2015年12月の記事



お休みは何をしていますか?

2015年12月30日 水曜日

・・・そう聞かれると、何て答えて良いのか いつも悩みます。

私の場合、決まった勤務時間や休みがある職業ではないので、仕事に行った帰りにウインドショッピングという名の視察をしたり、家事をしながら報告書を作成したり、資料作成の合間にウォーキングをしたり、プライベートで旅行といっても商品開発のヒントを得ようと地域資源を探しまわったり、、、

私の場合、仕事と休みが共存する生活スタイルのため そもそも 「お休み」 という感覚がなく、そのため、「花金」 や 「ブルーマンデー」 などの概念もなかったりします (良いのか悪いのか・苦笑)

先日、十年来の友人に 「年末年始、時間が合えば飲みにでも」 とメールをすると、『今、メコン川を眺めながらボーっとしている』 との素敵な返信が♪  それを見て、「休むとはこういうことか・・・」 としみじみ思ってしまいました。

今は仕事先が休みのため 私もいわゆる 「お休み」 の状態ですが、、、何をしているかというと、運動、買い物、料理、大掃除、来年の仕事のスケジューリング、勉強 ・・・なんとメリハリのない休みの過ごし方でしょうか、、、来年は上手く休める人になりたいです(笑)

連休は、リフレッシュするのにもリセットするのにも とても良い機会となります。 皆さまは、どのようなお休みを過ごされていますか?


ただ走れば良いってもんじゃない(笑)

2015年12月26日 土曜日

仕事も終わり本格的にジョギングを開始。 若かりし頃から、走ることについてきちんと学んだことがなかったもので、フォーム、ペース、体のケア 等々・・・中々奥深いですね。 しかも、体を動かしながら実践するのは難易度が高いです。 いや、少し考え過ぎかな? ・・・まあ、何事も理論を理解したい性質なもので(笑)

さて、数日前に初めて計測してみたところ、余力はありながらも まあまあ頑張って 5kmコースを 40分でゴール(8分/1kmペース)。 これがどれくらいのペースなのか調べてみたところ、結構ゆっくりペースということが分かって軽くショック(汗)

そこで昨日、正しいフォームとピッチを意識して真剣に走ると、一気に記録更新の 33分でゴール(6分40秒/1kmペース)。 今日は、時間を意識して 30分以内を狙ったけれど、昨日と全く同じ 33分でゴール、、、どうやら、今の走り方ではこの辺りが限界値の模様。

それでも、当面の目標を 30分でゴールとすれば、6分/1kmペースなので ちょうど 10%分のペース改善が必要。 それなら、今よりも、足の回転を 10%速くする、歩幅を 10%広くする、腕の振りを 10%速くする、心拍数を 10%上げても我慢する などなど ・・・そう都合良く行くものか?(笑)

ただ、目標との差が 定量値で明確になると、努力もしやすくなるもの、、、それって 会社の経営にも言えますね。 今後目標達成なるか、こうご期待^^


一日では築けないのに 一日で失うのがブランド力・・・

2015年12月23日 水曜日

「今治タオル」 といえば、日本を代表する高級タオルの一大ブランドですが、、、まあまあ大変なことをしてしまいましたね・・・。

今治タオルは、水に浮かべて 5秒以内に沈むかどうかを 未洗濯と 3回洗濯の 2回に分けて検査するという独自の品質基準を持っていて、これによって他社製品にはない優れた吸水性を保証しています。 しかしながら、あるメーカーが製造した商品を抜き打ち検査したところ、沈むのに 10秒以上もかかっていたそうな。 こうした品質基準を満たしていない商品が 少なくとも 35万枚出荷されているとのことで、、、

続報を待っていたのですが、22日に報じられて以降 特にニュースに出ることもなく、店頭回収と返品受け付けの対応のみで 理由等は明確にされず。 回収・返品は当然として、故意か過失か、その責任は誰がどう取るのか、再発防止策はどうするのか ・・・そうしたことが明確にされていない現状、残念ながら時間が経つほどにブランドへの信用は低下し、回復も難しくなっていきます。

自宅利用ならばまだしも、(私もそうですが) 贈答目的で購入される方も多い高額商品。 またこうした事件が起きる懸念が頭をよぎると、残念ながら、「今治タオル」 は真っ先に候補から外さざる負えなくなります。 現状では、なぜそうしたことが起きたのかも 再発防止策も明確になっていないのですから、消費者の防衛策としては、また起きると思っておくに越したことはないでしょう(・・・選択肢は他にもあるのですから)。

