2012年2月の記事



価値とは?②

2012年2月07日 火曜日

さて、前回の続きです。

価値(Value) = 機能(Function) / コスト(cost)

機能は、その商品・サービスの魅力であり、コストがそのマイナス要素として作用しています。

価値の本質は、魅力度 ÷ 抵抗力 であり、価値というものは、見方を変えれば、その商品・サービスの価値にどれだけ引きつけられるかという 「吸引力」 を表しているのです。

( 以前記事にしたことがある 「お客様の吸引力」 を覚えていらっしゃいますでしょうか? 吸引力についてはこちらをご覧ください ⇒ http://consult-k.jp/colum/?p=144

つまり、お店も、その構成要素である商品・サービスも、その価値を見極めるには、どれだけ引き付けられるのかという 「吸引力」 を理解することが必要となるのです。

対象により、様々な 「魅力」 や 「抵抗」 が存在します。 消費者(お客様)の立場に立って、何が魅力であり、何が抵抗となっているのかを一つひとつ考えていただきたいと思います。

 


価値とは?①

2012年2月04日 土曜日

ちまたでは、「価値ある商品」 「高付加価値」 「価値訴求」 など、「価値」 という言葉がよく登場しますが、そもそも価値とはどのようなものなのでしょうか?

眼鏡を例に考えてみましょう。 そもそも眼鏡というものは、視力矯正装置であり、それが安全に(レンズが割れないなど)、不快感なく使うことができるということに価値があります。 そこに、アイウェアとしてのデザインやファッションという機能が付加されています。

つまり、眼鏡の 「本質的機能」 としては、視力矯正、掛け心地、安全性、「付加的機能」 としては、デザイン性(形状・材質・色など)、ファッション性(似合う、自分らしさの表現など)ということができます。

これらの機能を合わせたものが眼鏡の価値(絶対価値)ですが、私たちは往々にして、価格に比べてどうかと考えるものです(もちろん、例外もあります)。 ですから、価値の多くは、価格と比較した 「相対価値」 で表わす必要があります。 これを示すと次のようになります。

価値(Value) = 機能(Function) / コスト(cost)

「価値」 を明確にするには、①その商品やサービスの 「機能」 を類型化して絶対価値を明確にすること、そして、②価格と比較した 「相対価値」 を明確にすることが必要となります。

こうした視点で商品やサービスの 「価値」 を比較すると、新しい発見ができると思います。


夢の跡??

2012年2月01日 水曜日

昨日、千葉県某所にあるショッピングセンター(以下SC)に行ってきました。 お目当てはSC内にある某スーパーの視察だったのですが・・・。

こちらの地域に行くのは初めてで、スーパーが駅前にあることだけをチェックして、電車を乗り継ぎ辿り着きました。 車中、外を眺めていると、この辺り一帯が巨大SCがひしめき合う地域で、超高層マンションもあちこちに・・・こんな凄い地域があったのかとビックリ! これからドンドン開発が進む発展目覚ましい地域との印象を受けました。

さて、お目当てのスーパーが入っているSCに着くと、新しいたたずまいなのにお客様は皆無??? 周囲を見渡すと、シートで覆われたテナントもあるため、SC自体はまだ開発中なのかと思いながら奥に進んで行きました。 ほどなく、「しばらくの間休業いたします」 の張り紙をした大きな飲食店らしきテナントを発見・・・。

どうも様子がおかしい!!

家に帰って調べてみたところ、オープンから1年を経たずに開発・運営を手掛けていた企業が破綻していたとのこと。 その後、大手デベロッパーが引き継ぐも、テナントの退店が相次ぎ、今では惨たんたる状態なのだとか・・・それを目の当たりにしてきました。

視察したスーパーも、完全に計算違いの状態で営業を続けていることでしょう。 ただ、新規店舗の初期投資や契約などで、退店したくてもできないのでしょうか・・・。

SCへの出店には様々な思惑があるでしょうが、一番はその集客力にあると思います。 大規模な商業集積となれば、単独店としてよりも当然その集客力(≒店前通行量)は大きくなります。

その一方で、SCの集客力が低下した場合、力のないテナントはどうすることもできない状態になります。 さらに、SCの破綻が珍しくない昨今の経済情勢を鑑みれば、チャンスよりもリスク(というよりクライシス)懸念の方が大きいのかもしれません。

リスク対策としては、違約金等なし(少額)で退店できるように、契約内容を見直す(契約内容に注意して締結する)ことでしょうか・・・。

SC内に出店している方へ。 SCの集客力は低下していませんか? 退店条件を理解していますか?