18-その他 理論・ノウハウ記事一覧



「成果につなげる事業者」 と 「そうでない事業者」 との違い (後篇)

2017年11月22日 水曜日

(つづき)

それは、、、① 支援で話したことを漏らさずメモする、 ② 支援内容を正しく理解しようとする (→ 具体的には、ちょっとでも分からないことがあれば質問する、助言に対してどう理解したのかを自分の言葉に置き換えて確認する 等)、 ③ 約束を守る、守れない場合は事前に連絡する ・・・です。

「強豪校タイプの事業者」 には、このような 3つの行動が共通して見られますね。

補足すると、 ①は、基本中の基本、、、支援では大変多くの情報を伝えるため、全て頭に残すことなんて不可能 ・・・メモを取らない内容は、2週間もすれば全て忘れるでしょう、、、こうしたことを理解(意識) して、本当に成果につなげたいと思っている人は 必死にメモを取っていますね。

②は、正しく理解していなければ正しく行動できませんし、分かったつもりでいても行動に移す際に分からなくなってしまうこともありますので、、、理解を深めなければ成果につながらないことを理解(意識) している人は、必ずその場で正しく理解するよう努力していますね (→ そして、正しく理解したことをきちんとメモします)。

③は、継続的に支援する際に見られるのですが、、、当日になって、前回出した課題をやっていないということがあります。 事前に連絡があれば、課題を変えるなどの対応ができるのですが、、、こうした場合、支援が足踏み状態になるため 一向に成果につながりません。 加えて、関係者全員で決めた課題(=約束) ですから、、、厳しい言い方ですが、約束を一方的に破る人は信用に値しません (→ そう見られていることにも気付いていないのでしょう)。 「強豪校タイプの事業者」 は、約束は基本的に守るし、守れそうにない場合は 事前にお詫びと状況説明をされますね。

練習内容自体にそれほど違いはなくても、取組姿勢や意識の違いで 「強豪校」 にもなれば 「弱小校」 にもなる のと同じで、、、支援(助言) 内容自体にそれほど違いはなくても、取組姿勢や意識の違いで 「ドンドン成果につなげていく事業者」 にもなれば、「全く成果につながらない事業者」 にもなるのです。

(おわり)

~ 只今、毎日ブログ更新中です ~


「成果につなげる事業者」 と 「そうでない事業者」 との違い (前篇)

2017年11月21日 火曜日

先日、「弱小校」 の生徒が、強くなるためのヒントを学ぶために 「強豪校」 の練習に参加する ・・・というドキュメント番組を見ました。

練習に参加してみると、、、コーチの 「集合!」 の声に駆け足で集まった強豪校に対して、ほとんどの生徒がダラダラ歩いて集まった弱小校。 練習メニュー中、コーチの 「終了!」 の声と共に動きを止める強豪校に対して、いつまでも止めない生徒が大勢の弱小校。

練習内容もさることながら、練習への取組姿勢や意識の違いが、強豪校・弱小校という大きな違いにつながっている ・・・そんなことを学んで帰ったという番組でした。

さらに想像すると、同じ練習内容でも 得られるものは両校で雲泥の差でしょうし、集合や終了に掛かる無駄な時間が全くない強豪校は より多くの時間を練習に掛けられるでしょうから、、、両校の差は開く一方ですね^^;

実は、現場支援をしていても、同じように感じることがあります。

・・・同じような課題で、同じような支援(助言)をしても、ドンドン成果につなげていく 「強豪校タイプの事業者」 と、全く成果につながらない 「弱小校タイプの事業者」 とに大きく分かれるのですよね。

実は、私が 12年以上経営改善の支援をしてきた中で、「強豪校タイプの事業者」 に見られる共通した行動が 3つあると感じています。

(つづく)

~ 只今、毎日ブログ更新中です ~


大は小を兼ねない。

2017年9月24日 日曜日

仕事柄、パソコン作業は欠かせないため、家で使うデスクトップPC の画面は大きいものにしています。 ・・・かといって、あまりに大き過ぎると、視野に入る情報量が多過ぎて、、、最終的には、20インチにするか 23インチにするか悩みましたが、圧迫感の少ない 20インチにしました^^

たまに、もう少し大きい方が良かったかな? と感じることもありますが、ノートPC との差が大きくなり過ぎると ノートPC が使いづらくなるので、やはりこのくらいで良かったな ・・・と、今も自画自賛しながらパソコンに向かっています(笑)

さて、今年になって、セミナー等のために作成したパワポを、7インチのタブレットで確認することが多くなったのですが、、、デスクトップPC で完成!(完璧♪)  と思っていたものが、タブレットで確認すると、修正が必要な箇所や 変更した方がもっと良くなる箇所などがいくつも発見されるのでした。 ・・・今日なんて、最初のスライドでいきなり 3箇所も修正点が^^;;

恐らく、画面が小さいことでギュっと意識の焦点が絞られるのでしょう。 ・・・ということは、画面が大きいデスクトップPC は、意外と意識が集中し難いんだろうな、、、そういえば、報告書を作るときなどは、わざわざ倍率を小さくして細かな字を見ながら最終チェックすることが多いかな? ・・・と、自分の作業の仕方を改めて認識するのでした。

