2015年8月の記事



消化率と利益率、細やかに計算していますか?

2015年8月31日 月曜日

以前から欲しかったシャツがあるのですが、インポート物でちょっと高く どうしようか悩んでいましたが、、、昨日、セールで安く購入できました~♪

まず、税込定価 12,949円が 70%引きで 3,885円になり、タイムサービスに当たったため そこから 30%引きになり、さらに、メンバーズ割引で 5%引きになり、最終的にはなんと 2,582円に(笑) なんだか良く分からないけれど、割引×3 で最終的には 80%引きで購入することができました♪♪

このブランドは、1シーズンに数回購入しますが、毎回良く分からない割引が加算されて、とてもお得な感じがします(笑) でも、80%引きともなると、シーズンエンドの最終セールか、キャリー扱いに落とされたような感じですが、、、ベーシックなデザインなのにそこまで落とすのはもったいない ・・・ 利益率 計算していますよね? もしくは 資金繰りが厳しいとか?? ・・・ちょっと心配な B設定のように感じました。

アパレル業界(小売) では、定価販売を P(プロパー)売り、値引き販売を B(バーゲン)売り と呼び、それぞれの消化率を見積もって最終着地の粗利を予測しながら B売りの割引率や時期を設定していきます。

シーズン立ち上がりが良ければそんなに困ることはないですが、、、P消化が進まないと 日を追うごとに鮮度が落ちていくため B売りせざるを得なくなります。 多くの場合、B売り開始すれば売れるようになりますが、当然のことながら 利益率は低くなります。 この辺りを日々調整しながら消化していきますが、細やかに計算できていないと、利益率が低く着地したり、売れ残って資金繰りを圧迫することになったり、売り過ぎて商品不足になってシフト調整に困ったり(軽いレイオフ状態)、、、まあ、色々弊害が出てきます(汗)

特に 消費税増税後から、アパレル業界では、ほとんどの店舗で P消化率が悪化しているはずですので、細やかな B設定をしないと、最終着地で固定費をまかなえないくらいの粗利しか稼いでいないなんてことになりかねません (そんな状態を目にすることが多くなりました)。 こうした流れは、消費税 10%に向けてまだまだ続きますので、アパレルショップの皆さま、細やかに計算しながら乗り切りましょうね!!


何となく違和感が・・・

2015年8月28日 金曜日

本日、女性管理職の割合に数値目標の設定等を義務付ける 「女性活躍推進法」 が成立したようですが、、、直観的に思ったのが、それって、「性別を理由とする差別」 に当たらないの? ということ。

例えば、「性別を理由とする差別」 を禁止したものでは 「男女雇用機会均等法」 がありますが、厚労省のQ&Aには、「総合職は男性を 10人 女性を 1人など、男女別の採用人数を決めて採用する」 というようなことを 「違法事例」 として挙げています。

それでは、管理職が 10人の会社で、女性管理職を 3割以上と目標設定した場合は、「管理職は男性を 7人 女性を 3人など、男女別の登用人数を決めて登用する」 ことになります(・・・前述のQ&Aと同じような気が)。 また、女性管理職が退職した際は、次の管理職はどんなに有能な社員であっても男性は昇格させないなど、法律に沿って運用しようとすれば、性別を理由とした差別を行うことになりかねません。

まあ、男女雇用機会均等法は 雇用する際のものなので、管理職にどう登用するかは関知しませんから 問題ないといえば問題ないのでしょうが、、、根本にある 「性別による差別の禁止」 という理念に照らし合わせれば、また、そうしたことを行うことによる弊害を想像すれば、どうにも違和感が拭えません。 確かに、「女性だから管理職になれない」 ということもありますので、それを改善することは必要ですが・・・。

さて、この法律は、国や自治体、従業員 301人以上の会社に適用されるため、多くの人にはあまり関係のない話ではありますが、従業員 300人以下の会社にも努力義務を課すとのことですので、中小企業経営社の皆さまはご注意を・・・(苦笑)

どれほど賛同を得られ どれほど成果が出るのか、遠くから見守りたいと思います。

-----

(追記)

投稿後もう少し調べてみると、「ポジティブ・アクション」 というものを学びました・・・勉強不足でしたm(_ _)m  厚労省によると、それは、「過去の女性労働者に対する取扱い等が原因で男女労働者間に事実上の格差が生じている場合、それを積極的に是正するアクションは違法とならない」 というものです。

つまり、これまで女性を管理職に登用してこなかったことで 組織上格差が生じている会社は、それを是正するために積極的に女性を管理職に登用することは、「性別を理由とする差別」 には当たらないということなのですね。

とりあえず、法律的な解釈は理解しましたが、、、結論は前段と同じく、どれほど賛同を得られ どれほど成果が出るのか、遠くから見守りたいと思います。


AW立ち上がり悲喜こもごも・・・

2015年8月27日 木曜日

少し前まで 暑い、暑いと言っていたのに、ここ数日で一気に秋に変わってしまったような、、、過ごしやすく体も楽なので助かってはいますが、もう夏は終わりか・・・と少し寂しさも感じてしまいます。

