18-その他 理論・ノウハウ記事一覧



チャンスが来る人 × 来ない人

2018年2月15日 木曜日

先日支援をした事業者さん。 面談の間ずっと、真剣な眼差しで熱心に耳を傾け、メモを取り、質問をし、最後にはこうした機会を作ってくれたことへ感謝の言葉を述べられました。

すると、希望があれば、来月もう 1回こうした機会を作ることができる ・・・と、支援機関の担当者から提案がありました (&私にも、また来てもらえないかと)。 やはり、私も支援機関としても、こうやって真剣に取り組まれる事業者には、手を差し伸べたくなるものです^^

その後、次回の面談を前に状況の変化があったようで、直接ご連絡いただき 助言を求められました。 ・・・こちらとしては、無報酬の支援(助言・提案) となるため実は微妙なところでもあるのですが、、、熱心に耳を傾けられる事業者に助けて欲しいと言われると、何とかしてあげたい! と即答で対応しました^^

こうした事業者がいる一方で、助言してもメモも取らず、困ってはいるのだろうけど必死になって取り組もうとする様子も感じられず ・・・なんていう事業者には、わざわざ何かをしてあげようとは思わないのが支援者としても共通の想いかなと思います^^;

支援を予定していたけれど忙しいからとキャンセル ・・・でも、「小規模事業者持続化補助金」 の公募が始まるや、支援して欲しいと再要請が、、、あれ?忙しいんでしたよね?(笑)

私としては、こうした人よりも、人として信頼できる事業者を支援したい(=補助金を取らせてあげたい) 、、、なので、経営計画書(申請書) の作成はご自身でどうぞ^^ ・・・実は、こうしたことが複数回ありましたね。

真剣に取り組んでいる人、誠意のある人 ・・・そうした人にチャンスは来るのかな、、、いや、そうした人にこそチャンスが来るようにしてあげたい! ・・・私は そう思っています。


業界特需を逃さない。

2018年1月31日 水曜日

困っている人が多い中で、こういった言い方もどうかとは思うのですが、、、

先週の大雪やこの 1週間の寒波により、除雪道具、チェーン、防寒グッズなどなど、、、そうした商品を扱う事業者にとっては特需です。 水道管の凍結が各地で多発、、、修理をする事業者にとっては大変大きな特需です。

ものが売れない時代、そして、その後に控えている消費税引き上げによる消費の冷え込みを考えれば、、、稼げるときに稼げるだけ稼いで 内部留保を厚くすることが、今できる最大の自衛策。

特需は、棚ボタでもボーナスでもなく、この先 生き残るための恵みの雨です。 稼げるときにしっかりと稼ぎましょう!


その後が知りたい・・・

2018年1月30日 火曜日

継続して支援している場合は、その後どうなったのかを確認することができるのですが、、、1回切りの支援の場合は、その後どうなったのかなぁ…と思うことがあります。 アドバイスを受け入れてくれたのか、それを実行に移してくれたのか、最終的に成果につながったのか・・・。

さて、先日の支援で、支援機関の担当者から、「その後、事業者さんが途中まで進めていたチラシの内容を変更して、アドバイスの内容を盛り込みながら修正している」 とのご連絡をいただきました。 ・・・その後が分かると、支援が役に立ったことが実感できるので、とても嬉しいですね♪

担当された支援機関の方、支援を受けた事業者の方、、、ぜひ支援した専門家にフィードバックしてあげてください。 多くの専門家は、1回切りの支援でも気持ちを込めて支援しているので、その後が聞けると励みになりますよ^^


虚実を察する・・・

2018年1月29日 月曜日

1度だけ参加した とある会があります。 私としては、誘われたので試しに行ってみただけで、実際には、その会の趣旨に賛同しかねるところもあったのでそれっきり・・・入会はしていないという認識なのですが、、、

その後、その会からの通知メールが届くようになったのですが、ちょっと気になったのが会員数、、、毎回うなぎ上りに会員数が増えていくことに気づきました。 ・・・おそらく、私のような人もこの数に含まれているのでしょうね(苦笑)