大は小を兼ねることも多いですが、適所があるということも改めて実感しました^^


Facebook 始めました (おまけ)

2017年8月16日 水曜日

例によって写真を要求されたので 運転免許証を送信、、、24時間後に 無事ログインできるようになりました♪

対策のために、いつもログインする機器の設定をしようと調べましたが、バージョンが違うようで設定方法が分からず^^;

またアカウント停止になるのでは・・・と不安を抱えつつ、、、親切な方が書かれている初心者向けのホームページを見ながら、設定を変えてみたり 投稿し始めたりしています ~ 只今、お友達募集中です^^


Facebook 始めました (後編)

2017年8月15日 火曜日

(つづき)

アカウント停止後にログインしようとすると、顔写真を送るようメッセージが出ますが、実はこれが曲者。 単なる顔写真ではなく、運転免許証等の顔写真付き証明書の写真データを送る必要があります。 そんな説明どこにもないため Facebook 登録用の顔写真を送ったのですが、、、待てど暮らせど再開されず・・・^^;

ですから、顔写真を送るよう指示が出た際には、運転免許証等の顔写真付き証明書を送るようにしてくださいネ (その際は、写真、名前、生年月日が分かれば良いので、他の個人情報は伏せて大丈夫です)。 ・・・始めるに当たって、予め準備しておいた方がよいかもしれません^^;;

また、無事に再開されて、普通に Facebook が使えるようになっても、なぜか再び停止されるケースもあります。 その際は、申立てするようメッセージが出るのですが、「申立て」 のフォームは、規約違反により停止された場合のみ利用できるようで、、、つまり、私のように何も違反していない人は、他に連絡手段がなく ここで手詰まりとなります(笑)

・・・いやいや、それでは困るので、違反していなくても 「申立て」 のフォームを使って アカウントの再開を申請してくださいネ。 その際は、ID を提示しなくてはならないのですが、、、ID とは、前述の顔写真付き証明書のことを指すようですので(→ 不親切にも、こうした説明は書かかれていません^^;)、スキャナーで読み取り JPEG形式で保存して添付してみてください。

私は、色々調べ 試行錯誤した結果、この方法でアカウント停止が解除され、やっと使えるようになりました♪

以前は、こんなことはなかったようで、周囲の Facebookユーザーに聞いても答えは出ず、逆に驚かれてしまいました^^;; これから始めようとされる方は、このややこしいセキュリティチェックにもめげず、頑張ってみてください^^/

・・・とブログを書いた矢先に、何やら不正アクセスがあったとのことで またまたアカウント停止(笑) おそらく、パソコンとタブレット 2つからアクセスしたからだと思いますが、、、いつになったら普通に使えるようになるのやら・・・^^;;;


Facebook 始めました (前編)

2017年8月14日 月曜日

8月も半ばになって 「冷やし中華始めました!」 とPOPを掲げるのはちょっと恥ずかしい感じがしますが、需要がありそうなら、恥ずかしがってないで今からでも始めるのが良いですよ! ・・・と 人には言えるのですが、、、自分が 今頃になって Facebook を始めたと言うのは、結構恥ずかしい感じがします(笑)

これまで、Facebook は、一過性の流行で出てきたツール、何だか煩わしいツールと感じていたため、ほとんど縁の無いものだったのですが、、、ある勉強会の連絡が全て Facebook で通知されるとのことで、重い腰を上げてアカウントを取得したのでした^^;

それでも、せっかく Facebook という (私にとって)新たなツールを使うことになったので、何かしら活用できるようにはしたいな ・・・と前向きに考えています^^

さて、私のように、これから Facebook を始めようとする方、あるいは、周囲で困っている方がいる可能性があるので 既に使っていらっしゃる方にも 知っておいていただきたいことがあります。 それは、どうも今年に入ってからセキュリティが強化されたようで、実際に使えるようになるまでには少し面倒なことが起きるようになったようなのです。

まずは、普通にアカウントの新規登録をされてください。 登録が完了すると Facebook が使えるようになります。 しかしながら、その数時間 あるいは数日後に、突然アカウントが停止されてしまうケースが多発しているようで、、、 私もアカウントが停止されてしまい、再開がちょっと大変だったのでした^^;;

(つづく)


そういえば今日は・・・

2017年7月28日 金曜日

いつも行っているスーパーにて、、、椅子を並べてイベントの準備らしきことをしている若手スタッフを見て、そんなに混んでいないのにレジにエース級の社員を 2名も配置しているのを見て、、、気が付きました!

