2013年9月の記事



経営者への 3つの質問

2013年9月30日 月曜日

私は支援の時に 3つの質問をすることがあります。

やる気はありますか?  本気ですか?  必死ですか?

 

支援を求めるくらいなので、「やる気」 はあるでしょう ・・・ 愚問でしたね。 しかし、真正面から 「本気か」 と尋ねられると、多くの人は目をそらしたり 下を向いたりします。 さらに、「必死か」 と踏み込まれると、ほとんどの人は顔を歪めます。

感覚的なものですが、本気レベルをクリアする人で 1-2割程度、必死レベルをクリアする人となると 極々稀という程度です。 ・・・だから現状のように厳しい経営状態になっている、だから目標に届かない、だからすぐに元に戻る。

私は、経営改善が実を結ぶかどうかは 「気持ち次第」 だと思っています。

例えば、毎日 20分早起きするという課題を出したとします。 7時に起きている人なら 6時 40分 に起きるということです。 起きたら、テレビを見ても ラジオ体操をしても 食事の準備をしても ・・・ 床から出れば 何をしていても良いです。

すると、最初の 2-3日は早起きするでしょう。 しかし、2週間続けられるでしょうか? 1ヶ月はどうでしょうか?

20分早く起きることだけを考えれば、苦というほどのものではないはずです。 しかし、それを毎日続けるとなると、相応の強い気持ちが必要となります。 たかだか 20分の早起きにも強い意志が必要となるのです ・・・ 「いわんや経営改善をや」 ですね。

改善業務は、多くの場合 通常業務と並行して行いますから、難易度の高いことはあまりできません。 ・・・ということは、改善業務が上手く進まないという場合、その原因の多くは 「気持ち」 の問題であるといえます。

経営改善するために どんな良い方法があっても、「気持ち」 が伴わなければ 実を結ぶことはありません。 上手くいっていないという方は、自分の気持ちがどのレベルなのか 一度向き合ってみると良いかもしれませんね。

 

ちなみに、毎日 20分早起きすると 1年では 7300分。 これは、1日 8時間働いたとすると 15日分に相当します。 早起きしなくとも 1日にムダな時間を 20分捻出すれば、1年で 15日分にもなるのです。 何かと 「時間がない」 と言う方がいますが、時間は捻出できるものですよ。


おがまいねぐ・・・

2013年9月28日 土曜日

最近、なぜか 複数の会社から 営業電話・メールが頻繁にあります。

広告に載せてくれるとか、出版してくれるとか、プロデュースしてくれるとか・・・

申し訳ありませんが、興味はありませんし とりあえず自助努力でやっていますので。

どうぞ おがまいねぐ・・・。

 

老婆心ながら、、、頻繁な着歴は、営業の仕方として逆効果だと思いますよ(笑)


セミナーを終えて・・・

2013年9月26日 木曜日

東京商工会議所-足立支部・商業分科会
「売れるモノ・儲かるモノ分析セミナー」
日時/  平成25年9月25日(水)
主催/  東京商工会議所 足立支部

 

昨日は、東京商工会議所・足立支部でセミナーをしておりました。 台風 20号の影響で風雨の強い中、42名の方に参加していただきました。 皆さまありがとうございました。

私は、中小企業支援を行うようになって もうすぐ丸 8年になります。 その中で感じることが、多くの企業が 「分析をしていない」 ということ ・・・ つまり、現状を正しく把握できていないまま 感覚的に経営を続けているということです。

一昔前の右肩上がりの時代では、感覚的な経営でも問題は起きませんでした。 しかしながら、成熟した国内市場に加えて、海外との競争が激化している昨今の経営環境にあっては、ちょっとした感覚の狂いが命取りとなります。

ですから、現状を正しく把握すること = 分析を行うこと が、安定的に経営を続けるために必要不可欠と考えています。

その中で、収益に直結する 「販売分析」 を 一刻も早く経営に取り入れていただきたい という思いで、ライフワークのように この 販売分析 のセミナーを行っています。

セミナーでお伝えしましたように、販売分析の進め方は、売上 ・ 収益性 ・ 効率性 の 3本柱で考えます。 これは、どれか 1つに偏ってはならず、「経営にはバランスが大切」 という意味が込められています。 そして、まずは 1本の柱ずつに考え、次にそれらを組み合わせて考える ・・・ 「経営には複眼的な視点が大切」 という意味も込められています。

こうしたことを意識されながら、実務の中でどのような販売分析ができるのか 考えてみられると良いと思います。

今回は初級者向けということで、販売分析の手法については 一番に押さえておかなければならないことに留めておりますが、他にもいくつもの分析手法がありますので、また機会がありましたら お伝えできればと思っています。

皆様のますますのご活躍を 心よりお祈り申し上げます。


お知らせ

2013年9月24日 火曜日

右側にある 「カテゴリー一覧」 から入られた方に向けてのお知らせです。

「01-診断士・養成課程」 カテゴリーでは、以後の更新を差し控えたいと思います。

ちょっと思うところがあり、、、いえ、ちょっとではないですねぇ(笑) 話せるときがくれば 話すかもしれませんが、誰もが見るブログでは止めておいた方が無難かな。

気が向いたら このカテゴリーでも また更新するかもしれません。

 

20期の方は、大学校でお会いできるのを楽しみにしております!