さて、アパレル業界は、こうした天候の読みの当たり外れが 業績に大きな影響を与えます。

寒冷化の流れを見込んで 早めにSS物を処分してきた会社は、正に稼ぎ時の秋を迎えることになります。 その一方で、夏物セールが遅れている会社や残暑を見込んでいた会社は、不良在庫を抱えて厳しい資金繰りの中でAWを戦うことになります。

AW立ち上がりを早めに予測して商材を揃えていた会社は、この 1週間前後に絶好のスタートを切ることができます。 その一方で、昨年と同様に考えていた会社は、後手を踏み、競合の動向次第では売り時をなくす可能性さえあります。

今年は、9月に大型連休が控えていますが、それも吉とでるか凶とでるか、、、2015AWは、これまでとは少し異なる対応を求められるシーズンとなっています。 業界関係者の皆さま、単価も上げられる待望のAWシーズン、張り切っていきましょう!


ゴールを間違えないように・・・

2015年8月22日 土曜日

支援前にいただいた資料を読んでいると、将来性のある新商品を開発している様子。 これは、新たな事業の柱にできそうと思い 詳しく話を伺ってみると、経営者は  「それはもうダメ・・・」 と口ごもり、、、

実は、新商品をお披露目した時には自社の独占状態でしたので、興味を持つ会社も 引き合いも多くあったのですが、、、「開発」 の名目で補助金をもらっていたため、補助事業が完了するまでは 「販売」 は絶対にダメとのこと。 そうこうしている内に他社から類似品が出て、さらに、安価な商品も出るようになり、今では価格面で勝負にならない状態になってしまったとのこと。

開発では先駆けたのに、売り時を逃したばかりに他社に先を越され、最終的には世に出すこともできなくなってしまった、、、商売はタイミングが命ということを思い知らされます。

私はこれまで、補助金等の申請のために支援を依頼されたのに、補助金申請をやめさせたことが何度もあります。 それは、補助金を得て行う事業の効果が期待できない場合、また、上記のように制約がつくことで 好機を逃してしまうことが予見される場合です。

補助金はもらえても利益につながらなければ、(全額補助ということはないですから) 企業の衰退につながりかねません。 ・・・実際に廃業してしまった事業者も見てきています (また機会があればコラムに書きたいと思います)。

補助金をもらうのがゴールではなく、販売につながって利益を得ることがゴールです。 補助金を申請される事業者の皆さま、くれぐれもお間違えなきよう。


大手は良いというけれど・・・

2015年8月19日 水曜日

再び中国に引きずられる形で今日の株式相場は大幅安、、、この 3ヶ月コツコツ積み重ねた利益の 8割は飛びました(苦笑) まあしばらくするとまた戻ってくると思うので、慌てず騒がずホールドで・・・(不安もあるけど)

さて、GW頃から 割と真剣に株式投資をしていたので、多くの上場企業の経営状態を確認してきましたが、実際のところ、みんながみんな良いということではないのですよね。 それなのに、「大手は業績回復」 とか 「大手の賃金が上がった」 との報道や巷の話ばかりが目に耳につき、なんだか釈然としていなかったのが正直なところ。

ただ、よく観察していると、大手企業のリストラ(早期退職募集) のニュースが多くなってきたように思います。 私が気になったものだけでもこんなにあります、、、通販大手N社-120人、アパレル大手W社-450人、スポーツ用品メーカーA社-350人、ファーストフード大手M社-100人、繊維中堅D社-100人、電機大手S社-3200人、出版大手K社-230人 などなど。

これはあくまで大手企業(本社) の早期退職だけですので、子会社への出向、店舗・工場・拠点の閉鎖による関連会社のリストラなど、実際にはさらに何倍もの社員が路頭に迷ったり、大幅な収入減を余儀なくされていることが推察されます。  さてさて、これでも大手は本当に良いのでしょうかね??

中小企業・小規模事業者へのトリクルダウンが滞っているのは、大手が止めているのではなく、大手も火の車だったりするから?? そして、富が滴り落ちるのではなく、業界によっては、大手の事業縮小による 負の連鎖が始まるかもしれませんね。

皆さまもご自身の業界の大手企業を観察して、今後の経営方針を考えてみてはいかがですか?


効果のある改善策ですか?

2015年8月17日 月曜日

来月、私が住む市でもプレミアム商品券が発売されることになりました。 10000円購入で 12000円分使えるプレミアム 20%の商品券です。 よく行く和菓子屋さんとお惣菜屋さんでも使えるので、1-2冊買いたいなと思っています。

ただ、東京都下で大きな力を持つ某信用金庫では、八王子市・昭島市のプレミアム商品券を 発売前に支店ぐるみで事前購入したり販売したり といった不正が報じられるような状況ですから、、、手に入らないかなぁと期待せずに買いに行ってみようと思っています(笑)

もしも手に入ったとして、最初に使う時はちょっと嬉しくて 「いつも買う豆大福に加えて草餅も買ってしまう」 なんてこともあるかもしれませんが、、、2回目以降はこれまでと同じ買い方に戻ると思います。 いくらプレミアム 20%つくからといって、その分 贅沢に使うなんてことは まあないかなぁ・・・。

