20-その他 理論・ノウハウ記事一覧



名は体を表す・・・

2021年4月10日 土曜日

マンボウ 改め 蔓延防止措置 ・・・あれだけ 「マンボウ、マンボウ」 言っていたのに、批判が出るとシレ~っと呼び方を替える、、、一度お詫びを挟めば良いのに、そういうやり方をするから信頼が得られないのだろうと冷めた目で見ています^^;

呼び方なんてどうでも良いと言う人もいますが、呼び方・名称によって、受け取る印象は全く異なるもの。 ・・・例えば、活字にしても、「きんきゅうじたい宣言」 と 「緊急事態宣言」 では、切迫度合いは全く違って感じられますね。

それでは、緊急事態宣言と聞いて何を想起するか? ・・・先だっての緊急事態宣言が、「緊急事態」 とは到底思えないダラダラとしたものであったため、その結果、名は体を表さなくなった、、、つまり、この名称を用いても、正しく意味が伝わらないばかりか、失笑を買うような 「名」 となってしまいましたね。

一度そうなってしまってからは、「蔓延防止措置の効果がなければ、緊急事態宣言も必要になる!」 などと力説されても、、、無反応か失笑がオチでしょうか^^;

名は体を表す・・・ということを軽視した結果どうなるのか、悪事例として学んでおきたいところです。


一時支援金、、、登録確認機関への報酬について・・・

2021年3月26日 金曜日

2021年1月に発令された緊急事態宣言に伴う飲食店の時短営業 や 不要不急の外出・移動の自粛により、売上が 50%以上減少した中小法人・個人事業者等に、緊急事態宣言の影響緩和に係る 「一時支援金」 が給付されることになりました

詳しくは、経済産業省公式サイトへ ⇒ https://www.meti.go.jp/covid-19/ichiji_shien/index.html

通常なら、要件に合致していれば申請・受給できるのですが、、、この 1年の支援金や給付金等で多発した不正受給や誤って受給してしまうことへの対応として、①事業を実施しているか、②給付対象等を正しく理解しているか・・・などを 「登録確認機関」 という専門家に事前確認してもらった上で申請することが要件となりました。

さて、先日、「登録確認機関」 から金銭を要求された! 困っているから支援金を申請するのになぜお金を払わないといけないのか!・・・などの苦情が上がっているとのネットニュースを目にしました。

手数料について、確かに公式サイトには 「国からは事務手数料として 1,000円/件をお支払いすることとしており、登録確認機関においては、申請者からは手数料を頂いておりません」 といった、あたかも無料と誤認させる記述があるのですが、、、

現実問題、確認に掛かる時間 や それに先立っての勉強の手間等も考えると、1,000円/件なんてやってはいられません。 しかも、「お支払いすることとしており」 というのも正確ではなく、「確認後の受給者数が 30者以上の場合には」 という条件が付きます ・・・つまり、29者なら報酬は 0円、30者確認しても最終的に全員受給していなければ 0円となります。

・・・専門家がそうしたタダ働きをするはずもなく、1,000円/件の権利を放棄する代わりに 申請者に直接報酬を請求することになるのですが(→公式ルールで認められています)、この辺りの背景や詳しいスキームが周知されておらず、「申請者からは手数料を頂いておりません」 だけがクローズアップされていることで、あらぬ誤解や苦情が生まれる状況となっています。

個人的な見解ですが、「登録確認機関」 の報酬として、何事もなく業務遂行できるのであれば 1万円/件、、、但し、イレギュラーな申請も多いことを鑑みれば、常識的な報酬として 2-3万円/件は妥当であろうと思っています。 さらに、本来の確認業務だけでなく 申請サポート等も行うとなれば、5万円/件 くらいいただくことになると思っています。 (→外部の専門家に依頼される場合はご参考にされてください)

ミスリードさせるような案内と、「登録確認機関(外部専門家)」 をタダ働きさせようとした事業スキームに大きな問題があるのですが、、、業として行う専門サービスがタダなわけはない! ということが広く認識されることを切に願っています。

ちなみに、こうしたおかしな事業スキームであり、申請者からも苦情を受けるような状況にあるため、私は、「登録確認機関」 としての業務は行わないことにしました。

・・・同様に、自身の支援先の依頼しか受けないとする専門家が非常に多いことも聞いており、、、つまり、金融機関との付き合いや顧問税理士を持たない場合は、申請したいのに 「確認」 できないため申請できない、早く申請したいのに 「確認」 の順番待ちで申請できない・・・との状況が予想されていますので(→既にそうなっているとの話も)、、、

一時支援金の申請予定の方は、お早めに動いていただくことをお勧めします。


情報収集はバイアスをかけない!