予見力・・・

2013年9月20日 金曜日

先日、テレビで 「後医は名医」 という言葉を耳にしました。 それは、後から診察する医師ほど、これまでの病状や検査などの経過を確認することができるため (より多くの情報があるため)、正確な診断をつけられるというものです。

出演していた医師は、「後医は名医ではダメ。 ちょっとした兆しや症状の変化に気付き、容体が悪くなる前に適切な処置ができるようにならないといけない。」 と話していました。

それで フト思い出したのが、統計学を教えてくれた 恩師 K先生の言葉。 「分析だけでは意味がない。 分析結果から将来を予見することに分析の意義がある。」

当時は分析することが面白く、主成分分析やら因子分析やら、統計手法を駆使して物事を構造的に明らかにしていくことだけで満足していたため、「将来を予見する」 という言葉に衝撃を受けたことを 今でも覚えています。

独立開業する前にそうした教えを受けたことで、日常起きていることの推移を細かく診る、後にその結果に至った原因を考える ・・・などの細かな分析を (知らず知らず) 重ねるようになり、約 8年も続けていると、随分と 「将来を予見させる日常の兆し」 が見えてくるようになってきたと思っています。

しかしながら、「予見力」 が発揮できたのは、残念ながら 3割程度。

多くの場合、その企業にとって 「まさか」 ということを伝えるため 中々本気で取り合ってもらえず、兆しが見える形になった頃には手遅れ。 ・・・後になって、「あのとききちんと聞いていれば」 と言われるケースをいかに減らすかが私の大きな課題です。

例えば、人が強みと自負する会社で、社員が問題を起こす兆しがあるため個人面談を行うように という助言。 例えば、業界で話題の人気商品を扱う会社で、来年は一気に売れなくなるため対策を考えるようにという助言。 例えば、売上が急上昇している会社で、1-2年内には伸びが止まるため足元を固めるようにという助言。

「まさか」 と思うことでも、いくつかの兆しを組み合わせて考えると、高い確率で 「そうなる」 ことが予見されるのです。

いかに兆しに気付き、将来を予見し、そうならないように手が打てるか ・・・ 先行きの見え難い昨今の経営環境にあって、「予見力」 は、経営者に一番求められる能力だと思っています。


ラッピングジェット ~コレクション?~

2013年9月17日 火曜日

最近ちょっとはまりつつあること ・・・ それは、ラッピングジェット写真のコレクション。 月に 1-2度ある飛行機での出張。 最初は 「変わった塗装だな」 という程度だったのですが、色々目にする内に新しい飛行機を発見するのが楽しくなってきたのでした(笑)

これは初めて撮ったラッピングジェット ・・・ ANA の 「ピカチュウジャンボ」 です。 これまでも、ポケモン、SMAP、八重の桜など 色々目にはしてきましたが、何だか写真を撮るのが恥ずかしく、、、つい先日、7月に初めて写真を撮ったのでした(笑)

そしてこれは、本日搭乗したパンダをモチーフにした特別塗装機 ANA の 「FLY!パンダ(ボーイング767型機)」。 本来は、北京便など中国~日本間の専用機のようですが、昨日の台風の影響で機材が変更になり、偶然にも搭乗することになったのでした。 何となく牛にも見えますが・・・(笑)

 

お仕事柄 出張の多い方は、どのような楽しみをお持ちですか?


夢の跡?? その2

2013年9月15日 日曜日

私には、変な趣味というか趣向があります。 ・・・と、もったいつけてカミングアウトすることでもないのですが、、、新しくできた新名所よりも、以前活況を集めた場所 のその後 (成れの果て?) を見に行くことが好きだったりします。

そのような場所に行くと、「祗園精舎の鐘の声」 とか 「兵どもが夢の跡」 などに通じる、現代商業界の裏側にある儚さや侘しさを感じます。 城も古墳も寺社仏閣も好きですが、知らず知らず、同じカテゴリーとして商業施設を見ているようです。

さて、先週の日曜日から金曜日まで、仕事で仙台に行っていました。 ずっと缶詰状態でしたので、朝・晩のウォーキングを日課にしていたのですが、近くに絶好の 「夢の跡?」 があることを掴んでいたため、密かに行く機会を窺っていました。

そして、仕事が早く終わった日に、片道45分歩いて行ったのですが、、、

  

こちらのショッピングセンター、オープン当初は大渋滞で 入るのも一苦労だったとのこと。

しかし今では、道は高速道路並みのスピードで往来でき、2000台入る駐車場も広大な空き地状態、店内にいたお客様は 中学生2組 と 主婦2人 と カップル1組・・・敷地面積2万㎡の中に、(私を含めて)お客様は10数人程度でした。

開業10年経った今、設備の古さが徐々に見えるようになっていましたが、現状では改修は行えず、さりとてやめるにやめられず・・・というところでしょうか。

箱物の儚さと侘しさ、、、この先どちらに向かって歩むのか、遠くから健闘をお祈りしております。。。


消費税 8%へ・・・?