嘘とまではいわないけれど、こうやって自身を大きく見せるような会だからこそ、1度参加したときに違和感を覚えたのですが・・・^^;;

様々な思惑が込められた情報があふれる現代社会にあっては、何が虚で何が実なのか、自分自身で見抜く力が必要不可欠といえますね。


文章力をつけるには・・・

2018年1月14日 日曜日

休み明け 3日連続で支援しましたが、その後に作成した報告書(提案書) の文字数は、大よそ 1日目 6800字、2日目 3600字、3日目 6400字の 計 16800字。 原稿用紙(400字) に換算すると ちょうど 42枚分 ・・・仕事始めの週にしては、中々の執筆枚数でしたね^^;;

よく、経営計画書や創業計画書、あるいは、持続化補助金や ものづくり補助金等の申請書などの作成支援をしている時に、どうやったら上手い文章を書けるのかと聞かれることが多いのですが、、、一つには、こうした報告書の作成など文章を書く機会を作るというのがありますね。

そして、実は、ここを押さえておかないと、どれだけ文章を書いてもあまり上達しないであろうポイントがあるのですが、、、それは、誰かに何度も読まれる、読んだ人に活用してもらう、その文章で自身が評価される  といった認識を持って書くことですね。 ・・・自分だけが見るメモや備忘録、日記のような類のものは、どんな書き方でも 自身が分かれば良いもの、、、そういうものとは違う、読み手の立場に立って書く文章というのは、同じ書くという行為でも似て非なるものといえます。

他には、新聞でも雑誌でもネットニュースでも、何かしら文章を読むときには、上手いなと思う言い回しや文章構成などを見つけたり、逆に、こうした方が良いのになと文章を添削する意識を持って読むようにすること。 ・・・沢山本を読めとも言われますが、単に読むのと そうした意識を持って読むのとでは、文章力のつき方が格段に違ってくると思っています。

文章力は、こうしたことを心掛け、何かしら文章を書くときに実践し、その繰り返しの中で身についていくものかな? と感じています。

経営者は、言葉を発するだけでなく、文章にして周囲に示す、計画書等に落とし込むような機会もあろうかと思いますが、、、文章力は一日にして成らず・・・毎日少しずつ上達できるように取り組んでいただければと思っています^^


仕事始めから嬉しい楽しい毎日・・・

2018年1月12日 金曜日

年末から家で仕事はしていましたが、外に出ての仕事=私の公式の仕事始めは 9日からでした。 久しぶりに 3日連続の支援でしたが、年始から嬉しい楽しい毎日^^

1日目は、強い信念を持って一つずつ事業の形を整えてきた経営者。 これからやりたいことが沢山あり、大きな夢・目標を持って着実に前進する姿がとても頼もしく思える方です。

2日目は、毎回、助言を素直に聞き入れ、すぐに行動に移す経営者。 その行動は、いつも助言プラスアルファのことをされるので、次々と成果に結びつき、毎回お会いするのが楽しみな方です。

3日目は、助言に対する理解力が非常に高い経営者。 質問→助言→ 「・・・ということは、○○○をするのが良いですね」 と、理解を示した上で 助言を踏まえた今後の展開を伝える とてもクレバーな方です。

・・・経営者としての能力は十二分にあるので、後は成果につなげていくだけ、、、今後の事業展開がとても楽しみな事業者さんたちでした^^

こうした方々と面談していると、私も学ぶことが沢山あり、嬉しく楽しくなってしまいます。 ・・・話も尽きず、3日とも想定時間をオーバーしてしまいましたが、、、新年早々 とても有意義な時間を過ごすことができました~感謝♪


感心した話。

2018年1月10日 水曜日

継続的に支援している事業者さんの話です。

「こういうの作れますか?」 との依頼に対し、それを見本にして作ったサンプルだけでなく、「こういうのも作れますよ」 と別のデザインを 4種類 ・・・合わせて 5種類のサンプルを返送したのだそうな。

ご本人としては、凄いことでも珍しいことでもなく 普通のことのようで、、、こうした姿勢は見習わなければ!!