2021年3月25日 木曜日

支援先の重要取引先の社長が交代することになりました。

・・・これまで安泰な状態であれば強く警戒感を持たなければならないし、そうでなかったとしても、好転するだけでなく、ますます事態が悪化することもあるため、やはり警戒感を持たなければなりませんね。

こうした時、まずやらなければならないのは情報収集です。

・・・これまで培ってきた人脈から情報を集めていきますが、小さな、取るに足らないと思われることでも何でも良いです。 変にバイアスをかけることなく、ありのままの情報(事実)を、何でも良いから集めていきます。

一つひとつは価値のないと思われる情報でも、二つ三つと組み合わせていくと、大きなものが見えてくることがあります、、、世界大戦時、某国が行って成果を上げていた情報分析手法ですね。

例えば、取引先の部長が話していた情報は信憑性が高そうに思われますが、、、部長がそんな重要な情報を漏らすわけはないという見方もできるし、意外と新人さんや掃除のおばちゃんの方が細かな現場レベルの情報を見聞きしていたりもしますので、、、

部長の話だから正しい・重要といった情報収集・分析をするとミスリードにつながる懸念がありますので、、、バイアスをかけない! という点には十分お気を付けいただければと思います。


新型コロナ、、、こういう時は、今できることを黙々と・・・

2021年3月06日 土曜日

緊急事態宣言の再延長は、休業→再開を予定していた方、また、特にレジャー・観光業界には大きな打撃となっていますね。

そして、再延長といっても、何か対策があるわけでもなく単に期間延長の様相、、、これでは効果は見込めないだろうと思うと、更に延長されるのではないかと不安に感じてしまいます。 また、こうした状況にならないよう、本来は  2-3週前から対策を強化するべきでしたが、そうしたことをしない政府や知事にも苛立たしさを感じてしまいます。

・・・こうした時、「ネガティブに考えても何にもならないので前向きに」 などと言われますが、、、無理に前向きに考えようとしても 更にストレスが掛かりますので、個人的にはあまりお勧めしていません。

私がお伝えしているのは、自分の努力ではどうしようもできない時は、「目の前のことを、今できることを 黙々とやる」 ということ。

休業中の店なら、隅々まで綺麗にする、レイアウト変更や改装をする、新メニューや新サービスを考える、接客の勉強・練習をする…等々。 受注生産の工場なら、設備の保守点検を行う、工場内のペンキ塗りをする、技術向上の勉強会をする、自社商品の開発に取り組む、営業用のパンフレットを作る…等々。 ・・・今、仕事がなくてもやれることは色々あるはずです。

もちろん、先々を考えて前向きに取り組める方はそうしていただければ良いですが、、、前向きになんて考えずに、今できることをただ黙々とやる・・・そうした意識で取り組んでいただければと思っています。

やることがあれば 不安を感じる時間が減るし、一日の生活にリズムも生まれます。 先々のことを考えられるような状況になるまでは、目の前のことだけに一つひとつ取り組んでいただければと思っています。

私ごとでいえば、緊急事態宣言の延長により仕事が流れ、図らずも 3連休が 4回もできてしまったのですが、、、「仕事がなくなった」 「また延期されたらどうしよう」 などと不安に思うのは止め、かといって 宣言解除後に向けて前向きにも考えられないため、とりあえず今できること = 確定申告の書類作りと部屋の掃除に加え、初めての脳ドッグを受けることにしたのでした^^


優良誤認 × 正直で善良な商売

2021年2月24日 水曜日

携帯電話各社の料金引き下げ競争も一巡したかなと思い、どこに乗り換えしようかと本格的に検討中。

実は、その前段階で、無料の内にと 楽天モバイルに新規加入済み、、、都心では物凄い電波の入りが良いけど 23区外は入りが弱く、家の周辺はアンテナ 2本 / 家の中は電波が入ったり入らなかったり^^; ・・・ただ、端末代はポイントバックされるし、利用料は 1年無料だし、都心はかなり使えることが分かったので、サブ機としては大満足♪