生活に大きな影響を与えない商品だからなのか、あまりスピーディな対応に見えず残念極まりないのですが、、、「一日では築けないのに 一日で失うのがブランド力」 ・・・『今治タオル 奇跡の復活 起死回生のブランド戦略 (朝日新聞出版)』 に書かれていますが、今治タオルのブランディングプロジェクト・クリエイティブディレクターの佐藤可士和氏が かつて言われていた言葉をぜひ思い出していただきたいものです。


何もしない × リフレッシュ

2015年12月22日 火曜日

3日ほど完オフしていました。 実は先週の金曜日、出張先の仕事が終わった途端に発熱し、、、風邪というのか 今までの疲れがどっと出たのでしょうね。 帰りの新幹線を含めて、仕事もしない 運動もしない、やることは 家でテレビを見て ネットを見て 気ままにゴロゴロだけ ・・・定時で風邪薬と栄養剤も飲んでいたので、まるで入院生活のような時間を過ごしていました(笑)

今まで忙しかったので、最初は何だか楽しい気分なんですけどね、、、風邪も良くなってきて 体力も回復してきたのに、何もしてはいけないというのは逆に苦痛。 それに耐えながらも、我慢できずに 3日目の夜、思わず走ってしまいました ・・・競歩の大会でゴールした途端に走り出すような感覚でしょうか(笑)

多くの方は、今週乗り切れば冬休みでしょうか? お休み中は、自然に触れる、趣味に没頭する、運動する、子供と遊ぶ・・・などなど、リフレッシュする方法は色々ありますが、それなりに体力を使って疲れたりもしますので、、、身も心も疲れているときは 「何もしない(静養する)」  というリフレッシュ方法もお試しあれ。


地道な努力の積み重ね・・・

2015年12月16日 水曜日

最近、出張が多いため運動する時間を十分に確保できず、動く以上に食べるものだから体は成長する一方。 時間がないなら運動強度を増やそうと、荷重を掛けたり 小走りを入れたりして、いつもの速足ウォーキングの運動強度を強めてきましたが 成長は止まらず、、、只今ベスト体重+5kgです(苦笑)

そこで、思い切ってジョギングに切り替えることにしたのですが、実は走るのが苦手で、恥ずかしながら 1kmも走れないのが正直なところ。 速足ウォーキングは 1セット7.5km×2回 とか 普通にこなすのですけどね、、、

そこで、10日ほど前から、まずはフォームを勉強して、ペースを限りなく落として 1km完走にトライ。 ウォーキングより少し速い程度ですが、歩くのと使う筋肉が違うし 呼吸器にも負荷がかかるためバテバテで完走。 それでも、次は同じペースで良いので 1.5km、その次は 2km、今度はペースを少し上げて 1.5km、そのペースを維持して 2.5km と徐々にペースと距離を上げていき、昨日 6kmまで到達しました。 まだ一般ジョガーに抜かれてしまう程度の速さなので、もう少しペースを上げた形で 10kmまでは行きたいなと思っています。

全ての努力が成果に結びつくほど世の中甘くはありませんが、努力していないことについては、一定レベルまでは努力した分だけ成果が出るものです。 菊池式の地道な努力の仕方、、、ご参考まで。


言い訳はできない・・・

2015年12月13日 日曜日

12月10日・11日 岐阜市にて、「事業計画の策定方法」 を学ぶ研修を行いました。

今回は、7月に講義・机上実習で学んだことを活かして、インターバル期間中に実際の事業者さんの事業計画を策定し、その成果発表と意見交換を行うことで、実践的なノウハウを学びながら事業計画書をブラッシュアップするという内容でした。 ご参加いただきました岐阜県内の商工会議所職員の皆さま、2日間に渡り大変おつかれ様でした。

さて、7月の研修で繰り返し伝えたこと。  事業計画書は、数字遊び的に作ったものや補助金申請のためのものではなく、今後数年間の事業者の 「拠り所」 となるもの。 ・・・そうしたことを意識して作られたもの、意識はしたけれど理解が不十分なため 結果としてそうならなかったもの、明らかにそうした意識もなく 事業者にとって何の役に立たないもの、、、様々な事業計画書を見た 2日間でした。

そうした現状を事前に知らされていたことから、研修冒頭、支援者としての姿勢(意識)、商工会議所に求められている役割(置かれている立場) について厳しい言葉を投げかけることになりました。 ・・・こうした時によく聞くのが、「こんな難しいことが支援に必要あるのか?」 「こんな難しいことは専門家がやることではないのか?」 ・・・という一部受講者からの反論。 喧嘩する気はないので、そうした声は受け流すことにしているのですが、、、本音で返答すれば、「それはあなたがやらない・努力しないことへの言い訳(正当化)」 ですよね?

