得税基本通達36-29」 によると、予防接種が業務上必須であり、全社員を対象に希望者全員の費用を負担する場合は、その費用は福利厚生費として損金算入することが可能ですので、こうした制度も活用しながら、会社として未然防止に取り組んでみるのも良いのかなと思っています。

(但し、予防接種は副作用リスク等もいわれていますので、受けるか受けないかは個人の判断を尊重しましょうね)


東京の紅葉2016 ~ 小金井公園 (再訪) ~

2016年11月18日 金曜日

残念ながら、明日は雨の予報。 結構な土砂降りらしく 散ってしまっては大変と思い、連日の小金井公園です。 1日しか経っていないのに、随分と色付いていました♪

紅葉2016-7 紅葉2016-4

紅葉2016-6 紅葉2016-5

(クリックすると拡大します)


東京の紅葉2016 ~ 小金井公園 ~

2016年11月17日 木曜日

冬のように寒い かと思えば 春のように暖かい東京地方。 なんとなく秋ということを忘れていましたが、、、テレビで紅葉の様子が流れていたこともあり、慌てて近所の紅葉ビューポイントへ。

紅葉2016-3 紅葉2016-1 紅葉2016-2

良さ気な所だけ撮りましたが、まだまだ緑が入り混じっていましたね、、、今週土日か週明け辺りが絶好の見頃でしょうか? 天気予報を見ながら、一眼レフ片手にまた行ってこようと思います^^

皆さまの地域では、紅葉は見頃ですか?


そのアンケート結果、本当に信頼できますか?

2016年11月17日 木曜日

明治安田生命保険が 昨日発表した 「いい夫婦の日」 に関するアンケート調査が話題になっていました。 ・・・それによると、結婚している人のへそくりは平均 116万 6,002円だったとのこと。

とりあえず、この結果は 1つの事実なので良いとして、これをそのまま信頼して良いのかどうか、、、ちょっと考えてみたいと思います。

例えば、「へそくりいくらありますか?」 という質問に対して、記名式や対面式で答えるとしたら、、、そんな大切な個人情報を正直に明かすのは怖いので、敢えて低い金額を言うかもしれません。 あるいは、見栄を張って高い金額を言うかもしれません。 ・・・その時の状況次第で、金額は変わりますね。

また、へそくり=自宅にこっそり隠しているお金と考える人もいれば、預貯金も含めてと考える人もいます。 あるいは、個人で行うものと考える人もいれば、家庭(夫婦) で行うものと考える人もいます。 ・・・言葉の定義が変われば、金額も変わりますね。

例えば、へそくりは、「懐の奥深くしまっておくべき隠し金」 という意味もあるそうで、その定義で考えれば、私の場合 5万円くらいでしょうか、、、こういう回答が混じっていると、平均値は変わってきそうです(笑)

このように、アンケートは、聴き方によって結果が大きく変わってくるものなのですよね。 ですから、巷に出回っているアンケート結果を活用するときは、「どのように聴いたのか?」 というところにも目を向けて、客観的に判断していただきたいと思います。

持続化補助金でも、「そのアンケート結果を根拠に こうしたニーズがあるとして大丈夫?」 と感じることがありますので、、、活用の際には十分吟味していただきたいと思っています。


ここを理解していないと不採択になります・・・。

2016年11月16日 水曜日

「小規模事業者持続化補助金」 の申請書で、少し分かりにくいのが 「様式2」 と 「様式3」 の関係。 そして、特に 「○○をするために補助金を使いたい」 と目的意識が強い人が陥りやすいのが、「様式2」 と 「様式3」 がほぼ同じ内容になってしまうというもの。

基本的な考え方として、3-5年の全体計画として 「経営計画書(様式2)」 があり、その中の 部分的な短期計画として 「補助事業計画書(様式3)」 があります。

3-5年の計画ということは、何か 1つのプラン(テーマ) で終わるということもないでしょうから、大よそ、「経営計画書(様式2)」 には 複数のテーマを盛り込んでいくことになります。 そして、その中の補助金を使って行う短期事業を 「補助事業計画書(様式3)」 に改めて詳細に記載する ・・・という流れになります。

この辺りを理解せずに、単に 「機械を買う」 とか 「ホームページを作る」 といった手段から入ってしまうと、申請書としてはおかしなものになりがちで、不採択直行となりますので、、、くれぐれもご留意ください。

~ 只今、小規模事業者持続化補助金の申請サポート承り中です ~


読めません・・・

2016年11月16日 水曜日

トランプさんが勝つこともあるだろうとは思っていましたが、株価と為替がこうなるとはちょっとびっくり。 特に為替はいよいよ 109円台に、、、この後も大きく上下あるでしょうから、輸出入に関連する企業様は、決済(約定) のタイミング次第ではちょっと大変かもしれませんね。

やはり、世界的な情勢変化が予想される時には、「どちらに転んでもよいように リスク回避の手立て(為替予約など) は必要」 というのが教訓となるのかもしれません。