さて、メイン機をどうするか検討していたところ、格安携帯でよくあるのが、例えば、900円/月!と大々的に宣伝しておいて、小さく(分かり難く) 家族割適用時・2回線目以降と記載、、、単に 1回線だと 1,980円/月なので、明らかに優良誤認させるような広告手法を目にします。

注釈を付けているし、契約時にはきちんと説明もするため法律的に問題ないとは言いますが、、、現実的に 優良誤認させてますよね? 狙ってそうした表示にしていますよね? ・・・と、そうした会社の企業姿勢には辟易としてしまいます。 こうしたやり方でも、安ければ加入者は増えるかもしれませんが、先々の転出候補者を抱えることにもなるため、、、やはり、正直で善良な商売をしていくことが望まれますね。

乗り換えが進まないのは、高齢者はネットが使えない人が多いということだけでなく、プランの分かり難さにも原因がありますね。 国には、こうした優良誤認させるような表示の仕方にもメスを入れていただきたいと思いますが、、、

料金が下がって国は満足=幕引きと思いますので、、、一人ひとりがプラン内容をきちんと理解する、そのためには、店頭で聞くなどもしながら学んでいかないといけないのかなと思っています。 ・・・面倒だけど、面倒なことをすれば月々支払いが安くなると思えば、、、アルバイトだと思って頑張りましょう^^ノ


0570-(ナビダイヤル) 導入の是非・・・

2021年1月26日 火曜日

この 1-2年、急に増えてきたと感じているのが、問い合わせの電話番号0570-。

ここに電話をすると、最初に 「ナビダイヤルでおつなぎします」 とメッセージが流れるのですが、、、携帯電話から電話すると 20秒で 10.8円掛かり、しかも、相手が出るまでの待ち時間も課金対象。

例えば、大手企業では、「○○の方は  1番を、△△の方は 2番を・・・・」 といったガイダンスを流していますが、その間も課金対象。 「混み合っておりますので、しばらくお待ちください」 のメッセージと音楽が流れている間も課金対象です。

しかも、携帯プランで 「かけ放題」 等に入っていても無料にならず、、、0570-に電話すると、必ず料金が発生することになるのです。。。

電話する方にとっては悪の権化ともいうべき 0570-ですが、導入する側にとっては、、、コールセンターや拠点が方々にあっても 1つの番号を掲示するだけで良く、また、0120-のような無料通話の番号だと、説明書に書いてあることでも何でも電話してくる人 や 鬱憤晴らしに苦情電話をするクレーマーも多くなるため、その防止として大きな効果があります。

そうしたこともあって 0570-の導入が進んでいるのですが、、、腹立たしいのは、あちらに非があることでも、なぜかこちらが高額な電話料金を負担して連絡しないといけない点。 ・・・例えば、荷物が届かない! 違う商品が送られてきた! 壊れていた! という時の連絡先が 0570-だったら、、、しかも、中々つながらなかったとしたら、その方はどう感じるでしょうか。

・・・こうしたことも踏まえて 0570-の導入(一本化) を決めないと、ネット上での悪評にもつながりかねないため、慎重に検討していただければと思っています。

最近気になったのは、コロナ禍、テレビで自殺防止を呼び掛けた後に掲示する相談窓口について。 ・・・3つ紹介していた内の 1つは0120-でしたが、2つは 0570-、、、思い詰める前に気軽に相談してと言うわりには、気軽に相談できない 0570-ってどうなのだろうと思うのでした。。。


新型コロナ、、、明るい展望を持つ人ほど・・・

2021年1月23日 土曜日

大小やることが多くバタバタしていて久しぶりの更新。。。

ようやく新規感染者数が減少傾向を示していますが、個人的には冷めた目で見ているので、これまでと変わりない生活・気持ちでいます。 だって、濃厚接触者を追わなくなってきたことが大きいでしょうし、昨日は、3本電車を乗り継ぐ中で、マスクせずに電車に乗っている人を 4人も見ましたので、、、そうそう簡単に事態が好転するとも思えませんね。