これまで通りの購入金額と利用頻度で、使用期限までに使いきれる分だけ商品券を購入することになるため、、、私の場合 単純計算で、(1冊分) 2000円税金が使われた効果として 消費の拡大は 120円ということになります。 仮に 2冊買えたとしても消費の拡大は変わらず、4000円税金を使った効果は 120円ということになります(苦笑)

そんなこと言ってないでもっと使えよ! と自分でもツッコミたくはなりますが、、、あらゆるものが値上がりしている反面、行政絡みの仕事の単価が下げられるというダブルパンチ & 再増税が確定している中で、キリギリスのような生活をするつもりはないですしねー。

そんな風に考えるのは、私だけではないと思いますが、、、果たしてプレミアム商品券の効果はいかに??


粛粛と作業を続けていますか?

2015年8月16日 日曜日

更新が滞っていましたが、夏休みで不在だったのでも 体調が悪かったのでもなく、、、実はこの6日間、仕事のため部屋に缶詰でした。 ひたすら頭を使う作業のため、ストレス対策でお菓子もご飯も自由に、、、毎日推定 4000kcal 食べていると ドンドン体重が増えていきましたが、昨日から急に減り出すという 精神的にも肉体的にも相当負荷の掛かる仕事でした(苦笑)

そして、そんな生活も とりあえず終了! やっとゴールが見えるところまで来たので、軟禁生活からは解放してあげることに^^

さて、作業の進捗データを振り返ると、、、進捗率 20%の段階で作業時間は約 10時間、進捗率 40%では少しペースアップして 約 18時間掛かっていました。 ここからは疲労も溜まり更なるペースアップは期待できないため、最終的にはこの 2.5倍=45時間、この時点であと 27時間は掛かることが計算できます。 (実際には、その後に 第2工程がさらに 10-12時間ほど掛かります・笑)

ここで、「まだそんなにやらないといけないの!?」 などと心を乱さずに、粛粛と作業を続ける忍耐力が必要となりますが、、、

某政治家さんがこの言葉を多用して反感を買ってしまったため、あまり良いイメージの言葉ではありませんが、私は 「粛粛と」 という言葉は割と好きだったりします。 ・・・というか、中々そうすることができないため、憧憬の念を抱く言葉だったりもしています。

疲労で頭の回転は鈍るは、タイピングする指の動きも悪くなるは、、、すると、どうしても心が乱れてきます。 心も作業ペースも乱さないように 粛粛と作業を続けるというのは中々もって難しいものです。 姿勢を正して呼吸を緩やかにしたり、「粛粛と、粛粛と・・・」 とつぶやいてみたり、、、まるで何かの行でもやっているかのような 6日間でした(笑)

中小企業支援の中で、やたらとタバコ休憩が長かったり、知らない内に休憩をしていたりと生産性の悪い現場を診ることがありますが、、、それは粛粛と作業ができていない裏返しですね。 さて、この経験をどう支援に活かそうかな^^?


田舎館村(青森県) の 石アート2015

2015年8月10日 月曜日

これは誰の肖像画でしょうか?

田舎館2015-1

 

 

 

正解は???

 

 

 

田舎館2015-2

高倉 健さんでした!

 

縦 39.6m、幅は手前が 12.3mで奥が 22.0m、黒・濃い灰色・薄い灰色・白の4色の小石を並べて描いています。 田んぼアートとともに、ぜひ見にいらしてください^^

場所: 弥生の里展望所(第2田んぼアート会場)・・・弘南鉄道 「田んぼアート駅」 徒歩すぐ


田舎館村(青森県) の 田んぼアート2015

2015年8月09日 日曜日

田舎館村(いなかだてむら) では、2003年より毎年、田んぼに色の異なる稲を植えて、上から見ると巨大な絵に見えるアートで町おこしをしています。

6月上旬に田植えをして、稲が緑に色づくこの時期が一番の見頃。 地元の人はもとより、ねぶた祭りで来青した多くの観光客も見学に来ています^^

田んぼアート2015

こちらは、第2田んぼアート会場の 「スター・ウォーズ フォースの覚醒」 です。 第 1会場(図柄:風と共に去りぬ) は 90分待ちだったため、今年は断念してしまいました、、、お時間のある方は、少し足を延ばして田舎館村にいらしてください^^

田舎館村ホームページ http://www.vill.inakadate.lg.jp/docs/2013050200014/


青森ねぶた祭り 2015

2015年8月08日 土曜日

今週は、打ち合わせと地域資源の調査を兼ねて 青森に来ています。 この時期の青森は何といっても 「ねぶた祭り」。 観光客も増えて、街全体が賑わっています♪

今年のねぶたコレクション~皆さまはどのねぶたがお好みですか^^? (写真をクリックすると拡大します)

ねぶた2015-2 ねぶた2015-8 ねぶた2015-9

ねぶた2015-7 ねぶた2015-5 ねぶた2015-4

ねぶた2015-7 ねぶた2015-3 ねぶた2015-1

ねぶた2015-11 ねぶた2015-12 ねぶた2015-10