多くの研修では 時間の関係もあり、少ない情報量で、十分に検討する時間も与えられず、グループで事業計画を策定する という形を取らざるを得ませんが、、、今回の研修は、十分な時間(3-4ヶ月) を掛けて、実際の事業者さんから情報を得ながら、一人ひとりが事業計画を策定する という形を取りましたので、「時間がない」 「情報が足りない」 「グループ内で意見が合わない」 という集合研修特有の問題は起きません。

唯一、「難しい」 ということに関して、、、今回、事業計画書として及第点が与えられる(ブラッシュアップは必要ですが) 受講者は 2名だけでしたが、それを作成した 1人は、まだ基礎1 も受講していない入所歴の浅い業務支援員。 ・・・そうしたことを踏まえて、自身の作成したものとのレベル感を比較していただきたいと思います。 支援に必要な知識も経験も(もっといえば社会経験も) 乏しい業務支援員であっても、学んだことを一つひとつ丁寧に実践し、時間を掛けて作成すれば及第点が取れる内容になる、、、「事業計画書の作成が難しい」 ということは否定しませんが、意欲的に取り組めばできる程度の難易度なのです。

彼よりも経験があるのにレベルが低い内容なのはなぜか? ・・・そうした現実は、真っ直ぐに受け止めていただきたいと思っています。 (実は、多くの研修でこうした逆転現象が起きています)

2日目冒頭、視察に見えられた県からのコメント、、、現在の商工会議所事業への評価・要望と今後待ち受けていることについて 2点ほどお話しがありましたね。 ややもすると聞き流してしまうくらいさらっと言われましたが、私は、商工会議所が置かれている現状や求められていることを 厳しく突きつけられたように感じました。

この研修を通して、全員が意識を変えていただけたと信じていますが、、、そうであれば この先もご縁が続くことでしょう。 またいつかお会いできるときを楽しみに、更なる成長を期待しております。


ここはどこでしょうか? (その2)

2015年12月10日 木曜日

信長公像

黄金に輝く織田信長公像。 写真だとフィギュアのような感じもしなくもないですが、、、結構大きなモニュメントです♪

さて、ここはどこでしょうか? (毎週出張があるため やや手抜きの投稿で申し訳ありません・・・)


厳しくするのは誰のため?

2015年12月06日 日曜日

子供を見れば、親の育て方が見えてくるもの。 それと同じように、社員を見れば、経営者の育て方が見えてきます。 厳しくしつけられていることもあれば、何もしつけられていないことも。 そして、そうしたことは一人ひとりの社員を見るまでもなく、事務所や店舗に入った瞬間に、その空気感として表れています。

これまで多くの経営者と接してきましたが、一昔前に比べ、優しい経営者が増えてきたように思います。 ただ、「優しい」 ということ自体は良いのですが、「厳しくできない」 という経営者は困りもの。

社員が間違ったことをしてもニコニコ、気付いていても気付かないフリ、、、長所を伸ばすというのは良いけれど、やってはいけないことをしているのに何も言わないというのはどうなのかな?? そうした優しさという名の 「事なかれ主義」 は、ワガママな社員を増長させ、意識の高い社員を流出させることにつながります。 そして、そうした空気感は、お客様や取引先にも伝わるものです。

厳しくするのは、真面目に頑張っている社員のためであり お客様のため。 「厳しくできない」 の影響は、相応の時間を経た後に現れるものですので ご注意を。


ここはどこでしょうか?

2015年12月02日 水曜日

香蘭 からの ままかり

講師も走る 12月。 とはいえ、走っているのは新幹線で 私は座っているだけ(笑) 「餃子」 からの 「ままかり」 ・・・ さて、どこからどこに移動したでしょうか^^?

  
 
(答え) 栃木県宇都宮市 から 岡山県岡山市でした^^