2013年9月12日 木曜日

今朝、「総理は、消費税 8%増税の意向を固め 最終調整に入った」 との報道がありました。 いよいよ、増税決定に向けて本格的に動き始めたようですね。

経営者の皆さまは、増税に向けての対策を進めていますか?

「景気腰折れを懸念して 5兆円規模の経済対策を検討している」 などとも報道されていますが、それを享受できる業界は限られますし、会社は享受しても個人に還元されなければ、何かしら影響が出るのは必至でしょう。

例えば、アパレル業界。 自動車や家電、住宅などは 駆け込み需要も考えられますが、衣料品はほとんど期待できません。 何といっても 冬の最終セールが終わる頃ですし、買わなくてもそんなに困るものではないですしね。 来年4月からは、間違いなく景気が腰折れする業界の 1つです。

その上で、運輸業界からの価格転嫁で製造・物流コストは上がりますので、、、そう考えると、春からの売上・利益減少を予測して、資金繰りを厚くしておく必要がありますよね。

間近に迫ってからでは何の手も打てなくなります。 経営者の皆さま、先を見据えた早めの行動を心がけましょう。


話ベタでも・・・

2013年9月11日 水曜日

私は、何を隠そう 話ベタです。 そんなことを言うと 「えー!」 と驚かれますが、、、内心では、人見知りするし カツゼツは悪いし、大勢の前で話すのは緊張して絶対イヤ! というくらいの話ベタなのです。

つい先日、「商圏分析」 と 「店舗施設」 の講義を終えたばかりですが、大勢の前で長時間の講義 ・・・ 「よく頑張ったね」 と自分を褒めてあげたいです(笑)

私は、セミナーや講義を行った際には、毎回 「無記名のアンケート」 を書いていただいています。 今回笑ったのが、「先生は淡々と話しているのに、なぜか聞き入ってしまいました」 とか、「なぜか目が離せません」 というコメント。

そういえば 何年か前に、「先生話すの下手だよね。でも、すごく伝わるからそのままでいいよ。」 と面と向かって感想? 励まし? の言葉を掛けられたこともあります ・・・ しかも、一度や二度ではありません(苦笑)

このように、話すのは間違いなく下手なのですが、「上手いのと伝わるのとは 何かが違うんだな」 と毎回のアンケートで訓えていただいています。

それでは、どのようにすれば伝わるのでしょうか???

私は、「話すのが下手」 「アドリブで切り抜けるなんてことはできない」 と自分の欠点を理解しています。 ですから、「講義の内容と構成」 については 練りに練っています (・・・実は、構成作家になりたいと思っていた時もあったくらいなので)。

内容と構成が上手ければ、話し方に多少の難があっても 伝わるのかな?・・・そんな風に自己分析しています。 「弱みは克服したいけれど すぐには無理」 ということから知らず知らずに編み出した対応策・・・本邦初公開です(笑)

「弱み」 をきちんと受け止めれば道は開ける。 でも、やはり 少しでも上手く話せるようになりたいな・・・と、講義後にいつも反省するのでした。。。


お・も・て・な・し ♪

2013年9月09日 月曜日

「じぇじぇ」 と どちらが流行語大賞になるでしょうか?

東京チームの皆さん、話し方や表情を見ているだけでも、すごく心動かされる素敵なスピーチでしたね♪

さて、これで東京オリンピックの開催が決まりましたが、海外の人たちはきっと、東京チームのスピーチのような情景を思い描いて日本を訪れることでしょう。

そこで考えておきたいのが、東京都民(並びに、東京都に来ている人たち) は、日ごろから 「おもてなし」 の心を持って海外の人たちに接しているでしょうか?

私事でいえば、以前 アルタの場所を聞かれたとき、アタフタしながら片言の英語と身振り手振りでの返答。 まことにもってお恥ずかしい ・・・ 「おもてなし」 というには程遠いです(汗)

東京は、世界一安全で おもてなしの心で溢れている ・・・ 東京オリンピック開催決定 = 数年内に スピーチで宣言したような素敵な都市になっていることが義務付けられた瞬間でもありますね。

東京都の皆さま 頑張りましょうね!