年末、多忙につき・・・

2017年12月26日 火曜日

中々ブログの更新まで手が回りません。。。

計画では、12月下旬は余裕を持って過ごすはずだったのですが、、、年末の飛び込み案件の対応と、年始の飛び込み案件の準備(日程調整等) で、年末大慌てです^^;;

さて、時間のない中でキャパオーバーの仕事をこなさなければならないとき、不本意ながらも取捨選択を迫られます。 ・・・ベストではなくベターを目指す(品質を下げる)、ある仕事は止めて(&謝罪して) 別の仕事に時間を集中する、納期をずらしてもらうようお願いする、できる人を探して外注する ・・・等々。

私の場合、上記どれを取っても 「次の仕事はなくなる」 という立場であるため、基本的に犠牲にするのはプライベート & 体を削ることになりますね・・・ふぅ~(苦笑)

皆さまは、年末いかがお過ごしですか^^?


ビジネスマナー

2017年12月22日 金曜日

支援をしていると、「この方は、ビジネスマナーが身に付いていないんだな」 と感じることがあります。

創業間もなくの方に多いのは、名刺を持っていないというケース。 実際に仕事はしていないといっても、創業=その先は、プライベートを除けば全てビジネスの場となります。 そうした時に 「創業間もないので準備していなくて・・・」 なんていうのは、何の言い訳にもなりません、、、ビジネスの場では失格の烙印を押されてしまいますね。

また、ファッション関連の個人事業レベルの方に多いのは、TPOをわきまえない服装、、、ヨレヨレの Tシャツ姿、ダメージの著しいデニム姿、夏によく見るサンダル履き、派手なメガネや髭顔、帽子やサングラスを着用したままの面談・・・等々。 ファッションや個性としては良いと思いますが、ビジネスの場で相応しい服装かどうかは 客観的に考えてみる必要があります。

例えば、TPOとはいうものの、ご自身の事務所で打ち合わせという場合、普段の仕事着でしたら ある程度ラフな服装でも問題ないでしょう。 しかし、相手先に訪問しての打ち合わせの場合には、相手先に合わせて相応に服装を変えることも求められます。 私が若かりし頃 アパレルの生産管理をしていたとき、社内ではラフな服装でしたが、取引先の展示会に訪問する際は ジャケット・革靴着用など、相応には配慮していましたね。

特に個人事業では 「個性は大切な要素」 ですが、「場をわきまえて、打ち出したい個性に強弱をつける」 ・・・というビジネスセンスも身に付けておきたいですね^^


やはりルールは必要です。

2017年12月17日 日曜日

今季の暖房使用状況です^^
・10月中旬から 「湯たんぽ」 使用開始
・11月23日から 「小型の赤外線ヒーター」 使用開始
・12月15日から 「エアコンの暖房」 使用開始

大学卒業するまで、青森・岩手・新潟と雪国で育ったもので、一般的な東京在住者よりは寒さに強いのですが、、、さすがに日没後は冷え込みが強くなったため、一昨日の夜に ついにエアコンの暖房を始動 ・・・温風が吹き出した瞬間に 「何て暖かいんだ!」 とちょっと感動しました♪

今まで 少し寒いと思いながらも耐えていたので、一番低い温度設定の 16度でも十分な暖かさ!  ・・・だったのですが、、、暖かさに体が慣れてきて、3日目の今夜は 「室温 16度では寒い!」 と感じるようになってしまいました^^; ・・・とりあえず今夜は、赤外線ヒーターを併用しながら、熱いお湯を飲んで耐えることにしよう(笑)

ということで、改めて年内の暖房使用ルールを定めました^^
・エアコンの使用は、起床~10時、日没~0時
・エアコンの温度設定は16度、風量設定は自動
・赤外線ヒーターを併用する際は、低温・中温のみ使用可
・赤外線ヒーターではなく、できるだけ湯たんぽ併用のこと

一度緩やかな環境に身を置くと際限がなくなるもの。 ルールを明確にすることで、「ここまでは良いけどそれ以上はダメ」 といった線引きをしておくことも必要だな ・・・と実感しました。

皆さまは、ズルズルと緩やかにしてしまっていることはありませんか^^?