今日は、2017年2月に実施して以来、6回目のプレミアムフライデーですね。

振り返れば、盛り上がりを見せたのは 1回目だけ? 残念ながら、今となっては 「プレミアムフライデー」 というキーワードすら見ることがなくなってしまいました。 政府としては、「笛吹けども踊らず」 なのでしょうが、、、踊る側からすれば、「その笛の音で踊れるか!」 ということでしょうか・・・。

何もしなければ閉塞感は打開できない、やらないよりはやった方が良い ・・・とは言うものの、庶民に緊縮財政を強いる中で相応の予算(税金) を使ってやることですから、費用対効果を考えて相応に成果が得られる施策であるべきかと、、、6ヶ月も経ったのですから、一度これまでの総括は必要ですね。

さて、企業の中でも、そんなことできるの? 何に効果があるの? と、社内の賛同を得られないまま 新たな取組を推し進める経営者を目にすることがありますが、「プレミアムフライデー」 のような取組になっていませんか? 不安な方は、一度、社内の声に耳を傾けながら、これまでの取組で何が得られたのか、このまま続けて良いものか じっくりと考えていただければと思っています。


収益シミュレーションが成り立たない事業は・・・

2017年7月27日 木曜日

私は、支援の中で、経営者がやろうとしていることでどれだけ収益が出せるのか、数値に落とし込んでシミュレーションする(あるいは、するよう助言する) ことがあります。

相応の収益が見込めるもの(経営が成り立つもの)、事業レベルではなくお小遣い稼ぎ程度にしかならないもの、粗利は相応にあるけど営業利益では赤字になるもの、事業単体としては収益が出せるけれど 借入金の返済まではできないもの・・・等々、様々にありますが、、、私がシミュレーションしないとな と思うときは、多くの場合、それでは経営が成り立たないという場合だったりしますね。

最終的に成り立つかどうかはやってみなくては分かりません。 しかし、シミュレーションをして成り立たない事業を推し進めるということは、自身でコントロールできない運任せの事業を営むということ、、、言い方を変えると ギャンブルということになってしまいます。

経営には、ギャンブル的要素が必要な場合が多いのも事実ですが、今、ギャンブルをするべき時なのかどうかは 一旦立ち止まって考えていただきたいなと思っています(・・・そのための収益シミュレーションだったりもします)。


絞り方を間違えると・・・

2017年7月18日 火曜日

全国的に蒸し暑い日が続いていますが、皆さまいかがお過ごしでしょうか? 私は、青森・岩手・新潟と雪国育ちでしたので、蒸し暑いのにはめっぽう弱いです^^;;

さて、夏は薄着の季節。 この時期、鏡に写った自身の姿を目にし、急激なダイエットに取り組まれる方がいらっしゃいますが、、、

豆腐とキャベツしか食べないなんていうのは、栄養バランスが偏って体に良くないですし、総摂取カロリーが低過ぎると逆に燃焼し難くなって、1ヶ月後には体重が落ちない体が出来上がります。 また、急激な運度は、体を痛めて日常生活に支障が出てしまうことにも成りかねませんので、間違った体の絞り方はなさいませんよう、お気を付けいただきたいと思います。 (→ 成果を出したいなら、菊池式PDCAダイエットです^^)

企業支援をしていても、間違った絞り方をされているのを目にすることがあります。

例えば、原価削減とばかりに安い食材に替えたことで、味や品質が落ちて固定客が離れていった飲食店。 例えば、「経費削減に取り組みなさい」 との税理士の指示により、販促費を大幅に削減したところ、来店数が目に見えて少なくなった小売店。 例えば、固定費削減の取組で工場内の蛍光灯を間引きしたところ、これまでなかった事故やミスが増えた工場 ・・・などなど。

経費を絞るという意識は良い心がけです。 しかしながら、絞り方を間違えたり、絞ってはいけない所を絞ってしまうと、経営に大きな悪影響が及ぶこととなってしまいますね。 経費削減に取り組まれるときには、重々お気を付けいただければと思います。


間違いはつきもの・・・

2017年7月06日 木曜日

日頃、移動することが多いため、乗換案内や時刻表等の検索サイトにはいつもお世話になっています。 私と同じように、これがないと、仕事だけでなくプライベートでも支障が出るくらい身近なものになっている方も多いのではないでしょうか。

しかし、いつでしたか、検索した時間に電車が来ず、後で調べてみると検索結果が間違っていたなんてこともあったので、まあ完璧なものでもないのだなと思ったこともあったのですが、、、今回見つけたのは運賃の間違いだったのでした。

乗り換えは、基本的に余裕を持って移動するため、1-2本遅れても問題になることはないのですが、運賃が違うとなると、請求金額や控除する経費の計算が違ってしまうため、場合によっては大問題になってしまいます。

今回、出張費の精算のため、現地までの経路を検索した画面を提出するよう求められたのですが、手配した切符の料金と検索結果がなぜか違う?? 不思議に思い、他の乗り換えサイトでも検索しましたが、サイトは違えど検索結果は同じ、、、元データが同じなのかと思い、鉄道会社のサイトで運賃検索すると、手配した切符の料金で正しいことが分かったのでした。

検索サイトは無料なので文句を言う立場にはありませんが、請求などお金が絡む問題なので正直これは困りますね・・・。

皆さまも、出張等で旅費精算があると思いますが、、、その金額が正しいかどうか、時には確認してみることも必要かもしれませんね。