何となく思うのは、明るい展望を持つ人ほど情報に踊らされるということ。

全体感が掴めていないのか、ほんの少しの良い兆し程度でも物事が好転したと捉える・・・でも、それは少しの兆しであって、全体を大きく変えるほどのものではなかったり、全体を変えるにしても多くの時間が費やされるものです。

明るい展望を持つがために、そうした情報に殊更に反応するのだと思いますが、、、支援をしていてもそうした気質の事業者に会うことがあります。 情報は、冷静に、全体感を持って掴みましょう。


メモ力の高い人は、様々な能力が備わっている人です。

2020年11月26日 木曜日

昨日の支援、作成した計画書を事前に見ていたため、理解力や文章力のある事業者さんなのだろうと思っていましたが、、、メモを取る様子を見て、内心とても感心!

メモを取るというのは、助言を聞いて、考えて、理解して、書き留めて、、、さらに情報は追加されるため、新たな助言を聞いて、考えて、理解して、書き留めて。

・・・このサイクルをスピーディーに回していく必要があるため、その繰り返しに耐えられるだけの思考のスピードと持久力、また、長時間に及ぶと 忍耐力や肉体面の耐久力も必要、、、ですから、メモ力の高い人は、そうした能力が備わっている人ということができます。

実は私は、メモを取るスピードに合わせて助言をしているため、想定するペースを上回るメモのスピードに、私の助言もどんどんペースUP、、、結果的に、通常の支援の倍くらいの情報を伝えることとなったのでした♪

・・・こんな感じで、メモ力が高いと、得られる情報量にも違いが出てくるのですよね。

皆さまも、メモ力を鍛えていただくと、得られるものが違ってくると思いますよ^^


忙しい時の切り抜け方・・・

2020年11月17日 火曜日

この 3週間ほど、大小やることが多過ぎて、正に超多忙な状況。 ・・・特にこの 1週間は、「次何やるんだっけ?」 とフリーズすることが散見されるようになり、、、こうした時は、大事な用事を忘れたり資料持参するのを忘れたりする可能性が高いため、警戒感を強めています^^;

こんな時に私がやるのは、やることを書き出すこと。 ・・・よく To Doリストなどと言われますが、とにかくやること(やらなければならないこと・行動) を全て書き出します。

脳のキャパを超えた時は、今思ったことを頭に留めておくのはムリな話で、、、そうした時、私は、思った瞬間に、脇に置いておいたメモや PC(Word)に殴り書きでも良いので書き出して、メモ上に記憶を留めるようにしています。 ・・・PCで言えば、外付けハードのようなものですね。

他によくやるのは、手の込んだことをする時は、何をどの順番で どのようなことに気を付けてやるか、先に自分に対する指示書を作り、その後は何も考えずに、指示書に従ってその通り実行する・・・という方法。

加えて、何時に○○をするという時は、必ずアラームをセット、、、アラームが鳴って、何するんだっけ?となることも多いのですが、その時はメモを見ます。 ・・・アラームを止めて、次のセットを忘れる時もあるので、気が付いたら先々の予定までアラームをセットしています。

混乱してきたなと思った時は、お試しいただければと思います^^


これも 1つのパラダイムチェンジ・・・

2020年11月08日 日曜日

米国大統領選挙がようやく当確発表。 不正があったと騒ぐ一派がいるため、まだどうなるか分かりませんが、、、普通に考えれば、各国首脳が祝電を出した = 結果は出たのでしょう。

トランプ氏好きと思われる日本人のネットの書き込みを見ていると、、、
 ・投票開始 → T氏推し・T氏優勢・B氏批判の書き込み多数
 ・11/4 T氏優勢 → T氏当確・歓喜の書き込み一色
 ・11/5 B氏優勢 → B氏批判の書き込み一色
 ・11/7 B氏ほぼ当確 → 急激に書き込み少なくなる
 ・11/8 B氏当確→ T氏の功績称える・まだ負けてないとの書き込み多数

負けを認められない人は、手を変え品を変え騒ぎ立てているようで、、、今見ている番組の司会者も過度な T氏寄り解説で、周囲は明らかに引いている様子^^;

これまでの自己中心・他者批判・分断が進んだ 4年が終わり、これから世界(日本) はどのように変わるでしょうか、、、1つ言えるのは、世の中の流れに乗じて好き勝手に振舞ってきた人々にとっては、生きずらい時代に変わることでしょうね。